スポンサードリンク

洗濯乾燥機の選び方のポイント5点

洗濯乾燥機は安い買い物ではありません。また、1度購入すれば長く使用する家電でもあります。そのため、洗濯乾燥機を購入する際は失敗をしないためにしっかりと選ぶ必要があります。まずは洗濯乾燥機を選ぶ際に抑えておきたいポイントを確認していきましょう。

ポイント1.容量をチェック

洗濯乾燥機に限らず、洗濯機を選ぶ際はまず容量を確認しておく必要があります。通常の洗濯機は3kg程度からありますが、洗濯乾燥機になると容量の少ないモデルはあまり展開されていません。洗濯乾燥機での小容量モデルは5kg程度からの展開なので、そこを踏まえて容量を決定するようにしましょう。

ちなみに1人分の洗濯物は1日あたり約1.5kgと言われています。この数値を目安に家族の人数を加算して容量を決定するのがおすすめです。まとめて洗うという方は日数分も加味すると失敗がありません。また、効率よく洗うのであれば算出した容量よりも少し大きめのものを選ぶのがおすすめです。大体プラス1kg程度の余裕を持たせておくと良いでしょう。

また、乾燥機の容量は洗濯容量よりも少なくなるので、洗濯機の容量分乾燥機にかけられるわけではありません。乾燥機を毎回使用したいと考えている方は乾燥容量も確認しておくのがベストです。

ポイント2.タイプをチェック

洗濯乾燥機にはドラム式と縦型の2種類があり、ドラム式はさらに横型と斜め型に分かれています。これらの形状はそれぞれ異なった特徴を持っているので、求める機能や設置場所に合わせて選ぶ必要があります。それぞれのタイプの特徴はいかの通りです。

・ドラム式(横型)

・ドラム式(横型)

水平に設置されたドラムが回転することで衣類を持ち上げてから下に落とすといういわゆる「たたき洗い」を行うのが特徴です。洗濯時に必要な水量が少なくて済む点や洗濯物にシミや傷みが発生しにくいというメリットを持っています。また、乾燥機能としても衣類が空気に触れやすいので乾きが速いという特徴があります。

しかし、洗浄能力という面では縦型には叶わず、少ない水量で洗うので色移りが発生しやすいという難点があります。また、基本的にこのタイプはサイズが大きめなので設置スペースに余裕がないと使い勝手が悪くなります。

・ドラム式(斜めドラム)

・ドラム式(斜めドラム)

横型のドラムが海外のモデルが多いのに対し、斜めドラムは国内メーカーが多く展開しており、国内メーカーでのドラム式はこのタイプが主流になっています。展開されているモデルの中にはドラムが高速回転を行い、これにより洗浄剤が繊維を通りやすくなる「押し洗い」ができる機種もあります。

基本的なメリットデメリットは横型と変わりませんが、サイズ感としては横型よりもまだ小さなサイズが展開されています。

・縦型

・縦型

縦型はパルセーターという洗濯機の底に設置されている羽根が回転することで、水流を撹拌して行う「もみ洗い」が特徴です。洗浄力が高く、しっかりと洗うことができます。この洗浄力の高さは洗濯物同士を擦るという点と、水を多く使用することによる泡立ちなどが理由になっています。また、ドラム式と比べると本体の価格が抑え目というのもメリットです。

しかし、この「もみ洗い」という洗い方の特徴上衣類が傷みやすいという点と水を多く使用するというのは縦型ならではのデメリットと言えます。加えて乾燥機能を使用する際はドラム式よりも乾きにくく、大きな洗濯物は出し入れがしにくいというのも縦型のデメリットです。

ポイント3.乾燥方式をチェック

洗濯乾燥機の乾燥方法はヒートポンプ乾燥方式とヒーター乾燥方式の2種類があります。この2つは異なる特徴を持っているので洗濯乾燥機を選ぶ際はどちらのタイプが良いか決めておきましょう。以下に特徴をまとめました。

・ヒートポンプ乾燥方式

・ヒートポンプ乾燥方式

エアコンにも採用されているヒートポンプを使用した乾燥方式。空気中の熱エネルギーを集めて乾燥に利用します。ヒートポンプ乾燥方式は使用する電力が少ない省エネ技術なので電気料金を抑えながら洗濯乾燥機を使用していきたいという方に非常におすすめのタイプです。また、後述のヒーター乾燥方式に比べて衣類の傷みなど、ダメージが少なく、乾燥中に周囲の温度が上がりにくいという特徴を持っています。

・ヒーター乾燥方式

・ヒーター乾燥方式

ヒーター乾燥方式はヒーターで温めた熱風を使用して洗濯物を乾燥させる方式です。前述のヒートポンプ乾燥方式が約65℃の乾いた温風で乾燥させるのに対し、ヒーター乾燥方式は約100℃という高温の風で乾燥させます。このヒーター乾燥方式のメリットはなんといっても高温を用いることで乾燥までの時間をスピーディにしているという点です。逆に言うと高温を用いるがゆえに衣類が傷みやすく、素材によっては縮んでしまうこともあります。また、乾燥中に周囲の温度も上がってしまうことがあり、環境によっては使いにくさを感じるかもしれません。

ポイント4.ドアの開閉方向をチェック

ドラム式の洗濯乾燥機を購入する際はドアの開閉方向も必ず確認しておきましょう。ドラム式洗濯乾燥機はそのほとんどが右開き、左開きと2つのタイプを展開しています。正面に向かって左側にドアが開くのが左開きで、これは洗濯機の左側が壁になっている場合に適しています。逆に、右側に開くのが右開きで、おのタイプは洗濯機の右側が壁になっている場所で使用するのに適しています。

ポイント5.騒音値をチェック

アパートなどで夜間に使用する、あるいは早朝に使用することがある場合は騒音値も必ず確認しておきましょう。特に低振動で静音設計のものを選ぶのがおすすめです。騒音値としては目安として45db以下のモデルを購入するのがおすすめです。洗濯機、洗濯乾燥機にはそれぞれスペックに騒音レベルの表記がされているので、この数値を参考に選ぶようにしましょう。

また、縦型で静音性を重視して選びたい場合は駆動方式がベルトドライブ式のモデルではなく、インバーター式を採用しているモデルを選ぶことでより静かに使用していくことができます。

おすすめ洗濯乾燥機ランキングTOP12~7

12位:シャープ タテ型洗濯乾燥機 ステンレス穴なし槽 5kg ゴールド系 ES-TX5B-N

51,800円

開閉タイプ:上開き
洗濯容量:5.5kg
乾燥容量:3.5kg
標準使用水量:75L
騒音レベル:40/46/47db
機能:ほぐし脱水、自動お掃除、予約タイマー
サイズ(幅×高さ×奥行):565×985×590mm
重量:35kg

少量の洗濯物を素早く洗濯、乾燥する「洗・乾90コース」という90分で仕上げてくれるコースを搭載した洗濯乾燥機です。洗濯を行う際に衣類の絡みを抑え、衣類を傷みにくくする「シワ抑えコース」を搭載しているので、縦型によくある衣類の絡みが抑えられています。

洗濯も乾燥も使えますね!
縦型という事で乾燥性能に不安がありましたが、一人暮らしの量に対しては(2日一回洗濯する)十分乾きます。そしてコンパクト!これなら置ける!
朝、通勤前に洗濯乾燥をしかけて、帰ってきたら終わってるので、洗濯が億劫にならず、助かってます。

11位:東芝 8.0kg 洗濯乾燥機 シルバーTOSHIBA ZABOON AW-8V7-S

83,868円

開閉タイプ:上開き
洗濯容量:8kg
乾燥容量:4.5kg
標準使用水量:93L
騒音レベル:26/37/45db
機能:温水洗浄、風呂水ポンプ、自動お掃除、インバーター搭載、予約タイマー、カビ取り機能
サイズ(幅×高さ×奥行):600×1021×605mm
重量:46kg

インバーターを搭載し、運転音を抑えた静音性の高い洗濯乾燥機です。パルセーターと直結したDDモーターが強力な立体水流を作ることで、頑固な汚れもしっかりと落としてくれます。温水を使用した洗濯も可能なので皮脂汚れ等も綺麗に落とします。

これの前に使っていた縦型乾燥機能付きは、かなり盛大に回ったせいか、夜はとても動かせるものではありませんでした。
今回、こちらに買い換えましたが、とにかく動作音が静かで、夜でも乾燥機能を使えるほどです。

10位:パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 Cuble(キューブル) 10kg 左開き プレミアムステンレス NA-VG2300L-X

266,915円

開閉タイプ:左開き
洗濯容量:10kg
乾燥容量:5kg
標準使用水量:78L
騒音レベル:32/42/46db
機能:洗剤・柔軟剤自動投入、スマホ連携、ほぐし脱水、温風洗浄、温水洗浄、風呂水ポンプ、自動お掃除、インバーター搭載、予約タイマー、カビ取り機能
サイズ(幅×高さ×奥行):639×1050×665mm
重量:74kg

キュービックフォルムを採用したデザイン性の高い斜めドラムの洗濯乾燥機です。液体洗剤や柔軟剤を入れておくタンクがあり、洗濯のたびに適切な量を自動で投入してくれます。スマートフォンとの連携機能があり、外出先から選択の仕上がり時間の変更や設定を行うことができるのも大きな特徴です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

衣類乾燥機のおすすめランキングTOP22と選び方【2022最新版】

悪天候や寒さなどで外に洗濯物を干すことができない日が続くと困りますよね。そんな時におすすめなのが衣類乾燥機で…

もどる / 168 view

石油ファンヒーターのおすすめ人気TOP30と口コミ&選び方【2022最新版】

寒い季節にお部屋を暖める暖房器具は色々ありますが、その中でも人気が高いのがファンヒーターです。今回は石油ファ…

もどる / 73 view

VRヘッドマウントディスプレイのおすすめ人気15選と口コミ&選び方【タイプ別・202…

今回はVRヘッドマウントディスプレイのおすすめランキングをタイプ別にご紹介し、選び方のポイントの解説をしてい…

もどる / 150 view

ルンバのおすすめ人気ランキングTOP20と口コミ【2022最新版】

掃除ロボットの代名詞的存在で、掃除ロボットという存在を広く世の中に浸透させた機種といえばご存知「ルンバ」です…

もどる / 129 view

ミキサーのおすすめ人気ランキング11選と口コミ~選び方6つのポイントも紹介【2022…

人気のスムージーや野菜ジュース、それから日々の料理と使用用途が広い家電、それがミキサーです。ここではミキサー…

もどる / 77 view

電気ポットの人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

一度お湯を沸かしてしまえば必要な時に熱いお湯をいつでも使用できる電気ポット。今回はそんな電気ポットの人気おす…

もどる / 149 view

一人暮らしの冷蔵庫おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

冷蔵庫は家電の中でも大きな買い物です。長く使用する前提で購入するものなのでどう選んだら良いのか分からず頭を悩…

もどる / 75 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

家電量販店の人気おすすめランキングTOP12【2022最新版】

家電を購入する際、どのようにしてお店選びをしていますか?今回は大手家電量販店にインターネットショッピングサイ…

もどる / 2258 view

ダイソン掃除機の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

吸引力が高く、スタイリッシュなデザインが特徴のダイソンの掃除機。今回はダイソンの掃除機の人気おすすめランキン…

もどる / 143 view

ホットカーペットのおすすめ人気ランキングTOP30と口コミ&選び方【2022最新決定…

寒い季節はヒーターを稼働させても足元までしっかりと温めるのは難しいものです。そんな時に頼りになるのがホットカ…

もどる / 119 view

ルンバのおすすめ人気ランキングTOP20と口コミ【2022最新版】

掃除ロボットの代名詞的存在で、掃除ロボットという存在を広く世の中に浸透させた機種といえばご存知「ルンバ」です…

もどる / 129 view

アロマ加湿器のおすすめ人気ランキング20選と選び方【2022最新版】

アロマオイル対応の加湿器を使用したことがありますか?素早くアロマの香りを漂わせてくれる加湿器により、リラック…

yoshitani / 82 view

コードレスヘアアイロンのおすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

外出先や出張、旅行などへの期待に便利で、髪を直したいときにさっと使用することができるのが最大の魅力のコードレ…

もどる / 312 view

炊飯器おすすめ人気ランキング15選と口コミ~選び方3つのポイント【超高級からコスパ重…

炊飯器は毎年新しい機能を搭載したものが多く販売されている、家電好きの人たちが注目するジャンルです。ここでは炊…

もどる / 104 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング