スポンサードリンク

黒澤明のプロフィール

生年月日 1910年3月23日
没年月日 1998年9月6日(88歳没)
出生地 日本の旗 日本・東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区)
死没地 日本の旗 日本・東京都世田谷区成城
職業 映画監督、脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1943年 - 1998年
活動内容 1936年:P.C.L.映画製作所に入社
1943年:監督デビュー
1948年:映画芸術協会を結成。
1951年:『羅生門』がヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、アカデミー名誉賞を受賞。
1959年:黒澤プロダクションを設立、『隠し砦の三悪人』でベルリン国際映画祭監督賞を受賞。
1969年:四騎の会を結成。
1975年:『デルス・ウザーラ』がアカデミー外国語映画賞を受賞。
1985年:映画界初の文化勲章を受章。
1989年:アカデミー名誉賞を受賞。
1998年:国民栄誉賞、従三位授与(没後)。

日本が世界に誇る映画監督・黒澤明。クリント・イーストウッド、マーティン・スコセッシ、スティーブン・スピルバーグ、フランシス・F・コッポラなど世界に名だたる映画監督たちに影響を与え、現在でもその卓越した映画の手法や演出はハリウッドで研究されています。

黒澤明監督作品BEST30を発表!

黒澤明監督の映画作品ランキング30位:どですかでん

黒澤明の初カラー作品はここにランクイン! 舞台はとある貧民街。自身の想像の中の市電を走らせている「六ちゃん」という知的障害を持つ少年を主人公にしており、貧困や倫理観の中で「幸せとはなにか?」を問う群像劇となっています。

この作品の登場人物は貧困のどん底であえいでいる変人ばかり。結末も救いのないものですが、それでも日々を精一杯、生きていこうとする街の住民たちを明るいタッチで描いた秀作です。

黒澤明監督の映画作品ランキング29位:白痴

この作品はロシアの文豪・ドストエフスキーの小説「白痴」を実写映画したもの。舞台もロシアから日本に移しており、男女の揺れ動く異質な恋模様とそれに巻き込まれる周囲の人々を生々しく描きだしています。

ドストエフスキーをこよなく愛する黒澤明は、「白痴」の映画化とあって非常に気合いが入っていたそう。しかしその気合いが空回りしたのか、発表当時の評価は芳しくなかった模様。確かに難しすぎるその内容は、一般受けしないのは確かかも……。

黒澤明監督の映画作品ランキング28位:虎の尾を踏む男たち

源平合戦で活躍した源義経一行の安宅の関所越えを描いた作品。歌舞伎の「勧進帳」を題材とした映画であり、ややコメディタッチな感じのシリアスすぎない作風となっています。

終戦直後、この映画を「元ネタの能に対する冒涜だ」という日本の検閲官と黒澤明の喧嘩で一時はお蔵入り寸前となった本作。しかしGHQがこの映画をおもしろがり、上映を解禁したことで日の目を見ることになりました。

黒澤明監督の映画作品ランキング27位:八月の狂詩曲(ラプソディー)

長崎で原爆体験をした祖母と四人の孫の交流を夏という季節をとおして描いたのが、「八月の狂詩曲」です。ハリウッド俳優のリチャード・ギアが出演していることでも話題になった本作は、国内で数々の映画賞を受賞しました。

ちなみにこの作品でリチャード・ギアは撮影終了後に「もう蟻とは共演しない」といって帰国したそう。蟻の行列を眺めるというシーンの待ち時間があまりにも長かったのがその理由。ワンシーンに命を注ぐ完璧主義の黒澤明らしいエピソードといえるでしょう。

黒澤明監督の映画作品ランキング26位:続姿三四郎

時は明治。柔道創生の物語を描いた「姿三四郎」の続編。前作が大ヒットしたために作られた続編ですが、黒澤明自身はこの作品の出来に不満を持っていたらしく、「あまり上出来の映画にならなかった」と語っています。

本作はいわゆる復讐譚の要素も盛り込まれており、兄を殺された兄弟が仇討ちのために主人公の姿三四郎に戦いを挑む様を描いています。

黒澤明監督の映画作品ランキング25位:一番美しく

「一番美しく」は軍需工場で働く女子挺身隊員たちを描いた作品で、ジャンルとしてはヒューマンドラマに分類されるでしょう。

女子挺身隊員に日常をドキュメンタリー風に撮られており、戦時下の作品ということもあってプロパガンダ映画の一種といっても過言ではありません。しかし徹底的にリアリティを追求する黒澤明は実際に俳優、女優たちを工員同様の生活を送らせ、真に迫る演技を引きだすことに成功しました。

黒澤明監督の映画作品ランキング24位:まあだだよ

明が残した最後の作品。それが「まあだだよ」です。黒澤明といえば時代劇、アクション映画が有名ですが、本作に関しては得意の戦闘シーンは皆無。穏やかで温かみのある内容となっています。

黒澤明の監督生活50周年、通算30作目といった記念すべき作品である本作。しかし同時期に「許されざる者」などの歴史に名を残す大作映画が公開されてしまったことで、興行的には失敗という結果となってしまいました。

黒澤明監督の映画作品ランキング23位:醜聞(スキャンダル)

黒澤明初の松竹映画である「醜聞」は、現代にも通じる社会派ドラマです。言論の自由をかさにきたマスコミの過剰なジャーナリズムに怒りを覚えていた黒澤明が、電車の雑誌広告にヒントを得て製作したそう。

新進画家の嘘の熱愛記事を書いた雑誌編集部との裁判にまでもつれ込む泥沼の戦いを描いた本作は、ジャーナリズムの正しい在り方などを問う作品となっており、マスコミ関係を目指す人たちには是非とも鑑賞してほしい映画のひとつです。

黒澤明監督の映画作品ランキング22位:どん底

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

東出昌大のドラマ&映画おすすめランキング32選【2022最新版】

パリコレにも出場した経験を持つトップモデルであり俳優の東出昌大さん。女優の杏さんを妻に持ち、芸能一家となりま…

マギー / 108 view

大河ドラマ歴代視聴率ランキングTOP20【2022最新版】

日本の歴史をドラマティックに描いた大河ドラマ作品。豪華キャスト勢が話題になることもあり、連続テレビ小説と並ぶ…

kent.n / 636 view

ブルースウィリスの映画おすすめランキング60選【2022最新版】

アクション俳優として日本でも絶大な人気を誇っているブルースウィリス。歳を重ねてもアクションを続けている姿は渋…

マギー / 293 view

知念侑李のドラマ&映画おすすめランキング19選【2022最新版】

Hey! Say! JUMPメンバーの中でもダンス能力が凄いと評判の知念侑李さん。ダンスを活かして、俳優とし…

マギー / 198 view

赤西仁のドラマ&映画おすすめランキング12選【2022最新版】

全米でも活躍している赤西仁さん。日かつてはアイドルとして活躍しており、歌手としてだけでなく俳優としても活動を…

マギー / 154 view

高杉真宙のドラマ&映画おすすめランキング22選【2022最新版】

まるで女の子のようなかわいらしさを放つイケメン俳優の高杉真宙さん。今回は、高杉真宙さんが出演した人気ドラマラ…

マギー / 119 view

北川悦吏子脚本のドラマ作品20選!おすすめランキングと口コミ【2022最新版】

注目を集めている脚本家と言えば北川悦吏子さんです。今回は北川悦吏子さんが手がけてきたドラマの人気おすすめラン…

もどる / 202 view

三島マコト

映画と小説、それと漫画と格闘技を愛する男。WEB媒体で記事を書いたりもしてます。よろしくお願いします。

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

渡辺謙の映画&ドラマおすすめランキング62選【2022最新版】

日本のみならず、海外でも活躍を続けている国際派俳優の渡辺謙さん。私生活では、不倫や離婚など波瀾万丈な様子が伺…

マギー / 160 view

向井理のドラマ&映画おすすめランキング70選【最新版】

爽やかなイケメン俳優の向井理さん。芸能界に入る前は、バーテンダーとして働いていたという異色の経歴を持っていま…

マギー / 247 view

滝藤賢一のドラマ&映画おすすめランキング32選【2022最新版】

名脇役としてドラマに色を添える名バイブレーヤーとして注目を浴びている滝藤賢一さん。今回は、滝藤賢一さんが出演…

マギー / 252 view

堂本剛ドラマおすすめランキングTOP21【2022最新版】

ジャニーズを代表するグループ『Kinki Kids』として活躍する堂本剛さん出演の人気ドラマランキングTOP…

吉岡和 / 337 view

山下智久のドラマ人気ランキングTOP35【2022最新版】

元ジャニーズ所属の俳優「山下智久」。これまで、ドラマを中心に多くの作品で主演を務めています。ここでは山下智久…

吉岡和 / 226 view

2017ドラマ視聴率ランキング【クールごとにご紹介】

2017年も面白いドラマがたくさんありました。その中で視聴率がよかったものをご紹介します。 1クールごとにラ…

冨乃 けい / 105 view

Netflixおすすめ映画100選!邦画・洋画別の人気ランキング【2022最新版】

映画やドラマをもっと自由に楽しめるNetflix(ネットフリックス)。今回はNetflixのおすすめの邦画と…

マギー / 596 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング