スポンサードリンク

ベッドインベッドの選び方

1、安全安心で選ぶ

ベッドインベッドは、赤ちゃんと添い寝する際に、窒息や圧迫、ケガを防ぐといった使用目的があります。
ですから、安全を第一に考えるのであれば、サイドのフレームはある程度の高さがあることが大切です。
低すぎてしまっては、大きい大人のママやパパは、寝ている間にいつの間にかスグに乗り越えてしまいます。

そして、頭部への衝撃を避けるために、サイドのフレームにはクッション性があるものがおススメです。

2、授乳の仕方で選ぶ

夜の授乳は、添い乳をする予定でしょうか。
添い乳をする予定である、もしくは添い乳をしているのであれば、ベッドインベッドのサイドのフレームが高いと邪魔になってしまいます。

添い乳はするけれど、安全も考えたいという方には、低めのサイドフレームで、頭部の部分のみにフレームがついているものがおススメです。
それでしたら、授乳する時だけ赤ちゃんを下にずらすだけで添い乳が可能になります。

3、赤ちゃんの寝返り防止を考えて選ぶ

ベッドインベッドは、赤ちゃんが寝ている間に不意にしてしまう寝返りを防ぐといった効果もあります。
赤ちゃんが不意の寝返りをしてしまうと、時には窒息などの危険性があり、心配しているママも多いのではないでしょうか。

そのような場合には、フレームとフレームの間が狭いものや、固定ベルトがついているものが良いでしょう。
そして、素材も少し硬めの方が安心です。

フレームとフレームの間の幅を調節できるベッドインベッドもありますので、おススメですよ。

4、長く使えるものを選ぶ

赤ちゃんがベッドインベッドで静かに眠っていられるのは、およそ生後4ヵ月くらいまでです。
それ以降は動きも活発になり、ベッドインベッドの中だけにおさまっていることは少なくなってきます。

しかい、せっかく購入したベッドインベッドを、4ヵ月くらいしか使えないなんて、もったいないですよね。
ですので、他の方法としてベッドインベッドを活用できるものがおススメです。

・折りたたみタイプ
 オムツ替えなどに使用できますので便利です。

・多機能タイプ
 収納ボックスに変身したり、トイマットとして利用できます。

眠ること以外でもベッドインベッドは、活躍できますよ。

5、お手入れがラクなものを選ぶ

赤ちゃんが眠る場所は、オムツからの漏れがあったり、ミルクなどの吐き戻しがあったりと、とても汚れやすいものです。
清潔を保つためにも、洗えるベッドインベッドを選ぶことが大切です。

丸洗いができるととても良いですが、丸洗いできないものはせめてカバーを洗濯できるものを選びましょう。
撥水加工や、防水加工されているものもありますので、お手入れの事も考えて選ぶことが大切です。

ベッドインベッドおすすめランキングTOP12-11

12位 ドッカトット デラックス ホワイト DockATot ベビーベッド 添い寝 ベッドインベッド

重さが1400gのクッションのような素材のベビーベッドで、お出かけの際の移動などにとても便利です。
通気性が良く、空気を通すマットレスとバンパーで空気をとどめません。

カバーと中綿クッションは全てパーツごとに洗濯可能ですので、衛生的です。
様々なカラーや柄のカバーが選べますので、ママのお好みでカスタマイズができるところも嬉しいですね。
洗い替えに数枚用意しておくと、とても便利です。

購入して大満足です^ ^
まず、軽くて持ち運びに便利です。
授乳が終わって寝てしまった時にドッカトットをそばに置いておけば、サッとドッカトットに寝かせることが出来て楽です。
何より、ドッカトットの中で寝てる姿がすんごく可愛いです!

11位 ファルスカ ベッドインベッド フレックス + ファルスカ

新生児から、使い道を変えることで最長3歳まで長く使うことができるベッドインベッドです。

新生児~4ヶ月頃は、安全なベッドインベッド、
4~8ヶ月頃の腰が据わった赤ちゃんには、お座りのサポートとして、
8ヶ月~2才頃にはチェアベルトとして、
8ヶ月~3才頃の椅子に座れるようになった赤ちゃんには、お食事シート01として、3才頃から一人で椅子を乗り降りできるようななった時にはお食事シート02として、長く大活躍しますのでおススメです。

また、独自の素材でひんやりサラサラのシートを採用。
通気性も良く、暑い夏も快適に眠ることができますよ。

ベビーベッドを置く場所もなく、同じベットで添い寝する為に購入しました!これならリビングでも使えるし、ベッド以外の用途にも使えるとのことなので長く使えそうです!!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

育児日記やアプリのおすすめランキングTOP22【2024最新版】

育児日記をつけておけば、後で振り返り子供の成長を実感することができます。忙しい毎日、できれば簡単に楽しく記録…

chokokuru / 107 view

ベビーゲートのおすすめ人気ランキングTOP18と選び方【2024最新版】

赤ちゃんがハイハイをし始めたりヨチヨチ歩きを始めると、その成長に喜びを感じる反面、危険も増えます。ベビーゲー…

chokokuru / 87 view

子供・キッズのリュック人気おしゃれランキング30選【男女別TOP15・2024最新版…

通園、通学、また遠足や普段のお出かけなど子供のリュックは欠かせないアイテムです。年齢によっても様々なデザイン…

chokokuru / 160 view

【おしゃれ】B型ベビーカーおすすめ人気ランキングTOP16【2024最新版】

軽量で持ち運びも便利なB型ベビーカー。今回はB型ベビーカーの5つの選び方と使える年齢、そしておしゃれで人気な…

remochan8818 / 77 view

ベビーバスの人気おすすめランキングTOP32【2024最新版】

ベビーバスは、赤ちゃんがおうちに来てすぐ必要なものですから、あらかじめ用意しておきたいベビーグッズの一つです…

chokokuru / 122 view

キッズ用サスペンダー20選!子供向け人気おしゃれランキング【2024最新版】

キッズ用のサスペンダーが色々な種類のものが売られていますが、どれが人気でおしゃれなのか気になりますよね。今回…

chokokuru / 117 view

搾乳機おすすめ人気ランキングTOP12と5つの選び方【2024最新版】

母乳を保存しておきたい時や、母乳の量に対し赤ちゃんの飲む量が追いつかない時は、搾乳機があるととても便利です。…

remochan8818 / 183 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ベビーフードのおすすめランキングTOP25と選び方【2024最新版】

忙しい毎日を送っているママにとって毎日の離乳食作りは、他の家族のご飯と分けて作るので大変です。そんな時助けて…

chokokuru / 103 view

ジュニアシートの人気おすすめランキングTOP16【2024最新版】

ジュニアシートは3歳頃から12歳頃まで長く使えるものが多く、またデザインや形も豊富です。ジュニアシートを購入…

remochan8818 / 87 view

育児用ミルクのおすすめ人気商品15選と口コミ&選び方【2024最新版】

育児用ミルクは、味・香り・色もどんどん母乳に近づき、成分や栄養バランスもとても良くなり安心して赤ちゃんに飲ま…

YUKIKO / 94 view

育児日記やアプリのおすすめランキングTOP22【2024最新版】

育児日記をつけておけば、後で振り返り子供の成長を実感することができます。忙しい毎日、できれば簡単に楽しく記録…

chokokuru / 107 view

子供向けゲームアプリおすすめランキングTOP30【2024最新版】

車の中や、待ち時間など子供にとっては退屈な時間、そんな時助かるツールとしてアプリゲームを利用するのも一つの手…

chokokuru / 125 view

ベビーパウダーおすすめ人気TOP16!効果と使い方も徹底解説【2024最新版】

ベビーパウダーといえば実は、とても万能で素晴らしいアイテムの1つでもあります。そこで今回は、ベビーパウダーの…

risa / 97 view

チャイルドシートの人気おすすめランキングTOP20!口コミと選び方4つポイントもご紹…

赤ちゃんや幼児の命を守るチャイルドシート。今回はチャイルドシートの人気おすすめランキングTOP20と口コミ、…

remochan8818 / 97 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング