日本の歴代興行収入ランキング

これまでに日本では、ファンタジーや恋愛、ミステリー映画と様々なジャンルの映画が公開されてきましたが、どの作品が一番日本人に観られてきた作品か知っていますか?

そこで今回は、日本で公開された歴代の映画興行収入ランキングを、映画のあらすじとともにTOP50まで発表します!

日本の歴代興行収入ランキング TOP50-41

第50位 パイレーツオブカリビアン 生命の泉

第50位 パイレーツオブカリビアン 生命の泉

興行収入:88.7億円

2011年公開。ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ジェフリー・ラッシュ出演。

原作は、ティム・パワーズの歴史ホラー・ファンタジー小説『幻影の航海』
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第4作目の生命の泉は、永遠の命をもたらす伝説の泉をめぐり、ジャックスパロウの冒険が描かれています。
アトラクションに乗っているかのようなワクワク感や、幻想的で美しい映像は必見です。

美しい女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)と再会したジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。しかしジャックは、アンジェリカが不死の泉を見つけ出すために自分に近づいたのではないかと疑いを抱く。アンジェリカと史上最強の敵である黒ひげ(イアン・マクシェーン)と共にリベンジ号で船出したジャックだったが、そこには予想だにしない冒険が待っていた。
第49位 モンスターズユニバーシティ

第49位 モンスターズユニバーシティ

興行収入: 89.6億円

2013年公開。ジョン・グッドマン、ビリー・クリスタル出演。

2001年に公開された映画『モンスターズ・インク』の続編で、モンスターズ・インクの前日談として、サリーとマイクの大学時代を舞台にした冒険が描れています。
2013年のハリウッド映画祭において、アニメーション映画賞を受賞しました。
笑いあり感動ありで、大人も子供も楽しめるので、ぜひ親子で観てほしい映画です。

人間の子どもたちを怖がらせ、その悲鳴をエネルギー源として用いるモンスターの世界。そこに暮らすモンスター青年マイクは、明朗活発でポジティブな思考の持ち主だったが、仲間よりも体が小さくてルックスもかわいいことに劣等感を抱いていた。これでは子どもたちを絶叫させる“恐がらせ屋”にはなれないと、世界中のモンスターが憧れを抱く名門大学「モンスターズ・ユニバーシティ」に入学。期待に胸を膨らませる彼だが、そこにはサリーを筆頭に大きくて姿が恐ろしい“恐がらせ屋”のエリート候補生があふれていた。
第48位 ジョーズ

第48位 ジョーズ

興行収入:90.0億円

1975年公開。ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファス出演。

ピーター・ベンチリーの小説を原作としたパニック映画で、平和なビーチを襲う巨大人食い鮫の恐怖を描いています。スティーヴン・スピルバーグ監督の出世作とも言われており、第48回アカデミー賞では作曲賞、音響賞、編集賞を受賞しました。

あの迫り来るようなジョーズのメインテーマは、誰もが一度は聞いたことがあるくらい有名ですよね。

平和な海水浴場に突如出現した巨大な人喰い鮫。観光地としての利益を求める市当局によって対応が遅れ犠牲者の数は増すばかりとなるが、遂に警察署長ブロディと漁師クイント、海洋学者フーパーの三人の男が鮫退治に乗り出す。ピーター・ベンチリーのベストセラーを若きスピルバーグが映画化したメガヒット・ムービー。
第47位 ダヴィンチコード

第47位 ダヴィンチコード

興行収入:90.5億円

2006年公開。トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ、ユルゲン・プロホノフ、ポール・ベタニー、ジャン・レノ出演。

ダン・ブラウンの小説を原作としたミステリー映画で、視聴者からの賛否両論あるものの、豪華な俳優陣と、スピード感あるストーリー展開、綺麗な映像は観て損ナシです。

ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった。
第46位 ロードオブザリング

第46位 ロードオブザリング

興行収入:90.7億円

2001年公開。イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、ショーン・アスティン、ショーン・ビーン出演。

J・R・R・トールキンの『指輪物語』を原作としたファンタジー映画で、ロードオブザリングシリーズの第1作目。

絶大な力を秘めた「一つの指輪」をめぐり、選ばれし旅の仲間9人と、冥王復活を目論む闇の軍勢との戦いと冒険が描かれています。
アカデミー賞では、撮影賞、作曲賞、メイクアップ賞、視覚効果賞の4部門を受賞しました。

はるか昔。闇の冥王サウロンは世界を滅ぼす魔力を秘めたひとつの指輪を作り出した。指輪の力に支配された中つ国では一人の勇者がサウロンの指を切り落とし、国を悪から救った。それから数千年の時を経た中つ国第3世紀。ある時、指輪がホビット族の青年フロドの手に渡る。しかし、指輪を取り戻そうとするサウロンの部下が迫っていた。世界を守るためには指輪をオロドルイン山の火口、“滅びの亀裂”に投げ込み破壊するしか方法はない。そこでフロドを中心とする9人の仲間が結成され、彼らは“滅びの亀裂”目指し、遥かなる冒険の旅に出るのだった……。
第45位 スターウォーズエピソード3  シスの復讐

第45位 スターウォーズエピソード3 シスの復讐

興行収入:91.7億円

2005年公開。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド出演。

大人気『スター・ウォーズ』シリーズの実写映画本編の第6作品目。
アナキン・スカイウォーカーを主人公とした、新三部作の最終章で、アナキンがフォースの暗黒面に堕ちてしまう悲劇とダース・ベイダーと銀河帝国の誕生が描かれています。

これまでのスターウォーズシリーズの謎が全て解き明かされるので、最初から最後まで思わず画面にのめり込んでしまう視聴者が多数。

クローン大戦が勃発し、アナキン(ヘイデン・クリステンセン)とアミダラ(ナタリー・ポートマン)の秘密の結婚から3年後、分離主義者の勢力はますます拡大。共和国側は窮地に追いこまれていた。アナキンはシス卿のダース・ティラヌス(クリストファー・リー)を死闘の末に倒すが……。
第44位 ベイマックス

第44位 ベイマックス

興行収入:91.8億円

2014年公開。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品の54作品目。

マーベルコミックの『ビッグ・ヒーロー・シックス』を原作とした映画で、第87回アカデミー賞長編アニメ映画賞受賞作品です。
東京とサンフランシスコを混ぜ合わせた未来の架空の都市を舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする姿を描いたSF映画です。

西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう。深い悲しみに沈む彼だったが、その前にタダシが開発した風船のように膨らむ柔らかくて白い体のロボット、ベイマックスが現れる。苦しんでいる人々を回復させるためのケアロボット・ベイマックスの優しさに触れて生気がよみがえってきたヒロは、タダシの死に不審なものを感じて真相を追い求めようと動き出す。
第43位 天と地と

第43位 天と地と

興行収入:92億円

1990年公開。榎木孝明、津川雅彦、浅野温子出演。
海音寺潮五郎の歴史小説を原作とした作品で、1969年にはNHKで大河ドラマとして放送もされました。

戦国時代を舞台に、天才的な軍略の才で越後国を統一し、川中島の戦いをはじめ、甲斐国の武田信玄と名勝負を繰り広げた上杉謙信を描いています。

天文十七年(1548年)。時代は戦国、下克上の世。越後の長尾景虎、後の上杉謙信は、兄に天誅を加えるなど冷徹な闘いぶりをみせていた。一方、甲斐の国では大きな野望を胸に武田晴信、後の武田信玄が勢力を拡大していた。戦乱の中で非情に徹することができない景虎は苦悩の末に城を捨て修行僧になる。が、晴信の無礼に遭遇した景虎は武田陣打倒を決意するのだった。
第42位 借りぐらしのアリエッティ

第42位 借りぐらしのアリエッティ

興行収入:92.5億円

2010年公開。志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林出演。

メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』を原作としたジブリ映画で、現代日本を舞台に、古い家の台所の下に暮らす小人一家を描いたファンタジー映画です。

ジブリらしい幻想的で綺麗な映像には思わず引き込まれてしまいます。

古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた。
第41位 スターウォーズエピソード2 クローンの攻撃

第41位 スターウォーズエピソード2 クローンの攻撃

興行収入:93.5億円

2002年公開。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、ペルニラ・アウグスト出演。

大人気『スター・ウォーズ』シリーズの実写映画本編第5作品目で、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章。

主人公であるアナキンの苦悩や恋愛、そしてクローン大戦の開戦の発端などが描かれています。

 青年へと成長したアナキン・スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービの指導の下、フォースの力を習得し優秀なジェダイの騎士となるべく修行に励んでいた。その頃、銀河元老院では、ドゥークー伯爵の画策により、数百もの惑星が一斉に共和国からの脱退を宣言する。これにより、ジェダイだけでは銀河を統治できないと判断した元老院では、クローン軍隊の是非を問う重要な投票が行われようとしていた。この会議に出席するため惑星コルサントに向かっていたナブーの元女王アミダラは、途中で何者かに命を狙われる。オビ=ワンとアナキンはこの事件の調査のためナブーへと派遣されるのだったが……。

日本の歴代興行収入ランキング TOP40-31

第40位 モンスターズインク

第40位 モンスターズインク

興行収入:93.7億円

2001年公開。ジョン・グッドマン、ビリー・クリスタル、メアリー・ギブス出演。

モンスターシティにまぎれこんだ子供と、子供たちの悲鳴を集めるビジネスをする怖がらせ屋のモンスターたちが繰り広げる冒険ファンタジーです。

笑って泣けて、年齢性別問わず楽しめるモンスターズ・インクは、ぜひ親子で見てもらいたい映画の一つです。

子ども部屋のクローゼットの向こう側に広がるモンスターたちの世界。彼らは夜な夜なドアを開いては子どもたちを怖がらせているのだが、実は彼らは“モンスターズ株式会社”のれっきとした社員なのだ。この会社は、モンスターシティの貴重なエネルギー源である子どもたちの悲鳴を集めるのがその仕事。しかし、最近の子どもは簡単には怖がってくれない。モンスターズ社の経営も苦しくなってきている。そんなある日、大事件が発生した。モンスターたちが実はもっとも怖れる人間の女の子がモンスターシティに紛れ込んでしまったのだ!
第39位 ハリーポッターと不死鳥の騎士団

第39位 ハリーポッターと不死鳥の騎士団

興行収入:94億円

2007年公開。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ出演。

J・K・ローリングの大人気ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズを原作とした作品で、不死鳥の騎士団は、ハリーポッターシリーズの映画化作品第五弾。

主人公のハリー・ポッターとその仲間たちが、邪悪なヴォルデモート卿相手に、秘密同盟の不死鳥の騎士団と協力して戦う姿を描いたストーリーです。

ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、最近、ヴォルデモート卿のうわさを聞かないことに気付く。そんな折、魔法省は学校にお目付役として新しく防衛術を教える教師を送り込む。その授業を不満に思ったハリーは親友のハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと“ダンブルドア軍団”を結成する
第37位 ロストワールド ジュラシックパーク

第37位 ロストワールド ジュラシックパーク

興行収入:95億円

1997年公開。ジェフ・ゴールドブラム、ジュリアン・ムーア、ヴァネッサ・リー・チェスター、ヴィンス・ヴォーン出演。

1993年公開の映画映画『ジュラシック・パーク』の続編で、原作はマイケル・クライトンの小説『ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-』

前作よりも評価が低かったために、第18回ゴールデンラズベリー賞では「最低続編賞」「最低脚本賞」「最低人命軽視と公共物破壊しまくり作品賞」にノミネートされました。

コスタリカの沖合いに浮かぶ離れ小島、ロス・シンコ・ムエルタス。そこは“サイトB”と呼ばれる、<ジュラシック・パーク計画>において恐竜をクローン生産させるための拠点だった。ところがハモンドの会社は倒産寸前で、この危機を救おうと甥のルドローは恐竜を生け捕り、見せ物にする計画を発表する。マルカムはハモンドに探検隊のリーダーを依頼されたが、一度は断った。だが恋人の恐竜学者サラがすでに出発したことを知り、慌てて彼も“サイトB”へ向かうのだが……。
第37位 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

第37位 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

興行収入:95億円

1989年公開。マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、トーマス・F・ウィルソン出演。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの2作目の作品で、タイムマシンで30年前へとさかのぼり、さえない家族の運命を激変させた高校生が、今度は30年後の未来に起きるトラブルを回避しようとしたことから思わぬ事態を引き起こす様子を描いたSFファンタジー。

前作のパート1とのストーリーが上手に絡みあっているので、前作をみた人には必ずみてほしい映画です。

1955年から、自分のいた時代である1985年へ無事に戻ることができたマーティ(マイケル・J・フォックス)。だが、そこへドクが現れてマーティと恋人ジェニファーをタイムマシンのデロリアンに乗せると、有無を言わせず2015年へと連れていく。その目的は、後に夫婦となるマーティとジェニファーがもうけた息子が起こすことになる事件を未然に防ぐことだった。何とか息子を守ることができ、1985年に帰還したマーティたち。しかし、2015年のある出来事が作用して元の1985年とは全く違った世界に変貌していた。
第36位 ジュラシックワールド

第36位 ジュラシックワールド

興行収入:95.3億円

2015年公開。クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン、オマール・シー出演。

『ジュラシック・パーク』シリーズの第4作目で、イスラ・ヌブラル島で起こった「ジュラシック・パーク」の惨劇から22年後を舞台に、恐竜をテーマにした巨大テーマパークで、遺伝子操作によって生み出された新種の恐竜が脱走し、人間や恐竜を襲うさまを描いたSFスリラーです。

世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまい……。
第35位 A.I.

第35位 A.I.

興行収入:96.6億円

2001年公開。ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジュード・ロウ、フランセス・オコナー出演。

地球温暖化が進み、ロボットが活躍する近未来を舞台に、人間と同じ愛情を持つ少年型ロボットとして開発されたデイビッドが、母親の愛を求めて生きる姿を描いた感動的なファンタジー映画です。

近未来。人々の周りには彼らをサポートするために造られたロボットがあふれていた。外見は人間と変わらないロボットたちだが、唯一、感情だけが欠けていた。しかしある時、不治の病にかかった少年の代わりに夫婦に与えられた子供のロボットに、実験的に愛をプログラムする試みが初めて行われた。少年は夫婦の愛情に包まれ生活を送るのだったが……。
第34位 ハリーポッターの死の秘宝 PART2

第34位 ハリーポッターの死の秘宝 PART2

興行収入:96.7億円

2011年公開。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、アラン・リックマン、ヘレナ・ボナム=カーター、マイケル・ガンボン出演。

J・K・ローリングのファンタジー小説を原作とした大人気『ハリー・ポッターシリーズ』の第7弾。

主人公ハリーと宿敵ヴォルデモート卿の本格的決戦により、魔法界全体を二分する戦いを描いた迫力満点のハリーポッターシリーズ最終章の後半。


ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、もはや誰の身も安全ではなく……。
第33位 ミッションインポッシブル2

第33位 ミッションインポッシブル2

興行収入:97億円

2000年公開。トム・クルーズ、タンディ・ニュートン、タグレイ・スコット出演。

アメリカの人気テレビドラマ『スパイ大作戦』をベースとした映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの2作目。

トムクルーズ演じるスパイのイーサン・ハントが、殺人ウイルスとその解毒剤の奪還作戦に赴き、女泥棒のナイア・ホールと手を組む姿を描いたアクション映画です。

休暇中、ロック・クライミングを楽しむイーサン・ハントの元に、またしても指令が届いた。今度のミッションは細菌兵器を狙う元同僚の陰謀を阻止すること。そして、そのためにまずやり手の女泥棒ナイア・ホールに接触せよ、というものだった……。

関連するキーワード

関連するまとめ

長谷川京子のドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

ティーン雑誌でモデルを務め、一躍大人気となり「はせきょー現象」なる社会現象まで巻き起こした長谷川京子さん。今…

マギー / 1099 view

岡田准一の映画&ドラマおすすめランキング40選【最新版】

ジャニーズグループ『V6』に所属する岡田准一。彼はグループ内でも特に人気が高く俳優としても非常に高く評価され…

吉岡和 / 7466 view

ランク王国の歴代司会人気ランキングTOP12【最新版】

TBS系列で1995年10月8日から放送されていた人気番組『ランク王国』。ランキングをテーマにした情報バラエ…

kii428 / 4347 view

名取裕子のドラマ&映画おすすめランキング45選【最新版】

「片平なぎさに次ぐ2時間ドラマの女王」「清張女優」の異名を持つ正統派女優の名取裕子さん。今回は、名取裕子さん…

マギー / 1449 view

本広克行監督の作品BEST28【映画・ドラマ・アニメ】

映画にドラマ、アニメと幅広いジャンルで活躍をしている本広克行監督。今回はそんな本広克行さんが世に送りだした数…

三島マコト / 1679 view

岩井俊二監督の映画/アニメ作品!おすすめTOP20【最新版】

「岩井ワールド」を呼ばれる特徴的な映画作品を生み出すことで愛されている「岩井俊二」監督。これまでに「Love…

吉岡和 / 1683 view

探偵ナイトスクープの怖い回・神回ランキングTOP15【最新版】

関西のテレビ局であるABCテレビで1988年から放送されている探偵ナイトスクープ。これまで恐怖を感じてしまう…

kent.n / 96777 view

北大路欣也のドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

権力者を演じることが多く、その演技が際立ち作品にスパイスを与えている北大路欣也さん。今回は、北大路欣也さんが…

マギー / 505 view

沢口靖子のドラマ&映画おすすめランキング52選【最新版】

沢口靖子さんというと「科捜研の女」のイメージが根強いですよね。しかし、他にも代表作となるドラマが多数あるんで…

マギー / 2551 view

ミラジョヴォヴィッチの映画おすすめランキング33選【最新版】

日本で大人気のミラジョヴォヴィッチ。実は親日家としても有名なんですよ。今回は、そんなミラジョヴォヴィッチが出…

マギー / 2367 view

藤原竜也の映画&ドラマおすすめランキング60選【最新版】

狂気的な役をやらせたら右に出る物はいないほどの天才的演技力を見せる俳優、それが藤原竜也さんです。今回は、藤原…

マギー / 4361 view

【歴代】金曜ロードショー視聴率ランキングTOP30【最新版】

これまで数多くの映画が「金曜ロードショー」で放送されてきましたが、放送されたどの映画も人気作品ばかりですよね…

AJT2580 / 5671 view

三浦春馬のドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

三浦春馬さんというと、爽やかでかっこいい役柄が多いイメージがありますが最近では影のある雰囲気の役も多くなって…

マギー / 126 view

井ノ原快彦のドラマ&映画おすすめランキング22選【最新版】

V6、そして20th Century(トニセン)のメンバーとして活躍している井ノ原快彦さん。イノッチと呼ばれ…

マギー / 376 view

上地雄輔のドラマ&映画おすすめランキング32選【最新版】

おバカタレントとして一躍大ブレイクした上地雄輔さん。俳優、そして歌手として大活躍をしています。今回は、上地雄…

マギー / 683 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

岩井俊二監督の映画/アニメ作品!おすすめTOP20【最新版】

「岩井ワールド」を呼ばれる特徴的な映画作品を生み出すことで愛されている「岩井俊二」監督。これまでに「Love…

吉岡和 / 1683 view

実写化映画40選!成功&失敗ランキング20【アニメ・漫画】 

アニメや漫画などを実写化した映画ですが、原作ファンを無視した内容が問題となり、失敗した作品もチラホラ…。ここ…

kent.n / 84534 view

比嘉愛未のドラマ&映画おすすめランキング22選【最新版】

女優として活躍している比嘉愛未さん。美しい容姿はもちろんですが、正統派の演技力は定評が高いことでも有名です。…

マギー / 1122 view

内田理央のドラマ&映画おすすめランキング22選【最新版】

モデルとして大活躍している内田理央さん。現在は女優としても活躍しており、雑誌だけでなくテレビや映画館などでも…

マギー / 1144 view

北川景子のドラマ&映画おすすめランキング45選【最新版】

セーラームーンで大ブレイクを果たし、現在もコンスタントに作品に出演されている北川景子さん。ここでは、北川景子…

kii428 / 7569 view

野球映画のおすすめランキング20選~洋画・邦画別【最新版】

今回は、野球映画をあまり見たことがない方にも、または、野球に興味がある方にも楽しめる、野球映画のおすすめラン…

maru.wanwan / 315 view

映画のキスシーン歴代人気ランキングTOP30【邦画&洋画】

ロマンチックな雰囲気や、危険で大人な恋など、映画のキスシーンには印象的なものがいですよね!ドキドキしてしまう…

kii428 / 4580 view

山田洋次監督の映画作品BEST55【最新版】

現在の日本を代表する映画監督・山田洋次さん。今回は数々の名作を世に送りだしてきた偉大な山田洋次監督の人気映画…

三島マコト / 2683 view

井川遥のドラマ&映画おすすめランキング45選【最新版】

癒やし系女優としてお茶の間をほんわかとさせてくれる井川遥さん。結婚後は更に色気を増し、女優としての活躍の幅を…

マギー / 3599 view

水原希子のドラマ&映画おすすめランキング18選【最新版】

エキゾチックな顔立ちと素晴らしいスタイルで、モデルとして世界で活躍している水原希子さん。今回は、水原希子さん…

マギー / 993 view

錦戸亮のドラマ&映画おすすめランキング30選【最新版】

関ジャニ∞の中でもイケメン俳優枠としてのポジションの錦戸亮さん。かつてはNEWSにも所属して複数のグループで…

マギー / 6977 view

沢村一樹のドラマ&映画おすすめランキング45選【最新版】

二枚目俳優としてだけでなく、下ネタを連発する異色のイケメン俳優として人気の高い沢村一樹さん。今回は、沢村一樹…

マギー / 845 view

三谷幸喜監督の映画!おすすめランキングTOP7【最新版】

テンポの良い展開と個性的なキャラクターが特徴的の三谷幸喜作品。露骨な表現がなく、喜劇として安心して見ることが…

吉岡和 / 7442 view

朝ドラ歴代ヒロイン人気ランキングTOP35【最新】

朝ドラヒロインに選ばれた女優は、その後、国民的な女優として活躍するようになる傾向がありますよね。そうなると、…

kent.n / 80630 view

役所広司の映画&ドラマおすすめランキング75選【最新版】

渋すぎる役所として、カッコ良すぎる俳優の役所広司さん。このダンディズムから男性からの人気はもちろん、シブオジ…

マギー / 2223 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング