スポンサードリンク

フェミニストとは

女性の権利を主張する行為(フェミニズム)を支持する人

女性の権利を主張する行為(フェミニズム)を支持する人

フェミニストとは、全ての性が平等な権利を持つべきだという理由から女性の権利を主張する行為(フェミニズム)を支持する人のことと定義されています。フェミニズムの影響は、職場だけでなく、家庭や学校にまで及ぶ。例えば「母親だからこうするべき」「女の子だからお手伝いしなさい」などといった、性別ごとに決められた考えを社会から撤廃することも求められています。

男性日本人フェミニスト有名人ランキングTOP10-6

10位:中里見博

10位:中里見博

生誕 1966年
出身地 福岡県福岡市

中里見 博は、日本の法学者、大阪電気通信大学教授で、専門は憲法、ジェンダー法学です。ポルノグラフィ、売買春を人権と両性平等の観点から批判的に研究する「ポルノ・買春問題研究会」の中心人物です。

9位:蔦森樹

9位:蔦森樹

生誕 1960年
出身地 北海道

蔦森 樹は、日本のオートバイ評論家、作家、ジェンダー研究者、トランスジェンダー活動家です。オートバイ研究家として執筆活動をスタートしたが、ライダーとしての、オートバイ研究家としての生き方を、「男らしさ」にとらわれたものとして捨て去り、女性への移行を始めることになります。1994年に刊行した自伝『男でもなく女でもなく』で、ジェンダーからの解放を主張した。同書は、上野千鶴子らフェミニズムの研究者や活動家から高く評価されました。

8位:小宮友根

8位:小宮友根

生誕 1977年

小宮 友根は、日本の社会学者で、東北学院大学准教授です。専門は、エスノメソドロジー、会話分析、ジェンダーの社会学、理論社会学で、2012年に『実践の中のジェンダー―法システムの社会学的記述』で西尾学術奨励賞(ジェンダー法学会奨励賞)を受賞しています。

7位:和田静夫

7位:和田静夫

生誕 1926年10月1日
出身地 石川県金沢市

和田 静夫は、日本の政治家で、元日本社会党参議院議員、衆議院議員です。1996年、新社会党から衆院選に立候補し落選、2001年に、自由連合に鞍替えして常任顧問となり「女性的平和国家の設立」を掲げ第19回参議院議員通常選挙(比例区)に立候補するも落選してしまいました。

6位:中村彰

6位:中村彰

生誕 1947年
出身地 大阪府茨木市

中村 彰は、日本のジャーナリスト、社会運動家、ホンマルラジオ元パーソナリティーです。甲南大学卒業後、1980年代から、京都新聞の記者として文化人類学の知識を背景に風俗産業のルポルタージュなどに取り組みながら、京都民俗学会でも性風俗についての報告をしていました。 1997年に、京都新聞社を退社し、以降はフリー・ジャーナリストとして活動。フェミニズムやメンズリブの思想に共鳴し、1991年(平成3年)に大阪でメンズリブ研究会の立ち上げに参加、とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」館長を務めていました。

男性日本人フェミニスト有名人ランキングTOP5-1

5位:杉田聡

5位:杉田聡

生誕 1953年4月22日
出身地 埼玉県

杉田 聡は、日本の哲学者で、帯広畜産大学名誉教授です。北海道大学文学部卒業、同大学院博士課程中退。文学修士。元の専門はカント倫理学ですが、自動車問題、ジェンダー問題について考察、「クルマ社会を問い直す会」会員でもあります。2017年8月にはWebronza上において、ポルノやAVは女性に対する暴力であり、広い意味で「ポルノはヘイトスピーチ」との意見を発表、『AV神話 アダルトビデオをまねてはいけない』という著書でも有名です。

4位:熊田一雄

4位:熊田一雄

生誕 1962年
出身地 京都市

熊田 一雄は、日本の社会学者で、専門は、宗教学、ジェンダー研究、文化社会学で、愛知学院大学文学部宗教文化学科准教授をつとめています。風煤社から2005年に刊行した『男らしさという病? -ポップ・カルチャーの新・男性学-』で、伊藤公雄を筆頭とした、団塊の世代が牽引してきた日本の男性学に対して、新人類世代に属する著者が昨今のポップカルチャーの視座から従来とは違った男性学を構想した。具体的には、90年代に人気を集めた「美少女戦士セーラームーン」や「少女革命ウテナ」、“百合”的な意匠を纏った「マリア様がみてる」ややおい的な作品から現代の日本の若者のジェンダー観を分析しました。

3位:川瀬徳太郎

3位:川瀬徳太郎

生誕 1886年2月20日
死没 1964年1月22日
職業 牧師・廃娼運動家

川瀬 徳太郎は、救世軍横浜分営大尉、日本福音ルーテル八幡教会創始者・名誉牧師で、1919年、路傍伝道(辻説法)を行いながら廃娼運動にも尽力したしたことで知られ、時には遊廓の傍らに立ち「逃げて私の所へ来さえすれば、誰でも売春生活から救ってあげる」と叫ぶこともあったそうです。

2位:勝部元気

2位:勝部元気

生誕 1983年
出身校 早稲田大学社会科学部
職業 フェミニスト、社会活動家、ジェンダー論者

勝部元気は、日本のフェミニスト、社会活動家。株式会社リプロエージェントの代表取締役を務めています。民間企業で財務経理や経営企画の責任者を務めた後はテレビ、雑誌、ウェブ上でコメンテーターとして活動しています。ジェンダー論、現代社会論、コミュニケーション論、教育論などを専門としており、2015年、著書『恋愛氷河期』が扶桑社より刊行されました。

1位:福沢諭吉

1位:福沢諭吉

生誕 1835年1月10日
出身地 摂津国
死没 1901年2月3日(66歳没)

福沢 諭吉は、幕末から明治の日本の武士、啓蒙思想家、教育者として知られ、慶應義塾の創設者として有名です。福沢は明治維新後、J.S.ミル の『婦人論』をはじめとする欧米諸国の女性解放思想をいちはやく日本に紹介、『女大学評論』 『新女大学』でも革命的な男女平等の自論を展開しました。つまり福沢諭吉は、日本にフェミニズムを輸入・紹介して、さらにそれを推し進めようとした最初の人物であるわけです。

女性日本人フェミニスト有名人ランキングTOP50-46

50位:竹村和子

50位:竹村和子

生誕日 1954年(昭和29年)
死没日 2011年12月13日

竹村 和子は、日本の英文学者で、専門は英米文学、批評理論、フェミニズム思想です。竹村和子フェミニズム基金の設立者であり、その活動は2011年より2021年(終了予定)まで続きました。

49位:田中美津

49位:田中美津

生誕 1943年
出身地 東京文京区本郷

田中美津は、1970年代日本のウーマンリブ運動の代表的な人物の一人です。東京大学の赤門付近に居住していたことにより、「カルチェラタン闘争」や各種市民運動に参加、安田講堂にこもった赤軍派の若者に宿として提供することにより本郷三丁目の自宅がアジト化し、革命を叫ぶ男たちを観察、失望し[13]、女性解放に目覚めます。1972年9月、「ぐるーぷ闘うおんな」のリーダーとして、東京代々木のマンション内にウーマンリブ運動の一拠点として「リブ新宿センター」を設立。「エス・イー・エックス」「闘う女性同盟」「緋文字」「東京こむうぬ」の4グループ(総勢約20名)とともに運営され

48位:中野理惠

48位:中野理惠

生誕 1950年
出身地 静岡県

中野 理惠は映画プロデューサー、出版プロデューサー、映画ディストリビューター、株式会社パンドラ代表取締役で、フェミニストとして知られています。1970年代後半より女性解放運動(ウーマン・リブ)に参画し、反性暴力のテーマを中心として映画の自主上映の活動ののち、1987年に株式会社パンドラ(パンドラカンパニー)を設立しました。

47位:永田えり子

47位:永田えり子

生誕 1958年
出身地 東京都

永田 えり子は、日本の社会学者で、滋賀大学経済学部社会システム学科教授です。理論社会学、数理社会学専攻で、道徳を根拠に性の商品化を否定した『道徳派フェミニスト宣言』で知られています。

46位:角田由紀子

46位:角田由紀子

生誕 1942年11月11日
出身地 福岡県北九州市

角田 由紀子は日本の弁護士で、ラディカル・フェミニスト系団体ポルノ・買春問題研究会元共同代表です。ラディカル・フェミニスト系国際的人権団体イクオリティ・ナウ理事でもあり、性暴力被害者の権利擁護活動、セクシュアル・ハラスメント、ドメスティック・バイオレンス、ポルノグラフィーの問題を専門としています。

女性日本人フェミニスト有名人ランキングTOP45-41

45位:小谷真理

45位:小谷真理

誕生 1958年7月11日
出身地 富山県

小谷 真理は、日本のSF&ファンタジー評論家で、『女性状無意識』で第15回(1994年)日本SF大賞受賞。日本SF作家クラブ会員、「ジェンダーSF研究会」発起人でもあります。山田和子などの先駆はありますが、日本のSF・ファンタジー評論に、初めて本格的にフェミニズム的観点を導入しました。

44位:田原節子

44位:田原節子

生年月日 1936年
出身地 東京都
没年月日 2004年8月13日

田原 節子は、日本のアナウンサー、随筆家で、 田原総一朗の2番目の妻です。1980年代に作った「覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?」のコピーを作った人物としても知られ、ウーマンリブ運動家であったことが後に伝えられています。

43位:谷野せつ

43位:谷野せつ

生誕 1903年
出身地 千葉県
死没 1999年

谷野 せつは、日本の官僚で、日本における最初期の女性行政官であり、女性の労働環境を調査した先駆的な取り組みで知られています。谷野は戦争中の労働不足による女性労働者の増加や女性への教育を通して、旧来の女性像から踏み出して主体的に活動する女性たちに注目し、その活動を後押ししました。

42位:田中東子

42位:田中東子

生誕 1972年
出身地 横浜市

田中 東子は、日本の社会学者、メディア批評家で、専門はメディア文化論、フェミニズム、カルチュラル・スタディーズの大妻女子大学文学部教授です。主な著書に『メディア文化とジェンダーの政治学 ―第三波フェミニズムの視点から』があります。

41位:田中喜美子

41位:田中喜美子

生誕 1930年2月15日
出身地 東京都

田中喜美子は、フェミニズム運動家、編集者で、グループわいふ代表取締役、政治雑誌『ファム・ポリティク』編集長です。1997年「ニュー・マザリングシステム(NMS)研究会」を創設、1999年、林道義の『主婦の復権』に関して『諸君!』誌上で論争を行いました。

女性日本人フェミニスト有名人ランキングTOP40-36

40位:工藤庸子

40位:工藤庸子

生誕 1944年7月29日
出身地 埼玉県浦和市(現:さいたま市)

工藤 庸子は、日本のフランス文学者、フェミニストで、放送大学客員教授、東京大学名誉教授です。主な著書に『女たちの声』、『政治に口出しする女はお嫌いですか?』、『プルーストからコレットへ――いかにして風俗小説を読むか』があります。

39位:高群逸枝

39位:高群逸枝

生誕 1894年(明治27年)1月18日
出身地 熊本県下益城郡豊川村南豊崎(現、宇城市)
死没日 1964年(昭和39年)6月7日

高群逸枝は、日本の詩人・民俗学者・日本の「女性史学」の創設者です。アナーキズムと出会って女性史研究を志し、平塚らいてうと共に女性運動を始める傍ら、女性史研究を進め、『母系制の研究』や『招婿婚の研究』などの業績を残し、女性史研究分野の発展に寄与しました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

北海道出身の芸能人&有名人100選!衝撃ランキング【2022最新版】

日本の最北端に位置する北海道からは、多くの芸能人や有名人が誕生し、亡くなってしまった方、または現在飛ぶ勢いの…

maru.wanwan / 38 view

性犯罪の芸能人&有名人35選~衝撃の被害者/加害者ランキング【2022最新版】

芸能活動をするうえで最も罪が重く軽蔑されるのが性犯罪です。ここでは、性犯罪の被害にあった芸能人&有名人8名、…

kii428 / 331 view

ヒラメ顔の芸能人20選&特徴8個!ランキングで紹介【2022最新版】

魚顔ともいわれるヒラメ顔。実は今可愛い!イケメン!と話題になっているんです。薄いですが個性的な顔として注目を…

kii428 / 62 view

【文春砲】週刊文春のスクープ!やりすぎTOP24ランキング【2022最新版】

週刊文春は、他の週刊誌には真似できないスクープも多いことから「やりすぎ」と評価され、賛否両論を巻き起こすこと…

kent.n / 174 view

ローランドの名言100選!人気の格言ランキング【2022最新版】

今やホスト界のカリスマといえば真っ先に名前があがるROLAND(ローランド)。今回はローランドの名言&格言ラ…

maru.wanwan / 23 view

顔でかい芸能人30選!男性女性別&大きさを画像でチェック【2022最新版】

芸能人といえば小顔!というイメージがありますが、顔が大きい芸能人もたくさんいます。今回は、顔がでかい男性芸能…

kii428 / 366 view

目が笑ってない芸能人&有名人30選・女性男性別!衝撃順にランキング【2022最新版】

芸能人や有名人の中でも笑顔が魅力的な人は数多くいますが、目が笑ってない芸能人や有名人もいます。今回は、目が笑…

maru.wanwan / 98 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

目が小さい芸能人30選・男性女性別!ランキングで紹介【2022最新版】

顔のパーツの中で目の存在は大きく、芸能界の中でも目の大きい人美男美女と言われます。しかし芸能界の中には、目が…

chokokuru / 171 view

老眼の芸能人12選・男性女性別!衝撃ランキング【2022最新版】

モノを見るときにピントを合わせる目の調節機能の衰えが原因で起こる老眼。今回はそんな老眼の芸能人を衝撃順にラン…

maru.wanwan / 23 view

芸能人の病気と病名!衝撃順ランキングTOP40【2022最新版】

いつも笑顔でテレビの前に立ち続ける芸能人の皆さん。しかし彼らも人間なので、病気を隠して頑張っている過去がある…

kii428 / 164 view

新宿ジャックスの歴代メンバー強さランキング11選【2022最新版】

東京都新宿を拠点にしていたチーマー集団である「新宿ジャックス」。東京アウトロー界の伝説的存在であり、これまで…

maru.wanwan / 90 view

老害芸能人22選!男性・女性合同のランキング発表【2022最新版】

老害と呼ばれている芸能人も実はとても多いですよね。年齢を重ねてからさらにその厄介度は高まってくることも!今回…

risa / 38 view

いかり肩の芸能人26選!女23人と男3人を紹介【画像付き・2022最新版】

肩幅が広く、がっちりみえてしまういかり肩。女性の場合は気にしてしまうことも多いですが、実はいかり肩の芸能人が…

kii428 / 163 view

モテる!可愛い系男子の特徴10&芸能人19名まとめ【2022最新版】

中性的で女性の母性本能をくすぐる可愛い系男子。男らしさも備えつつ、女性からモテるタイプとしても人気です。ここ…

kii428 / 47 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング