スポンサードリンク
 7ヶ月で7大陸最高峰登頂

7ヶ月で7大陸最高峰登頂

生年月日: 1961年1月14日
出生地: ニュージーランド クライストチャーチ
死亡日: 1996年5月11日, エベレスト南峰

ロブ・ホールは、ニュージーランド出身の登山家で、7ヶ月間で七大陸最高峰登頂を目指し、1990年5月10日のエベレスト登頂を皮切りに、同年12月12日、時間期限の6時間前にヴィンソン・マシフ登頂に成功し七大陸最高峰登頂最年少記録を樹立しました。1996年5月のエベレスト公募隊を引率中に遭難死しています。

16位:ゲルリンデ・カルテンブルンナー

女性として初めて8000m峰14座制覇の無酸素登頂に成功

女性として初めて8000m峰14座制覇の無酸素登頂に成功

生年月日: 1970年12月13日
出生地: オーストリア キルヒドルフ・アン・デア・クレムス

ゲルリンデ・カルテンブルンナーは、女性として初めて8000メートル峰全14座の無酸素登頂に成功したオーストリアの登山家です。酸素ボンベ使用下での8000メートル峰全14座の登頂者としても、2人目の女性登山家として有名です。

世界の歴代登山家の有名ランキングTOP15-11

15位:アレックス・オノルド

フィッツ・ロイ完全縦走

フィッツ・ロイ完全縦走

生年月日: 1985年8月17日
出生地: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サクラメント

アレックス・オノルドはアメリカの登山家で、ビッグウォールのフリークライミングで知られています。エル・キャピタンのノーズの最速登攀記録や、パタゴニアのフィッツ・ロイの縦走記録などをもつ有名な登山家です。2017年6月に行ったエル・キャピタンのフリークライミング挑戦に密着したドキュメンタリーが、映画『フリーソロ』として2018年に公開され、第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞をはじめ、2018年トロント国際映画祭、2019年英国アカデミー賞など、 20以上の賞を獲得しています。

14位:クリス・シャーマ

最も成功したフリークライマーの一人

最も成功したフリークライマーの一人

生年月日: 1981年4月23日
出生地: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンタクルーズ

クリス・シャーマはアメリカのプロフリークライマーで、世界で最初に認められた5.15aのRealization やディープウォーターソロのEs Pontas、世界最難ルートJumbo Love の初登を果たすなど、現代において最も成功したフリークライマーとして知られています。

13位:アーロン・ラルストン

自伝が映画化された有名な登山家

自伝が映画化された有名な登山家

生年月日: 1975年10月27日
出生地: アメリカ合衆国 オハイオ州 マリオン

アーロン・リー・ラルストンは、アメリカの登山家で、アメリカ・ユタ州の渓谷で事故に遭い、岩に挟まれた右腕をナイフで切断することにより脱出したことで一躍有名になった人物です。この事故は自伝として小説化され、2010年には『127時間』として映画化されています。

12位:エドゥルネ・パサバン

女性として初めて8000メートル峰全14座を制覇

女性として初めて8000メートル峰全14座を制覇

生年月日: 1973年8月1日
出生地: スペイン トロサ

エドゥルネ・パサバンは、スペイン・トローサ出身の女性登山家で、女性として世界で初めて8000メートル峰全14座の登頂に成功した人物として有名です。2004年、フアニート・オヤルサバルのサポートを受けK2に登頂成功しますが、無理なアタックのため下山中にヘリコプターで救出され、足の指を数本失っています。現在はIE ビジネススクールの准教授として登山経験をもとにしたリーダーシップを教えています。

11位:エド・ベスターズ

世界の8000メートル峰の14の山頂すべてに登った唯一のアメリカ人

世界の8000メートル峰の14の山頂すべてに登った唯一のアメリカ人

生年月日: 1959年6月22日
出生地: アメリカ合衆国 インディアナ州 フォートウェイン

エド・ベスターズは、世界の8000メートル峰の14の山頂すべてに登った唯一のアメリカ人であり、酸素補給を使用せずに登った5人目の人物です。ヒマラヤだけではなくデナリ登頂にも3回成功しているベスターズは、エクアドルとメキシコの火山登頂にも7回成功している他、南極とロシアでの登頂にも成功。また、レーニア山には200回以上登頂しています。

世界の歴代登山家の有名ランキングTOP10-6

10位:カミ・リタ・シェルパ

エベレスト登頂への登山記録保持者

エベレスト登頂への登山記録保持者

生年月日: 1970年1月17日
出生地: ネパール ソンクルブ郡

カミリタはネパールのシェルパガイドで、2018年5月以来、エベレスト山頂への登山の記録を保持している有名な登山家です。最近では、2021年5月7日に25回目の登山を行い、2019年5月21日の記録を上回りました。1プロシェルパの第一世代でエベレスト登頂17回を記録した父親を持つ “サラブレッド” です。

9位:シモーネ・モロ

標高8,000m級4座冬季登頂に成功している世界唯一の登山家

標高8,000m級4座冬季登頂に成功している世界唯一の登山家

生年月日: 1967年10月27日
出生地: イタリア ベルガモ

シモーネ・モーロは、2005年にシシャパンマ、2009年にマカルー、2011年にガッシャーブルムII、2016年にナンガパルバットの4つの8000メートル峰の最初の冬の登山を行ったことで知られるイタリアのアルピニストです。 また、彼は高山専門ヘリコプターパイロットとウイングスーツパイロットとしても活躍しています。

8位:ロバート・ジャスパー

エクストリーム・アルピニスト

エクストリーム・アルピニスト

生年月日:1968年
出身地:ドイツ

「エクストリーム・アルピニスト」 を名乗るジャスパーはヨーロッパ、パタゴニア、ヒマラヤ、グリーンランドでの登山をネクストレベルへ高めてきた人物で、およそ30年前にヨーロッパアルプス最難関北壁3枚を最速クリアしたことで世界的に有名な登山家となりました。

7位:ポール・ラムズデン

ピオレドール賞を4度受賞

ピオレドール賞を4度受賞

生年月日:1971年
出身地:イギリス

ポール・ラムズデン(画像:左)は、世界的に有名なフランスの登山賞「ピオレドール賞」を4度も受賞したイギリスの登山家です。ミック・ファウラーと受賞した最初の3回は、四姑娘山北壁初登攀(とうはん)・シヴァ北東ピラー初登攀・ネパールの秘峰ガベ・ディン(Gave Ding)初登攀が評価されました。また、ニック・ブロックと受賞した4回目は、チベットの7,000m級峰初登攀が評価されました。

6位:ウィル・ガッド

カナディアンロッキー最高峰ロブソン山24時間単独登攀に初成功

カナディアンロッキー最高峰ロブソン山24時間単独登攀に初成功

生年月日: 1967年3月8日
出身地:カナダ

ウィルガッドはカナダの著名なアイスクライマー兼パラグライダーパイロットです。カナディアンロッキー最高峰ロブソン山24時間単独登攀に初成功したことでも有名なガッドは、国際連合環境計画(UNEP)が世界の山が直面している危機への意識を高めるためにスタートさせた啓蒙キャンペーン「Mountain Heroes」のアンバサダーとしての活動、ヘルムケン滝やナイアガラの滝でのアイスクライミング、世界各地の登山関係の偉業で知られています。

世界の歴代登山家の有名ランキングTOP5-1

5位:コンラッド・アンカー

ザ・ノース・フェイスのクライミングチームのリーダー

ザ・ノース・フェイスのクライミングチームのリーダー

生年月日: 1962年11月27日
出生地: アメリカ合衆国 カリフォルニア州

コンラッド・アンカーはアメリカ合衆国出身のロッククライマー、登山家、作家で、ヒマラヤ山脈の高峰や南極大陸での登山で知られており、ザ・ノース・フェイスのクライミングチームのリーダーでもあります。1999年に雪崩に飲み込まれ、2016年にはルナ・リー登山中に心臓発作に襲われるなどいくつもの危機に見舞われながらも活動を続けてきたことが評価され、2016年に『Climbing Magazine』主宰の「ゴールデン・ピトン賞 / Golden Pitons」で生涯功労賞を受賞しています。

4位:コリン・ヘイリー

パタゴニアでの登山で有名

パタゴニアでの登山で有名

生年月日: 1984年9月2日
出生地: アメリカ合衆国 ワシントン州 シアトル

コリン・ヘイリーはアメリカのアルピニストであり、テクニカルなルートのスピードクライミングを得意としており、パタゴニアでの登山が世界的に知られています。また、北米でいくつかの新ルートを設定しており、特に有名なのがアラスカで、同州を代表する複数の名峰の最速登山記録を複数回更新しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

歴代の女子ホッケー選手・人気かわいいランキングTOP20【2022最新版】

東京オリンピックの正式競技にもなった女子ホッケーの日本代表である”さくらジャパン”には、かわいい選手がたくさ…

maru.wanwan / 603 view

男子スキージャンプ選手の歴代人気ランキング30選【2022最新版】

冬のオリンピックの注目競技である男子スキージャンプは、日本でも長野オリンピックでの日の丸飛行隊の活躍で話題に…

maru.wanwan / 88 view

歴代の沢村賞のプロ野球投手・最強ランキングTOP25【2022最新版】

日本のプロ野球創設期における伝説の大投手、沢村栄治を記念し、シーズンで最も優れた先発完投型の本格派投手に授与…

maru.wanwan / 225 view

かわいい女子プロレスラー人気ランキングTOP30【2022最新版】

プロレスラーと聞くと、熱い男たちの戦いのリングを想像する人も多いが、女性プロレスターはかわいいルックスの人も…

kent.n / 7176 view

歴代の空手女子選手・人気かわいいランキングTOP20【2022最新版】

今回は歴代のかわいい女子空手選手の人気ランキングTOP20を紹介します。1人で行うかっこいい型と、2人で戦う…

maru.wanwan / 1515 view

カーリング女子のメンバー可愛いランキング6選/ロコ・ソラーレ【2022最新版】

平昌オリンピックで銅メダル、北京オリンピックでは銀メダルを獲得したことで、一躍有名になったカーリング女子日本…

kii428 / 277 view

歴代人気ジョッキー/騎手の強さランキング37選・世界と日本別【2022最新版】

馬に跨り、馬上から馬を操縦することでレースを優位に運び、優勝を目指す競馬の騎手は、世界中に多く存在しています…

maru.wanwan / 608 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

高校野球・甲子園の出場校ランキング歴代TOP51【最新版】

今回は高校野球・甲子園の出場校の歴代出場回数をランキング形式で紹介していきたいと思います。春の選抜、夏の選手…

maru.wanwan / 264 view

サッカー国の強さランキングTOP100~世界最強の代表チームとは【2022最新版】

世界にはどれだけの国の代表チームが存在し、どの国が歴代最強のサッカー国なのか気になったことはありませんか?そ…

maru.wanwan / 631 view

日本プロ野球の人気球団ランキング12選~セリーグ・パリーグ別【2022最新版】

日本プロ野球チームの中で、どの球団が最も人気があるのか気になったことはありませんか?今回は日本野球の人気球団…

maru.wanwan / 1031 view

【かわいい】女子柔道選手人気ランキングTOP27【歴代・2022最新版】

迫力あるスポーツとして人気の柔道ですが、女子柔道選手たちのかわいい素顔などはあまりクローズアップされる機会は…

kent.n / 1357 view

相撲力士の歴代最強ランキングTOP30!人気のイケメンも【2022最新決定版】

日本を代表する国技の相撲ですが、歴代にいた力士の中で最強だったのは誰なのか気になりますよね。ここでは、独自の…

kii428 / 801 view

日本人メジャーリーガー歴代最強ランキング60選【2022最新版】

近年は日本のプロ野球からメジャーリーグ(MLB)へ移籍する選手も増えてきましたが、歴代では多くの日本人がメジ…

maru.wanwan / 1006 view

バレーボール・国の強さランキング30選~男子女子別【2022最新版】

今回は、バレーボールに詳しくない方にもわかりやすい、バレーボールの国別強さランキングを男女別に紹介していきま…

maru.wanwan / 720 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング