スポンサードリンク

日本の郷土料理 人気ランキングTOP100-51

100位:のっぺい汁

100位:のっぺい汁

「のっぺい汁」は、佐賀県の家庭で伝わる汁物で、「のっぺい」とは、片栗粉で汁にとろりとした濃度をつけていることを意味し、そのとろみとサトイモやゴボウなどの根菜がたくさん入っているのが特徴です。お正月、お祭り、お盆、冠婚葬祭などによく食べられており、小口切りにした里芋、コンニャク、人参、レンコン、ギンナン、鮭、イクラ、シイタケやナメコなどを、薄い醤油味のダシで煮たものをいいます。

99位:明石焼き 兵庫県

99位:明石焼き 兵庫県

「明石焼」は、小麦粉とじん粉、卵とだし汁を混ぜた生地にタコを入れて焼き、つけ汁につけて食べる明石市の郷土料理です。 見た目はたこ焼きに似ていますが、たこ焼きはソースをかけて食べるのに対し、「明石焼」はかつおや昆布のだし汁につけて食べる点が大きな違いです。

98位:柿の葉寿司 奈良県

98位:柿の葉寿司 奈良県

「柿の葉寿司」は、塩で締めたサバを酢飯と一緒に柿の葉で包んだ押し寿司のことです。「柿の葉寿司」の由来については諸説ありますが、江戸時代の中頃、高い年貢を課せられていた紀州(和歌山県)の漁師が、お金を捻出するため、熊野灘で取れた夏サバを塩で締め、峠を越えて吉野川沿いの村へ売りに出かけたのが始まりとされています。

97位:笹寿司(謙信寿司) 長野県

97位:笹寿司(謙信寿司) 長野県

「笹寿司」は、北信越地方に伝わる郷土料理で、新潟県では、上越地方を中心に食べられています。「笹寿司」の誕生と、新潟・長野の両県に伝わっているのにはいくつかの説があり、「戦国時代に上杉謙信の軍勢が武田信玄との戦の際に山奥で器代わりに笹に御飯を盛った」「川中島の合戦に出陣する上杉謙信に長野県飯山市富倉地域の住民が笹の葉寿司を献上した」などといわれています。

96位:吉田うどん 山梨県

96位:吉田うどん 山梨県

「吉田のうどん」はびっくりするような歯ごたえとコシ、太さのある小麦粉の麺を、味噌や醤油など出汁のきいた汁で食べる富士吉田市周辺の郷土料理です。吉田市近郊では、気候的、風土的に稲作が難しく雑穀栽培とともに水掛麦と呼ばれる農法で麦が栽培されてきた。そのため日常的には野菜を多く使ったほうとうを、祭りなどのハレの日には麦を多く使ったうどんが食べられてきました。

95位:かるかん 鹿児島県

95位:かるかん 鹿児島県

「かるかん」は、かるかん粉、山芋、水を使ってつくる鹿児島県の銘菓として全国に知られる人気の郷土料理です。 そのはじまりは諸説ありますが、薩摩藩の第11代藩主であった島津斉彬が、保存食の研究のために江戸から招聘した明石出身の菓子職人・八島六兵衛によって考案されたという説が有力とされています。

94位:京漬物 京都府

94位:京漬物 京都府

京漬物は、野菜本来のうまみを活かした、うす塩の味付けで作られるお漬け物です。 千枚漬け、すぐき漬け、しば漬け、壬生菜(みぶな)漬け、花菜(はなな)漬けなどがあり、香りや色合いを大切に、あっさりと上品な味わいが特徴です。

93位:玉こんにゃく 山形県

93位:玉こんにゃく 山形県

「玉こんにゃく」は”玉こん”の愛称で親しまれている山形県民のソウルフードです。 その名のとおり、3cm程度の球状のこんにゃくで、観光地や催事場などで串に刺した状態で販売されています。 板こんにゃくや糸こんにゃくは全国的に普及していますが、「玉こんにゃく」は山形県ならではの食文化です。

92位:横手やきそば 秋田県

92位:横手やきそば 秋田県

「横手やきそば」は茹でた真っすぐな太麺をキャベツ、豚の挽肉又はホルモンと甘めのソースで炒めて目玉焼きと福神漬けを乗せたやきそばで、秋田県横手市の郷土料理です。「横手やきそば」は静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」、群馬県太田市の「太田やきそば」と並ぶ日本三大やきそばの一つとして人気があり、「B-1グランプリ」では優勝1回、準優勝1回を獲得しています。

91位:大間のまぐろ料理

91位:大間のまぐろ料理

平成25年の築地市場の初競りで、222キログラムのマグロに史上最高値の1億5540万円の値がついたことでも話題を呼んだ大間のマグロ。津軽海峡の荒海で育ったクロマグロは、身の締りと脂のりが最高で、地元大間では、マグロ丼や定食のほか、ほほ肉の揚げ物、横隔膜や喉の焼き物など産地ならではの絶品珍味が味わえます。

90位:行田フライ 埼玉県

90位:行田フライ 埼玉県

行田市など北埼玉地方に伝わる「フライ」は、揚げ物ではなく焼き物で、小麦粉を水で溶いた生地を焼き、野菜や肉などの具材を入れたもので、お好み焼きやクレープのような料理です。元は、農家が手軽に作るおやつのようなものでしたが、材料が安く手に入り、持ち運びが便利なうえ、腹持ちがよいこともあって、行田で昭和初期に全盛期を迎えた足袋工場で働く女工に大ヒットし、販売する店が増えて定着したそうです。現在でも行田市内の20店以上の飲食店で提供されています。「フライ」という名称は、行田周辺が布の産地だったことから「布来(ふらい)」になったという説や、フライパンで作るからという説、また、「富よ来い」に引っ掛けたなど、諸説があります。

89位:鯛めし 愛媛県

89位:鯛めし 愛媛県

鯛めしの歴史は古く、神功皇后の朝鮮出陣の頃には作られていたようです。 瀬戸内海で育った鯛の味は格別で、その鯛を姿のままに炊き込んでいます。 それは、皇后が鹿島明神に戦勝祈願した折、漁師たちから献上された鯛を吉兆と喜び、その鯛でご飯を炊いて供えたことからと伝えられています。

88位:懐石料理 京都府

88位:懐石料理 京都府

懐石料理の起源は日本の禅宗で、安土桃山時代、お寺の僧たちが修行中に食べていた質素な食事が発展したものだと伝えられています。当時の修行僧たちは一日一度、午前中に食事を済ませ、その後に空腹を感じた場合には自身の懐に温かい石を抱えて暖をとっていました。一日に一度きりの食事は石と同じく体を温める効果があったことから、修行僧が食べる食事に「懐石料理」という名称がついたそうです。そんあ懐石料理は、千利休が手を加えることで庶民にも親しみやすい形式へと変化し、現在に至っています。

87位:石焼料理 秋田県

87位:石焼料理 秋田県

秋田県男鹿市の石焼き料理は漁師料理に着想を得た豪快な郷土料理です。男鹿沖で捕れたマダイなど新鮮な魚介類を秋田杉の木桶(おけ)に入れ、800℃に熱した石で湯を一気に沸騰させます。見た目は派手だが、繊細な工夫が素材の味を引き出します。

86位:ふぐ料理 山口県

86位:ふぐ料理 山口県

「ふく料理」とは「ふぐ」を刺身、ちり、から揚げ、ひれ酒、雑炊などにした山口県の郷土料理です。山口県では「ふぐ」の事を「ふく」と呼びますが、これは縁起を担いで「福」の意味で呼ばれるからです。強烈な毒を持つ「ふぐ」ですが毒を含む部位以外は非常に美味しく、古来より「ふぐ」は食用にされてきました。日本全国はもとより山口県下関市安岡の貝塚には約2,500年前のフグの骨が出土しており、縄文時代の頃より「ふぐ」は食べられていたようです。

85位:どぜう鍋 東京都

85位:どぜう鍋 東京都

どぜう鍋(どじょうなべ)とは、どじょうを煮た鍋料理で東京下町の名物郷土料理です。享和元年(1801年頃)創業の「駒形どぜう」初代当主・越後屋助七の発案により、文化3年(1806年)頃からどじょうを「どぜう」と表記するようになったとされています。どじょうを酒に入れてしばらく置き、小さな薄い鉄鍋に並べ、甘辛い割下を注ぎ炭火で煮込む。ネギを大量に載せ、山椒や七味唐辛子をかけて食べます。

84位:盛岡じゃじゃ麺 岩手県

84位:盛岡じゃじゃ麺 岩手県

「盛岡じゃじゃ麺」は茹でた麺の上に肉味噌、きゅうり、ねぎなどをのせて好みでおろし生姜、おろしにんにく、酢やラー油をかけて食べる麺料理で、岩手県盛岡地方の郷土料理です。「盛岡じゃじゃ麺」は満州に移住した事のある「白龍(パイロン)」店主の高階貫勝氏が「炸醤麺(ジャージアンミエン)」を参考に岩手県盛岡市で「じゃじゃ麺」を売り出したのがはじまりと言われています。

83位:ちゃんこ鍋 東京都

83位:ちゃんこ鍋 東京都

「ちゃんこ鍋」は、言わずとしれた力士の鍋料理。魚介や肉類、野菜などたくさんの食材をぶつ切りにした寄せ鍋や食材ごと、出汁ごとにさまざまな鍋料理があります。もともと「ちゃんこ」というのは、力士の食事を指す言葉で、江戸時代に中国から伝わった「チャンクォ」という板金製の中華鍋からついたという説と、父や祖父を意味するチャンに愛称のコをつけた説があります。

82位:ラーメン 北海道

82位:ラーメン 北海道

北海道には、旭川ラーメン、札幌ラーメン、函館ラーメン、釧路ラーメン、上川ラーメンとご当地ラーメンが数多くあり、各地方ごとに、味噌・塩・醤油味、出汁、麺や具に特徴があります。明治初期、文明開化の時に中国から流入した食べ物が「ラーメン」で、北海道開拓の歴史と共に全道に広がりました。激戦区・札幌には、「北のラーメンフロンティア」をコンセプトにしたフードテーマパークもあります。

81位:おでん 東京都

81位:おでん 東京都

おでんとは鰹節と昆布でとっただしに、さつま揚げや大根、こんにゃく、ちくわぶなどタネと呼ばれるさまざまな具材を入れて醤油などの調味料を加えて煮込んだ料理で、拍子木形に切った豆腐を竹串で刺して焼いた豆腐田楽がおでんのルーツとされています。現在は手軽さと練り物や大根、昆布など冬の惣菜として人気が高く、地域によって具材に特徴があるおでんが広まっています。

80位:せんべい汁 青森県

80位:せんべい汁 青森県

戦前、農家の多くは鉄製の型を持っており、せんべいは冷害が多く米がよく取れなかった地域の貴重な保存食でした。 これを味噌汁や鍋に入れて煮たものが「せんべい汁」です。 起源は諸説ありますが、戦前に川で捕れたウグイを使ったあら汁にせんべいを入れて煮たのがきっかけといわれています。

79位:だんご汁 大分県

79位:だんご汁 大分県

大分県は台地が発達しており、米づくりに適さない土地が多く、古くから畑を基盤とした麦などの穀物栽培が盛んでした。穀物のほとんどは粉にされたため、大分県では粉食文化が各地に根づいています。「だんご汁」はその代表格で、小麦粉をこねて薄く帯状に引きのばしただんごを具材とともに、九州地方でよく食されている麦味噌、または合わせ味噌や白味噌仕立ての汁に入れていただきます。祖母や母から子や孫へとつくり方が伝承され現代へと繋がっており、大分のソウルフードとして知られています。

78位:しょっつる鍋 秋田県

78位:しょっつる鍋 秋田県

「しょっつる鍋」とは秋田に伝わる魚醤・塩魚汁(しょっつる)を出汁に、ハタハタを入れた鍋料理です。11~12月に旬を迎え、秋田沖が日本で最も獲れる漁場でもあることから、秋田の冬のなじみの鍋とされています。上品な味わいのハタハタの身とプチプチとした魚卵「ブリコ」に、あっさりとしたスープとしょっつる独特の風味は相性抜群で、まろやかなコクがあります。

77位:ラフティー 沖縄県

77位:ラフティー 沖縄県

沖縄で豚肉がよく使われるのは、琉球王朝時代の中国との交流の影響で、豚肉文化が発達。日本の食肉禁忌は伝伝わっていましたが根付かなかったので、法事の時でも豚肉が使われています。そんな沖縄県の豚肉料理で特に有名なのが「ラフティー」で、皮付きの豚の三枚肉の角煮で、砂糖、醤油、泡盛で気長に煮込んだものです。現在は客膳料理として振る舞われ、お祝い事や法事などの席で食べられています。

76位:やきとり 埼玉県

76位:やきとり 埼玉県

東松山駅を中心に「やきとり」ののれんを掲げるお店が数多くある東松山市は、北海道の美唄市、室蘭市、福島県福島市、愛媛県今治市、山口県長門市、福岡県久留米市とならんで日本7大「やきとり」の街と呼ばれています。東松山市の「やきとり」は、鶏肉を使った一般的なものではなく、豚のこめかみから頬にかけてのシラ肉を使うのが特徴です。

75位:おっきりこみ(煮ぼうとう)埼玉県

75位:おっきりこみ(煮ぼうとう)埼玉県

幅広の生麺、里芋、大根、きのこなどをたっぷりの汁で煮込んだ料理で、埼玉県秩父地方の郷土料理です。塩を入れずに打った生麺を煮込むため、打ち粉が溶け出してとろみがでるのが特徴です。 麺を「切っては入れ、切っては入れ」する様子から、自然とこの呼び名がついたといわれています。昔、養蚕農家で農作業を終えた女性たちが、栄養バランスに優れ手早く大量に作れる料理として作り始めたのが発祥と伝わっています。

74位:ずんだ餅 宮城県

74位:ずんだ餅 宮城県

「ずんだ餅」は枝豆を茹でて取り除いてすり潰し、砂糖、塩、水を加えて作った餡を餅と合わせた料理で、宮城県仙台市の郷土料理です。枝豆の収穫時期となる夏に良く作られ、お盆やお彼岸のお供え物の定番料理となっています。ずんだは、現在では「ずんだ饅頭」、「ずんだどら焼き」マドレーヌ」、「パイ」、「アイスクリーム」など様々な料理に使われています。

73位:イカめし 北海道

73位:イカめし 北海道

イカを使った北海道函館地方の郷土料理として、道内・道外問わず人気が高いイカめしは、下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に洗った米を詰め込み、爪楊枝等で米が飛び出さないように留めた後、醤油ベースの出し汁で炊き上げたものです。地方色を感じさせる味覚として駅弁としても高い人気を誇っています。

72位:いかソーメン 北海道

72位:いかソーメン 北海道

函館で水揚げされた真いかをそうめんのように細く切り、薬味醤油や麺つゆで味わうのが「いかソーメン」です。新鮮なイカは透き通るような身を持ち、そうめん状に加工しても強い歯応えでコリコリした食感があり格別です。また、加工後に一日寝かせると、歯応えは弱くなるものの、熟成されることでいか本来の甘みが出て美味です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

やよい軒のメニューおすすめ30選~人気ランキングと口コミ【2022最新版】

やよい軒は、肉メニューが豊富で白米のおかわりは自由という、ガッツリ食べたい時におすすめなチェーン店です。今回…

remochan8818 / 205 view

ラーメンチェーン店の人気おすすめランキングTOP30【2022最新版】

日本には現在、数多くの外食チェーン店が展開しています。特に日本人が大好きなラーメンチェーン店は所狭しと展開し…

maru.wanwan / 1309 view

人気外食チェーン店満足度ランキングTOP100【2022最新版】

立ち寄りやすい人気外食チェーン店。今回は満足度にフォーカスを当てて人気外食チェーン店満足度ランキングTOP1…

minmin / 14243 view

バーガーキングのメニューおすすめ20選~人気ランキングと口コミ【2022最新版】

食べ応えのあるボリューミーなワッパーシリーズで人気のあるバーガーキング。今回はそんなバーガーキングのおすすめ…

remochan8818 / 241 view

ファーストフードチェーン店の人気おすすめランキングTOP30【2022最新版】

今回はファーストフード店の人気おすすめランキングTOP30を紹介します。「安い、早い、うまい」をコンセプトに…

maru.wanwan / 833 view

エクセルシオールのメニューおすすめ20選~人気ランキングと口コミ【2022最新版】

カジュアルな雰囲気の店内で親しみやすいエクセルシオール。イタリアンエスプレッソを中心としたメニューや、甘いス…

remochan8818 / 326 view

スシローのメニューおすすめ40選~人気ランキングと口コミ【2022最新版】

スシローは、新鮮なネタと、一人でもファミリーでも楽しめる斬新なオリジナルメニューが豊富で人々から愛され続けて…

remochan8818 / 256 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

デザート王国のメニューおすすめ人気ランキング15選と口コミ【ドリンク・クレープ別】【…

クレープ、ソフトクリーム、今大流行しているタピオカドリンクを展開するデザート大国。そんなデザート大国は全国に…

maru.wanwan / 689 view

ハンバーガーチェーン店の人気おすすめランキング20選と口コミ【2022最新版】

今回はハンバーガーチェーン店の人気おすすめランキングTOP20を口コミつきで紹介していきます。道を歩けばいた…

maru.wanwan / 231 view

吉野家のメニューおすすめ30選~人気ランキングと口コミ【2022最新版】

昔から変わらない美味しさで人気のある吉野家。まろやかで奥深い味わいの牛丼は、ふとした瞬間無性に食べたくなりま…

remochan8818 / 290 view

【ランチ】外食チェーン昼食おすすめランキングTOP20【2022最新版】

街を歩けばたくさんの外食チェーン店が並んでどこで昼食を食べるか悩む方も多いはず。今回は、そんな外食チェーン昼…

minmin / 5977 view

くら寿司のメニューおすすめ40選~人気ランキングと口コミ【2022最新版】

くら寿司は無添加にこだわり、安心・安全なお寿司を提供しており若い方からファミリーにまで幅広い年代に人気の回転…

remochan8818 / 225 view

全国のコンビニ人気ランキングTOP10と口コミ【2022最新版】

今やなくてはならない存在のコンビニエンスストア。商品を買うだけでなく、ATMや通販など便利なサービスが盛りだ…

remochan8818 / 607 view

居酒屋チェーン店の人気おすすめランキングTOP30【2022最新版】

今回は居酒屋チェーン店の人気おすすめランキングTOP30を紹介します。仕事帰りに同僚と、大学や高校時代の同級…

maru.wanwan / 997 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング