スポンサードリンク

シーホースの三河の母体はアイシン精機バスケットボール部で、チーム名の「シーホース」はタツノオトシゴの英名から付けられています。さらに「タツ」=「竜」は地元の愛知県の岡崎市にある岡崎城の別名が「龍城」であることや、加えてアイシン精機の豊田稔名誉相談役が1916年の辰年生まれだったことにも由来しています。全国タイトルはアイシン時代に計21回の実績を誇る強豪クラブで、オールジャパンではアイシン精機からアイシン三河時代の2000年~2016年までで優勝9回、準優勝4回、ベスト4回とほぼ全てでベスト4以上という強豪ぶりです。また、シーホース三河となる2018年オールジャパンでは準優勝に輝いています。

11位:富山グラウジーズ

カンファレンス B1中地区

カンファレンス B1中地区

本拠地:富山県富山市
運営法人:株式会社富山グラウジーズ
平均観客動員数:2017-18 2731人
        2018-19 2798人
Twitterフォロワー数:78,356

富山グラウジーズは富山県及び、北陸3県で初のプロスポーツクラブで、B.LEAGUE 2016-17はB1中地区に所属するバスケットボールクラブです。日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)には2006-07シーズンから参戦、「グラウジーズ」(Grouses)というチーム名は、富山県の県鳥で、シンボルとして県民から親しまれているライチョウ(Grouse, グラウズ)に由来しています。2018-19シーズンの平均観客動員数は2798人ですが、Twitterフォロワー数は78,356件とリーグ4位の関心を集めている人気バスケットボールクラブです。

日本のバスケットボール人気クラブランキングTOP10-6

10位:アブバルク東京

カンファレンス B1東地区

カンファレンス B1東地区

本拠地:東京都渋谷区
運営法人:トヨタアルバルク東京株式会社
優勝歴:B.LEAGUE(2回)
(2017-18、2018-19)
ファイナル進出:B.LEAGUE(2回)
(2017-18、2018-19)
平均観客動員数:2017-18 2507人
        2018-19 2921人
Twitterフォロワー数:59,451

アルバルク東京の母体はトヨタ自動車男子バスケットボール部で、全国タイトルはトヨタ自動車時代に計17回あげている強豪クラブです。運営会社はB.LEAGUE発足に合わせ設立されたトヨタアルバルク東京株式会社で、2018年、2019年とB.LEAGUE連覇を果たしています。2018-19シーズンの平均観客動員数は2921人、Twitterフォロワー数:は59,451件と多くの関心を集めている人気バスケットボールクラブです。

9位:新潟アルビレックスBB

カンファレンス B1中地区

カンファレンス B1中地区

本拠地:新潟県長岡市
運営法人:株式会社新潟プロバスケットボール
平均観客動員数:2017-18 3092人
        2018-19 2929人
Twitterフォロワー数:32,819

新潟アルビレックスBBの母体は大和証券グループ本社バスケットボール部(大和証券ホットブリザーズ)で、2000年に休部となった同チームの譲渡を受けて日本初のプロバスケットボールチームとして発足されました。”アルビレックス”は”アルビレオ”(白鳥座のくちばしにオレンジとブルーに輝く二重星)と”レックス”(ラテン語で王者の意味)の造語とされ、アルビレオがさらにパワーアップしてバスケット界の王者に向かって羽はばたくという意味がこめられています。新潟アルビレックスBBは地域密着型総合クラブチームとしてサッカーJ2のアルビレックス新潟とチーム名を共有しています。イケメンのバスケットボールプレイヤー五十嵐圭、ベテランの柏木、鵜澤が在籍する人気クラブです。

8位:横浜ビー・コルセアーズ

カンファレンス B1中地区

カンファレンス B1中地区

本拠地:神奈川県横浜市
運営法人:株式会社横浜ビー・コルセアーズ
優勝歴:1回(bjリーグ 2012-13)
平均観客動員数:2017-18 3102人
        2018-19 2944人
Twitterフォロワー数:63,549

横浜ビー・コルセアーズは、神奈川県内初のプロバスケットボールクラブで、チーム名の「ビー・コルセアーズ」(B-CORSAIRS)の「B」は「ベイ」などの頭文字、「コルセアーズ」は英語で「海賊たち」「海賊船団」を意味しています。2011年にチーム設立とbjリーグ参入を果たし、bjリーグ 2012-13シーズンにプレイオフを制し初優勝を果たしました。2016年開幕のBリーグではB1リーグ中地区に所属し、優勝経験はありません。2018-19シーズンの平均観客動員数は2944人でリーグ8位の人気でした。

7位:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

カンファレンス B1西地区

カンファレンス B1西地区

本拠地:愛知県名古屋市
運営法人:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ株式会社
平均観客動員数:2017-18 2652人
        2018-19 2980人
Twitterフォロワー数:52,279

名古屋ダイヤモンドドルフィンズの母体は三菱電機名古屋男子バスケットボール部で、65年程の歴史を持っているチームです。チームカラーはドルフィンズレッドを採用し、全国タイトルは三菱電機時代に計5回を誇る強豪でした。注目プレイヤーとしてあげられるのは若き司令塔の笹山貴哉で、相手ディフェンスを崩すような鋭いドライブやブロックを華麗に交わすフローターショット、相手選手だけでなく味方選手も騙されてしまうようなノールックパスなど、試合を観に来ているファンの心に残るようなプレーを数多く繰り出すことで多くの人気を集めています。

6位:秋田ノーザンハピネッツ

カンファレンス B1東地区

カンファレンス B1東地区

本拠地:秋田県秋田市
運営法人:秋田ノーザンハピネッツ株式会社
ファイナル進出:2回 (2013-14), (2014-15)
ディビジョン優勝:2回 (2013-14), (2014-15)
平均観客動員数:2017-18 2897人
        2018-19 3135人
Twitterフォロワー数:65,790

チーム名の「ハピネッツ」は一般公募3,117通の中から選ばれた名称で、みんなが幸せを共有できるようにという願いが込められて名づけられました。これに秋田のラグビーチーム・秋田ノーザンブレッツラグビーフットボールクラブの「ノーザン」を組み合わせて「ノーザンハピネッツ」とされています。同じ名を共有することで、共に地域の人々に愛されるチームを作り、秋田を全国に発信したいという思いが込められています。チームロゴはデザイナー・東海林諭宣の作品で、日本有数の米どころである秋田の稲穂があしらわれたデザインとなっており、勝利と豊作の願いが込められています。秋田は野高校バスケっボールの名門である能代工業が存在する県で、バスケットボールが盛んのため、ファンも熱狂的であることが知られており、アウェーゲームでもホームゲームのように客席をピンクに染める動員力から「クレイジーピンク」と呼ばれています。

日本のバスケットボール人気クラブランキングTOP5-1

5位:川崎ブレイブサンダース

カンファレンス B1中地区

カンファレンス B1中地区

本拠地:神奈川県川崎市
運営法人:株式会社DeNA川崎ブレイブサンダース
平均観客動員数:2017-18 3056人
        2018-19 3751人
Twitterフォロワー数:36,560

川崎ブレイブサンダースの母体は東芝小向事業所男子バスケットボール部で、全国タイトルは東芝時代に計14回という強豪クラブでした。現在のヘッドコーチを務める北卓也も東芝で幾度となくタイトルを獲得し、和製ジョーダンと呼ばれた人物です。川崎市と横須賀市を本拠地とし、川崎市中原区のとどろきアリーナなどでホームゲームを開催し、2004年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに認定され、ホームゲームへの市民招待、バスケットボールクリニックの開催、トークショーへの参加など地域への活動に積極的に関わるようになり、地域密着型のクラブとして多くのファンを獲得している人気バスケットボールクラブです。

4位:レバンガ北海道

カンファレンス B1東地区

カンファレンス B1東地区

本拠地:北海道札幌市
運営法人:株式会社北海道バスケットボールクラブ
平均観客動員数:2017-18 3743人
        2018-19 3779人
Twitterフォロワー数:73,817

レバンガ北海道は、元日本代表で現在も現役を続けながら運営会社の代表も務める折茂武彦が在籍するプロバスケットボールクラブです。北海道では唯一のプロバスケットボールクラブで、全身はレラカムイ北海道でした。2006年に設立された完全プロクラブで、当時の日本バスケットボールリーグに在籍したクラブの中で、そのほとんどが実業団チームでしたが、当時は全プロクラブはレラカムイ北海道とリンク栃木の2チームだけでした。その後、経営悪化によりリーグから除名処分を受けますが、新たにレバンガ北海道として復活し、現在に至っています。2018-19シーズンの平均値はリーグ3位の3,779人で、人気バスケットボールクラブの1つとされています。

3位:琉球ゴールデンキングス

カンファレンス B1西地区

カンファレンス B1西地区

本拠地:沖縄県沖縄市
運営法人:沖縄バスケットボール株式会社
優勝歴:bjリーグ(4回)
(2008-09, 2011-12, 2013-14, 2015-16)
ディビジョン優勝:bjウエスタン(5回)
(2008-09, 2010-11, 2011-12, 2013-14, 2015-16)
B1西地区(2回)
(2017-18, 2018-19)

平均観客動員数:2017-18 3350人
        2018-19 3316人
Twitterフォロワー数 112,636

琉球ゴールデンキングスは、沖縄唯一のプロバスケットボールクラブで、「バスケットボールの本当の楽しさを知ってほしい」というチームの方針から、走るバスケを展開しています。初年度ヘッドコーチであったヘルナンド・プラネルズは、この方針のもとチーム作りを行いましたが、走り負けてしまう事が多く、低い得点力も相まって、西地区最下位に沈みます。しかし、2008-09シーズンは3ポイントの名手であるマクヘンリーや、大阪時代に走るバスケで3連覇を達成したニュートンが加入し、得点力向上に成功しています。琉球ゴールデンキングスのTwitterフォロワー数はリーグ3位の112,636件で、日本全国のバスケットボールファンから関心が集まる人気クラブです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

スポーツ選手の名言ランキング100選~有名アスリートの格言を紹介【2022最新版】

野球やバスケットボール、サッカーなど、様々なスポーツの中でカリスマ性を備えた有名アスリート達の言葉には心を動…

maru.wanwan / 1390 view

歴代カヌー選手の人気有名ランキング20選・女性男性別【2022最新版】

カヌーは小舟に乗ってパドルで漕ぎ、その速さを競い合う競技ですが、これまでどのような選手が活躍してきたのかを知…

maru.wanwan / 490 view

東京オリンピック2020の種目一覧&人気ランキングTOP33【2022最新版】

2020年夏に開催予定も新型コロナの影響で2021年開催になった東京オリンピック(東京五輪)。今回は東京オリ…

maru.wanwan / 200 view

サッカー国の強さランキングTOP100~世界最強の代表チームとは【2022最新版】

世界にはどれだけの国の代表チームが存在し、どの国が歴代最強のサッカー国なのか気になったことはありませんか?そ…

maru.wanwan / 3277 view

完全試合の達成者ランキング39選!日本・メジャー別【2022最新版】

野球において、1試合で1人のランナーも出さず、打者27人を完璧におさえた試合を完全試合と呼びます。投手にとっ…

maru.wanwan / 230 view

女子テニス選手のかわいい&美女ランキング20選【歴代・2022最新版】

大阪ナオミ選手の活躍と共に、テニスが一大ブームとなっていますね。白熱した試合展開が非常に面白いです。それより…

マギー / 404 view

男子テニス選手の身長ランキング~低い編TOP5・高い編TOP7【2022最新版】

全米・全豪・全仏・全英と世界4大大会と呼ばれるテニスのグランドスラムを見ていて、出場選手はそれぞれ様々な個性…

maru.wanwan / 764 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

平昌オリンピックのメダル数!日本国内&国別獲得ランキングまとめ【決定版】

2018年2月、平昌オリンピックが開催され、日本でも大きな盛り上がりを見せましたね。合計13個もメダルを日本…

kent.n / 84 view

なでしこジャパンのメンバー歴代かわいいランキング25選~美女サッカー選手を紹介【20…

日本が世界に誇る女子サッカーチームであるなでしこジャパン。この記事では、なでしこジャパン歴代メンバーをかわい…

kent.n / 3043 view

【歴代】男子卓球選手イケメンランキングTOP36【2022最新版】

イケメンのスポーツ選手といえば、野球やサッカーなど、日本でもポピュラーなスポーツの選手たちに集中してしまいま…

kent.n / 575 view

テニス選手の筋肉20選~歴代ムキムキランキング【2022最新版】

今回は筋肉ムキムキのテニス選手の歴代ランキングTOP20を紹介します。レスリングやウエイトリフティング、水泳…

maru.wanwan / 393 view

海外で活躍する日本人サッカー選手30選~歴代ランキングを紹介【2022最新版】

今回は海外で活躍する日本人サッカー選手歴代ランキングTOP30を紹介します。日本がワールドカップに初出場を果…

maru.wanwan / 4515 view

テニス国別の強さランキングTOP10~最強の国と選手を公開【2022最新版】

日本にもブームが到来しつつあるテニスですが、どの国がテニスの強い国なのか気になったことはありませんか?そこで…

maru.wanwan / 1752 view

【歴代】日本人ボクサー最強ランキングTOP25【2022最新版】

日本では多くの格闘技が親しまれていますが、その中でも抜群の注目度なのがボクシングです。今回は、歴代日本人ボク…

kent.n / 2501 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング