スポンサードリンク

ピクサー映画は名作揃い!

皆さんはピクサー映画、好きですか?
筆者は大好きです!ディズニー映画とはまた違った、独特の雰囲気が大好きなんですよね。

そこで今回は、これまでにピクサーが制作した長編アニメ映画のなかから、1作目の「トイ・ストーリー」から22作目の「2分の1の魔法」まで、全22作品をランキング形式にしてご紹介しちゃいます!

どれもこれも名作でランキングが難しいのですが、インターネット上の評価や口コミをもとに、筆者の独断と偏見で決めていますのであしからずご了承ください…。

ピクサー映画のおすすめランキングTOP22!

第22位・アーロと少年

第22位・アーロと少年

ピクサー映画のおすすめランキング、まず第22位は『アーロと少年』です。
こちらは2016年に日本で公開され、興行収入は17億円。

人類ではなく、恐竜が言葉や文化をもっている世界でのお話です。でも人間も存在しています。

主人公はアパトサウルスの子供・アーロで、アーロと人間の子供スポットが中心のストーリーなのですが、恐竜と人間の立場が逆転しているため色々と突っ込みを入れたくなる部分もあり…
ファンタジーとして観れば、まぁ及第点といったところでしょうか。

この映画の口コミ

ストーリーとしてはピクサー作品王道の外の世界を冒険する事で、一回り成長するという冒険もの。今回は臆病なアーロが外の世界で少年との交流や試練を乗り越えて勇気を手にします。そしてその中での少年との友情や別れを描いてますがかなりシンプルすぎたという印象で、子供と一緒に気軽に観るのにちょうどよい作品かと。
第21位・カーズ2

第21位・カーズ2

ピクサー映画おすすめランキング第21位は、『カーズ2』です。
2011年に公開され、興行収入は30億円でした。

「2はつまらない」という俗説を地でいってしまったような作品というか、主人公をメーターにしたのは良いですが、なぜかレースとは関係のないスパイ要素が盛り込まれており…

カーズのキャラクターを使って別の作品を作りました、と感じる方が多かったせいか、あまり評判は良くなかったようです。

この映画の口コミ

カーズの世界観でスパイ物をやる必要ないと思います
クロスロードも見ましたが、2を飛ばして見ても全く問題ないくらい前作と続いて居ないです
あと、スケールが大きすぎます
前作の舞台が田舎のすごく小さい町だっただけにギャップがすごいです
第20位・バグズライフ

第20位・バグズライフ

ピクサー映画のおすすめランキング第20位は、『バグズライフ』です。
日本での公開は1999年で、興行収入は11億円。ピクサーの長編2作品目。

バグズライフ=虫の生活、でしょうか。そのまんま、虫たちが主人公のアニメ映画です。
ベースが有名な寓話『アリとキリギリス』だそうですから、『あぁ。そういう話か』と思いがちですが…そこはピクサー、一筋縄ではいきません。アリの反逆が始まるのです。

ストーリーは面白いのですが、虫のキャラクターがいまいち受け入れがたい。そして虫だから仕方ないのですが、これ人間のキャラクターでやったらR指定付くだろ…という微グロも。
これは好き嫌い分かれますね。

この映画の口コミ

小さい頃から虫が嫌いなので敬遠してた作品……ですがピクサーのBlu-rayBOX購入を機に鑑賞。
蟻は特に苦手ですがキャラクターが愛らしくて最後まで観ることができました!
虫の視点から観た世界だと鳥がこんなに怖いなんて……(笑)
わくわくするBGMもよかった。
サーカス団も蟻たちも活躍の場があり、素敵な作品でした。
第19位・メリダとおそろしの森

第19位・メリダとおそろしの森

ピクサー映画のおすすめランキング第19位は、『メリダとおそろしの森』です。公開は2012年、興行収入は9億5000万。
本国での原題が『BRAVE』なのに日本では『メリダとおそろしの森』なんですね。

この作品はピクサー初のフェアリーテイル(おとぎ話)として制作され、主役のメリダの日本語版声優は元AKB48の大島優子さんを起用するなど話題性はあったのですが、評価は「感動した」と「つまらなかった」の二極に分かれてしまったようです。

主人公のメリダにいまいち魅力を感じなかったことが敗因でしょうか。

この映画の口コミ

このメリダとおそろしの森の良いところは、音楽、美術、テーマ性くらいですかね。
上記の三つの中でも、ズバ抜けて良いのは音楽だと思いました。
それに、テーマ性もしっかり描かれているし、分かり易いし、ストーリーがダメだった分、救われた感はありましたね^^;
でも、やっぱりクオリティ低かったですね。
シンプルだし、脚本もなぁー、って感じでしたね。
第18位:トイ・ストーリー4

第18位:トイ・ストーリー4

ピクサー映画のおすすめランキング第18位は、『トイ・ストーリー4』です。公開は2019年、興行収入は興行収入は100億円を突破しました。

トイ・ストーリー3が完璧と評されるエンディングだった故に、今回の第4弾については、かなり賛否両論がありました。
メインキャラの1人ともいえるバズのキャラ崩壊や、トイ・ストーリーの中でも重要な「絆」という部分が感じられないといった声も。

ただ映像がとても美しく、物語自体は面白いと思います。
1~3弾と切り離して観るほうが楽しめるかもしれませんね。

この映画の口コミ

ここからは個人的に良かった点と悪かった点に分けて書いていきます。
 まずは良かった点
・ボーのその後
3ではすでにウッディたちと離れていたから久々に出てくれて嬉しかった。しかも色々経験したため(ディズニー+の"ボーピープはどこに?"で描かれています)かなりたくましくなっていてウッディ以上に驚きました(笑)
・絵がきれい
次に悪かった点
・バズのキャラ崩壊が酷すぎる。いちいち自分のスイッチ押して心の声?を聞いてて、ちょっと抜けてるけど相棒としてしっかりウッディを支えていたバズの面影は全くと言って良いほどありません。
・空気キャラが多すぎる
ウッディ、バズ、ボー以外の既存キャラがほぼ活躍無し。ジェシーは少し活躍しましたが、あとはほぼアワアワしてるだけ。これは酷すぎ。
第17位・カーズ クロスロード

第17位・カーズ クロスロード

ピクサー映画のおすすめランキング第17位となったのは、『カーズ』の3作目、『カーズ クロスロード』です。
2017年公開で、興行収入は18億円。

前作の『カーズ2』はちょっと批判が多かったようですが、3ではだいぶ大人向けに戻っていましたね。
マックイーンはベテランレーサーと呼ばれる地位にいますし、若手の台頭に脅威を感じているなど、大人が共感しやすいストーリー展開になっています。

この映画の口コミ

印象で言えば前作前々作のスピード感スリリング感は少し弱くなっちゃった雰囲気があります。それだけそれらが良かったってことなんでしょうが…
ストーリーはシンプルだか少し間延び。
しかし、かつての作品に比べて笑えるシーンとしっとりしたシーンの組み合わせが多く、笑えるシーンは個人的にはくすくすと笑っちゃうような面白さで和みました。それもあってラストも少し強引だったがまあほっこりくる良い感じでした。
第16位・2分の1の魔法

第16位・2分の1の魔法

ピクサー映画のおすすめランキング第16位となったのは、2020年に公開された『2分の1の魔法』です。

舞台は、科学技術の発展によって魔法が忘れ去られてしまった世界。ある兄弟が、生まれる前に亡くなってしまった父親をよみがえらせるため、魔法を探す旅にでます。

ラストにかけての伏線回収や、主人公の成長ぶりに感動すること間違いなし。吹き替えの声優については賛否両論あるようですが、物語の内容については評価する声が多くみられました。

この映画の口コミ

話としては、自尊心を高められる映画だと思います。
この物語が言う魔法とは、全て自分の奥底に眠っている小さな勇気なんだと気付きます。
兄弟の思いやりも素敵です。

しかし、母親役の声優が、聞いてられないほど下手くそで、話が入ってこない。
第15位・カーズ

第15位・カーズ

ピクサー映画のおすすめランキング第15位にランクインしたのは、先ほど『3』がランクインした『カーズ』です。
2006年に公開され、興行収入は22億3000万。

新人レーサーとして飛ぶ鳥を落とす勢いのマックイーン。しかし次のレース地に向かう途中、ド田舎の町に迷い込んでしまいます。

そこで出会う人々(車ですが)との交流を経て、マックイーンが成長するストーリーとなっています。
まぁ、よくあると言ったらよくあるストーリーなのですが、車たちの擬人化が素晴らしすぎる!
車が好きなら絶対楽しめる映画です。

この映画の口コミ

車をデフォルメして擬人化?するとは、、
しかもそのデフォルメ技術は素晴らしい。
フロントウィンドーの目やフロントタイヤの動きや横の動きで感情を表してます。
ホントこう言うの向こうは上手いですよね。
感心しっぱなし。
第14位・ファインディング・ドリー

第14位・ファインディング・ドリー

ピクサー映画のおすすめランキング第14位は、『ファインディング・ドリー』です。
2016年に公開され、興行収入は68億3000万でした。

2003年に公開された『ファインディングニモ』の続編にあたりますが、こちらの主人公はナンヨウハギのドリー。
忘れん坊だったドリーが、両親を探しに冒険の旅に出る、というストーリーです。

子供のドリーがめちゃくちゃ可愛くて癒されます。
ベイリーとディスティニーのコンビも面白い!でもニモとマーリンがほぼ空気なのがさみしいですね…。

とりあえず日本語版の八代亜紀さんには爆笑でした。

この映画の口コミ

ハラハラドキドキの展開で、時間を忘れて楽しめた。しっかり子供が見ても面白い娯楽大作として成立させながら、大人向きのテーマも盛り込んでくるのが本当にピクサーはうまい。
全年齢対象作品を作ることにおいては右に出るものはいない。個々のシーンもとにかくアイデア満載で画面もひたすらに綺麗だしとにかく最高!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

五等分の花嫁の嫌いなキャラは?不人気ランキング10選【2022最新版】

1人の男子高校生が五つ子の女子高生の家庭教師を務めるというラブコメディ漫画の「五等分の花嫁」ですが、中には苦…

maru.wanwan / 3820 view

岡本信彦が声優のアニメキャラ人気ランキングTOP35【2022最新版】

岡本信彦さんは2006年に声優デビューされ、これまでにたくさんのアニメで様々なキャラクターを演じてきた声優さ…

ririto / 194 view

はじめの一歩の名言&名シーン32選!ランキングで紹介【2022最新版】

人並以上の努力を重ね、貧弱だった主人公がチャンピオンに上り詰めるまでを描いた「はじめの一歩」。そこに至るまで…

maru.wanwan / 524 view

ゆるキャン△のキャラクター人気ランキング12選【2022最新版】

あfろによる日本の漫画作品である「ゆるキャン△」は、女子高生を中心にした可愛いキャラクターが登場して話題にな…

maru.wanwan / 158 view

ワールドトリガーの女性キャラかわいいランキング21選【2022最新版】

異世界からの侵略者・近界民(ネイバー)と防衛組織・ボーダーの戦いを描くSFアクション「ワールドトリガー」。今…

maru.wanwan / 641 view

少年サンデー連載作品の歴代人気おすすめランキング32選【2022最新版】

名探偵コナンなどのヒット作品を世に生み出し、多くの人たちを魅了し続ける漫画雑誌がご存知「少年サンデー」です。…

もどる / 304 view

転生したらスライムだった件のキャラ人気ランキング32選【2022最新版】

人気のWEB小説・漫画・アニメの『転生したらスライムだった件(転スラ)』は、個性豊かな数々のキャラクターが登…

maru.wanwan / 774 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

Aimerの人気曲ランキング50選&アルバム5選【2022最新版】

透明感あふれるハスキーボイスが魅力のAimer(エメ)。今回はAimerのおすすめアルバム&人気曲をYouT…

rogi / 282 view

進撃の巨人の名言&名シーン39選!ランキングで紹介【2022最新版】

人気漫画・アニメの「進撃の巨人」は、これまで多くの名言や名シーンを残し、ファンを虜にしてきました。そこで今回…

maru.wanwan / 1140 view

マクロスシリーズの歴代主人公7選!最強・強さランキング【2022最新版】

「マクロスシリーズ」は、SF・ロボットアニメ『超時空要塞マクロス』およびその続編、外伝からなる、アニメを中心…

maru.wanwan / 350 view

声優の死去33選!衝撃順にランキング【2022最新版】

私たちが何気なく耳にするアニメの声や、洋画の吹き替えなどを演じてこられた声優さんの死去を衝撃順で33人取り上…

rogi / 3738 view

ちはやふるのキャラクター人気ランキング24選【2022最新版】

競技かるたを題材とした少女漫画で、アニメ化や実写映画化された他、現実社会の競技かるた浸透にも影響を及ぼした「…

maru.wanwan / 597 view

ドラゴン桜(漫画)の登場キャラ人気ランキング20選【2022最新版】

ドラマ化もされて話題を呼んだ受験漫画のドラゴン桜ですが、これまでに様々な人気キャラが登場して話題を呼びました…

maru.wanwan / 143 view

ラブライブサンシャイン「Aqours」声優の顔かわいいランキング9選!現在の情報も公…

ラブライブ!サンシャイン!!では『Aqours(アクア)』というグループ名で声優さんたちが活動されていました…

ririto / 771 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング