みんなが大好きドラえもん!

突然ですが、ドラえもんの映画は好きですか?

筆者は大好きです!!

子供の頃から結構な大人になった現在も見ています。
そんな筆者が頭を悩ませながら、ドラえもんの映画の人気ランキングを作成してみました。
世間のレビューを元に、超個人的見解でランキングさせて頂きましたので、不満な点もあるかと思いますが、そこは目を瞑っていただければ幸いです…。

では早速38位からどうぞ!

ドラえもんの映画人気ランキングTOP38-30!

第38位・ドラえもん のび太と緑の巨人伝

第38位・ドラえもん のび太と緑の巨人伝

2008年3月に公開された、ドラえもん映画の27作目となる作品。キャストや画風が一新されてからの映画では、初となるオリジナルストーリーです(とは言っても原作にあるストーリーの改変ですが)。

ドラえもんの道具である「植物自動化液」で動けるようになった、小さな苗木『キー坊』。
ある日、のび太たちみんなとキー坊が裏山で遊んでいると、突然怪現象が起きて謎の星へ飛ばされてしまう。
そこでは、地球の未来にかかわる恐ろしい計画が進められていた!

原作コミックス26巻収録の「森は生きている」、32巻収録の「さらばキー坊」を原案としたこの映画。

植物型宇宙人たちが住む惑星・緑の星では、地球上の植物を全て緑の星に移して人類を滅亡させようとする計画が進んでおり、それを知ったドラえもんたちが奮闘するというストーリー展開。

環境問題やエコロジー的な観点で問題提起しているような作品ですが、キー坊を守ろうと一生懸命なのび太の姿からはいつの時代も変わらない「仲間との絆」のようなものを感じられます。

ただ一つ…クライマックスで作画がおかしなことになっている演出、あれは個人的に全く受け付けませんでした。
なにも『ドラえもん』であんな表現をしなくても…。ストーリー的に悪くはないですが、そのせいで評価が低いです。

第37位・ドラえもん のび太の人魚大海戦

第37位・ドラえもん のび太の人魚大海戦

2010年3月に公開された、記念すべき30作目のドラえもん映画です。
コミックス41巻に収録されている「深夜の町は海の底」を原案としたオリジナルストーリー。

ドラえもんのひみつ道具で架空の町を深海にし、ダイビングをして遊んでいたのび太たちは、そこへ迷い込んでしまった人魚族の姫・ソフィアと出会う。

人魚族は怪魚族に追われており、人魚族が守る宝「人魚の剣」が怪魚族の手に入ってしまったら、宇宙全体が彼らに支配されてしまうという。
事情を知ったドラえもんたちは、人魚族に協力し、怪魚族から宝を守るために戦うことを決意する。

30作品目として大々的に公開され、興行収入も前作を上回る成績を収めているこの作品。

これまでの映画になかった”人魚”が題材にされていて、なんだかおもしろそう…!と思ったのですが、評価はイマイチでした。

全体的なストーリーがとっ散らかっている印象で、海の中にいる人魚族が宇宙人で敵も宇宙人で地球どころか宇宙が征服されてしまう危機だなんて、ちょっとついていけない感が…。

ゲストキャラのソフィアが可愛いのがせめてもの救いでしょうか。

第36位・ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~

第36位・ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマルアドベンチャー~

2012年3月に公開された、ドラえもん映画の32作品目。
こちらも原案はコミックス17巻に収録された「モアよ、ドードーよ、永遠に」を元にしたストーリーとなっています。

絶滅危機の動物がまだ生きているという奇跡の島・ベレーガモンド島。そこは「ゴールデンヘラクレス」と呼ばれる黄金のカブトムシの力に守られた不思議な島。

その島を訪れたドラえもんたちは、「ゴールデンヘラクレス」の力を狙う悪の商人・シャーマンから島を守るために立ち上がる!

ドラえもん映画ではお馴染みの「現地の人と交流を深め、悪い奴から島を守る」という設定。

めったに映画に出ないのび太のパパが大活躍してる珍しい映画でもあります。(少年時代の姿ですが…)
最後のシーンで、序盤のあのシーンに繋がっているのか!というところはニヤリとする面白さがありました。

残念なのは、ところどころに「えっ?」みたいなシーンがあったこと。

出木杉君がのび太のカブトムシをバカにするようなセリフを言ったり、ジャイアンとスネ夫がのび太のパパをバカにするようなことを言ったり、しずかちゃんが唐突に怒り爆発するシーンなど…昔ドラえもんを見ていた大人が見ると、違和感大。

しかしタイトルが「アニマルアドベンチャー」なのに、アニマルがほとんどアドベンチャーしていないというのは謎です。(アニマルではなくてカブトムシがメインでした)

第35位・ドラえもん のび太の宇宙英雄記<スペースヒーローズ>

第35位・ドラえもん のび太の宇宙英雄記<スペースヒーローズ>

2015年3月に公開された、ドラえもん映画の通算35作品目。
こちらは原案などもない、完全なオリジナルストーリーとなっています。

ドラえもんたちが裏山で戦隊ヒーロー映画の撮影ごっこをしていると、そこに偶然にも裏山に不時着したポックル星のアロンが現れる。
のび太たちが巨大な恐竜と戦っている姿を見て(もちろん作り物ですが)、ヒーローだと思ったアロンは、悪の海賊に支配されたポックル星を救ってほしいと頼む。

最初はドラえもんの道具である『バーガー監督』が演出した映画なのかと思っていたのび太たちだが、ポックル星を救うために本当に戦う事に…。

35作目の記念作品として制作された宇宙英雄記。
完全なるオリジナルストーリーで、どちらかというと深刻になりがちだったこれまでのドラえもん映画とは一線を画すような「明るい」作風になっています。

設定も分かりやすい「ヒーロー」だったり、「超人的な力」だったり、「悪と戦う」だったりと、子供に楽しんでもらおうとした作品なんだなと理解できます。

みんながそれぞれの個性を活かして戦う姿なんかとてもワクワクしましたし、ちょいちょい挟んでくるギャグも面白かった。

でもやっぱり、大人が楽しめるかと聞かれたら「子供向けです」と答えるしかないのが残念…。

第34位・ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

第34位・ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

2009年3月に公開された、映画ドラえもんの通算29作目。1981年3月に公開された宇宙開拓史のリメイク版です。

ある日突然、のび太の部屋の畳の裏と宇宙船の船内が繋がってしまった!
宇宙船にいたのは、コーヤコーヤ星に住んでいるロップルという少年とチャミーという謎の生き物。

彼らが住むコーヤコーヤ星には珍しい鉱石「ガルタイト」が豊富にあり、大企業『ガルタイト鉱業』はコーヤコーヤ星ごと侵略して奪い取ろうと画策していた。
それを知ったのび太たちはロップルを助けに行くことに…。

遠い遠い、聞いたことも無いような星同士が何らかのはずみで繋がってしまう。王道ですが、ワクワクする展開ですよね。

しかもその繋がった先のコーヤコーヤ星は、地球よりも重力がずいぶん小さい。そのおかげで、地球ではヘッポコなのび太もスーパーマンに変身できるのです!

コーヤコーヤ星のみんなとの交流や不思議な生き物など、見どころはたくさん。

名作のリメイク版なので、ストーリー的には問題ないはずなのですが…。
なぜか余計なゲストキャラが登場したがために、何だか駄作になってしまった感が否めない…。

何か新しいものを付け加えないといけない決まりでもあったのでしょうか?

第33位・ドラえもん のび太のひみつ道具博物館

第33位・ドラえもん のび太のひみつ道具博物館

2013年3月に公開された、ドラえもん映画シリーズの通算33作目となる映画。原案ストーリーはなく、完全オリジナル作品となっています。

ある日の昼寝中、『怪盗DX』と名乗る人物に首の鈴を盗まれてしまったドラえもん。
のび太が『シャーロック・ホームズセット』で調べてみると、あらゆるひみつ道具が展示されている未来の博物館「ひみつ道具博物館(ミュージアム)」にあるということが分かった。

鈴を探すために博物館を訪れたドラえもんたちだが、その翌日、博物館に「大事なひみつ道具をいただきに参る」という怪盗DXからの予告状が。

現れた怪盗DXに応戦したものの、結局6つのひみつ道具を盗まれてしまったドラえもん。果たして怪盗DXの正体とは…?

『ひみつ道具博物館』というとっても魅力的なタイトルは、新旧どちらのファンでも「見てみたい!」と思うのではないでしょうか。

この作品は思いっきり新しいドラえもんを前面に出してきてるなという感想です。
ギャグのテンポやキャラクターデザイン、絵の綺麗さなど、「新しいドラえもんはこうです!」という潔さが見られます。

ドラえもんの鈴が盗まれてしまうという驚きの事件が起きるのですが、どうやらドラえもんはその鈴に思い入れがあるようで…という、ちょっとしたミステリーのような楽しさもあります。

様々な道具が出てくるのでそれだけでも純粋に楽しめるのですが、いかんせんストーリーの起伏があまりなかったのが残念…。

第32位・ドラえもん のび太のねじ巻き都市<シティー>冒険記

第32位・ドラえもん のび太のねじ巻き都市<シティー>冒険記

1997年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第18作目。

ドラえもんのひみつ道具「生命(いのち)のねじ」を使い、命を得たウマのぬいぐるみ「パカポコ」と一緒に走りの練習をしていたのび太。
しかし空き地が狭く何とかならないかと考えていると、ドラえもんが未来デパートの福引で引いた『小惑星引換券』を持ってくる。
美しい小惑星を見つけたのび太たちは、「生命のねじ」を使ってそこにおもちゃたちの街『ねじ巻き都市』を作ることを決めた。

ところが、おもちゃのブタのピーブが、落雷の影響で突然進化を開始する。ほかのおもちゃたちの指導者となり、次々と街を建設していくピーブ。
一方その頃、脱獄した前科100犯の凶悪犯・熊虎鬼五郎がねじ巻き都市に迷い込んでいた…。

ここでついに旧ドラえもんがランクイン。
原作者の藤子先生がこの作品を執筆中に亡くなったことを考えると、もっと上位にしたい気持ちもありますが…数ある旧ドラえもんの映画の中で一番評価が低くなってしまいました。

この作品はこれまでよりも『大冒険』感が少なく、敵が巨大な組織や時空犯罪を犯すヤバい奴ではなくただの前科100犯の人間だったこと、ねじ巻き都市の住人たちがなぜか愛着が持てないこと、そしてなんかピーブにイラッとくるところあたり(笑)が低評価の原因かと。

もし原作者が最後まで描き上げていたらどうなったのか…そんなことも考えてしまいます。

第31位・ドラえもん のび太の恐竜

第31位・ドラえもん のび太の恐竜

2006年に公開された、ドラえもん映画シリーズの通算26作品目。声優陣が一新され、新しいドラえもんとなってからの初の映画作品となっています。

ティラノサウルスの爪の化石を自慢するスネ夫に対して、のび太は「恐竜の化石を一匹分丸ごと見つけてみせる」というとんでもない宣言をしてしまう。
しかし偶然にも恐竜の卵の化石を発掘したのび太は、タイムふろしきを使って孵化させることに成功。
孵化したフタバスズキリュウの子供を「ピー助」と名づけ、母親のように育てる。
しかし、どんどん成長して大きくなったピー助はマスコミや警察に発見され、世間は大騒ぎになってしまった。のび太はタイムマシンでピー助を白亜紀の世界へ帰すことにするが…。

超名作のリメイクなのでもっと上位にランクインしても良いのですが…
ちょっと作画が個性的過ぎて、ドラえもんの作風に合わないシーンが気になってしまいました。故にこの順位。

しかし名作は名作。ストーリーはドキドキハラハラ展開で、ピー助とのび太の関係性なんかも感動的でとても良いです。

リメイクされていて良くなったと思う点は、
・敵キャラが悪そうで怖い
・ピー助との別れ際での感動の演出
・エンディングでの原作漫画の挿入
などでしょうか。

ちなみに今作のピー助は神木隆之介くんが担当しています。

ドラえもんの映画人気ランキングTOP30-21!

第30位・ドラえもん 翼の勇者たち

第30位・ドラえもん 翼の勇者たち

2001年に公開された、ドラえもん映画シリーズの第22作品目。

出木杉から聞いた鳥のような羽をもった生物『鳥人』に憧れ、自作の翼を使い裏山で飛ぶ練習をしていたのび太。
そこへ突然超空間の穴が開き、鳥人の少年・グースケが迷い込む。
グースケの乗っていた飛行機を一緒に修理しテスト飛行をしようとしたところ再び超空間の穴が開き、のび太たち5人も鳥人の世界『バードピア』へ飛ばされてしまう。

ドラえもんの道具「バードキャップ」で鳥人になったのび太達は、グースケの誘いで「イカロスレース」に出場するため練習を開始することに。

しかしバードピアでは人間たちを嫌うカラス警備隊の長官「ジーグリード」が、「フェニキア」という強大なる力を蘇らせようと企んでいた…。

人類の夢でもある「自分で空を飛ぶ」ことをモチーフにした作品で、のび太たちが羽を付けて飛ぶ姿は誰もが「いいなぁ~」と思ったに違いありません。

鳥人でありながら過去のトラウマ(誕生直後にカゴから落ちて両親と生き別れた)から自分で飛ぶことが出来ないというグースケがトラウマを克服するシーンはとても感動しました。

しかしこの作品はのび太たちよりも鳥人たちにフォーカスが当たっているので、そこに不満を覚える人もいるようです。

困った時のパラレルワールド設定か…という感じもしますが、内容としては及第点だと思います。

第29位・ドラえもん のび太の創世日記

第29位・ドラえもん のび太の創世日記

1995年3月に公開された作品で、ドラえもんの映画シリーズ第16作目になります。

夏休みの自由研究がなかなか進まないのび太は、ドラえもんのひみつ道具である「創世セット」を使って新たな宇宙を作り、『地球型惑星』の歴史を観察することに。

のび太が作った地球に誕生した人類の中にはのび太によく似た人間がおり、自分に似た人間たちについ肩入れしたのび太はその世界の神様となって彼らに力を貸していく。
そして現代に近い時代になった時、なんと地球の中の空洞には「昆虫人」による世界が形成されていた。

のび太のせいで進化を止められたと主張する昆虫人たちは地上へ進出し、地上世界を取り戻そうとしていた。

大長編の15作品目ということで(パラレル西遊記は漫画化されていない)、”地球の創造”という物凄いスケールの大きな話をぶっこんできました。

箱庭のように手軽に地球を作れるなんて面白すぎ!こんな風にして地球が出来たのか…と勉強にもなります。

でも、人類の進化の過程、文明の発達や争いの歴史など、ちょっと小難しい話なんですよね。しかものび太の作った世界での話なので、のび太たちは傍観者のような立ち位置。
いつもの大冒険ものとは違うので、評価が分かれる作品です。
そしてハッキリ言って昆虫人が気持ち悪いので苦手なんです…(笑)。

第28位・ドラえもん のび太とロボット王国<キングダム>

第28位・ドラえもん のび太とロボット王国<キングダム>

2002年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第23作目となる作品。

スネ夫に新型のペットロボット『』を自慢されたのび太は、ペットロボットが欲しい」とドラえもんに泣きつく。「君には僕と言うネコ型ロボットがいるじゃないか」と叱るドラえもん。
怒ったのび太は勝手に未来デパートへロボットを注文するが、送られてきたロボット達はみんなのび太の言うことを聞かず、やりたい放題の大暴れをしてしまう。

全て返品したかと思われたが、少年型のロボット『ポコ』が残った。どうやらポコは地球の技術で作られたものではなく、どこかの超空間内で紛れ込んでしまったらしい。

ポコを元の世界に返してあげるため、ドラえもん達の冒険が始まる!

映画ドラえもんがロボットを題材にするのはこれで3作品目ですが、今回は意志を持ったロボット対服従させようとする人間の構図となっています。人間とロボットの共存を目指していた前国王が事故死したのは「感情を持ったロボットのせいだ」と新女王をそそのかしたため、勝手なことをしたロボットは全て改造されてしまいます。

そこで捕まってしまったドラえもんが決闘場で大きなゴリラロボットと戦う羽目になるのですが、時限バカ弾を出したためにバカになっちゃうところは名シーン。最終決戦の一番大事な場面で巨大ロボットに乗り込んだのがなぜかのび太だったところも意外性があって笑えます。

母親の愛情に焦点を当てており、ドラえもんがのび太の母親的な立場なんだなぁと感じられるシーンも。
ママに甘えるのび太を羨ましがるドラえもんに対し、のび太のママが「ドラちゃんだって私の子供よ」というシーンは感動的!

欲を言えば、なぜデスターがロボットを改造したがったのかの説明が欲しかった…。

第27位・ドラえもん のび太の宇宙漂流記

第27位・ドラえもん のび太の宇宙漂流記

1999年3月に公開された、映画シリーズ第20作目の記念作品。

スネ夫に宇宙旅行のチケットを自慢されたのび太たちは、ドラえもんに頼んで22世紀の最新ゲーム“スター・クラッシュ”に入り込み、宇宙空間で遊んでいた。

しかしジャイアンとスネ夫がまだゲームに入ったままの状態で、謎のUFOがそのゲームを持ち去ってしまう。
UFOを探し当てたドラえもんたちはその乗員である『宇宙少年騎士団』のリアンと出会い仲良くなるが、リアンたちと対立する謎の怪人『アンゴルモア』がいる独立軍との戦争に巻き込まれていく。

ドラえもんの映画は宇宙を題材にした作品も多いですが、これは取っ掛かりがゲームの中の宇宙で、そこから本物の宇宙へと繋がっていきます。
しかも地球から見えることのない、はるかかなたの遠い遠い宇宙…遠すぎてどこでもドアが使えないという状況です。

途中、地球に帰れた~!と思ったら実は幻惑の星で、恐ろしい樹の怪物みたいなのがうごうごしてるシーンは結構ビビります。
また、今作ではロボットのログとドラえもん、少年リアンとのび太、妖精のような羽をもつ小さな生き物・フレイアとしずかちゃん、力持ちの岩人間のようなゴロゴロとスネオ・ジャイアンコンビというように、それぞれ同じような立ち位置の登場人物と友情が育まれているのも珍しいポイント。

第26位・ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~

第26位・ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~

2014年3月に公開された、映画ドラえもんの第34作目。1982年公開の『のび太の大魔境』のリメイク作品となっています。

「地球上のどこかにはまだ隠された秘境があるはずだ!」と、大冒険できる手付かずの秘境を探すのび太(探すのはドラえもんだけど)。
そんな時、空き地で薄汚れた一匹の犬を見つけ、『ペコ』と名付けて家に連れ帰り飼うことにしたのび太。

そのペコが山積みの衛星写真の中からジャングルの奥地『ヘビースモーカーズ・フォレスト』に立つ謎の巨神像を見つけ出す。

大冒険を期待したのび太たちは、巨神像の謎を解き明かすため未開のジャングルに向かうことに。

またまた名作リメイク作品のランクイン。
この作品は他のリメイク作品と違い、これと言って新しいエピソードが盛り込まれていません。
それを良しとするか悪とするかは人それぞれで、変な改変されなくて良かったという人もいればあまりに同じすぎてつまらないという方もいることでしょう。

筆者は前者の方で、特にクライマックスのペコとジャイアンのやり取りのシーンは「同じで良かった」と思いました。
でも、あの歌じゃないとダメなんですよ~。「だからみんなで」という歌だからこそ、あのシーンが物凄く感動的なんですよ!
ということで、感動がちょっとダウンしてしまいましたのでこの順位です。

代わりの劇中歌はジャイアン役の木村昴さんが歌っているのですが、歌上手すぎで思わず笑うレベル。

第25位・ドラえもん 新・のび太の魔界大冒険

第25位・ドラえもん 新・のび太の魔界大冒険

2007年3月に公開された、映画ドラえもんの通算27作目となる作品。1984年に公開された『のび太の魔界大冒険』のリメイクとなっています。

ぼんやりと魔法に憧れていたのび太だったが、出木杉くんから「魔法は無い」と言い切られ、しょんぼり。諦めきれないのび太はドラえもんに頼んでもしもボックスを出してもらい、「もしも魔法が使えたら…」という架空の世界を作り出す。

ところが魔法の世界でものび太の落ちこぼれっぷりは変わっておらず、簡単な魔法も使えずにジャイアンたちにバカにされる。

がっかりして元の世界に戻そうとしたのび太だったが、せめて簡単な魔法一つでも覚えてみようと奮起。魔法の練習に励むのび太だったが、しずかちゃんから「魔界接近説」という不穏な事実を教えられる――。

こちらも名作のリメイク作品。オリジナルの魔界大冒険は文句つけようがないくらい面白かったのですが、こちらはちょっと改変されています。

オリジナルには無かった、美夜子さんのお母さんのエピソードが追加されている部分は個人的に評価できます。でも最後に登場するシーンはちょっと余計な気も。

美夜子とのび太が悪魔に追い詰められてしまうシーンで「ここで2人とも捕まったら、誰が地球を救うのよ!」というセリフが大好きで、すごーく期待していたのですが…相武紗季さん、頑張っていたけどここのセリフだけは「違ーう!」とツッコんでしまいました。

第24位・ドラえもん のび太と銀河超特急

第24位・ドラえもん のび太と銀河超特急

1996年3月に公開された、映画ドラえもんシリーズの第17作品目。
この映画公開から半年後に藤子不二雄先生が死去したため、これが最後まで描き上げた最後の作品となっています。

22世紀で大人気となっている、宇宙空間を走る『ミステリー列車』のチケットを購入したドラえもんは、のび太を誘って行き先の分からない宇宙旅行へ出発!
途中からジャイアン、スネ夫、しずかちゃんも加わった旅の行く先は、『ハテハテ星群』にある宇宙最大のテーマ・パーク“ドリーマーズ・ランド"。

ここは小惑星ひとつひとつが巨大な遊園地となっており、のび太とドラえもんは『西部の星』で西部劇を楽しみ、ジャイアンとスネ夫は『忍者の星』で忍者の修行に励む。
しかしそのころ、ハテハテ星群乗っ取りを狙う侵略者・ヤドリの魔手がひそかに伸びていた――。

小惑星一つ一つがテーマパークという、ものすごくワクワクするような設定!西部劇もいいしお姫様にもなりたいし、忍者の修行も面白そう。
子供だけでなく大人の心もくすぐる話です。

ヤドリに体を乗っ取られてしまうスネ夫のシーンとかドキドキハラハラですし、のび太の射撃の腕前は相変わらずでニンマリ。

音楽も、ドラえもんシリーズには珍しくクラシック曲が効果的に使われており、印象に残ります。

第23位・ドラえもん のび太と竜の騎士

第23位・ドラえもん のび太と竜の騎士

1987年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第8弾となる作品です。

地球上にまだ恐竜が存在すると言い張るのび太と、バカにするジャイアンとスネ夫。ドラえもんの道具に聞いてみても、もう恐竜はいない、との回答が。しかしスネ夫はある日川で謎の巨大な生物に遭遇し、「恐竜ではないか」とノイローゼ気味になってしまった。

そんな中、のび太は0点の答案を隠すためドラえもんに頼んで地下に空洞を作ってもらう。
巨大な地下空洞で好きなことをして楽しむのび太たちだったが、みんなから離れてぶらぶら散歩していたスネ夫が行方不明に。

スネ夫を探しにいったのび太たちは、実は地下空間に巨大な帝国があり、絶滅したと思われた恐竜が生きていることを知る…。

『地球上』にはいないけど、『地球内』には未だ生きていた…という「そんなんアリ?!」とツッコミ入れたくなる事実が判明するのですが(笑)、川底から地下空間に繋がっていて、そこには地底人がいるという設定が斬新すぎ!
この映画を見てからしばらくは「この川の下にもしや…」なんて妄想を膨らませたものです。

地底人のバンホーさんは表向きは優しい騎士ですが、ちょっと怪しい雰囲気もあって、中盤では「もしや悪い奴か?」という疑念を抱いてしまいます。でも、お互いがちょっと誤解してただけなんですよね。

終盤、隕石が地球に衝突してからの爆風は息をのむものがありました。
地底空間は実は…という種明かしは、子供の頃はちょっと難しくて「???」でしたが、この結末はみんなが幸せになって良かった良かった、の大団円。

一番最後のオチも笑えます。

第22位・ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

第22位・ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

2017年3月に公開された、映画ドラえもんの第37作目となる作品です。
原案はコミックス18巻に収録されている『大氷山の小さな家』から。

真夏の暑さに耐えかねたのび太たちは、巨大な氷山へ行って遊ぶことに。
そこで氷漬けになっている不思議な腕輪を見つけ、氷を調べてみたところ、なんと10万年前の南極で出来た氷だということが判明。
誰かが落とした腕輪かも…と、南極へと向かい、ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。

そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。

これまでの映画ドラえもんでは題材になっていなかった南極が舞台!
しかも10万年前!

10万年前の南極なんて単純にワクワクする内容ですが、パオパオというキャラクターをフューチャーしたり、その謎の生命体が終盤で「そうだったのか!」という伏線を張っていたり、、ゲストキャラのカーラが可愛かったり、色々なところで楽しませてくれる作品です。

一面氷だらけの世界に入っていくのですが、その青色の綺麗なこと!
これは現代のアニメーション技術のなせる業だなぁと思わずうなってしまいました。

ちょっとご都合主義な感じもしますが、そこは無視して(笑)、童心に返って冒険を楽しみましょう。

第21位・ドラえもん のび太の宇宙開拓史

第21位・ドラえもん のび太の宇宙開拓史

1981年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第2作目。

遠い宇宙の惑星『コーヤコーヤ星』の少年・ロップルの宇宙船の故障によって、のび太の部屋の畳とロップルの宇宙船の倉庫の扉とが繋がってしまう。
思いっきり野球が出来る広大な土地を探していたのび太たちは、コーヤコーヤを第2の遊び場として、ロップルやその家族と共に楽しい日々を過ごす。

しかし、特殊な鉱石『ガルタイト』を独占しようと画策する大企業・ガルタイト鉱業は、コーヤコーヤ星に移住し始めたばかりの開拓民達を採掘の邪魔になると追い出そうとしていた。
ロップルたちがガルタイト鉱業から執拗な嫌がらせを受けていると知ったのび太たちは、ロップル達の生活を守ろうと、ガルタイト鉱業に戦いを挑む。

『新』の方でも説明しましたが、ロップルたちの住むコーヤコーヤ星の重力は地球の重力よりだいぶ小さく、その為のび太たちはスーパーマンのような力持ちになって大活躍できるのです。

のび太の得意技である射撃の腕も存分に発揮しているし、全体的に西部劇のような仕立てで(悪い奴に困っている人を流れ者のガンマンが救ってくれる…的な)スッキリとしたストーリー展開。

のび太とロップルの妹のクレムがほんのりイイ感じになっていたりしたので、最後の別れのシーンはジーンとくるものがあります。

この作品でドラえもん映画に初登場したパオパオ。可愛いですよね~。

関連するキーワード

関連するまとめ

2017年アニメおすすめランキング60選!冬・春・夏・秋の季節別TOP15【最新版】

たくさんのアニメが放送されていてどれを見たら良いのか分からない!という方もいるのではないでしょうか。今回は2…

ririto / 444 view

クレヨンしんちゃんの映画人気ランキング26と評価【最新版】

5歳の幼稚園児・野原しんのすけが大暴れするアニメ『クレヨンしんちゃん』は子供から大人までみんなが楽しめる大人…

ririto / 12217 view

声優の好感度ランキング36選!好き18人・嫌い18人【最新版】

自分の好きなアニメに出ている声優さんは必然的に好感度があがりますよね。それとは反対に、好感度が低い、嫌いだと…

ririto / 774 view

男性アニメキャラのイケメンランキングTOP30【画像付き】

アニメを見るうえで男性キャラがイケメンかどうかもかなりの視聴ポイントになりますよね!ということで今回はイケメ…

ririto / 47778 view

けいおん声優の人気TOP9&現在の活動まとめ!干された人が多い?

約7年ほど前に大人気だったアニメ『けいおん!』ガールズバンドが爆発的に人気になったのも、けいおんの影響だった…

kii428 / 8984 view

声優の結婚発表!衝撃ランキングTOP30【最新版】

声優がタレント化するにつれて、彼らの結婚への反響は大きくなっています。好きな人の結婚なのだから祝福…というわ…

埒子 / 112302 view

ハンターハンター強さランキング最新TOP100~最強キャラを公開【2019年版】

大人気の漫画「HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)」登場人物・キャラクターの最新の強さランキングT…

ririto / 53 view

Huluのアニメおすすめランキング90選!6ジャンル別のTOP15【最新版】

Hulu(フールー)は、月額利用料933円(税抜き)でたくさんのアニメが見られるコンテンツです。今回はHul…

ririto / 999 view

BL声優の人気ランキングTOP30【最新版】

BLとはボーイズ・ラブの略で、その名の通り男性同士の恋愛を描いた作品。いくつかはアニメ化もされていますが、B…

ririto / 578 view

ガンダムアニメのおすすめ人気ランキングTOP30【最新版】

ガンダムのアニメは初代、ファーストと呼ばれる『機動戦士ガンダム』から『鉄血のオルフェンズ』まで、実に30作品…

ririto / 3915 view

歴史・戦記アニメのおすすめランキングTOP30【最新版】

実際に体験できないからこそ燃えるアニメといったら、歴史ものや戦記もののアニメが挙げられますよね。今回はおすす…

ririto / 653 view

バトルアニメのおすすめランキングTOP40【手に汗握る!】

男性はもちろん、女性だってバトルアニメは大好きなジャンルの一つ。激しいバトルシーンは見ていて手に汗握りますよ…

ririto / 17267 view

JAM Projectの人気曲ランキング40選&アルバム5選【最新版】

影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の強力シンガーによるスーパーユニット「JAM Pr…

rogi / 966 view

名探偵コナンの映画人気ランキングと評価まとめ【全23作品】

2018年『ゼロの執行人』の大ヒットも記憶に新しい名探偵コナンの映画全作品を、人気順にランキング形式でまとめ…

ririto / 9169 view

やなぎなぎの人気曲ランキング30選&アルバム5選【最新版】

透明感ある歌声と独創的な楽曲でファンを魅了しているシンガーソングライターのやなぎなぎ。ガゼル名義で「ニコニコ…

rogi / 4450 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

歴代の神アニメおすすめランキング100選【年代別】

テレビ黎明期の時代から、多くの人々を楽しませてきたテレビアニメ。今回は歴代の人気アニメを年代別にTOP25作…

ririto / 16317 view

Aimerの人気曲ランキング50選&アルバム5選【最新版】

透明感あふれるハスキーボイスが魅力のAimer(エメ)。今回はAimerのおすすめアルバム&人気曲をYouT…

rogi / 1907 view

ガンダムアニメのおすすめ人気ランキングTOP30【最新版】

ガンダムのアニメは初代、ファーストと呼ばれる『機動戦士ガンダム』から『鉄血のオルフェンズ』まで、実に30作品…

ririto / 3915 view

やなぎなぎの人気曲ランキング30選&アルバム5選【最新版】

透明感ある歌声と独創的な楽曲でファンを魅了しているシンガーソングライターのやなぎなぎ。ガゼル名義で「ニコニコ…

rogi / 4450 view

クソアニメのおすすめランキングTOP30【最新版】

昨今のアニメ界でじわじわと市民権を得ているのが『クソアニメ』というジャンルではないでしょうか。今回は『クソア…

ririto / 5782 view

映画ポケットモンスターの歴代ランキングと評価【全22作品・最新版】

アニメが放送開始してからもう20年以上が経った『ポケットモンスター』。そんなポケットモンスターは1998年か…

ririto / 1863 view

歴代のアニメ主題歌名曲ランキング100【年代別・最新決定版】

アニメに欠かせない、切っても切れないものと言えばアニメ主題歌!今回は”名曲”と呼ばれている歴代のアニメ主題歌…

ririto / 3444 view

ハンターハンター強さランキング最新TOP100~最強キャラを公開【2019年版】

大人気の漫画「HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)」登場人物・キャラクターの最新の強さランキングT…

ririto / 53 view

日常・ほのぼのアニメのおすすめランキングTOP50【最新版】

アニメには様々なジャンルがありますが、日常を描いたアニメや、ほのぼのするアニメってやっぱりホッとしますよね。…

ririto / 1051 view

ラノベ原作のアニメおすすめランキング35【最新決定版】

ここ数年で、ライトノベル…いわゆる『ラノベ』を原作としたアニメがとても増えましたよね!今回は、ラノベを原作と…

ririto / 6344 view

声優の不人気ランキングワースト25【最新版】

昨今の人気が高い声優業界、アイドルのような人気を誇る声優さんがいる一方で、あまり人気のない、不人気な声優さん…

ririto / 1044 view

Claris人気曲ランキングTOP35【動画付き・最新版】

未だに素顔など、隠されている部分が多い人気アニメソングユニットの「Claris(クラリス)」。そんな彼女達の…

石もち / 1392 view

声優の裏名40選!女性・男性別の衝撃ランキングTOP20【最新版】

「裏名義」とは声優さんが大人向けの作品に出演する際に別に使っている名前のことです。今回はみなさんが普段よく耳…

rogi / 66352 view

EGOISTの人気曲ランキング32選&アルバム2選【最新版】

テレビアニメ「ギルティクラウン」から生まれた、ryo(supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアー…

rogi / 1765 view

妹がかわいいアニメランキングTOP25【最新版】

すっかり人気となった妹というジャンル。妹にしたい!ただいたすらにかわいい!そんな妹キャラがたくさん登場するア…

kii428 / 2326 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング