スポンサードリンク

松本人志のプロフィール

プロフィール

プロフィール

松本人志(まつもとひとし)
1963年9月8日生まれ
兵庫県尼崎市出身
お笑いコンビ「ダウンタウン」のボケ担当
吉本総合芸能学院の第1期性として入学
相方の浜田雅功とは小学生のころからの付き合い

大阪から全国区へ

大阪から全国区へ

1982年に結成した「ダウンタウン」はコント番組『夢で逢えたら』で東京進出を果たすと、『4時ですよーだ』で人気が爆発。一気にスターダムへと駆け上がりました。

そしてボケ担当の松本人志さんは卓越したアドリブ力と企画から漫才、コントまですべてを高いレベルでこなすことのできる多芸さから「天才」の名をほしいままにしました。

映画監督業への進出

映画監督業への進出

2007年からは映画監督業にも進出。四本の映画を監督し、その内の二本では主演を務めています。

松本人志監督の作品は以下の四つになります。

・大日本人 2007年
・しんぼる 2009年
・さや侍  2011年
・R100   2013年

松本人志監督の作品は、どの作品も賛否両論が激しく、決して一般受けする作品とは言い難いです。それでもさすがは「天才」といわれる一流芸人。そこかしこに光るものがあるのも、また事実というもの。

さて、この中で最も評価の高いのはどの作品なのか? 早速、発表していきたいと思います!

松本人志監督の映画人気ランキング

松本人志監督の映画人気ランキング4位:大日本人

大日本人

大日本人

松本人志の記念すべき初監督作品はここにランクイン!2007年の公開直後には二日間で15万6700人の動員を記録し、興行収入は2億2691万円に達しました。

その内容は大佐藤大(だいさとうまさる)という巨大な怪物と戦う変身ヒーローの日常と戦いをドキュメンタリー形式で追っていくというもの。

この作品では監督、主演、脚本とひとり三役を務め、改めて松本人志さんのバイタリティと多才性を感じさせる作品となっています。

また「第8回ビートたけしのエンターテインメント賞話題賞」、「TSUTAYA映画ファン賞2007」の日本映画部門投票数第6位となるなど、話題性に富んだ作品でもあります。

この映画は確かに一度観ただけでは判断が難しい作品かもしれません。

それでも優れた感性と閃きによって撮られた「大日本人」は、観れば観るほど味がでる……そんなスルメのような中毒性を含んだ映画に仕上がっているのです。

松本人志監督の映画人気ランキング3位:R100

R100

R100

第3位は現在、松本人志監督が撮った映画の中では一番新しい作品である「R100」!

SMを題材とした新感覚エンターテイメント作品であり、松本人志という天才の研ぎ澄まされた才覚と美的感覚を映像という媒体に落とし込んだ映画となっています。

主人公の片山貴文は家具店で働くサラリーマンですが、じつはマゾの属性を持つ男。その性癖を満足させるために怪しいSMクラブ「ボンテージ」入会します。

しかし派遣された女王様によって日常生活は崩壊、やがて家族にまで影響を及ぼしはじめ…という物語となっています。

「R100」での松本人志さんは監督と脚本にほぼ専念しており、出演はチョイ役程度。自身の持つ力のすべてを映画の制作に注ぎ込んでいます。

またどれもマイナーな賞ではありますが、第17回オンライン映画批評家協会賞、ボーヌ国際スリラー映画祭の新人賞、アウトライヤー映画祭の監督賞の三冠に輝いています。

「R100」は「考えるな、感じろ!」を地でいくような映画です。その怪しい輝きに誘われるままに観はじめたら最後、気がついたらはじめて味わう不思議な感覚の虜となってしまうこと間違いなし!

松本人志監督の映画人気ランキング2位:しんぼる

しんぼる

しんぼる

第2位にランクインした「シンボル」は、海外で評価されることを意識して作られた作品です。

この映画は「大日本人」と同じく、松本人志さんが監督、脚本、主演の三役をこなしており、改めてその才覚と多芸さを天下にしらしめました。

さて映画の内容ですが、簡単に説明すると「摩訶不思議な不条理もの」。エスカルゴマンというメキシコのプロレスラーと密室に閉じ込められたパジャマ姿の男、ふたつの視点で物語は進行していきます。

そしてパジャマ男の行動は、なぜかエスカルゴマンに対してなにかしらの作用が働き、最後には意外な結末が待ち受けています。

この作品は前述のように当初から海外を意識して作られたものであるためか、日本国内よりも海外での方が高評価を得ています。

例を挙げますと三大映画祭のひとつであるカンヌ国際映画祭では「ある視点部門」に出品され、第7回オービット・コンペティションではグランプリを獲得。

このことからも「しんぼる」の海外での人気のほどが伺えるでしょう。

この映画の楽しさの肝は、エンディングでさまざまな解釈ができるところでしょう。

各人によって異なる感想や意見、作品を彩る絶妙なさじ加減のギャグ、そして不可思議な後味を残した幕引き……。

映画監督・松本人志の新たな境地といっても過言ではない、そんな作品なのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

歴代の日本レコード大賞・受賞曲59選!人気ランキング【最新版】

紅白歌合戦も大事ですが、年末になると日本レコード大賞の方もチェックしておかなければなりませんよね。歴代で何曲…

kent.n / 142 view

ショムニのキャスト/女優25名の現在!衝撃順にランキング/呪いの真相も解説【2024…

江角マキコさん主演のドラマ「ショムニ」は、フジテレビ系列の人気番組として全4シリーズ放送されました。今回は、…

kent.n / 742 view

永作博美のドラマ&映画おすすめランキング60選【2024最新版】

奇跡のアラフィフと言われるほどキュートすぎる容姿の永作博美さん。女優として映画やドラマ、そして数々の舞台やC…

マギー / 214 view

有岡大貴のドラマ&映画おすすめランキング22選【2024最新版】

Hey! Say! JUMPのメンバーとして活躍している有岡大貴さんですが、実はジャニーズ事務所に入る以前か…

マギー / 371 view

船越英一郎のドラマ&映画おすすめランキング32選【2024最新版】

2時間ドラマの帝王と呼ばれている船越英一郎さん。実は連続ドラマや映画にも出演して活躍しているんです。そこで今…

マギー / 144 view

金田一少年の事件簿の歴代キャスト30人の現在!初代・二代目・三代目・四代目・五代目に…

今回はTVドラマ「金田一少年の事件簿」に出演した歴代キャスト(俳優・女優)の現在を衝撃順にランキング形式でま…

maru.wanwan / 343 view

蒼井優のドラマ&映画おすすめランキング65選【2024最新版】

1999年にミュージカル「アニー」のポニー役で芸能界デビューを果たした蒼井優さん。現在まで、数々のドラマや映…

マギー / 268 view

スポンサードリンク
三島マコト

映画と小説、それと漫画と格闘技を愛する男。WEB媒体で記事を書いたりもしてます。よろしくお願いします。

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

檀れいのドラマ&映画おすすめランキング42選【2024最新版】

宝塚歌劇団娘役トップとして活動後は、美人過ぎる女優として数々の作品に出演した檀れいさん。今回は、檀れいさんが…

マギー / 191 view

菜々緒ドラマ&映画おすすめランキング35選【最新版】

9頭身モデルとして、そして悪女役が板に付きすぎている女優の菜々緒さん。今回は、菜々緒さんが出演した人気ドラマ…

マギー / 202 view

伊野尾慧ドラマ&映画おすすめランキング8選【2024最新版】

ジャニーズアイドル「Hey! Say! JUMP」のメンバー、そして情報番組やバラエティーなど活躍の幅を広げ…

マギー / 251 view

感動!泣ける映画おすすめランキングTOP67【邦画&洋画】【2024最新版】

思いっきり泣くことはストレス発散になるってご存知でしたか?だけど、泣こうと思って泣くのはなかなか難しいですよ…

AJT2580 / 234 view

ゴジラ映画の人気ランキングTOP36【2024最新版】

今回は、ゴジラ映画の人気ランキングTOP36を予告動画付きで紹介します。東宝が1954年に公開した特撮怪獣映…

maru.wanwan / 357 view

志田未来のドラマ&映画おすすめランキング45選【2024最新版】

子役の頃から活躍し、その成長が著しい女優の志田未来さん。子供だと思っていましたが、もう結婚をし人妻となりまし…

マギー / 196 view

ユースケサンタマリアのドラマ&映画おすすめランキング32選【2024最新版】

底抜けに明るくてテキトーキャラのユースケサンタマリアさん。しかしドラマや映画に出演するとその表情は一変します…

マギー / 269 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング