J-POPのバラード名曲ランキングTOP60-51

60位:There will be love there -愛のある場所-

60位:There will be love there -愛のある場所-

「There will be love there -愛のある場所-」は、the brilliant greenの3枚目のシングルで、TBS系列のテレビドラマ「ラブ・アゲイン」の主題歌でもありました。the brilliant greenがブレイクを果たした曲であり、リリース当時はロングヒットとなりました。

59位:TRUE LOVE

59位:TRUE LOVE

元チェッカーのボーカルである藤井フミヤさんは、ソロ歌手として再デビューを果たした後もブレイクを果たしました。名曲と名高いバラード「TRUE LOVE」は、1988年12月7日にリリースされ、月9ドラマ「あすなろ白書」の主題歌として起用されました。

この他にも「Another Orion」などのバラードもオススメですね。

58位:Precious

58位:Precious

「Precious」は、歌手の伊藤由奈さんが2006年5月3日にリリースしたサードシングルです。壮大なバラードであり、フィーチャーフォン向けの配信サービス「着うた」では、100万ダウンロードを達成しています。

伊藤英明さん主演ドラマの映画作品「LIMIT OF LOVE海猿」の主題歌であり、タイアップ効果でさらに人気を獲得しました。人気の高さから多くのアーティストがカバーしており、人気アーティストのAimerさんも、
2012年12月12日にリリースしたアルバム「Bitter & Sweet」でカバーしています。

57位:Love is…

57位:Love is…

ヴィジュアル系ロックバンドとして一世を」風靡したLUNA SEA。そのボーカルのRYUICHIさんは、1990年代後半に、河村隆一名義でソロ活動を開始しました。

LUNA SEA時代とは真逆の方向性のファッションで活動し、バラードを中心に曲を披露してきました。4枚目のシングル「Love is…」は、RYUICHIさんが実際に体験した恋愛を元に制作されたバラードとして人気を博しました。

曲の終盤に子供たちのコーラスが取り入れられており、神秘的なバラードとなっています。

56位:Like a star in the night

56位:Like a star in the night

海外のR&B歌手と同等の歌唱力を秘めた倉木麻衣さんは、幅広いジャンルの音楽を披露してきました。倉木麻衣さんのバラードも評価が高く、2002年9月2日にリリースされた「Like a star in the night」は、夜にひとりで聴きたくなるような、静かなバラードです。

カップリングには、同曲のアカペラバージョンが収録されており、美しいハーモニーで奏でられています。

55位:クリスマスソング

55位:クリスマスソング

10代から20代の男女から支持されているロックバンド「back number」のバラード「クリスマスソング」は、タイトル通り、クリスマスにピッタリな名曲です。元々は、他のクリスマスの定番曲に肖って「White Song」と名付けられていましたが、話し合いの結果、至ってシンプルなタイトルとなったようです。

月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌としても人気を博しましたね。

54位:らいおんハート

54位:らいおんハート

近年のジャニーズの音楽は、ジャニーズファンを中心に支持される傾向にありますが、1990年代後半から2000年代後半辺りまでは、ジャニーズに興味がない男性も、ジャニーズのCDを好んで聴くことは珍しくありませんでした。

2000年8月30日にリリースされたSMAPの32枚目のシングル「らいおんハート」は、純粋なバラードとして男女から高く評価され、結婚式の定番ソングとしても定着しています。売上はミリオンヒットを越えており、SMAPで3番目のを記録しています。

53位:愛唄

53位:愛唄

若者世代向けの青春ソングを数多く生み出してきたGReeeeN。数ある名曲の中でも、「学生時代の淡い恋愛感情を彷彿とさせる」と高評価を得ているのが、「愛唄」です。

GReeeeNになじみがない世代の人にもオススメできるほどの名曲で、この曲を聴くと、学生時代のような恋愛がしたくなってしまうでしょう。

52位:青いベンチ

52位:青いベンチ

2000年に活動を開始した男性2人組のフォークデュオ、サスケの代表曲「青いベンチ」は、2004年4月7日にリリースされ、「切ない歌詞が素晴らしい」と、インディーズ時代から人気を博したバラードです。

口コミで徐々に人気が集まり、当時の中高生男子のカラオケの定番曲になったほどで、今の中高生にもオススメのバラードです。

後に、NEWSの手越祐也さんと増田貴久さんによる音楽ユニット、テゴマスが2011年2月16日にリリースしたアルバム「テゴマスのまほう」に、2人がカバーしたバージョンが収録されました。

51位:部屋とYシャツと私

51位:部屋とYシャツと私

1980年から1990年代に活躍したシンガーソングライターの平松愛理さんは、愛らしいルックスと、女の子らしい世界観の音楽で人気を博しました。最もファンから愛されているバラード「部屋とYシャツと私」は、さだまさしさんの名曲「関白宣言」の女性版とも評されており、曲中の歌詞には妻から夫へ向けたお願い事が書かれています。

新婚の女性や、結婚を控えた女性にオススメです。

J-POPのバラード名曲ランキングTOP50-41

50位:離したくはない

50位:離したくはない

男性向けのバラードとして絶大な支持を集めたのが、ロックバンドT-BOLANの「離したくはない」です。1991年12月18日にリリースされ、T-BOLANがブレイクするきっかけにもなった曲です。現在も男性人気が高く、カラオケで歌ったことがあるという男性も多いのではないでしょうか?

49位:secret base~君がくれたもの~

49位:secret base~君がくれたもの~

「secret base~君がくれたもの~」は、2000年代前半にブレイクしたガールズバンド「ZONE」の最大のヒット曲です。別れをテーマにした悲しいバラードで、ガールズバンドやアイドルに興味がない層からも絶賛された名曲です。

井上真央さんが主演したテレビドラマ「キッズウォー3」の主題歌に起用され、この曲で紅白歌合戦にも出演を果たしました。

ZONEが解散後に再結成を果たした際も、同曲の歌詞にある「10年後の8月」を意識して、デビューから10年後の2011年8月に再結成し、2013年まで活動しました。

48位:夏を抱きしめて

48位:夏を抱きしめて

夏の王様と言えるほど、夏にピッタリのロックバンドであるTUBE。リリースしてきた曲も、夏をテーマにした曲がほとんどで、1994年5月11日にリリースされた「夏を抱きしめて」は、夏を舞台にした男女の恋愛を歌ったバラードとして大ヒットを記録しました。

「夏は好きだけどTUBEは知らない」という人は、この曲をきっかけとしてTUBEを知ってもらいたいですね。

47位:月のしずく

47位:月のしずく

「月のしずく」は、草なぎ剛さんの主演映画「黄泉がえり」の主題歌として2003年1月15日にリリースされました。この曲は、女優の柴咲コウさんが「RUI」名義でリリースした曲であり、この曲移行、柴咲コウさんは歌手としても注目されるようになりました。

柴咲コウさんのバラードで最も人気が高い曲ですが、柴咲コウさんは、バラードに定評があるので、他のバラードもオススメですね。

46位:シングルベッド

46位:シングルベッド

1994年10月21日にリリースされた「シングルベッド」は、モーニング娘などのハロープロジェクトのアイドルたちのプロデューサーであるつんくさんが率いるロックバンド、シャ乱Qの代表曲です。

1990年代後半の間は、バラードの定番曲と言われるほどの人気を博し、ミリオンヒットを記録しています。彼女と別れたばかりの男性が共感できるような歌詞で、テレビアニメ「D・N・A2~何処かで失くしたあいつのアイツ~」のエンディングテーマとして起用されたアニメソングでもあります。

45位:Lovers Again

45位:Lovers Again

抜群の歌唱力と圧倒的なパフォーマンスで人気のEXILE。2007年1月17日にリリースされた「Lovers Again」は、EXILEが発表してきたバラードの中でも、最も切ないバラードとして人気を博しました。

EXILEのファン層は、10代から30代と見られていますが、普段音楽を聴かない人や、40代以上の人にもオススメできる名曲です。

44位:3月9日

44位:3月9日

「3月9日」は、レミオロメンが曲名と同じ2004年3月9日にリリースしたバラードです。この曲は、レミオロメンのメンバーたちの共通の友人が結婚するため、祝福の意味を込めて作られました。その友人の結婚式が3月9日だったため、曲名として採用したそうです。

 若者世代の間では、卒業ソングとして親しまれており、オリコンが集計した「定番の卒業ソングランキング」では、2007年から2011年まで1位を記録し続け、殿堂入りを達成しました。

43位:Family Song

43位:Family Song

俳優・シンガーソングライターとしてブレイク中の星野源さん。童顔のルックスで人気を博し、TBS系列の主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌「恋」が、衰退の一途を辿る現在のJ-POP業界の中、異例の大ヒットとなりました。

次作「Family Song」は、温かみを感じられるバラードとして2017年8月16日にリリースされました。タイトル通り「家族」をテーマにしたバラードですが、聴く人によって、「友人」、「仕事仲間」、そして「恋人」など、さまざまな形の「家族」を表現しています。

42位:涙そうそう

42位:涙そうそう

「涙そうそう」は、沖縄県石垣市出身のメンバーで構成されたバンド、BIGINが2000年3月23日にリリースしたバラードです。この時はあまりヒットしなかったのですが、同じく沖縄県石垣市出身の歌手、夏川りみさんのカバーバージョンが2001年3がち23日にリリースされ、約3年近くロングヒットし続けました。

沖縄民謡の彷彿とさせるバラードで、まるでリゾート地にいるような気分に浸ることができます。

41位:二人のアカボシ

41位:二人のアカボシ

5人組のバンド「キンモクセイ」は、2008年に活動休止してしまったため、存在自体知らないという人も多いでしょう。

キンモクセイは、2001年にメジャーデビューを果たし、昭和の歌謡曲を彷彿とさせるような懐かしいメロディーが話題を呼んだバンドでした。セカンドシングル「二人のアカボシ」は、当時ビジュアル系ロックバンドが主流だった中、」異例のロングヒットを記録したバラードです。

この曲で紅白歌合戦への出演も果たし、高齢層にも人気がある名曲ですね。

J-POPのバラード名曲ランキングTOP40-31

40位:恋する気持ち

40位:恋する気持ち

西野カナさんによる名曲「恋する気持ち」は、2014年11月12日にリリースされた5枚目のアルバム「with LOVE」に収録されています。乙女心を巧みに表現することで人気の西野カナさんらしいバラードであり、歌詞を意識して聴かなくても、自然と恋愛したくなる気持ちになってしまいます。

39位:バンザイ~好きでよかった~

39位:バンザイ~好きでよかった~

独特の男らしい世界観が魅力的なロックバンドのウルフルズ。1990年代に男性を中心にファンを獲得することに成功し、ボーカルのトータス松本さんは、俳優としても活躍した時期がありましたね。

「バンザイ~好きでよかった~」は、ウルフルズ節がさく裂したバラードで、恋愛が楽しくて仕方がない前向きな男性にオススメの名曲です。

38位:桜坂

38位:桜坂

国民的スターの福山雅治さんのによるバラード「桜坂」は、福山雅治さんの実体験を元に書かれた失恋ソングです。累計売上は250万枚を突破しており、TBS系列の恋愛バラエティー番組「ウンナンのホントコ!未来日記V」の主題歌に起用されたこともヒットに繋がりました。

歌手活動も行っている俳優は、ルックス人気の高さがセールスに繋がるものですが、福山雅治さんの場合、ルックスはもちろん、曲のクオリティーの高さでもファンを魅了していますね。

37位:Jupiter 

37位:Jupiter 

「Jupiter」は、平原綾香さんが2003年にリリースしたデビュー曲です。この曲は、有名なクラシック音楽「管弦楽組曲 惑星」の第四曲の主題を拝借した曲であり、元々がクラシック音楽であるため、壮大なバラードに仕上がっています。

ラブソングのようなバラードではないので、リラックスしたいときなどにオススメですね。

36位:このまま君だけを奪い去りたい

36位:このまま君だけを奪い去りたい

DEENがリリースした曲の中で、最もヒットした名曲が「このまま君だけを奪い去りたい」です。1993年3月10日にリリースされたDEENのデビュー曲であり、30代以上の男性に人気が高く、カラオケでも好んで歌われています。

35位:奏

35位:奏

「奏」は、スキマスイッチがブレイクする前の2004年3月10日にリリースされたバラードです。元々ファン人気が高い名曲だったのですが、スキマスイッチのブレイクに伴い注目されるようになり、映画「ラフ」の主題歌に起用されたことで、さらにファンを増やしました。

34位:SEASONS

34位:SEASONS

2000年代に爆発的なヒットを記録した浜崎あゆみさん。どの曲もファン人気が高いのですが、2000年6月7日にリリースされた「SEASONS」は、春や初夏にピッタリなバラードです。爽やかな曲調でありながら、過ぎ去った愛しき日々を歌った曲で、特に女性にオススメです。

月9ドラマ「天気予報の恋人」の主題歌として起用されました。

33位:永遠にともに

33位:永遠にともに

「永遠にともに」は、コブクロが10枚目にリリースしたシングルの表題曲です。オーソドックスなバラードで人気の曲なのですが、お笑い芸人の陣内智則さんが藤原紀香さんとの結婚式の際に披露したことでも人気が広まりましたね。

陣内智則さんの不倫により離婚したため、「永遠にともに」も離婚のイメージが強くなってしまいましたが、音楽に全く罪はないため、陣内智則さんのことは一切意識せず、バラードの名曲として聴いてみてほしいですね。

32位:いつか

32位:いつか

フォークソングとして高い評価を獲得し、日本のフォークデュオで最も成功を収めたゆず。ブレイクを果たしてから、ゆずのようにギター1本で歌う男性たちが増加するほど、男性を中心に今もなお影響を与え続けています。

代表曲のバラード「いつか」は、冬を意識した曲のため、冬の季節におススメのバラードです。

関連するキーワード

関連するまとめ

GENERATIONSメンバー7人の人気順ランキング2020最新版!カラー&プロフィ…

EXILEや三代目JSBの弟分として知られるGENERATIONSは、今最も勢いのある人気急上昇中のグループ…

rirakumama / 2122 view

山下達郎の人気曲ランキング20選&アルバム10選【動画付き・2020最新版】

日本のポップス史上、名実ともに最高のミュージシャンでありシンガーソングライターである山下達郎。今回は山下達郎…

rogi / 184 view

ORANGE RANGEの人気曲!名曲ランキング50選【動画付き・2020最新版】

2000年代半ばに多数のヒット曲を世に放った沖縄発バンド「ORANGE RANGE(オレンジレンジ)」。レン…

cibone / 91 view

伊藤由奈の人気曲ランキングTOP40!名曲をファンが厳選【動画付き・2020最新版】

「海猿」や「NANA-ナナ-」の主題歌で一躍注目を浴びた歌手の伊藤由奈。今回は伊藤由奈の人気曲40選をYou…

rogi / 94 view

X4のメンバー人気順TOP4!プロフィールも総まとめ【2020最新版】

2015年に結成し、2020年3月に解散したボーカル&ダンスグループの「X4(エックスフォー)」。今回は、「…

rirakumama / 229 view

洋楽男性歌手の歌唱力ランキングTOP30【歌が上手い・2020最新版】

海外で活動している歌手の歌声は、日本人歌手には出せない魅力を感じますよね。今回は、世界的に人気が高い男性歌手…

kent.n / 2601 view

ヴィジュアル系バンドの死去32選~事故・自殺など死因も解説【2020最新版】

ヴィジュアル系(V系)バンドのメンバーの中には突然死した人も多く、早すぎる死に衝撃を受けることも少なくありま…

maru.wanwan / 3531 view

相川七瀬の人気曲ランキングTOP35【ファンが選ぶ名曲集・2020最新版】

女性ロックアーティスト相川七瀬さんのヒット曲・代表曲をランキング形式でまとめてみました。相川七瀬さんの人気曲…

rogi / 169 view

Acid Black Cherryの人気曲!名曲ランキングTOP40【動画付き・20…

Acid Black Cherry(通称ABC)の人気曲ランキングTOP40を紹介します。Acid Blac…

m_and_m / 76 view

ELLEGARDENの人気曲ランキング!名曲40選【2020最新版】

2018年、待望の活動再開を発表した伝説のロックバンドELLEGARDEN(エルレガーデン)の人気曲ランキン…

cibone / 535 view

2000年代の洋楽ヒット曲ランキングTOP50【動画付き】

2000年代の洋楽ヒット曲をランキング形式でまとめてみました。あの懐かしい名曲も2000年代の洋楽ヒット曲ラ…

rogi / 151 view

【名曲】CHAGE&ASKAの人気曲ランキングTOP55【チャゲアス・2020最新版…

CHAGE&ASKA(チャゲ アンド アスカ)の人気曲ランキングTOP55をまとめました。チャゲアスをあまり…

m_and_m / 388 view

川本真琴の人気曲ランキング30選&アルバム8選【動画付き・2020最新版】

独自のボーカルスタイルやメロディセンス、リリックの言葉遊びが魅力の川本真琴。今回は、川本真琴が手掛ける人気曲…

rogi / 81 view

PUFFYの人気曲40選!名曲ランキング最新版【動画付き・2020最新版】

日本のみならず海外でも人気の女性ボーカルユニットのPUFFY(パフィー)の人気曲・代表曲をランキング形式でま…

rogi / 89 view

人気の演歌歌手50選!男性&女性ランキング【2020最新版】

日本を代表する歌のジャンルといえば演歌ですよね。最近ではポップスが人気ですが、演歌も根強い人気を誇っていて、…

kii428 / 1947 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

【ELT】Every Little Thingの人気曲ランキングTOP51【ファンが…

持田香織さんがボーカルを務めるグループユニット「Every Little Thing(ELT)。今回はファン…

rogi / 312 view

THE YELLOW MONKEYの人気曲!イエモン名曲TOP50【動画付き・202…

熱狂的なファンが多いとされているTHE YELLOW MONKEY(イエモン)の代表曲・人気曲ランキングを紹…

m_and_m / 321 view

EXILE THE SECONDメンバーの人気順TOP6!グループカラー&メンバーカ…

2016年に本格始動した話題のグループ「EXILE THE SECOND」。そんなEXILE THE SEC…

rirakumama / 230 view

SOPHIAの人気曲!名曲ランキングTOP35【動画付き・2020最新版】

V系バンドSOPFIA(ソフィア)の名曲を人気曲ランキング形式で紹介します。SOPHIAの数々の名曲をファン…

m_and_m / 284 view

GLAYの人気曲ランキング!ベテランファンが選ぶ52選【2020最新版】

ファン歴20年以上のベテランファンが紹介・解説する、GLAY(グレイ)の人気曲ランキングを大発表! GLAY…

cibone / 585 view

GENERATIONSのアルバムおすすめTOP5【2020最新版】

三代目JSBの弟分として2012年にデビューを果たしたGENERATIONS。2018年1月には初のベストア…

rirakumama / 178 view

応援ソングの人気ランキングTOP100【動画あり・2020最新版】

気合を入れたいとき、夢や目標を叶えることに疲れてきたら、応援ソングを聴いて本当の想いを取り戻しましょう!本ラ…

kent.n / 236 view

AAAの人気曲ランキング!おすすめ名曲50選【動画付き・2020最新版】

男女パフォーマンスグループ、AAA(トリプルエー)の人気曲ランキングをご紹介!AAAの数ある名曲の中から、特…

cibone / 211 view

日本のロックバンド・人気ランキングTOP35【2020最新版】

ファンの数や世間の人気度とカラオケ人気など様々な評価、そして音楽ファンへのアンケート調査の結果を元に調査した…

kent.n / 12652 view

ドラマー人気ランキング50選!世界・日本人別【2020最新版】

音楽ファンの声をもとに調査した天才ドラマーの人気ランキングを作成しました。ドラム演奏が上手いと多くの人に絶賛…

kent.n / 2909 view

FlowBackのメンバー人気順TOP5!プロフィールまとめ【2020最新版】

FlowBack(フロウバック)というグループをご存知でしょうか?今回は、大注目のイケメン5人組FlowBa…

rirakumama / 274 view

【セカオワ】SEKAI NO OWARIの人気曲TOP38!ランキング形式で紹介【2…

ファンタジックかつ鋭い視点を持つ楽曲が人気のバンド、SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)。そんなセ…

cibone / 615 view

【名曲】CHAGE&ASKAの人気曲ランキングTOP55【チャゲアス・2020最新版…

CHAGE&ASKA(チャゲ アンド アスカ)の人気曲ランキングTOP55をまとめました。チャゲアスをあまり…

m_and_m / 388 view

鈴木雅之の人気曲ランキング20選&アルバム10選【動画付き・2020最新版】

“キング・オブ・ラヴソング”や“ラブソングの王様”として名高い鈴木雅之。今回は鈴木雅之の人気曲20選やおすす…

rogi / 121 view

藍井エイル人気曲ランキングTOP35【動画付・ファンが選んだ名曲集】【2020最新版…

2011年にデビューし、かつてアニソン界の新女王として君臨していた藍井エイル。2016年に体調不良による無期…

石もち / 115 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング