ホラーゲームおすすめランキングTOP25-21

25位:閉鎖病院

9,800円

発売・開発元 ヴィジット

ストーリー:
時は大正末期。関東大震災の被災者が残る時期の中、当時日本最大級の病院「国立大東亜病院」で、関係者が次々と高熱に倒れるという事件が発生した。最初は「ただの風邪」として病院側の一貫した説明で片付けられていた。しかし上司の板垣が大量の吐血で死をとげる。なんとか回復したその中の1人・細川は敬愛していた上司の死により悲しみに暮れる中、やがて院全体を巻き込む大事件に飲み込まれていく。

大阪のメーカー・ヴィジットが世に出した8本のPS用ノベルゲームの1つで、同社が展開していた『ヴィジットハイパーノベル』シリーズの第4作です。
『あかずの間』『最終電車』『19時03分 上野発夜光列車』と続いてきた「ハイパーノベル」の最終作で、大正時代末期の病院を舞台としています。

全編にわたって非常に質の高いモダンサスペンスに仕上がっており、とても満足です。
メインストーリーも良いのですが、サブシナリオも実に豊富で、オカルトあり お色気ありの大ボリューム。

24位:THE 呪いのゲーム

1,200円

開発元 ヒューネックス
発売元 ディースリー・パブリッシャー

ストーリー:
OLの道明寺佐緒里は、親友の智佳から「THE 呪いのゲーム」というソフトを紹介される。ゲーム雑誌編集部に務める智佳が、職場から持ってきたサンプル品だというそのソフトを見た夜から、佐緒里の身辺で奇怪な出来事が起こり始める。翌日、帰宅した佐緒里が見たものは、玄関前に置かれたそのソフトだった。「智佳が届けに来たのか?」何の気なしにソフトを起動し、主人公に自分と同じ名を付ける彼女。そして画面にテキストが表示される。「さおりは呪われました」一件そのゲームは置いといたが、そのゲームを起動した時から、彼女に怪奇現象が訪れる。そう彼女は知らなかった。このゲームを起動するとクリアーしなければ必ず死ぬ。ということを…

選択肢を選んで読み進めて行くサウンドノベル形式のゲームソフトで、グラフィックは実写とCGから構成されています。多数のホラー作品に出演している女優三輪ひとみが主演をつとめ、結末は複数用意されていますが、グッドエンドは1つのみです。また、本ソフトには約1時間の実写ムービーも同時収録されており、グッドエンドを見ることで出現する「ムービー」という項目を選ぶことで鑑賞できるおすすめのホラーゲームです。

呪えるもんなら呪ってみろ怖くなんかないからな…パッケージは怖い…夜寝る前には見ないほうがいいかもしれぬ…夢にでてきそう…

23位:ひぐらしのなく頃に 奉

6,500円

開発・発売元 07th Expansion
プレイ人数 1人

ストーリー:
昭和58年初夏。例年よりも暑さの訪れの早い今年の6月は、昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱を楽しませてくれた。ここは都会から遠く離れた山奥にある寒村。人口2千に満たないこの村でそれは毎年おこる。

2002年に同人ソフトとして領布されて以来、多くのコンテンツに進出しながらファンの支持と期待を集めてきた話題作で、家庭用ゲーム版としてもニンテンドーDSで4作品、プレイステーションフォーマットで4作品と、それぞれ人気を博す大ヒット作となりました。

アニメで、ファンになり、
前作 ひぐらし粋で、さらに、
がっつり心をつかまれました。
毎年、この季節に、ひぐらしアニメを見直すんですが、アニメ見直すより、今年は、ゲームで堪能したいと思い、購入。
評価は、やはり、最高でした。
粋との違いはまだ良く分かってませんが、ボリュームは、かなりあります。
携帯ゲーム機で、時には、TVモードでひぐらしを出来るのはかなり良い。

22位:ナナシ ノ ゲエム

9,980円

開発元 epics
発売元 スクウェア・エニックス

ストーリー:
ある日突然、TSに配信されてくるという謎のゲーム。そのゲームをプレイした人間は、七日以内に死に至るという。大学で講義を受けていた主人公のTSに、突然ゲームが配信されてきた。ゲームの送り主で、主人公の先輩のオダカはそのゲームにハマってしまい、最近大学に姿を見せなくなってしまったという。友人のリコに頼まれ、主人公はオダカのマンションに彼を呼びに行くことになる。しかし、そこで待っていたのは、数々の不可解な現象と謎のゲーム配信、そして死体となったオダカだった。主人公は、自らにも迫る死から逃れるため、恐怖の七日間を過ごすこととなる。

「一週間以内にクリアできなければ死んでしまう」という「呪いのゲエム」の謎を解き、生き延びることが目的です。このゲエムの特徴はDSを縦にしてタッチペンと十字キーで操作する3Dモードと、DSを横にして十字キーとA・Bボタンで操作する2Dモードに分かれている点にあります。3Dモードでは主に3D画面を移動することになりますが、移動速度が遅めに設定されているので走ってもなかなか敵を振り切ることができません。また、一人称視点なので視界が非常に狭く、操作に少々クセがあり慣れるまで思うように動けないことがプレイヤーの恐怖を更に煽ります。

雰囲気が好きです。
初めてプレイした時は、ルグレの足音や声(吐息?)、不気味で暗い感じのステージにビビリまくってましたが、何回かやって慣れてくると、その不気味さがまたクセになってきます。
病院と生田家と旧道が好きです。
ただ、ルグレに追いかけられるのは未だに怖いですね…

出典:個人的に

21位:弟切草

3,861円

開発元 チュンソフト
発売元 チュンソフト

ストーリー:
夕暮れの薄暗い山道を走る一台の車。車道の両脇には辺り一面に弟切草が咲いていた。車を運転していた公平は、助手席にいる奈美に弟切草に纏わる伝承を語る。しかし、話に夢中になっている内に道に迷ってしまい、そこに突然対向車が現れ急ブレーキを掛けるもブレーキが効かず、強引に車を停めた事で車は破損してしまう。雨の降る中、車を捨てた二人の行く手には弟切草に囲まれた一軒の洋館が佇んでいた。二人は雨から逃れるためにその洋館へと足を踏み入れるのであった

『弟切草』(おとぎりそう)は、チュンソフトより発売されたゲームソフトで、実在する同名の植物、オトギリソウをモチーフに描かれるホラータッチのストーリーは、ほぼ同じシークエンスで構成される10数本のシナリオから成り立ちます。選んだ選択肢によっては別の展開を見せることがあり、各ストーリー毎に登場人物の役割や真相が異なっています。

ひさびさにプレイして感じるのは、とにかく文章が読みやすい!展開にもメリハリがある。さすがプロ中のプロは違うなと感じた。最近のギャルゲーとかラノベの文章がいかにダラダラとくどくいかということが分かる。ネットの文章とかも。ひさびさにプレイすると忘れかけたものを思い出すかもしれませんよ。

このゲーム(とかまいたち)がなければ、リーフのビジュアルノベルシリーズは生まれなかった。リーフのビジュアルノベルがなければ、影響を受けたであろう他のいろんな作品(KEYの作品、フォグの久遠の絆、等)は生まれなかった。よってこのゲームは、全ての始まりと言っていいほど、今の時勢に絶大な影響があったといっていいと思う。

ホラーゲームおすすめランキングTOP20-16

20位:真かまいたちの夜 11人目の訪問者

2,780円

開発元 チュンソフト
発売元 チュンソフト

ストーリー:
11月22日。小説家志望の青年、坂巻 快人は小説の題材を探しに岩手県・遠野へやってきた。途中立ち寄った縁結びの神様「卯子酉様」に大学時代の友人・立花 京香との仲を祈ったところ、宿泊予定のペンション「ブラウニー」にて思わぬ再会を果たす。喜ぶ快人だったが、ペンションでは奇妙な出来事が続く。宿泊予定者は10人のはずなのに、なぜか客は11人。部屋が足りなくなったため、京香は宿泊客のうちの一人白河雪乃と同室することに。さらに、各部屋に置かれた「今夜7時のサプライズ・パーティーをお楽しみに」という謎のウェルカムカード……。7時を前に食堂へ集まる宿泊客たち。しかし時間を過ぎても何も起こらない。オーナーがウェルカムカードを置いたのではないかと客の一人が尋ねるが、当のオーナーには心当たりがないと言う。単なるいたずらかと思われたとき、食堂に雪乃が青ざめた顔で飛び込んでくる。「お風呂に……人が……倒れてて……早く救急車を……!」続いて雪乃は窓の方を見て驚きながら「あなた、誰…?」という謎めいた言葉を残して倒れてしまう。露天風呂で発見される死体。真相を探り、身を守ろうとする宿泊客たち。しかし次々に死体は増えていき……。

『かまいたちの夜』シリーズの第4作。前作『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相』で物語が完結していることもあり、登場人物や舞台を一新して作られている。原点回帰をテーマとしており、吹雪で閉ざされたペンションが舞台となるなど、第1作『かまいたちの夜』に雰囲気を似せた作品です。キャラクターや背景などのグラフィックは全て3DCGで制作されており、カメラワークを使った演出や、キャラクターが動いて演技するシーンなどを取り入れています。

すんばらしーー
これは最高
エビチリの食えってやつがメチャクチャ面白かったーーーー笑

出典:最高

19位:Dead by Daylight

5,078円

開発元 Behaviour Digital Inc.
発売元 [PC]Behaviour Digital Inc.
[PS4/XBOne]505Games

ストーリー:
殺人鬼は生存者を見つけ出し、所持している武器で攻撃することにより捕獲し、捕獲した生存者をフィールド内にいくつか設置されているフックに吊るして、生け贄として捧げる(殺害する)ことを目的します。また、生存者はフィールドにいくつか設置されている発電機を起動し、フィールド端のゲートを開いて脱出することを目的としています。

このゲームを一言で言い表すなら、「閉ざされたフィールド内での鬼ごっこ」です。全プラットフォーム世界累計500万本以上の販売実績を誇る非対称対戦型ホラーサバイバルゲームです。日本では、2018年4月に『Dead by Daylight:スペシャルエディション』としてオンライン限定でリリースされ、すでに20万ダウンロードを突破しています。ゲームは、キラーと呼ばれる殺人鬼1人と、キラーから逃げながら脱出を試みるサバイバー(生存者)4人に分かれ、「殺戮場」と呼ばれるフィールドで壮絶な鬼ごっこを繰り広げます。プレイヤーは、キラーかサバイバーのどちらかを選択することができ、キャラクターを選択したタイミングでログインしているプレイヤーたちとのマッチングが行われ、ゲーム開始となります。

娘が買いました。楽しんでいるのだけど、
リビングでゲームしてるので部屋中にものすごい悲鳴が、、
ついついこちらまで怖くなる。

18位:CLOCK TOWER 3

5,400円

開発元 カプコン、フラグシップ、サンソフト
発売元 カプコン
人数 1人

ストーリー:
親元を離れ寄宿舎で暮らす少女、アリッサ・ハミルトンの元に、母からの手紙が届いた。久しぶりとなる母親からの連絡に心を弾ませるアリッサ。だがその内容は余りにも不可解だった。アリッサに身の危険が迫っていること、15歳の誕生日が過ぎるまで隠れているようにと諭す内容のその手紙に不安を覚えたアリッサは、言いつけを守らずに実家に帰ってしまう。それがこれから待ち受ける恐怖の引き金になるとも知らずに…。

ヒューマンから発売されていた『クロックタワー』シリーズのナンバリング作品です。「殺人鬼から逃げつつ謎を解いて脱出する」という従来のコンセプトを持ちつつ、従来作とは大きく異なるゲーム性を取り込んでおり、ストーリー、演出面においても従来のシリーズの作風からかなり変化しています。カプコンのシナリオ集団「フラグシップ」が制作の中心となり、イベントCGムービーの監督として深作欣二監督を起用した人気のホラーゲームです。

今は亡きヒューマンについでカプコンが開発する今作。
武器は使わずあくまで逃げて逃げて逃げ延びるのみ。
ひたすら受身に生き延びていく。
生き延びることの恐怖を味わおう・・・。

17位:Dead Space

4,630円

開発元 EA Redwood Shores
発売元 エレクトロニック・アーツ

ストーリー:
時は26世紀、地球の資源が枯渇し、世界中の国々が宇宙開拓へと乗り出していった。2508年、惑星イージス7で資源を採掘していた採掘艦USG Ishimuraからの救難信号を受け、USG Kellionが調査と復旧のために派遣される。Kellionのエンジニアである主人公アイザック・クラークは、Ishimuraに勤務していた元恋人ニコルの安否を心配しながら、ケンドラ、ハモンドらと共にIshimuraに乗り移るが、そこで乗組員たちの夥しい数の死体を発見し、さらに醜い姿をした無数のエイリアンに襲われてKellionに戻れなくなる。アイザックはニコルの消息を探るため、そして自身の生き残りのために戦うが、やがてこの災厄の根源であるMarkerと呼ばれる遺物の存在にたどりつく。

本作は、謎の事件に巻き込まれた宇宙船において異形の生き物との戦いを繰り広げるサードパーソン・シューティング(TPS)ゲームで、手足などの部位破壊に代表される過酷な行為が描写に留まらずゲームのメカニズムや戦術に組み込まれていることが特徴で、残酷描写の規制のためか日本や中国では発売されていません。この作品は、EA Redwood Shoresのメンバーが『バイオハザード4』をリスペクトしていたため、同じような作品を作りたいという熱意の下に製作されており、作品の随所に同作品の要素が込められています。

レビュー見て面白そうと思い購入してみました。
大正解。超面白いです。
初期のバイオを彷彿させる緊張感 迫りくる恐怖 回復系が少ないのも手に汗握ります。
PS4も購入しようか検討中ではありますが、まだまだ、PS3も埋もれてる名作ありますね。

英語も最初少し戸惑いましたが、進めて行くにあたって特に問題ありませんでした。
サクサク進行するし、オススメしたいゲームの一つですね。

16位:BIOSHOCK2

16位:BioShock 2

3,741円

開発元 2K Marin
発売元 2K Games
ディースリー・パブリッシャー

ストーリー:
1958年、航空事故によってジャックがラプチャーに来る少し前に物語が始まる。ビッグダディのプロトタイプデルタはリトルシスターエレノアを連れてブラスミドを求めていたが、突然ソフィア・ラム率いるスプライサーの襲撃を受け、エレノアの目の前で自殺させられる。10年後の1968年、外界では大西洋海岸で少女の失踪事件が相次いで報告されていた。何者かがラプチャーで悪夢を繰り返していると気づいたテネンバウムは、リトルシスターを生み出した彼女自身の贖罪のため、再びラプチャーを訪れる。時を同じくして、突如ヴィタチャンバーで蘇生したデルタは、テネンバウムからの通信を受ける。プレイヤーはここからゲームを始めることになる。

荒廃都市を生き抜くべく自らの敵を殲滅し、リトルシスターを保護すべくラプチャー中を周り、例えロリコン呼ばわりされようが自らの正義を貫くファーストパーソンシューティングです。荒廃した世界観とスチームパンク的なデザインが特徴の一人用FPSで、ゲームの欠点を逆手にとったストーリーは当時大きな衝撃を与えました。舞台が「海底都市」ということもあり水の描写に非常にこだわっており、水のためだけに水専属のエンジニアを起用している点が特徴です。

前作は世界に類を見ない芸術的な傑作で、当初から遊んでいますが、未だに面白い。続編も良い意味で前作と変わっていない点が凄いです。こっちも類を見ない面白さです。夜中に電気を消して大画面で堪能するのが毎日の楽しみです。私は、別に吹き替え云々気にする性質ではないので、この邪悪な退廃世界(芸術)を鑑賞して探訪するだけで良いです。

ホラーゲームおすすめランキングTOP15-11

15位:深夜廻

5,400円

発売元 日本一ソフトウェア
セガゲームス
NIS America
人数 1人

ストーリー:
ある夏の終わりのこと。2人の少女ユイとハルは、ユイの親友であるハルが別の街に引っ越してしまう前に、裏山で一緒に花火を見ることになった。花火が終わる頃、夜は更けすっかり暗くなってしまった。暗い山道を2人で手を繋ぎながら下って行く。しかし、少しのあいだ手を離した隙に、2人ははぐれてしまった。ユイはハルを、ハルはユイを探す決意をし、夜の街へ、2人はお互いを探しに出るー

日本一ソフトウェアから、2017年8月24日に発売のPSVita、PlayStation4用ソフト『深夜廻』。本作は、“夜に潜む恐怖”をテーマに、夜道を探索するアクションゲーム『夜廻』の続編となっています。細部にまで恐ろしく描き込まれた夜の街と、そこから醸し出される得も言われぬ不気味さと切なさにて好評を博した『夜廻』の続編となるゲームで、暗闇の中はぐれてしまったふたりの女の子が、お互いを見つけ出すために夜の街を冒険するというストーリーです。

シンプルで美しいストーリーです。
多くを語らないため解りにくい部分もあります。しかし街に落ちているメモや掲示板などを調べていくと話の時系列や、ユイとハルの友情がより深く解るなど良くできています(ジグソーパズルを全て拾ったら、地図にユイとハルが二人で描いた絵が足され感動しました)

ゲーム部分は完全に死にゲーで、初見殺しも多々ありクリアまで50回以上死にましたが(それで取れるトロフィーもある)、セーブポイントも多く、ロード時間もほぼないので、理不尽な死にかたも楽しめたくらいです。

14位:PREY

3,280円

開発元 [XB360]Venom Games
[Win]Human Head Studios

ストーリー:
ケネディ大統領が暗殺されなかった架空の未来で、正体不明の侵略者に支配された宇宙ステーション「タロスI」を舞台に繰り広げるSFXサイコスリラー。プレイヤーは失った記憶を取り戻すために戦う主人公モーガン・ユウとして、タロスIに秘められた謎を解き明かしていく。

全世界で数々のゲームオブザイヤーを受賞した「Dishonored®」シリーズを手掛けたArkane Studiosによる最新ファーストパーソンSFアクションです。謎の地球外生命体ティフォンにより占拠された、巨大な宇宙ステーション「タロスI」を爆破するために、主人公のモーガン・ユウは奔走することになえいます。ゲーム内で最初に提示される目標は爆破ですが、プレイヤーの行動次第では爆破せずに済みます。また爆破後の行動も生存者と供に脱出するか、タロスIと運命を共にするかも選ぶことができます。

早速プレイしましたが、想像以上に面白い。
没入感が素晴らしく、探索や謎解きもストレスなく楽しめます。
また、難易度が高く何回も死んでしまいますが、それが理由で緊張感と達成感を生み出しています。

関連するまとめ

歴代SRPGゲームのおすすめ名作ランキング30選と口コミ【2019最新版】

RPGゲームの中でも、より戦闘シーンで戦略性が求められるのがしゅみゅレーションRPG(SRPG)です。今回は…

maru.wanwan / 1074 view

ニンテンドースイッチのケースカバー人気ランキング20選と口コミ&選び方【最新版】

ニンテンドースイッチは、販売台数1,690万個を記録する大ヒットゲーム機器です。そんなニンテンドースイッチを…

maru.wanwan / 1158 view

PCオンラインゲームおすすめランキング50選【5つのジャンル別のTOP10・2019…

今や家庭用ゲームと同等以上の需要、そして供給があるPCオンラインゲーム。今回はそのPCオンラインゲームのおす…

石もち / 2491 view

歴代RPGゲームのおすすめ名作ランキング30選と口コミ【2019最新版】

プレイヤー自身がゲーム内の登場人物となって様々なストーリー展開をクリアしていくRPGですが、これまで数多くの…

maru.wanwan / 1094 view

WiiゲームソフトおすすめランキングTOP60【2019最新決定版】

当時革新的なコントローラで大人気となった任天堂のWii(ウィー)。今となっては少し古いゲームハードながら、完…

石もち / 13549 view

世界のゲーム企業ランキングTOP25!売上の多い会社【2019最新版】

日本ではテレビゲームやポータブルタイプのゲーム、スマホゲームなど数多くのゲームが展開しています。そしてそのゲ…

maru.wanwan / 8632 view

RPGゲームのラスボス最強ランキングTOP25【2019最新決定版】

RPGゲームにおけるラスボスという存在は、強いものもいれば拍子抜けの存在もいます。今回はガチで倒せない、あま…

石もち / 22668 view

日本のゲームソフト歴代売上ランキング100選【2019最新版】

日本はゲーム王国として知られ、任天堂やソニー、バンダイナムコやスクエア・エニックスなどから優秀なゲームソフト…

maru.wanwan / 4048 view

FFシリーズの人気おすすめランキング15選と口コミ【2019最新版】

今回はファイナル・ファンタジー(FF)シリーズの人気おすすめ作品ランキングTOP15を紹介していきます。FF…

maru.wanwan / 770 view

歴代PS4ゲームソフト売上ランキング100選【2019最新版】

ソニーから発売している人気ゲーム機器のPS4は、多くのゲームファンから支持を集めています。そしてPS4に対応…

maru.wanwan / 1770 view

ドラクエシリーズの人気おすすめランキング11選と口コミ【2019最新版】

今回はドラクエシリーズの人気おすすめ作品ランキングTOP11を紹介します。ドラクエシリーズは、1985年5月…

maru.wanwan / 629 view

日本のゲーム企業ランキングTOP35!売上の多い会社【2019最新版】

テレビゲームだけではなく、スマホゲームなど、生活の一部ともいえるゲームですが、日本でも多くの企業がゲーム業界…

maru.wanwan / 3094 view

PS VITAゲームソフトおすすめランキング50選【5つのジャンル別・TOP10・2…

携帯ゲーム機のPS VITAは家でも外出先でも、高いクオリティのゲームを遊ぶことができます。今回はそのPSV…

石もち / 8722 view

スマホゲームアプリおすすめランキング50選【10ジャンル別のTOP5・2019最新版…

今や日本人の必需品ともなっているスマートフォン。今回はそんなiPhoneスマホアプリゲームのおすすめを10個…

石もち / 1338 view

歴代人気ゲームランキングおすすめTOP100【FC~Switchまで】【2019最新…

1983年にファミリーコンピュータ(FC)の発売以来約35年間、数々の人気ゲーム、名作ゲームが誕生してきまし…

石もち / 45524 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

日本のゲーム企業ランキングTOP35!売上の多い会社【2019最新版】

テレビゲームだけではなく、スマホゲームなど、生活の一部ともいえるゲームですが、日本でも多くの企業がゲーム業界…

maru.wanwan / 3094 view

PS VRソフトのおすすめランキング32選と口コミ&選び方【2019最新版】

PS VRはPlayStation 4の魅力を高め、ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティシステム…

maru.wanwan / 293 view

PS4の人気RPGゲームおすすめランキングTOP30【2019最新版】

数々の人気ゲームを多数販売している、PlayStation4。今回はその中でもシナリオや音楽、ゲーム性、シス…

石もち / 2044 view

世界のゲーム売上ランキング70選【複数・単数別】【2019最新版】

世界には様々なゲームが展開していますが、その中にはミリオンセラーヒットした人気のゲームもあれば、期待外れのゲ…

maru.wanwan / 3535 view

歴代SRPGゲームのおすすめ名作ランキング30選と口コミ【2019最新版】

RPGゲームの中でも、より戦闘シーンで戦略性が求められるのがしゅみゅレーションRPG(SRPG)です。今回は…

maru.wanwan / 1074 view

ドラクエのラスボス・強さランキングTOP11とネットの声【最新版】

1986年に第一作目が発売されたドラゴンクエストシリーズは、発売当初からRPGというジャンルを打ち出し、ゲー…

maru.wanwan / 1089 view

歴代RPGゲームのおすすめ名作ランキング30選と口コミ【2019最新版】

プレイヤー自身がゲーム内の登場人物となって様々なストーリー展開をクリアしていくRPGですが、これまで数多くの…

maru.wanwan / 1094 view

日本のゲームソフト歴代売上ランキング100選【2019最新版】

日本はゲーム王国として知られ、任天堂やソニー、バンダイナムコやスクエア・エニックスなどから優秀なゲームソフト…

maru.wanwan / 4048 view

PS4ゲームソフトのおすすめランキング50選【ジャンル別・2019最新版】

現在ゲーム業界のトップクラスシェアを誇っているPS4。今回はその中でもおすすめできるゲームソフトの数々を5つ…

石もち / 4404 view

スマホゲームアプリおすすめランキング50選【10ジャンル別のTOP5・2019最新版…

今や日本人の必需品ともなっているスマートフォン。今回はそんなiPhoneスマホアプリゲームのおすすめを10個…

石もち / 1338 view

ニンテンドースイッチのケースカバー人気ランキング20選と口コミ&選び方【最新版】

ニンテンドースイッチは、販売台数1,690万個を記録する大ヒットゲーム機器です。そんなニンテンドースイッチを…

maru.wanwan / 1158 view

ゲーミングチェアのおすすめランキング25選と口コミ&選び方【2019最新版】

長時間椅子に座ってゲームをしていると疲れてしまうという方も多いかと思います。そこでおすすめなのがゲーミングチ…

maru.wanwan / 594 view

3DS RPGのおすすめ名作ランキング35選と口コミ&選び方【2019最新版】

3DSのRPGは、ポータブルタイプのため、外出中でも隙間時間を使って遊ぶことができるので人気です。今回は3D…

maru.wanwan / 693 view

ゲームのジャンル人気ランキングTOP15【2019最新版】

家庭用ゲームソフトの選び方には様々なポイントがありますが、そんな中でもゲームのジャンルは最も重要なポイントと…

maru.wanwan / 869 view

歴代3DSゲームソフト売上ランキング100選【2019最新版】

子供から大人までポータブル端末として人気の3DSですが。そんな3DS用ゲームソフトは様々なものが展開しており…

maru.wanwan / 1372 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング