8位:増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫) 文庫 – 2003/4/10 アンネ フランク  (著), 深町 眞理子 (翻訳)

1,037円

こちらも知っておかなければならないユダヤ人迫害という事実を取り扱った本です。同年代の少女が迫害の中で記した日記を通して、身近に感じ、自分なりの感想を抱くことが出来るでしょう。
今なら中学生の年齢の少女が書いた日記。当時の世相や状況が記されている。戦争というよりはどちらかというと民族迫害の犠牲者という印象がある。世界中で民族間の対立をしている方たちに、ぜひ読んでもらいたい気がする。

7位:わたしの心のなか (この地球を生きる子どもたち) 単行本 – 2014/9/19 シャロン・M. ドレイパー (著), Sharon M. Draper (原著), 横山 和江 (翻訳)

1,728円

脳性麻痺のせいで言葉を発することができないながらも生まれてからずっと様々な言葉や事柄を記憶してきたメロディが、10歳のときに代わりに声を出してくれるパソコンを手に入れることで人生が大きく変わる様子を描いた作品です。差別や偏見、メロディと自分の違いなどを考えながら読んでみましょう。
脳性麻痺で、生まれてから一度も言葉で話せたことがないメロディの日々を描いています。語り手はメロディ自身。口に出して言葉にできない彼女の思いが綴られていきます。
 障害者だから優しいのでも心がきれいなのでもなく、だた一人のメロディとしての感情、いらだち、願い。
 やがて、コンピューターを使うことで、自分の思いを少しは伝えられるようになるメロディ。それはよろこばしいことですが、同時に、彼女が知恵も知識も劣っていると思っていた教員や学友にとって、ある種の受け入れがたい存在ともなっていきます。
 痛い終盤ですが、こう描くことで、私たちは考えることを迫られるのです。
 いい物語。

6位:星の王子さま (新潮文庫) 文庫 – 2006/3/28 サン=テグジュペリ (著), Antoine de Saint‐Exup´ery (原著), 河野 万里子 (翻訳)

518円

多様性が進み、人に同調することが難しくなった現代だからこそ読んで欲しい色褪せない素敵な作品です。心が変化していく高学年の読むことで純粋な気持ちを思い出すことが出来るのではないでしょうか。
この作品は童話ではなく、ヒトの尊厳への支配に対する批判です。
献辞の通り絶望の淵で生き抜いている親友に対する励ましともなっています。

サンテックスの他の作品も併せてお読み下さい。

祖国が崩壊し自由フランス軍に参加した理由も分る筈です。

小学校高学年用読書感想文用図書おすすめランキングTOP5~1

5位:願いがかなうふしぎな日記 単行本(ソフトカバー) – 2012/8/6 本田 有明  (著)

1,404円

望みを書くとその望みがかのう不思議な日記を亡くなった祖母にもらった光平が、日記を通して悩み、考えながら成長していく物語です。自分だったら何を書くか、それとも書かないのか、かなえたい夢は何かということを考えながら読むことで感想文が書きやすくなります。
 あきらめがちの主人公が、書いたことが偶然にも実現する日記帳に、時に悩み考えながら成長いく様子に、行動力の大事さを少し考えさせられました。
一番叶えたいはずの願いを実現するために動き出すラストもよかったです。

4位:夏の庭―The Friends (新潮文庫) 文庫 – 1994/3/1 湯本 香樹実  (著)

464円

小学生の仲良し3人組の夏休みの物語です。冒険小説のように読むことができますが、テーマとして死について扱っており、生きることの大切さを学ぶことができます。命というものを知るのに役立つ作品です。
子供のためによく本を買い、子供と一緒に読むことが多い。
これはまず自分が読んだ。
多感な時期の一夏の経験だが、よくプロットが練られており、ぐいぐい読める。
と思いきや、深く感情移入する場面もあり、ゆっくりと読みたくもなる。
子供のおかげでよい作品に出会いました。

3位:かあちゃん (講談社文庫) 文庫 – 2012/4/13 重松 清  (著)

972円

同僚を巻き添えに事故で死んだ父の罪を背負い、「母ちゃん」は笑うことをやめてしまいます。母親と子の話であり、いじめの話でもある、涙なくしては読めない作品です。人を許すにはどうしたら良いのかを考えながら読んでみましょう。
ある交通事故をきっかけに物語は始まり、そこに関係する各家族を母親と子供を中心に描いている。
各家族のストーリーとも読み応えがあり、感動して泣きそうになった場面も少なくなかった。
途中にいじめの問題も取り上げられているため、いじめ問題を考えるきっかけにもなる。
どんな人間にも母親は必ずいて、その存在は「ひとりではない」という心の支えになっているということを思い出させてくれたとても良い作品であった。
結構なボリュームであるが挫折することはないと思う。

2位:モモ (岩波少年文庫(127)) 新書 – 2005/6/16 ミヒャエル・エンデ  (著, イラスト), 大島 かおり (翻訳)

864円

時間をテーマにした作品で、効率重視になりがちな現代社会へ警鐘を鳴らす作品になっています。ファンタジー的な話ではなりますが、メッセージ性が強いので、自分なりの感想を持ちやすいでしょう。
小学生の時に担任の先生のオススメだと言われ、借りて読みました。
確かに分厚い本ですが、昔から本が好きだったので、子供心にとても面白く、ずっと印象に残っていました。

大人になってから読んだらどうなんだろう…と思い、文庫版になってましたので購入。
よりリアルに情景を想像できたり…。年代問わず、読んで欲しい。

よくある「人生の○冊」というようなものがあれば挙げたい1冊です。

1位:戦争で死んだ兵士のこと 単行本 – 2001/12/1 小泉 吉宏  (著)

1,298円

森のほとりで一人の兵士が死んでいるところから物語がスタートし、兵士の人生を振り返るような形式になっている作品です。戦争の話ではありますが、残酷な描写や悲惨なシーンはなく、ただ普通の青年の人生が語られます。平凡な人生が奪われるのが戦争の悲しさだと知ることのできる1冊です。
絵本の読み聞かせ会で小学生に読んであげたところ、ご父兄の方々にかなり好評でした。当たり前だと思っている日常は、とても大切なもので、それが糸が切れるように終わってしまう事もある。だからこそ日々の生活を大切に、人それぞれに大事なものがある。と、読み終わった後に子供らに話しかけると、涙ぐんでいる子もいました。

中学生用読書感想文用図書おすすめランキングTOP10~6

10位:桐島、部活やめるってよ (集英社文庫) 文庫 – 2012/4/20 朝井 リョウ  (著)

518円

映画化もされているので題名を知っている方は多いかもしれません。男子バレーボール部の桐島が部活を辞めるということをきっかけに同級生たちの中に起きる変化を描いています。スクールカーストや人間関係といったテーマになっており、感情移入しやすい作品と言えるでしょう。
アラフォーおじさんです。
誰もが経験したであろう、感じたであろう、言葉にした事がない、言葉に出来ない感情や景色、青春の1ページを繊細な言葉で紡いで出来上がった本です。これまでに出会った事のないタイプの本でした。

9位:きみの友だち (新潮文庫) 文庫 – 2008/6/30 重松 清  (著)

724円

中学生ともなると周囲との人間関係は複雑化し、悩みの種になりがちです。そんな時期に読んで欲しいのがこの本です。自分の周りと比較したり、自分に置き換え、体験談を交えて書くことで感想文が進めやすくなります。
さすが、直木賞をはじめ、多くの文学賞を受賞されている作家さんだけあって、むつかしい微妙なテーマを、全編誰にでもわかる易しい言葉だけを使って、見事に描き出しています。

その筆力も感服なのですが、オジサマ(失礼!)なのに、ローティーンの女子世界の人間関係のむずかしさを、よくもまあこれだけリアルに描けたものだ、と感心せざるを得ません。
文章自体は、とっつきやすくて飾り気がないのに、連作としての凝った構成も、お見事です。
どんどんひきこまれました。

小さい頃から体が弱くて、友達とも遊べなかったわが子にとっては、登場人物の何人かは自分と重なったみたいです。
エピソードも似たような事があったのか、なかなか本に没頭しない理系の子なんですけど、スマホも珍しく放り出して、夢中で読みふけっていました。

8位:夜のピクニック (新潮文庫) 文庫 – 2006/9/7 恩田 陸  (著)

767円

高校生が主人公ながらも、将来のことについて考え、悩んでいる中学生にもおすすめの1冊です。80kmの道のりを歩く歩行祭を舞台に、生徒たちが織り成す群像劇が描かれています。比較的親近感がわきやすく、学校行事を絡めているので読書感想文のテーマにしやすい作品です。
自分は60台の大学教員です。普段は司馬遼太郎さんとか、宮城谷昌光先生の古代中国モノなどを好んで読んでいるのですが、これは古い友人にすすめられて、ごく最近、読みました。
なんというか、ノスタルジックで、けどよくわかるというか、読んでいるとギクっとすることばかりで。。。

なんとも瑞々しいきもちになれました!
日々、学生たちと接するのが、とっても新鮮で、楽しくなりました。
まさに「永遠の青春小説」なんですね。。。

感謝を込めて、星5つつけてしまいます。

7位:坊っちゃん (新潮文庫) 文庫 – 2003/4 夏目 漱石  (著)

335円

簡潔なストーリーにユーモアの溢れる文章で楽しく読める名作です。小説に慣れていない方でも読める作品になっています。主人公のストレートな感情表現や物の言い方に自分を照しながら読むことで、感想文の題材にしやすくなりますよ。
坊ちゃんの周りの人間たちが 時に善人 時に悪人 千変万化するさまに そうだよねと いちいち納得の気持ちです。
50年振りくらいに読みましたが 新鮮な感動を覚えました。
人間関係は複雑だから面白いとも言えるし それ故に人生の悩みは尽きないともいえる。
人生の幸福も不幸も そのほとんどが周りの人々からもたらされることを思うと 対人関係は難しいものだと つくずく感じます。

6位:MOMENT (集英社文庫) 文庫 – 2005/9/16 本多 孝好  (著)

583円

病院で清掃夫をしている大学生を主人公の作品です。死を目前にした患者の前に願い事を叶えてくれる仕事人が現れるという噂、そしてその真相―。ミステリー要素もあり、ドキドキしながら読むことができる作品でもあり、成長していく過程を読むこともできる名作です。
病院という閉鎖的な空間で繰り広げられる、《死》に纏わる日常的な出来事。
重い。重いんだけど、主人公が良い意味で飄々としているから、不思議なくらいサクサクと全編読み進めることができる。途中、不意に哲学的な文言が飛び込んでくるから、良い意味で驚くし。
死の直前、私は何を思うのだろう。

中学生用読書感想文用図書おすすめランキングTOP5~1

5位:杜子春 (角川文庫) 文庫 – 2017/10/25 芥川 龍之介 (著)

648円

仙人になる修行のため、口を開かないように指示された主人公の杜子春の物語です。忠実に指示を守り、地獄に突き落とされても守り続けた杜子春がなぜ仙人になることを諦めたのか、その後どう生きたのかを通し、人生の教訓を得ることが出来る作品です。
無料のオーディオブックにあったので読んでみた。芥川の短編小説。昔話というか童話っぽい雰囲気。

杜子春は仙人に出会って富豪と貧乏を何度か経験し、人心の移ろいに虚無感を感じ、仙人に弟子入りする。弟子入りして最初の修行が人の心を試すようなもので、杜子春は耐えられず、それを放棄して仙人になることを諦める。その後、杜子春は仙人に田舎の家を貰い、質素で幸せな生活で送る。いろいろ経験してみて、結局は当たり前の生活を望むようになるところが教訓的というか、説教くさい。まぁ面白かった。

4位:カラフル (文春文庫) 文庫 – 2007/9/10 森 絵都  (著)

670円

命の大切さ、日常の大切さを教えてくれる名作です。話の中には不倫や援助交際といったショッキングな内容も含まれますが、そこにどう向き合うか、折り合いをつけていくということを通し、生きることの重さを知ることができます。
とても良かったです!
ただただ読んでほしい本ですね。
人生に悩んだとき、きっとバイブルになる作品です。

3位:きよしこ (新潮文庫) 文庫 – 2005/6/26 重松 清  (著)

594円

言いたいことがいつも言えず、一人ぼっちだった少年、きよし。どこにでもいる少年は伝えられない言葉を溜め込んで悔しい思いを抱えています。そんなきよしがある年の聖夜に出会った「きよしこ」と出会い、変化が生まれます。大切な言葉を言えなかった全ての人に読んで欲しい作品です。
きよしこ
題名をみるだけで思いだし目頭が熱くなります。
悲しい涙もあるけれど、心温まるお話です。
きよしこ を読んでから 青い鳥をよんだほうがいい
と思います。

2位:聖の青春 (角川文庫) 文庫 – 2015/6/20 大崎 善生  (著)

691円

若くして亡くなった将棋の棋士を描いたノンフィクション作品です。羽生善治名人と並んで天才と称された村上聖さんの生涯を通し、天才と称される考え方、哲学、思考に触れることができます。将棋に興味の無い方でもぜひ読んで欲しい作品です。
くじけそうになった時にぜひ読んでほしい。
どのように生きるべきか。
つかむことができます。
そして、生き抜くための活力も得られると思います。
将棋を知る人にも知らない人にも読んでほしい一冊です。

1位:西の魔女が死んだ (新潮文庫) 文庫 – 2001/8/1 梨木 香歩  (著)

529円

思春期の女の子が主人公で、感情移入しやすく、ストーリーを通して自分の考えを持つことができる作品です。短めの話ではありますが、人生の悩みに対してそっと背中を押してくれるような内容になっており、自分の経験と合わせることで読書感想文が書きやすくなるでしょう。哲学的要素が含まれていることも読書感想文が書きやすいポイントです。
最近、とても長い間お世話になった恩師が亡くなりました。悲しさや後悔に苛まれていた時に
ふと、この本のことを思い出しました。
西の魔女が身体からの脱出に成功したように
先生も身体からの脱出に成功したのだと思ったときやっと悲しみや後悔以外に感謝の気持ちと大好きだった気持ちが心に込み上げてきました。
この作品と出会えたからこそ先生を悲しさだけ送り出さずに済みました。
この作品に改めて感謝したいと思います。

高校生用読書感想文用図書おすすめランキングTOP10~6

関連するキーワード

関連するまとめ

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【2020最新版…

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 177 view

芥川龍之介の作品おすすめランキング20選~人気の小説と口コミ【2020最新版】

「芥川賞」という文学賞に名前が残り、学校の教科書にも採用されていることから非常に認知度の高い文豪である芥川龍…

もどる / 21 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2020最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 13 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 122 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 17 view

官能小説のおすすめ人気ランキングTOP40と口コミ&選び方【2020最新版】

映像で見るのとは違い、文字で細かに描写されることでより官能的な雰囲気を楽しむことができる官能小説は大人だけが…

もどる / 405 view

教養を身につける本おすすめ30選~読むべき人気書籍ランキングと口コミ【2020最新版…

教養を養うのに役立つのが書店に並んでいる多くの本です。今回は教養を身に付けるのに役立つ本のおすすめ人気ランキ…

もどる / 492 view

星新一の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2020最新版】

ショートショートというジャンル世に広め、日本を代表するSF作家として高い人気を得ている星新一さん。今回は星新…

もどる / 35 view

経営本の人気おすすめランキング45選と口コミ~起業家・経営者必見【2020最新版】

現在200万人以上もいると言われている個人経営者。しかし、起業した人全てが成功するわけではありません。今回は…

もどる / 20 view

漢検問題集のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【級別・2020最新版】

学生から社会人まで多くの方から人気を集めている資格試験に漢字能力検定があります。今回は漢検問題集の人気おすす…

もどる / 47 view

高校生向け本のおすすめランキング32選と口コミ&選び方【2020最新版】

大人への過渡期とも言うべき高校生にはその時に読むことで意味のある本もたくさんあります。今回は高校生向けのおす…

もどる / 447 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 133 view

漫画雑誌の人気おすすめランキング30選!女性・男性別【2020最新版】

一定周期で発売されている漫画雑誌。週刊や月刊にかかわらず、誰しも一度は購入して読んだことがあるのではないでし…

もどる / 150 view

夏目漱石の作品おすすめ20選!人気小説ランキングと口コミ【2020最新版】

お札の肖像として採用され、学校教科書にも登場する文豪・夏目漱石。多くの名作を残し、いまも尚多くの人たちに愛さ…

もどる / 53 view

誉田哲也のおすすめ作品おすすめランキング20と口コミ&選び方【2020最新版】

「姫川玲子シリーズ」で有名な誉田哲也さん。多くの作品がメディア展開され、そのいずれもが高い人気を誇っています…

もどる / 47 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

英単語帳の人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【高校受験・大学受験・社会人別…

英単語を効率よく学習するために欠かすことのできないアイテムが英単語帳です。今回は高校受験、大学受験、社会人と…

もどる / 30 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 130 view

中学生向け本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2020最新版】

語彙も増え、理解の幅が広がっている中学生時代は、小学生のころよりもぐっと読める本の範囲が広がります。今回は中…

もどる / 380 view

女性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【最新版】

女性アイドル・女優が発売した写真集の人気ランキングを紹介しています。AKB48グループ・乃木坂46・欅坂46…

kii428 / 215 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 22 view

三島由紀夫の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2020最…

作家・三島由紀夫という名前を知っていて気にはなっていても、機会がなくて彼の書籍・小説を読んだことがない、とい…

もどる / 29 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2020最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 10 view

テニス本のおすすめ人気ランキングTOP20と口コミ【2020最新版】

これからテニスを始めようと思っている方でルールや基本を学びたい方には本がおすすめです。そこで今回は初心者向け…

maru.wanwan / 113 view

りぼん歴代連載漫画の人気おすすめランキング30選【2020最新版】

集英社が発行している「りぼん」は1955年に創刊された、人気の少女漫画雑誌です。今回はそんな歴史あるりぼんの…

もどる / 181 view

小学生向け国語辞典のおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2020最新版】

言葉を勉強するために役立つのが「国語辞典」です。今回は小学生向けの国語辞典のおすすめランキングを実際に使用し…

もどる / 44 view

高校生向け本のおすすめランキング32選と口コミ&選び方【2020最新版】

大人への過渡期とも言うべき高校生にはその時に読むことで意味のある本もたくさんあります。今回は高校生向けのおす…

もどる / 447 view

なかよし歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2020最新版】

三大小中学生向け少女漫画雑誌として60年以上も愛され続けているのが、講談社が発行している「なかよし」です。今…

もどる / 101 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 251 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 122 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2020最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 1354 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング