スポンサードリンク

自撮り棒選びのポイント5点

自撮り棒の人気おすすめランキングをご紹介する前に自撮り棒選びに失敗しないための選び方のポイントを確認していきましょう。

ポイント1.タイプをチェック

自撮り棒にはいくつかの種類がり、分類方法もいくつか存在しています。ここではシャッター機能で分類を分けて3種類のタイプをご紹介したいと思います。

・シャッターなしタイプ

・シャッターなしタイプ

自撮り棒の元祖ともいうべきこのタイプは持っている方も多いのではないでしょうか。自撮り棒の先端部分でスマートフォンを固定するだけの至ってシンプルなタイプになります。

シャッター機能はないので撮影の際はスマートフォンのカメラ機能にあるセルフタイマーを使用して撮影を行います。機能のシンプルさから価格が非常に安いというのが大きなメリットです。

・有線シャッタータイプ

・有線シャッタータイプ

シャッター機能が搭載されている自撮り棒も大きく分けて2つの種類があります。そのうちの1つがイヤホンジャックに自撮り棒のコードを接続する有線タイプのものです。このタイプは設定が不要で、イヤホンジャックを差し込むだけで簡単に使用することができます。簡単に使用できるのが大きなメリットと言えます。

・無線シャッタータイプ

・無線シャッタータイプ

有線タイプがあれば当然、無線タイプもあります。このタイプはBluetoothと介してスマートフォンと自撮り棒を接続し、シャッターを切ってくれます。初期設定以降は自動的に接続をしてくれ、イヤホンジャックにコードを差し込む必要がありません。ただし、自撮り棒の方も充電が必要な点は覚えておきましょう。

ポイント2.OSをチェック

自撮り棒を選ぶ際に抑えておきたいのが対応OSのチェックです。対応OS種類は、iPhone用、Android用、そして両方対応の3種類です。

自分が使用しているスマートフォンに合わせた対応OSを選ぶのが基本ですが、複数人でシェアすることや機種変更でOSの変更が考えられる場合は両OSに対応しているものを選ぶようにしましょう。

ポイント3.サイズをチェック

自撮り棒が対応しているスマートフォンのサイズを確認する際はスマートフォンそのもののサイズではなく、スマートフォンケースを含めた大きさで選ぶようにしましょう。

スマートオンのサイズだけで選んだ場合は自撮り棒を使用する際にケースから外す必要があるので注意してください。

ポイント4.長さをチェック

背景込みで自撮りを行う場合や大人数での撮影を想定した場合、自撮り棒にある程度の長さが必要になります。しかし、構造上伸縮部の節が多くなるほど自撮り棒本体の耐久性が下がってしまうので、長すぎると使い勝手が悪くなってしまいます。

目安として一般的な自撮り棒の長さが大体70cm程度になっています。この長さを目安に選ぶのがおすすめです。

ポイント5.使い心地をチェック

自撮り棒の使い心地を左右するポイントはいくつかあります。長さの点は前述した通りですが、グリップも大切なポイントです。

グリップ部分にはゴムやスポンジを使用していると握った際にしっかりとホールドができ、安定感が増します。手ブレを抑えて綺麗に撮ることができ、使い心地も良いのでおすすめです。

おすすめ自撮り棒ランキングTOP20~16

20位:■ミニセルカ棒■ 自撮り棒 有線 自撮り

190円

タイプ:シャッター付き有線タイプ
対応OS:iOS4.0~
対応サイズ:幅が約57~88mmまでの端末対応
長さ:約130~550mm
重量:80g

このモデルを超える格安自撮り棒は中々無いのではないかと言えるほど価格が非常に安いことが特徴の自撮り棒です。設定も充電も必要がなく、手軽に使えるモデルとして人気を集めています。Androidは機種によって使用できないこともあるので注意が必要です。

19位:セルカ棒 ミラー有線

1,252円

対応OS:対応機種iPhone5/6/6s/7/8/X 一部のAndroid
対応サイズ:幅59mm-86mm以内
長さ:13.7~69cm
重量:105.2g

カラーバリエーションが豊富でデザイン性も高いオシャレな自撮り棒です。挟み口は固めの設計になっており、グリップ力が高くなっているので落下の心配がありません。大きめのミラーが付いているので構図を確認しやすいのもおすすめのポイントです。

18位:ESHOWODS 自撮り棒三脚 一脚 Bluetooth セルカ棒 小型軽量 360度回転 セルフィースティック アルミ合金 ワイヤレスリモコン付き iPhoneX 8 7/Android対応 (黒)

1,689円

タイプ:シャッター付き無線タイプ
対応OS:iOS 6.0以上、Android 4.2
対応サイズ: 4.7~5.8インチスマートフォン
長さ:20.03~68cm
重量:-

自撮り棒としてだけでなく、三脚としても使用可能な万能で便利な1台。雲台は360°旋回が可能な設計で自由なアングルで撮影が可能です。リモコンが付属しているのである程度体勢に自由が利くのも便利ですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

男性に人気!通勤用自転車おすすめランキングTOP15&選び方5つのポイント【2022…

健康の為だったり、満員電車が嫌になったりして自転車通勤をはじめようとしている人は少なくないと思います。そこで…

ドリームハンター / 474 view

カメラバッグのおすすめ人気ランキング25選と口コミ&選び方【5つのタイプ別】【202…

こだわりのカメラを手に入れたら次に欲しくなるのがそのカメラを持ち運ぶためのバッグです。今回はカメラバッグのお…

もどる / 121 view

機内持ち込み用スーツケースのおすすめランキング30選と選び方&口コミ【2022最新版…

機内持ち込み用スーツケースがあれば、必要な荷物もたくさん積めこむことができ、飛行機を降りた際もスムーズな行動…

remochan8818 / 54 view

サーフィンブーツのおすすめ人気ランキング20選と選び方【2022最新版】

サーフィンアイテムの中でも特に冬に必要不可欠なのがサーフィンブーツです。しかし数多く展開している中でどのよう…

maru.wanwan / 163 view

ビーチサンダルのレディースおすすめ人気ランキング25選と口コミ【2022最新版】

夏のカジュアル、ビーチに欠かせないアイテムといえばビーチサンダルです。ここでは女性向けのビーチサンダルの選び…

maru.wanwan / 168 view

万能竿(延べ竿)おすすめランキングTOP15【釣り初心者は必見!・2022最新版】

釣り竿には色々な種類がありますが、万能竿(延べ竿)と呼ばれる釣り竿は、釣りの初心者にはおすすめです。この記事…

ドリームハンター / 335 view

自転車用スマホホルダーのおすすめランキングTOP23と選び方【2022最新版】

地図アプリや走行距離を表示するアプリなど、様々な機能が便利に使われるスマホを取り付けるスマホホルダーですが、…

maru.wanwan / 174 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ウインドスクリーンのおすすめ人気ランキングTOP20【2022最新決定版】

登山やキャンプ、バーベキューといった屋外で火を使う場合に、風から火を守る上で役立つのがウインドスクリーンです…

maru.wanwan / 268 view

【登山靴】ハイキングシューズおすすめランキング16選と選び方【2022最新版】

ハイキングシューズは、軽登山などを楽しむ際に履く靴です。今回は、ハイキングシューズの種類と選び方3つのポイン…

ドリームハンター / 210 view

タープポールのおすすめランキング最強22選【2022最新版】

キャンプやバーベキューなどで活躍するタープですが、そのタープを支えるタープポールをどのように選んでよいのかわ…

maru.wanwan / 402 view

サーフィン中の時計のおすすめ人気ランキング20選と選び方【2022最新版】

サーフィンをする上で、ウェットスーツやサーフボードは必須ですが、時間を確認するうえで腕時計も非常に重要なアイ…

maru.wanwan / 409 view

女性の自転車の服装&ファッション人気おすすめ20選【2022最新版】

女性はしっかりした服装を身に付けて自転車に乗ると快適かつ安全です。女性が自転車に乗る際の服装&ファッションは…

ドリームハンター / 145 view

ピストバイクのおすすめ人気ランキング20選と選び方【2022最新版】

ピストバイクは、走るためのパーツを厳選して装着したモデル。スリムなスタイリングが人気で様々なモデルが自転車メ…

ドリームハンター / 163 view

ゴルフに行く車のおすすめ人気ランキングTOP15【2022最新版】

ゴルフにかっこよく使える車選びに苦労している方はいませんか?せっかく高価な車を手に入れても、ゴルフバッグが入…

maru.wanwan / 1204 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング