スポンサードリンク

妊娠線はどうしてできる?

妊娠するとお腹が短期間で急激に大きくなるので伴って皮膚も伸びていきます。しかし、このスピードが早すぎて皮膚の真皮や皮下組織が伸びるスピードについていけなくなってしまい、裂けてしまうのです。

短期間で体重を急激に増やすと出来てしまう肉割れも同じメカニズムで発生しますが、一般的な肉割れよりも妊娠線は濃く現れてしまいます。これは妊娠するとコルチステロイドというホルモンが多量に分泌されることが関わっています。

妊娠したら肌の調子が悪くなった、カサカサになってしまったということはありませんか?これはコルチステロイドというホルモンに肌の弾力を失わせるという働きがあるためで、妊娠線が濃く出てしまうのもこの働きが原因なのです。

妊娠線の予防には?

妊娠線を予防するにはまず、急激に体重が増加するのを防ぐことが有効です。妊娠時の体重の増加には理想のペースというものがあります。妊娠中はこの理想の体重増加ペースを極力意識し、急激に体重が増加してしまう事を避けるようにしましょう。

また、妊娠線予防クリームを使用して乾燥を防ぎ、肌の状態を脂性に近付けることも非常に有効な予防法です。脂性の肌になると肌が伸びやすくなり、妊娠線ができにくくなります。妊娠線はお腹だけにできるものではないので、できやすい箇所である太もも、胸、二の腕などもしっかり塗るようにしましょう。

妊娠線が出来てしまってもそれ以上増やさないようにケアは怠らないようにしてください。保湿力の高いクリームを使うことで肌が柔らかくなり、より妊娠線予防に効果を発揮してくれますよ。

妊娠線予防クリームの選び方のポイント4点

妊娠中は肌が敏感になるので手当たり次第に試してみるわけにもいきません。では、妊娠線予防クリームを選ぶ際はどのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか。ここでは妊娠線予防クリームの選び方を見ていきましょう。

ポイント1.安全面をチェック

妊娠中の肌は通常の状態よりもずっと敏感になります。普段から肌に使用するものに気を使っている方も、あまり気を使っていない方もより安全性に気を使うようにしましょう。

まず、合成成分や石油系成分を含んでいる製品は避けるようにしましょう。この合成成分や石油系成分とは合成香料や合成着色料などが相当します。これらが含まれているものは極力避けるようにしましょう。

また石油系合成界面活性剤や鉱物油は肌バリアを低下させてしまうという働きがあります。これらも避けるのが無難です。特に妊娠線が既に出来てしまっている場合、妊娠線が痒くなることがあります。このときに掻いてしまうと傷跡が残ってしまうのです。肌バリアの低下はこの痒みを増してしまうので注意が必要です。

そして、保存料として使用さているパラペンにも注意が必要です。パラペンは長期的に使用すると経皮吸収されやすくなってしまいます。妊娠線予防クリームは妊娠期間中長期的に使用することになるのでなるべく避けるようにしましょう。

オーガニック製品なら安心

オーガニック製品なら安心

オーガニックや低刺激処方の妊娠線予防クリームは植物などの天然由来成分をメインに製造されているので肌が敏感になっている時こそ使用したい製品です。中には刺激になりうる成分を全く含んでいない製品もあるので、安心して使用したいという方や元々敏感肌の方はこういった製品から選ぶのが1番安心できます。

しかし、添加物を含まないオーガニック製品は保存が利かないという難点があります。使用期間をチェクして使いきれる容量のものを選ぶようにしましょう。

ポイント2.有効成分をチェック

妊娠線を予防するのに効果的なのはしっかりと保湿をすることです。一般的に保湿成分と呼ばれる成分は数多くありますが、その保湿成分もそれぞれ異なっており、組み合わせによってより効果を高めてくれることもあります。以下に有効な成分をまとめました。

ヒアルロン酸&コラーゲン

ヒアルロン酸&コラーゲン

ヒアルロン酸は保水力に優れた成分として知られています。保湿成分としては角質層までしか浸透してくれませんが、肌の表面を潤いで覆ってくれるので、乾燥を防ぐ効果は高いと言えるでしょう。
くなります。

皮膚組織の成分を見ると水分を除外するとコラーゲンは約70%もの割合を占めます。コラーゲンは水分を抱え込んで瑞々しい状態を保つのに有効な成分です。また、体内のヒアルロン酸を維持するためにもコラーゲンは重要なので、この2つが含まれていると相乗効果でより潤いを得やす

セラミド&エラスチン

セラミド&エラスチン

肌が持つバリア機能を補助してくれるのがセラミドの役割です。肌の乾燥を防ぎ、バリア機能を高めます。

エラスチンは水分を抱え込むことで潤いをキープしてくれる効果があります。セラミドと相性が良く、補った水分を保持してくれる働きが大きくなるのでセットで含まれている製品を選ぶと良いでしょう。

ポイント3.テクスチャをチェック

妊娠線予防にはマッサージで血行を良くすることも大切です。そこで妊娠線予防クリームを塗布する際にクリームを広げながら同時にマッサージを行ってしまいましょう。伸びの良いテクスチャを塗り広げることで血行を促進してくれますよ。

また、妊娠線予防クリームは広い範囲に塗布する必要があるので、その点からも広げやすいテクスチャを選ぶようにしましょう。

ポイント4.香りをチェック

妊娠線予防クリームはお腹が大きくなる頃合から使用するよりも、初期段階から使用することでお腹が大きくなる前に皮膚を柔らかくしておくことができます。そのため、妊娠初期からケアを行うのが理想的です。

しかし、妊娠初期から使用するとなると気になるのが香りです。妊娠初期の段階はつわりが出ている可能性があります。つわり中はニオイに敏感になり、普段は気にならないニオイでも気分を悪くしてしまうことがあります。

体調が悪い時に無理してケアをする必要はありませんが、つわり中に使用する場合は無香料タイプを選ぶと良いでしょう。

妊娠線予防クリームおすすめランキングTOP20~16

それでは早速妊娠線予防クリームのランキングを見ていきましょう。成分や香りなど、気になる点はしっかりと確認して最適なものを選んでくださいね。

20位:犬印本舗 モイスチャーミルク 200ml CT018

1,752円

内容量:200ml
特徴:無着色・パラベン(防腐剤)無添加・石油系乳化剤無添加
香り:アロマ効果のあるピンクグレープフルーツの香り
成分:水、ミネラルオイル、BG、グリセリン、エタノール、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ジメチコン、ペンチレングリコール、オクチドデカノール、カルボマー、マルチトール、ベヘニルアルコール、水酸化K、フェノキシエタノール、ミツロウ、ステアリン酸、ココイルグルタミン酸TEA、香料、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、セラミド3、エチドロン酸4Na、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン

コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・セラミド3を配合した、潤いとハリを与えてくれるモイスチャーミルクです。お腹だけではなく、全身に使用できるので全身の妊娠線予防に効果的です。伸びが良く、マッサージがいらないという点も大きな特徴になっています。

お腹、バスト、二の腕、太もも、おしり。全身に使えます。何よりピンクグレープフルーツの香りに癒されます。つわりの時やちょっと気分が悪い時もこれでマッサージしているとスッキリしました。ベタつきに敏感な方は気になる人もいるかもしてないですが私は気になりませんでした。塗った後はすぐにサラッとします。色々試してこれが1番いいなって思いました。香りも肌触りもとってもいい。妊娠中じゃなくてもこれはこの先使っていきたいと思いました。

19位:ハローエンジェル ナチュラルマーククリーム 250g

3,888円

内容量:250g
特徴:無香料、無着色、鉱物油・パラベン・アルコール不使用、石油系界面活性剤不使用
香り:フレッシュオレンジアロマの香り
成分:水 オリーブ果実油 グリセリン DPG セタノール ステアリン酸グリセリル(SE) マカデミア種子油 ホホバ種子油 スクワラン フェノキシエタノール カルボマー オレンジ油 シア脂 水酸化K トコフェロール グリチルリチン酸2K BG ハチミツ テトラヘキシルデカン酸アスコルビル ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル 温泉水 加水分解コラーゲン アセチルヒアルロン酸Na 加水分解ヒアルロン酸 カンゾウ根エキス ペンチレングリコール ユキノシタエキス 葉酸 ヒアルロン酸Na ラウロイルラクチレートNa ノイバラ果実エキス 水溶性コラーゲン クエン酸Na サンザシエキス サクシノイルアテロコラーゲン クズ根エキス クエン酸 フキタンポポ花エキス アロエベラ葉エキス カミツレ花エキス クロレラエキス セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス セラミド3 トウキンセンカ花エキス フユボダイジュ花エキス ヤグルマギク花エキス ローマカミツレ花エキス フィトスフィンゴシン セラミド6(2) コレステロール キサンタンガム セラミド1

4種ヒアルロン酸、3種コラーゲン、4種セラミドなどを配合した高保湿なクリームです。加えて植物プラセンタや葉酸、ホホバ油、はちみつなどの美容成分を贅沢に配合し、美容効果も抜群。ベタつかず使いやすい妊娠予防クリームです。

18位:キャリネス ボディクリーム200g

6,696円

特徴:無着色、無香料、無鉱物油、アルコールフリー
香り:無香料
成分:水、グリセリン、スクワラン、BG、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、ベタイン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ペンチレングリコール、ベヘニルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ジメチコン、ヒアルロン酸Na、プエラリアミリフィカ根エキス、水溶性コラーゲン、オリゴペプチド-24、ホホバ油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、カルボキシメチルデキストランNa、ステアロイルグルタミン酸Na、バチルアルコール、キサンタンガム、ステアリン酸、フェノキシエタノール、トコフェロール、レシチン
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

【子供】キッズのスカートおしゃれ人気ランキングTOP20【2022最新版】

女の子が可愛いファッションをする時に欠かせないアイテムのスカート。冬でもタイツなどと合わせてオシャレを楽しめ…

chokokuru / 63 view

キッズ用レギンス20選!子供に人気おすすめランキング【2022最新版】

寒い冬や、外で遊ぶ時でもスカートをはく女の子の必須アイテムがレギンスです。そこでキッズのレギンスの選び方と子…

chokokuru / 141 view

子供・キッズのブーツ人気おしゃれランキング30選【男女別TOP15・2022最新版】

寒い季節になると、足元の冷えは大敵ですね。特に外で遊んだり通園、通学のため歩く子供にとって足元の冷えは気にな…

chokokuru / 81 view

ベビーパウダーおすすめ人気TOP16!効果と使い方も徹底解説【2022最新版】

ベビーパウダーといえば実は、とても万能で素晴らしいアイテムの1つでもあります。そこで今回は、ベビーパウダーの…

risa / 58 view

子育てや育児の悩みランキングTOP16【2022決定版】

お母さんやお父さんになると、可愛い子供に癒される分、子育てや育児についうて常に悩みが付きまといますよね。今回…

chokokuru / 200 view

育児用ミルクのおすすめ人気商品15選と口コミ&選び方【2022最新版】

育児用ミルクは、味・香り・色もどんどん母乳に近づき、成分や栄養バランスもとても良くなり安心して赤ちゃんに飲ま…

YUKIKO / 61 view

キッズ用スノーブーツのおしゃれ人気おすすめ25選と選び方【2022最新版】

冬本番になってくると活躍するのが子供のスノーブーツです。レジャーに通園・通学にと地域によっては欠かせないアイ…

chokokuru / 85 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

子供のスプーン/フォークセットのおすすめ人気TOP16【2022最新版】

赤ちゃんは離乳食が完了期に近づくと、自分で食べたい気持ちが出てきます。そんな自立心を応援してくれる赤ちゃんの…

chokokuru / 102 view

母子手帳ケースの人気おすすめランキングTOP20【2022最新版】

妊娠中から役に立つグッズと言えば母子手帳ケースです。母子手帳だけではなく、診察券や保険証なども一緒に入れてお…

chokokuru / 134 view

子供・キッズのアウター人気おしゃれランキング30選!男の子・女の子別【2022最新版…

寒い時期でも、子供は外で遊ぶことが多いですよね。そこで欠かせないのがキッズのアウターです。今回はそんなキッズ…

chokokuru / 108 view

キラキラネーム難読ランキング100選!読めない順に紹介【2022最新版】

世間にはキラキラネーム(DQNネーム)の子供達が多く、名前を見ただけでは全く読めない名前の子、そのまま読んで…

maru.wanwan / 13650 view

子供向けキッズアニメおすすめランキングTOP30【2022最新版】

お子さんが長期休みに入ると、家にいる時間も長くなり退屈されているご家庭も多いのではないでしょうか?そんな時に…

chokokuru / 1184 view

ベビーバウンサーの人気おすすめランキング最強22選【2022最新版】

なかなか手が離せないときに赤ちゃんを少しでも早く寝かしつけたい、代わりにあやしてほしい。そんな時力になってく…

chokokuru / 85 view

ベビーゲートのおすすめ人気ランキングTOP18と選び方【2022最新版】

赤ちゃんがハイハイをし始めたりヨチヨチ歩きを始めると、その成長に喜びを感じる反面、危険も増えます。ベビーゲー…

chokokuru / 67 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング