スポンサードリンク

男性歌手グループ人気ランキングTOP30-26

30位:ウルフルズ

30位:ウルフルズ

応援ソングと聞くと、ウルフルズを真っ先に思い出すという人も多いでしょう。応援ソングの名曲も多々リリースされてきましたが、ウルフルズがリリースしてきた楽曲は、男性目線で描かれた歌詞が人気を博してきました。

「ガッツだぜ!!」、「バンザイ 〜好きでよかった〜」などは、バンドを象徴するほどの名曲です。30代以上の多くの男性が、これらの楽曲で元気と勇気をもらい、人生を成功に導いてきました。

中心人物のトータス松本

中心人物のトータス松本

ボーカルのトータス松本さんは、ウルフルズのシングル曲のほとんど全てで作詞作曲を手掛けてきました。また、ユニークな性格でもあるので、テレビタレントとして活躍してきたことでも有名です。

意外と俳優業にも出演しており、2002年に放送された連続ドラマ「ギンザの恋」では、主演の松田一太役を演じたことも当時話題になりました。

29位:BLUE ENCOUNT

29位:BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNTは、正統派のロックサウンドで年々知名度が上昇している4人組ロックバンドです。2004年に結成され、長い下積み期間を経て2014年に念願のメジャーデビューを果たしました。

セカンドシングル「DAY×DAY」が、テレビアニメ「銀魂」のオープニングに起用され、6枚目のシングル「LAST HERO」は、テレビドラマ「ラストコップ」の主題歌に採用されました。タイアップにも恵まれており、それらを通じてファンになった人も多いでしょう。

日本武道館でのライブも実現

日本武道館でのライブも実現

ライブを中心に活動を続け、知名度を上げてきたBLUE ENCOUNT。2016年には日本武道館でのライブも実現し、チケット販売後すぐに完売するほどの反響を見せました。

2018年にリリースしたアルバム「VECTOR」もオリコン最高位6位のヒットを記録しているので、今後の活躍も大いに期待できるでしょう。

28位:TUBE

28位:TUBE

邦楽には数々の有名な夏ソングが存在していますが、季節に特化した音楽グループはそう多くはありません。ロックバンドのTUBEは、毎年夏になると多くの人に支持される、夏の大物バンドです。

全盛期の1990年代はミリオンヒットを記録した楽曲もあるほどの勢いがあり、「シーズン・イン・ザ・サン」、「あー夏休み」、「夏を抱きしめて」、「ゆずれない夏」といった代表曲のタイトルからも、夏に特化していることが伺えますね。

冬に活動しないの?

冬に活動しないの?

あまりに夏の印象が強すぎるため、夏が終わると「冬眠する」と揶揄されることも多いTUBE。実際に夏が過ぎると活動ペースが落ちる感は否めませんが、全く活動していないわけではありません。夏以外の季節をテーマにしたシングルCDのリリースや、ライブ活動を通じて一年中活動をしているのです。

冬季限定ライブ「冬でごめんねツアー」も定期的に開催しており、ある意味ホットな冬を過ごせるライブとなっています。

27位:ゴスペラーズ

27位:ゴスペラーズ

ゴスペラーズは、邦楽には珍しいアカペラグループとしてブレイクを果たした5人組ボーカルグループです。

ブレイクを果たした2000年代前半は、邦楽において癒し毛ブームが到来していたため、歌に限らず、世界中のヒーリングミュージックが注目されていました。ゴスペラーズの楽曲も、音楽に癒しを求める人を中心に絶賛され、2000年にリリースしたシングルCD「永遠に」が、オリコンチャートに約1年間ランクインするほどの反響を獲得しました。

2005年に半年間ほど活動休止間を挟みましたが、メンバー間に不仲などトラブルの元は一切なく、現在も精力的に活動を続けています。

男性なら押さえておきたい名曲「ひとり」

男性なら押さえておきたい名曲「ひとり」

恋愛をテーマにした楽曲が中心の邦楽ですが、ゴスペラーズも例外ではありません。しかし、ゴスペラーズの恋愛ソングの大半が、男性目線の直球な恋愛感情を描いた楽曲がほとんどです。そのため、男性のカラオケ人気が高く、ゴスペラーズのブレイク期は、代表曲「ひとり」を恋人の前で歌う男性が続出しました。

色あせない名曲ですので、世代ではない男性も、恋人に披露する目的で小名曲を抑えてみてはいかがでしょうか?

26位:Sound Horizon

26位:Sound Horizon

Sound Horizon(サウンドホライズン)は、主にテレビアニメやゲームの主題歌を制作している男性音楽グループです。作詞作曲、ボーカル、ギター、キーボードなど重要なパートを全て担当しているRevoさんのみが固定メンバーであり、他のメンバーは基本的にサポートメンバーとして参加しています。洋楽で例えるなら、マリリン・マンソンさん主体のロックバンドであるMARILYN MANSON、トレント・レズナーさんのみが固定メンバーであるロックバンド、Nine Inch Nailsと同じスタンスでしょう。

テレビアニメとゲームのための音楽が多いため、幻想的で壮大な音楽で人気を集め、普段アニメソングを聴かない人ほど、独特の世界観に魅了されてしまうほどの中毒性があります。

Linked Horizonが大ヒット

Linked Horizonが大ヒット

Sound Horizonが世間に名を知られるきっかけになったのは、Revoさんが代表を務めるもうひとつのグループ、Linked Horizon(リンクトホライズン)でした。

人気アニメ「進撃の巨人」の主題歌「紅蓮の弓矢」が最も有名な作品となり、2013年の紅白歌合戦にも出演を果たしました。基本的に進撃の巨人関係の楽曲を中心にリリースしており、2018年には5年ぶりとなるシングルCD「楽園への進撃」をリリースしました。

男性歌手グループ人気ランキングTOP25-21

25位:氣志團

25位:氣志團

全体の雰囲気だけを見ると、コミックバンドのように見える氣志團。実際にそういった要素も濃いものの、カラオケで盛り上がりやすい名曲や、メッセージ性ある楽曲もリリースしてきました。

ボーカルの綾小路翔さん主体のロックバンドでもあり、氣志團のメンバーは綾小路翔酸だけなら知っているという人も多いでしょう。綾小路翔さん単独でタレント活動する機会も多く、DJ OZMAとしてのソロ活動や、とんねるずの2人との期間限定ユニット、矢島美容室としての活動も有名ですね。

代表曲は、デビュー曲でもある「One Night Carnival」ですが、この楽曲がヒットしすぎたこともあり、一発屋と勘違いされることも珍しくはありません。

毎年盛り上がりを見せる氣志團万博

毎年盛り上がりを見せる氣志團万博

氣志團といえば、秋の始まりの風物詩になりつつある野外フェスティバル、「氣志團万博」も有名です。騎士団が主宰となり、ロックやアイドルなど、ジャンルに囚われない独特なプログラムで毎年開催されてきました。

氣志團以上のベテラン勢も出演しており、T.M.Revolution、BUCK-TICK、ももいろクローバーZ、乃木坂46、小泉今日子さん、VAMPS、ヤバイTシャツ屋さんら大物たちが出演してきました。氣志團に興味がない人も、氣志團万博には興味をそそられるのではないでしょうか?

24位:レミオロメン

24位:レミオロメン

温かみのある音楽性で人気を博した3人組ロックバンドのレミオロメン。本格的なロック志向ではなく、メッセージ性を大切にした世界観でもあるため、幅広い年齢層の人から愛されている人気バンドです。

2012年に無期限の活動休止期間に入り、ファンにも復帰が期待されていました。しかし、ボーカルの藤巻亮太さんが所属事務所を退社したため、復帰は絶望的な状況にあるようです。

ブレイクのきっかけになった名曲「粉雪」

ブレイクのきっかけになった名曲「粉雪」

レミオロメンには「3月9日」、「太陽の下」、「Wonderful & Beautiful」などの名曲がありますが、ブレイクのきっかけになったのは、8枚目のシングルである「粉雪」です。はじめてリリースされたのは2005年11月16日ですが、楽曲の素晴らしさが徐々に口コミで広まっていき、1年間もオリコンチャートにランクインし続けるという快挙を成し遂げました。

カラオケ人気も高く、冬ソングの定番としても親しまれており、最終的な売上は85万枚を超えています。今も愛されている楽曲なだけあり、レミオロメンが活動休止状態となっているのがもったいないですね。

23位:CHEMISTRY

23位:CHEMISTRY

「2人の歌声による科学反応」を期待して名付けられたCHEMISTRY(ケミストリー)は、デビュー直後から、川畑要さんと堂珍嘉邦さんによる美しいハーモニーされる人が続出しました。デビュー曲「PIECES OF A DREAM」は、早々にミリオンヒットを記録し、後続のシングルCDもオリコン1位を獲得、アルバムも200万枚を超えるなど驚異的なスピードでブレイクを果たしました。

2017年に活動再開

2017年に活動再開

デビュー直後は絶好調だったCHEMISTRYですが、人気は徐々に低迷してしまい、オリコン上位が当たり前だったシングルCDのセールス面も低調が続くようになってしまいました。また、2人のメンバーは性格も趣味も全く違うため、長年不仲説も報じられており、2012年に活動休止を発表した際は「いつかはそうなると思っていた」と感じたファンもいたほどでした。

しかし、2人の絆は世間が思っていたよりもずっと固いものだったようで、2017年には奇跡的な復活を遂げています。

22位:Dragon Ash

22位:Dragon Ash

20代後半から30代全般の人なら、Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)の名前を知らない人はいないでしょう。ワイルドなルックスとラップとロックを融合させた音楽性で2000年代の若者を熱狂させ、音楽業界にも多大な影響を与えてきました。

常に時代の最先端をいくような音楽性を披露しているので、世代ではない10代の若者世代にもオススメのミクスチャーバンドですね。

Mステへの出演が話題!

Mステへの出演が話題!

Dragon Ashは間違いなく日本を代表する大物バンドではあるのですが、本格志向のためか、滅多に音楽番組に出演することはありませんでした。ところが、2017年に初めて「ミュージックステーション」への出演を果たし、Dragon Ashを知るファンからも驚きの声が続出しました。

Dragon Ashを知らないファンにとっても刺激的だったようで、新規ファンの獲得にも成功したようですね。

21位:サカナクション

21位:サカナクション

基本的に男女混成のバンドは、女性がボーカルを務める編成が多いのですが、人気ロックバンドのサカナクションは、男性の山口一郎さんがボーカルを務め、女性メンバーの草刈愛美さんはベース、岡崎英美さんはキーボードを担当しています。

サカナクション自体、山口一郎さんが主体となって活動しており、バンドの音楽のほとんど全ての楽曲で作詞作曲を務めているのも特徴です。そのため、山口一郎さんのファンが最も多く、男女問わずさまざまなファンが独特な世界観に惹かれています。

紅白にも出演

紅白にも出演

2013年には、紅白歌合戦にも初出演し、同オリコンアルバムチャート初の1位も獲得するなど、バンドの人気が頂点に立ちました。人気は全く衰えを見せてはいませんが、新曲のリリース頻度は控えめとなってしまったのが現状です。

ファンのためにも、定期的なリリースを期待したいところですが…。

男性歌手グループ人気ランキングTOP20-16

20位:WANIMA

20位:WANIMA

WANIMA(わにま)は、ボーカルのKTNTAさん、ギターのKO-SHINさん、ドラムスのFUJIさんの3人で活動中のロックバンドです。ライブを中心に活動を続け、ユニークな外見と、若者に訴えかけるようなメッセージ性がある音楽が10代~20代の若者世代に好評を博し、注目を集めています。

紅白出演が決定し、さらに知名度が上昇

紅白出演が決定し、さらに知名度が上昇

2017年末の第68回NHK紅白歌合戦に、WANIMAが出場!長年活躍している歌手に紛れての出演となり、これまでWANIMAを知らなかった層にも知名度を広めるきっかけとなりました。

2018年1月17日には、メジャーデビュー後のファーストアルバムのリリースし、今後のさらなるブレイクが期待されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

YUIの人気曲ランキングTOP40【ファンが選ぶ名曲集・2022最新版】

日本の女性ミュージシャンとして活躍されているYUIさんの人気曲・代表曲をランキング形式でまとめてみました。Y…

rogi / 59 view

X JAPANの人気曲ランキングTOP30【2022最新版・動画付き】

数々の伝説を残してきたロックバンド、X JAPAN(エックスジャパン)の人気曲ランキングを大発表!ダウンロー…

cibone / 30 view

倉木麻衣の人気曲ランキングBEST52【動画付き・2022最新版】

国民的な人気を誇る歌手の倉木麻衣さんについての紹介、またファンが選んだ人気曲をランキング形式でご紹介していき…

rogi / 38 view

ポルノグラフィティの人気曲ランキング!名曲50選【2022最新版】

日本の2人組ロックバンドといえばポルノグラフィティです。2019年でデビュー20周年を迎えるベテランのポルノ…

cibone / 46 view

EXILE THE SECONDメンバーの人気順TOP6!グループカラー&メンバーカ…

2016年に本格始動した話題のグループ「EXILE THE SECOND」。そんなEXILE THE SEC…

rirakumama / 52 view

SOPHIAの人気曲!名曲ランキングTOP35【動画付き・2022最新版】

V系バンドSOPFIA(ソフィア)の名曲を人気曲ランキング形式で紹介します。SOPHIAの数々の名曲をファン…

m_and_m / 19 view

GENERATIONSのアルバム人気おすすめランキング6選【2022最新版】

三代目JSBの弟分として2012年にデビューを果たしたGENERATIONS。2018年1月には初のベストア…

rirakumama / 35 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

【神曲】globeの人気曲ランキングTOP40【ファンが選んだ名曲集・2022最新版…

小室哲哉、KEIKO、マーク・パンサーから成る音楽グループglobe(グローブ)。今回は、ファンが選んだgl…

rogi / 78 view

星野源の人気曲ランキングTOP45【動画付き】初めて聴くならここから!【2022最新…

ミュージシャン/俳優として多方面に引っ張りだこの星野源さん。元々SAKEROCKというバンドで活動していまし…

cibone / 47 view

平井堅の人気曲ランキング!泣ける名曲を厳選50曲【動画付き】

歌声も顔立ちも日本人離れした天才シンガーソングライター平井堅。泣けるバラード曲から心踊るポップソングまで、数…

cibone / 66 view

氷川きよしの人気曲ランキング40選&アルバム6選【動画付き・2022最新版】

演歌界のプリンスとして愛されている氷川きよし。今回は、氷川きよしの人気曲TOP40やおすすめアルバムTOP6…

rogi / 40 view

倖田來未の人気曲ランキングTOP52【ファンが選んだ名曲集・2022最新版】

エロかっこいいというフレーズでお馴染みの倖田來未さんの人気曲・代表曲をランキング形式でまとめてみました。倖田…

rogi / 69 view

中島みゆきの人気曲ランキング50選&アルバム10選【動画付き・2022最新版】

老若男女を問わず人気のトップアーティスト中島みゆきさん。今回は中島みゆきさんの人気曲ランキングTOP50やお…

rogi / 89 view

年代別!カラオケで盛り上がる曲61選【10代・20代・30代・40代・50代以上】【…

学生から定年を迎えた高齢者の方まで、どの世代でも楽しめるのがカラオケの魅力ですよね!今回は、カラオケで盛り上…

kent.n / 76 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング