スポンサードリンク

自転車用の空気入れとは

自転車の空気入れ

自転車の空気入れ

自転車の空気入れは重要なアイテム。

一般的な自転車用の空気入れとは、自転車に使われているタイヤのチューブに空気を入れるためのアイテムです。タイヤのチューブには空気が入っており、空気の量が少なくなると、上手く走れなくなったり、乗り心地が悪くなったりします。タイヤのチューブの空気は、自然に抜けますので、空気入れを使って定期的な補充が必要です。

一般的な空気入れは大まかに、シリンダー(円筒形)、ピストン(シリンダー内)、ハンドル(シリンダーのピストンに結合)、ホース(シリンダーに結合)などで構成されます。ホースの先端には、チューブのバルブに対応する口金が装着されています。

自動車用の空気入れの種類について

自転車の空気入れ

自転車の空気入れ

自転車の空気入れは色々あります。

空気入れについては、フロアポンプ、携帯用ポンプ、CO2ボンベなどの種類がありますので紹介します。

フロアポンプについて

一般的なフロアポンプは、シリンダーを足などで抑えつつ、シリンダーに装着されているハンドルを手で上下させることより圧縮した空気をタイヤのチューブに送り込みます。手を使わず、足を使って空気を入れる足踏み式もあります。一般的なフロアポンプは、ハンドルを押した際に空気が充填されます。ただ、ハンドルを引いた際にも充填されるフロアポンプも登場しています。

携帯用ポンプについて

携帯用ポンプの多くは、コンパクトかつ軽量なものが多く、持ち運びに便利です。ただ、コンパクトな上、両手だけを使って、空気を圧縮して送り込むタイプが多いので、空気を入れるために、時間も労力もかかります。自転車のフレームに装着できるものも多いです。

CO2ボンベ

CO2ボンベは二酸化炭素を充填したボンベが搭載されているため、フロアポンプや携帯用ポンプのように労力を必要としないことが特徴です。ただ、ボンベは使い切りで、空気圧の測定ができないものが多いです。

自動車用の空気入れの選び方について

自転車の空気入れ

自転車の空気入れ

自転車の空気入れの選び方を紹介します。

【選び方のポイント①】チューブのバルブ

一般的なタイヤのチューブには、バルブが付いています。バルブは、チューブに空気を入れたり、抜いたりする役割があり、形状や構造の違いから、英式バルブ、仏式バルブ、米式バルブに分けられます。自分の自転車のチューブのバルブが、英式バルブ、仏式バルブ、米式バルブの中で、どれに当てはまるかを調べ、バルブに対応した空気入れを選ぶのがポイントです。

【選び方のポイント②】使い分け

フロアポンプの多くは大きくて重いので、携帯用には向きません。一方、携帯用ポンプやCO2ボンベは、コンパクトで軽量なので、持ち運びに便利です。家で空気を入れる際は、フロアポンプ、持ち歩く際は、携帯用ポンプやCO2ボンベといったように使い分けるのがポイントです。

【選び方のポイント③】シリンダーの直径

一般的にシリンダーが太い空気入れは、一回のハンドル操作で沢山の空気が入るとされています。そのため、できるだけシリンダーが太い空気入れを選ぶのがポイント。

【選び方のポイント④】重量

家で使ったり、持ち運んだりする際に、重い空気入れだと、労力が大きいので、可能な限り、軽量な空気入れを選ぶのもポイントです。

【選び方のポイント⑤】ゲージ

自転車のタイヤの側面には適正な空気圧が記載されており、適正な空気圧を入れる必要があります。空気圧を計測できるゲージが空気入れに装着されていると便利です。

■おすすめのフロアポンプ・ランキングTOP8-6

8位:TNI ハイポリッシュフロアポンプ

6,739円

・サイズ:高さ670×奥行210×幅(スタンド)265mm、幅(持ち手)245mm
仕様

仕様

・重量1.24kg

TNI ハイポリッシュフロアポンプは美しくすっきりしたデザインを施したモデル。ハイプレッシャータイプでMAX240psi(16bar)となっています。仏式、米式、英式に対応するためには口金を裏返しにします。空気を充填した後、空気圧を調整するためには、口金のボタンをプッシュします。

7位:パナレーサー ワンタッチフロアポンプ 32381

4,245円

原産国:中国
対応バルブ:米式、仏式
英式バルブには付属のクリップで対応
仕様

仕様

空気圧上限:米式、仏式/約1100kPa(11bar、160psi、11kgh/cm2) 、英式/約500kPa(70psi、5kgf/cm2)
空気圧ゲージ装備

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

自撮り棒のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

スマートフォンでの自撮りを行う際に必要なアイテムと言えば自撮り棒です。今回は自撮り棒の人気おすすめランキング…

もどる / 116 view

サーフィンに行く車のおすすめ人気ランキングTOP15【2022最新版】

夏から冬までオールシーズンで楽しむことができるサーフィンですが、そのサーフィンへ向かうための移動手段である車…

maru.wanwan / 429 view

ゴルフに行く車のおすすめ人気ランキングTOP15【2022最新版】

ゴルフにかっこよく使える車選びに苦労している方はいませんか?せっかく高価な車を手に入れても、ゴルフバッグが入…

maru.wanwan / 694 view

ミニベロ(小径車)のおすすめ人気ランキングTOP20【2022最新版】

コンパクトなミニベロ(小径車)は小回りが利くので、街乗りに最適な自転車。女性を中心に人気があり、様々な種類の…

ドリームハンター / 108 view

フィッシュグリップのおすすめランキングTOP22と選び方【2022最新版】

釣り上げた後に暴れる魚に触れずに持ち上げられるフィッシュグリップ。鋭利な背びれによってケガをすることを防止で…

ドリームハンター / 173 view

サーフィン中の時計のおすすめ人気ランキング20選と選び方【2022最新版】

サーフィンをする上で、ウェットスーツやサーフボードは必須ですが、時間を確認するうえで腕時計も非常に重要なアイ…

maru.wanwan / 180 view

釣り用ヘッドライトの人気おすすめランキング最強20選【2022最新版】

シーバスやエギングをナイトゲームで楽しむ若者が増えています。周辺が真っ暗なナイトゲームで心強い相棒となってく…

ドリームハンター / 249 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

万能竿(延べ竿)おすすめランキングTOP15【釣り初心者は必見!・2022最新版】

釣り竿には色々な種類がありますが、万能竿(延べ竿)と呼ばれる釣り竿は、釣りの初心者にはおすすめです。この記事…

ドリームハンター / 230 view

自転車ハンドルカバーのおすすめ人気20選と選び方【男女別・2022最新版】

通勤、通学、買い物に活躍する自転車ですが、乗る人も雨や風、強い日差しに晒されて辛い時があります。そんな時に活…

ドリームハンター / 153 view

メンズ用ビーチサンダルの人気ランキング25選と口コミ【2022最新版】

夏といえば海ですよね。海につきものなのがビーチサンダルです。ここではビーチサンダルの選び方とメンズおすすめ人…

maru.wanwan / 91 view

ガストーチのおすすめランキングTOP15と選び方【2022最新版】

キャンプやバーベキュー、登山などのアウトドアで役立つガストーチ。様々なメーカーから様々な種類のガストーチが展…

maru.wanwan / 57 view

ゴルフに行く車のおすすめ人気ランキングTOP15【2022最新版】

ゴルフにかっこよく使える車選びに苦労している方はいませんか?せっかく高価な車を手に入れても、ゴルフバッグが入…

maru.wanwan / 694 view

登山リュックのサイズ別おすすめ人気30選【ハイキング】【2022最新版】

登山に必要なアイテムは驚くほど多くありますが、そのたくさんの登山アイテムを収納できる登山リュックの選び方に迷…

maru.wanwan / 85 view

ウインドスクリーンのおすすめ人気ランキングTOP20【2022最新決定版】

登山やキャンプ、バーベキューといった屋外で火を使う場合に、風から火を守る上で役立つのがウインドスクリーンです…

maru.wanwan / 60 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング