スポンサードリンク

みんなが大好きドラえもん!

突然ですが、ドラえもんの映画は好きですか?

筆者は大好きです!!

子供の頃から結構な大人になった現在も見ています。
そんな筆者が頭を悩ませながら、ドラえもんの映画の人気ランキングを作成してみました。
世間のレビューを元に、超個人的見解でランキングさせて頂きましたので、不満な点もあるかと思いますが、そこは目を瞑っていただければ幸いです…。

では早速44位からどうぞ!

ドラえもんの映画人気ランキングTOP44-41!

第44位・ドラえもん のび太と緑の巨人伝

第44位・ドラえもん のび太と緑の巨人伝

2008年3月に公開された、ドラえもん映画の27作目となる作品。キャストや画風が一新されてからの映画では、初となるオリジナルストーリーです(とは言っても原作にあるストーリーの改変ですが)。

ドラえもんの道具である「植物自動化液」で動けるようになった、小さな苗木『キー坊』。
ある日、のび太たちみんなとキー坊が裏山で遊んでいると、突然怪現象が起きて謎の星へ飛ばされてしまう。
そこでは、地球の未来にかかわる恐ろしい計画が進められていた!

原作コミックス26巻収録の「森は生きている」、32巻収録の「さらばキー坊」を原案としたこの映画。

植物型宇宙人たちが住む惑星・緑の星では、地球上の植物を全て緑の星に移して人類を滅亡させようとする計画が進んでおり、それを知ったドラえもんたちが奮闘するというストーリー展開。

環境問題やエコロジー的な観点で問題提起しているような作品ですが、キー坊を守ろうと一生懸命なのび太の姿からはいつの時代も変わらない「仲間との絆」のようなものを感じられます。

ただ一つ…クライマックスで作画がおかしなことになっている演出、あれは個人的に全く受け付けませんでした。
なにも『ドラえもん』であんな表現をしなくても…。ストーリー的に悪くはないですが、そのせいで評価が低いです。

第43位・ドラえもん のび太の人魚大海戦

第43位・ドラえもん のび太の人魚大海戦

2010年3月に公開された、記念すべき30作目のドラえもん映画です。
コミックス41巻に収録されている「深夜の町は海の底」を原案としたオリジナルストーリー。

ドラえもんのひみつ道具で架空の町を深海にし、ダイビングをして遊んでいたのび太たちは、そこへ迷い込んでしまった人魚族の姫・ソフィアと出会う。

人魚族は怪魚族に追われており、人魚族が守る宝「人魚の剣」が怪魚族の手に入ってしまったら、宇宙全体が彼らに支配されてしまうという。
事情を知ったドラえもんたちは、人魚族に協力し、怪魚族から宝を守るために戦うことを決意する。

30作品目として大々的に公開され、興行収入も前作を上回る成績を収めているこの作品。

これまでの映画になかった”人魚”が題材にされていて、なんだかおもしろそう…!と思ったのですが、評価はイマイチでした。

全体的なストーリーがとっ散らかっている印象で、海の中にいる人魚族が宇宙人で敵も宇宙人で地球どころか宇宙が征服されてしまう危機だなんて、ちょっとついていけない感が…。

ゲストキャラのソフィアが可愛いのがせめてもの救いでしょうか。

第42位・ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~

第42位・ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~

2012年3月に公開された、ドラえもん映画の32作品目。
こちらも原案はコミックス17巻に収録された「モアよ、ドードーよ、永遠に」を元にしたストーリーとなっています。

絶滅危機の動物がまだ生きているという奇跡の島・ベレーガモンド島。そこは「ゴールデンヘラクレス」と呼ばれる黄金のカブトムシの力に守られた不思議な島。

その島を訪れたドラえもんたちは、「ゴールデンヘラクレス」の力を狙う悪の商人・シャーマンから島を守るために立ち上がる!

ドラえもん映画ではお馴染みの「現地の人と交流を深め、悪い奴から島を守る」という設定。

めったに映画に出ないのび太のパパが大活躍してる珍しい映画でもあります。(少年時代の姿ですが…)
最後のシーンで、序盤のあのシーンに繋がっているのか!というところはニヤリとする面白さがありました。

残念なのは、ところどころに「えっ?」みたいなシーンがあったこと。

出木杉君がのび太のカブトムシをバカにするようなセリフを言ったり、ジャイアンとスネ夫がのび太のパパをバカにするようなことを言ったり、しずかちゃんが唐突に怒り爆発するシーンなど…昔ドラえもんを見ていた大人が見ると、違和感大。

しかしタイトルが「アニマルアドベンチャー」なのに、アニマルがほとんどアドベンチャーしていないというのは謎です。(アニマルではなくてカブトムシがメインでした)

第41位・ドラえもん のび太の宇宙英雄記<スペースヒーローズ>

第41位・ドラえもん のび太の宇宙英雄記<スペースヒーローズ>

2015年3月に公開された、ドラえもん映画の通算35作品目。
こちらは原案などもない、完全なオリジナルストーリーとなっています。

ドラえもんたちが裏山で戦隊ヒーロー映画の撮影ごっこをしていると、そこに偶然にも裏山に不時着したポックル星のアロンが現れる。
のび太たちが巨大な恐竜と戦っている姿を見て(もちろん作り物ですが)、ヒーローだと思ったアロンは、悪の海賊に支配されたポックル星を救ってほしいと頼む。

最初はドラえもんの道具である『バーガー監督』が演出した映画なのかと思っていたのび太たちだが、ポックル星を救うために本当に戦う事に…。

35作目の記念作品として制作された宇宙英雄記。
完全なるオリジナルストーリーで、どちらかというと深刻になりがちだったこれまでのドラえもん映画とは一線を画すような「明るい」作風になっています。

設定も分かりやすい「ヒーロー」だったり、「超人的な力」だったり、「悪と戦う」だったりと、子供に楽しんでもらおうとした作品なんだなと理解できます。

みんながそれぞれの個性を活かして戦う姿なんかとてもワクワクしましたし、ちょいちょい挟んでくるギャグも面白かった。

でもやっぱり、大人が楽しめるかと聞かれたら「子供向けです」と答えるしかないのが残念…。

ドラえもんの映画人気ランキングTOP40-31!

第40位・ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

第40位・ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

2009年3月に公開された、映画ドラえもんの通算29作目。1981年3月に公開された宇宙開拓史のリメイク版です。

ある日突然、のび太の部屋の畳の裏と宇宙船の船内が繋がってしまった!
宇宙船にいたのは、コーヤコーヤ星に住んでいるロップルという少年とチャミーという謎の生き物。

彼らが住むコーヤコーヤ星には珍しい鉱石「ガルタイト」が豊富にあり、大企業『ガルタイト鉱業』はコーヤコーヤ星ごと侵略して奪い取ろうと画策していた。
それを知ったのび太たちはロップルを助けに行くことに…。

遠い遠い、聞いたことも無いような星同士が何らかのはずみで繋がってしまう。王道ですが、ワクワクする展開ですよね。

しかもその繋がった先のコーヤコーヤ星は、地球よりも重力がずいぶん小さい。そのおかげで、地球ではヘッポコなのび太もスーパーマンに変身できるのです!

コーヤコーヤ星のみんなとの交流や不思議な生き物など、見どころはたくさん。

名作のリメイク版なので、ストーリー的には問題ないはずなのですが…。
なぜか余計なゲストキャラが登場したがために、何だか駄作になってしまった感が否めない…。

何か新しいものを付け加えないといけない決まりでもあったのでしょうか?

第39位・ドラえもん のび太のひみつ道具博物館

第39位・ドラえもん のび太のひみつ道具博物館

2013年3月に公開された、ドラえもん映画シリーズの通算33作目となる映画。原案ストーリーはなく、完全オリジナル作品となっています。

ある日の昼寝中、『怪盗DX』と名乗る人物に首の鈴を盗まれてしまったドラえもん。
のび太が『シャーロック・ホームズセット』で調べてみると、あらゆるひみつ道具が展示されている未来の博物館「ひみつ道具博物館(ミュージアム)」にあるということが分かった。

鈴を探すために博物館を訪れたドラえもんたちだが、その翌日、博物館に「大事なひみつ道具をいただきに参る」という怪盗DXからの予告状が。

現れた怪盗DXに応戦したものの、結局6つのひみつ道具を盗まれてしまったドラえもん。果たして怪盗DXの正体とは…?

『ひみつ道具博物館』というとっても魅力的なタイトルは、新旧どちらのファンでも「見てみたい!」と思うのではないでしょうか。

この作品は思いっきり新しいドラえもんを前面に出してきてるなという感想です。
ギャグのテンポやキャラクターデザイン、絵の綺麗さなど、「新しいドラえもんはこうです!」という潔さが見られます。

ドラえもんの鈴が盗まれてしまうという驚きの事件が起きるのですが、どうやらドラえもんはその鈴に思い入れがあるようで…という、ちょっとしたミステリーのような楽しさもあります。

様々な道具が出てくるのでそれだけでも純粋に楽しめるのですが、いかんせんストーリーの起伏があまりなかったのが残念…。

第38位・ドラえもん のび太のねじ巻き都市<シティー>冒険記

第38位・ドラえもん のび太のねじ巻き都市<シティー>冒険記

1997年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第18作目。

ドラえもんのひみつ道具「生命(いのち)のねじ」を使い、命を得たウマのぬいぐるみ「パカポコ」と一緒に走りの練習をしていたのび太。
しかし空き地が狭く何とかならないかと考えていると、ドラえもんが未来デパートの福引で引いた『小惑星引換券』を持ってくる。
美しい小惑星を見つけたのび太たちは、「生命のねじ」を使ってそこにおもちゃたちの街『ねじ巻き都市』を作ることを決めた。

ところが、おもちゃのブタのピーブが、落雷の影響で突然進化を開始する。ほかのおもちゃたちの指導者となり、次々と街を建設していくピーブ。
一方その頃、脱獄した前科100犯の凶悪犯・熊虎鬼五郎がねじ巻き都市に迷い込んでいた…。

ここでついに旧ドラえもんがランクイン。
原作者の藤子先生がこの作品を執筆中に亡くなったことを考えると、もっと上位にしたい気持ちもありますが…数ある旧ドラえもんの映画の中で一番評価が低くなってしまいました。

この作品はこれまでよりも『大冒険』感が少なく、敵が巨大な組織や時空犯罪を犯すヤバい奴ではなくただの前科100犯の人間だったこと、ねじ巻き都市の住人たちがなぜか愛着が持てないこと、そしてなんかピーブにイラッとくるところあたり(笑)が低評価の原因かと。

もし原作者が最後まで描き上げていたらどうなったのか…そんなことも考えてしまいます。

第37位・ドラえもん 翼の勇者たち

第37位・ドラえもん 翼の勇者たち

2001年に公開された、ドラえもん映画シリーズの第22作品目。

出木杉から聞いた鳥のような羽をもった生物『鳥人』に憧れ、自作の翼を使い裏山で飛ぶ練習をしていたのび太。
そこへ突然超空間の穴が開き、鳥人の少年・グースケが迷い込む。
グースケの乗っていた飛行機を一緒に修理しテスト飛行をしようとしたところ再び超空間の穴が開き、のび太たち5人も鳥人の世界『バードピア』へ飛ばされてしまう。

ドラえもんの道具「バードキャップ」で鳥人になったのび太達は、グースケの誘いで「イカロスレース」に出場するため練習を開始することに。

しかしバードピアでは人間たちを嫌うカラス警備隊の長官「ジーグリード」が、「フェニキア」という強大なる力を蘇らせようと企んでいた…。

人類の夢でもある「自分で空を飛ぶ」ことをモチーフにした作品で、のび太たちが羽を付けて飛ぶ姿は誰もが「いいなぁ~」と思ったに違いありません。

鳥人でありながら過去のトラウマ(誕生直後にカゴから落ちて両親と生き別れた)から自分で飛ぶことが出来ないというグースケがトラウマを克服するシーンはとても感動しました。

しかしこの作品はのび太たちよりも鳥人たちにフォーカスが当たっているので、そこに不満を覚える人もいるようです。

困った時のパラレルワールド設定か…という感じもしますが、内容としては及第点だと思います。

第36位・ドラえもん のび太の創世日記

第36位・ドラえもん のび太の創世日記

1995年3月に公開された作品で、ドラえもんの映画シリーズ第16作目になります。

夏休みの自由研究がなかなか進まないのび太は、ドラえもんのひみつ道具である「創世セット」を使って新たな宇宙を作り、『地球型惑星』の歴史を観察することに。

のび太が作った地球に誕生した人類の中にはのび太によく似た人間がおり、自分に似た人間たちについ肩入れしたのび太はその世界の神様となって彼らに力を貸していく。
そして現代に近い時代になった時、なんと地球の中の空洞には「昆虫人」による世界が形成されていた。

のび太のせいで進化を止められたと主張する昆虫人たちは地上へ進出し、地上世界を取り戻そうとしていた。

大長編の15作品目ということで(パラレル西遊記は漫画化されていない)、”地球の創造”という物凄いスケールの大きな話をぶっこんできました。

箱庭のように手軽に地球を作れるなんて面白すぎ!こんな風にして地球が出来たのか…と勉強にもなります。

でも、人類の進化の過程、文明の発達や争いの歴史など、ちょっと小難しい話なんですよね。しかものび太の作った世界での話なので、のび太たちは傍観者のような立ち位置。
いつもの大冒険ものとは違うので、評価が分かれる作品です。
そしてハッキリ言って昆虫人が気持ち悪いので苦手なんです…(笑)。

第35位・ドラえもん のび太とロボット王国<キングダム>

第35位・ドラえもん のび太とロボット王国<キングダム>

2002年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第23作目となる作品。

スネ夫に新型のペットロボット『』を自慢されたのび太は、ペットロボットが欲しい」とドラえもんに泣きつく。「君には僕と言うネコ型ロボットがいるじゃないか」と叱るドラえもん。
怒ったのび太は勝手に未来デパートへロボットを注文するが、送られてきたロボット達はみんなのび太の言うことを聞かず、やりたい放題の大暴れをしてしまう。

全て返品したかと思われたが、少年型のロボット『ポコ』が残った。どうやらポコは地球の技術で作られたものではなく、どこかの超空間内で紛れ込んでしまったらしい。

ポコを元の世界に返してあげるため、ドラえもん達の冒険が始まる!

映画ドラえもんがロボットを題材にするのはこれで3作品目ですが、今回は意志を持ったロボット対服従させようとする人間の構図となっています。人間とロボットの共存を目指していた前国王が事故死したのは「感情を持ったロボットのせいだ」と新女王をそそのかしたため、勝手なことをしたロボットは全て改造されてしまいます。

そこで捕まってしまったドラえもんが決闘場で大きなゴリラロボットと戦う羽目になるのですが、時限バカ弾を出したためにバカになっちゃうところは名シーン。最終決戦の一番大事な場面で巨大ロボットに乗り込んだのがなぜかのび太だったところも意外性があって笑えます。

母親の愛情に焦点を当てており、ドラえもんがのび太の母親的な立場なんだなぁと感じられるシーンも。
ママに甘えるのび太を羨ましがるドラえもんに対し、のび太のママが「ドラちゃんだって私の子供よ」というシーンは感動的!

欲を言えば、なぜデスターがロボットを改造したがったのかの説明が欲しかった…。

第34位・ドラえもん のび太の宇宙漂流記

第34位・ドラえもん のび太の宇宙漂流記

1999年3月に公開された、映画シリーズ第20作目の記念作品。

スネ夫に宇宙旅行のチケットを自慢されたのび太たちは、ドラえもんに頼んで22世紀の最新ゲーム“スター・クラッシュ”に入り込み、宇宙空間で遊んでいた。

しかしジャイアンとスネ夫がまだゲームに入ったままの状態で、謎のUFOがそのゲームを持ち去ってしまう。
UFOを探し当てたドラえもんたちはその乗員である『宇宙少年騎士団』のリアンと出会い仲良くなるが、リアンたちと対立する謎の怪人『アンゴルモア』がいる独立軍との戦争に巻き込まれていく。

ドラえもんの映画は宇宙を題材にした作品も多いですが、これは取っ掛かりがゲームの中の宇宙で、そこから本物の宇宙へと繋がっていきます。
しかも地球から見えることのない、はるかかなたの遠い遠い宇宙…遠すぎてどこでもドアが使えないという状況です。

途中、地球に帰れた~!と思ったら実は幻惑の星で、恐ろしい樹の怪物みたいなのがうごうごしてるシーンは結構ビビります。
また、今作ではロボットのログとドラえもん、少年リアンとのび太、妖精のような羽をもつ小さな生き物・フレイアとしずかちゃん、力持ちの岩人間のようなゴロゴロとスネオ・ジャイアンコンビというように、それぞれ同じような立ち位置の登場人物と友情が育まれているのも珍しいポイント。

第33位・ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~

第33位・ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~

2014年3月に公開された、映画ドラえもんの第34作目。1982年公開の『のび太の大魔境』のリメイク作品となっています。

「地球上のどこかにはまだ隠された秘境があるはずだ!」と、大冒険できる手付かずの秘境を探すのび太(探すのはドラえもんだけど)。
そんな時、空き地で薄汚れた一匹の犬を見つけ、『ペコ』と名付けて家に連れ帰り飼うことにしたのび太。

そのペコが山積みの衛星写真の中からジャングルの奥地『ヘビースモーカーズ・フォレスト』に立つ謎の巨神像を見つけ出す。

大冒険を期待したのび太たちは、巨神像の謎を解き明かすため未開のジャングルに向かうことに。

またまた名作リメイク作品のランクイン。
この作品は他のリメイク作品と違い、これと言って新しいエピソードが盛り込まれていません。
それを良しとするか悪とするかは人それぞれで、変な改変されなくて良かったという人もいればあまりに同じすぎてつまらないという方もいることでしょう。

筆者は前者の方で、特にクライマックスのペコとジャイアンのやり取りのシーンは「同じで良かった」と思いました。
でも、あの歌じゃないとダメなんですよ~。「だからみんなで」という歌だからこそ、あのシーンが物凄く感動的なんですよ!
ということで、感動がちょっとダウンしてしまいましたのでこの順位です。

代わりの劇中歌はジャイアン役の木村昴さんが歌っているのですが、歌上手すぎで思わず笑うレベル。

第32位・ドラえもん 新・のび太の魔界大冒険

第32位・ドラえもん 新・のび太の魔界大冒険

2007年3月に公開された、映画ドラえもんの通算27作目となる作品。1984年に公開された『のび太の魔界大冒険』のリメイクとなっています。

ぼんやりと魔法に憧れていたのび太だったが、出木杉くんから「魔法は無い」と言い切られ、しょんぼり。諦めきれないのび太はドラえもんに頼んでもしもボックスを出してもらい、「もしも魔法が使えたら…」という架空の世界を作り出す。

ところが魔法の世界でものび太の落ちこぼれっぷりは変わっておらず、簡単な魔法も使えずにジャイアンたちにバカにされる。

がっかりして元の世界に戻そうとしたのび太だったが、せめて簡単な魔法一つでも覚えてみようと奮起。魔法の練習に励むのび太だったが、しずかちゃんから「魔界接近説」という不穏な事実を教えられる――。

こちらも名作のリメイク作品。オリジナルの魔界大冒険は文句つけようがないくらい面白かったのですが、こちらはちょっと改変されています。

オリジナルには無かった、美夜子さんのお母さんのエピソードが追加されている部分は個人的に評価できます。でも最後に登場するシーンはちょっと余計な気も。

美夜子とのび太が悪魔に追い詰められてしまうシーンで「ここで2人とも捕まったら、誰が地球を救うのよ!」というセリフが大好きで、すごーく期待していたのですが…相武紗季さん、頑張っていたけどここのセリフだけは「違ーう!」とツッコんでしまいました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

UNISON SQUARE GARDENの人気曲ランキング40選&アルバム5選【動画…

透明感に溢れながらも個性的なトゲを持つボーカルと独創的なバンドアンサンブルで聴く者を魅了するロックバンドUN…

rogi / 105 view

東京喰種の最強キャラクター強さランキングTOP52【2021最新版】

「東京喰種 トーキョーグール」のキャラクターの強さをランキング形式で紹介します。「東京喰種 トーキョーグール…

maru.wanwan / 340 view

Kalafina人気曲ランキングTOP40【動画付・ファンが選んだ名曲集】【2021…

3人組アニソンボーカルユニットである「Kalafina(カラフィナ)」。2019年に解散し現在は3人ともそれ…

石もち / 98 view

DEATH NOTE登場キャラ<強さ・かわいい・人気>ランキング40選【2021最新…

週刊少年ジャンプで連載されていた漫画、DEATH NOTE。アニメ化やドラマ化、実写映画化もされており、とて…

ririto / 534 view

七つの大罪の人気キャラクター強さランキングTOP30【2021最新版】

鈴木央さん原作の漫画、「七つの大罪」。バトル漫画でもあるので、やはり気になるのがどのキャラクターが強いのかと…

ririto / 837 view

ワンピースのキャラクター強さランキング最新100選~登場人物最強とは【2021年版】

今や日本のみならず、全世界で人気が高い漫画「ONE PIECE(ワンピース)」。今回は、ワンピースのキャラク…

ririto / 942 view

ダイの大冒険のキャラ強さランキングTOP35~登場人物最強とは【2021最新版】

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』は、1989年から週刊少年ジャンプで連載された漫画作品で、19…

ririto / 1092 view

映画ポケットモンスターの歴代人気ランキング26選と評価【2021最新版】

アニメが放送開始してからもう20年以上が経った『ポケットモンスター』。そんなポケットモンスターは1998年か…

ririto / 232 view

「ひぐらしのなく頃に」キャラクター人気ランキング25選【2021最新版】

「ひぐらしのなく頃に」は村落で発生した連続怪死・失踪事件の顛末を描いた連作式のミステリー作品で、多くのキャラ…

maru.wanwan / 121 view

キスシーンのあるアニメおすすめ人気ランキングTOP25【2021最新版】

アニメの中には時にお似合いカップルなるものが多数登場しますね。そんな様々なカップルがキスシーンを披露してくれ…

ririto / 894 view

花澤香菜が声優のアニメキャラ人気ランキングTOP60【2021最新版】

数多くの女性声優の中でもトップの人気を誇る花澤香菜さん。これまでにたくさんのアニメキャラを演じてこられました…

ririto / 280 view

あんスタのキャラ人気ランキング52選!イケメン&かわいい【2021最新版】

アイドル育成を軸とした、大人気スマホ向けアプリゲーム「あんさんぶるスターズ!」は、個性豊かなイケメンやかわい…

maru.wanwan / 6777 view

芸能人の声優|吹き替え上手い20人&下手な10人ランキング【2021最新版】

最近アニメや洋画などで、吹き替えの声優を芸能人の方が務めるということをよく耳にします。今回はそんな中「下手」…

ririto / 1675 view

呪術廻戦の嫌いなキャラクターランキング10選【2021最新版】

『週刊少年ジャンプ』2018年14号から連載されている漫画作品の「呪術廻戦」には呪術師・呪詛師・呪霊など様々…

maru.wanwan / 669 view

賭ケグルイのキャラクター人気ランキングTOP23【2021最新版】

『賭ケグルイ』は月刊ガンガンJOKERにて2014年4月号から連載中の漫画で、アニメ化や実写映画化もされてい…

maru.wanwan / 370 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

福山潤が声優のアニメキャラ人気ランキングTOP35【2021最新版】

たくさんのアニメで様々なキャラクターを演じている人気声優の福山潤さん。そんな福山潤さんがこれまでに演じてきた…

ririto / 86 view

ザ・ファブルの人気キャラ強さランキング20選【2021最新版】

南勝久による漫画「ザ・ファブル」は、『週刊ヤングマガジン』で連載され、実写映画化もされている人気作品です。今…

maru.wanwan / 766 view

サザエさんの家系図&キャラ強さランキング30選~登場人物最強とは【2021最新版】

磯野家(とそれにかかわる人々)の日常を描いたサザエさんですが、そこに登場するキャラクターの強さがネットで議論…

ririto / 229 view

ドラゴン桜の名言ランキングTOP25!人気の格言を紹介【2021最新版】

2003年にモーニングで連載は始まった「ドラゴン桜」ですが、受験テクニックや勉強法などが受験業界で大きな話題…

maru.wanwan / 406 view

BL声優の人気ランキングTOP30【2021最新版】

BLとはボーイズ・ラブの略で、その名の通り男性同士の恋愛を描いた作品。いくつかはアニメ化もされていますが、B…

ririto / 841 view

金田一少年の事件簿・最強の犯人ランキング18選【2021最新版】

『金田一少年の事件簿』はミステリー推理漫画・アニメとして人気がありますが、作品に登場する犯人も注目されていま…

maru.wanwan / 781 view

おそ松さんのキャラクター人気ランキング30選【2021最新版】

「おそ松さん」は、『赤塚不二夫 生誕80周年企画』を記念し、彼の代表作の1つである『おそ松くん』を元にしたス…

maru.wanwan / 83 view

Claris人気曲ランキングTOP35【動画付き・2021最新版】

未だに素顔など、隠されている部分が多い人気アニメソングユニットの「Claris(クラリス)」。そんな彼女達の…

石もち / 49 view

異世界ファンタジーアニメおすすめランキングTOP45【2021最新版】

毎年毎シーズン数多くのアニメが新しく生まれていますが、その中でも最もアニメらしいジャンルと言ったら『異世界フ…

ririto / 768 view

消えた/引退した漫画家20選!衝撃の現在ランキング【2021最新版】

日本にはおよそ6000人の漫画家が存在すると言われており、ヒット作は出したけれどもいつの間にか消えた漫画家、…

maru.wanwan / 1570 view

鬼滅の刃の好き&嫌いなキャラランキング30選!好感度を紹介【2021最新版】

吾峠呼世晴さんのコミックである「鬼滅の刃」には様々なキャラクターが登場します。この記事では、「鬼滅の刃」の登…

kent.n / 509 view

鬼滅の刃の名言&名シーン75選!ランキングで紹介【2021最新版】

週刊少年ジャンプに連載されていた漫画「鬼滅の刃」は大ヒットを記録していますが、作中には数々の名言や名シーンも…

maru.wanwan / 839 view

Amazonプライムビデオのアニメおすすめランキング30選【2021最新版】

Amazonプライムビデオとは、月額使用料(または年間使用料)を支払うだけで膨大な量の映像作品を楽しめるコン…

ririto / 1699 view

銀魂のかわいい女性キャラ20選!ランキングで紹介【2021最新版】

テレビアニメ・実写映画もヒットを記録した漫画である「銀魂」。銀魂を支えてきたのは、かわいい女性キャラの存在も…

maru.wanwan / 541 view

ワールドトリガーのキャラクター強さランキング45選【2021最新版】

『ワールドトリガー』 は、葦原大介による日本の少年漫画で、異世界からの侵略者・ネイバーと防衛組織・ボーダーの…

maru.wanwan / 189 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング