スポンサードリンク

記念すべき映画第1作目。かなりの思い出補整が掛かっていますが(笑)、ストーリー的には純粋に王道の感動作ではないでしょうか。

1億年前の恐竜が現代に生まれるという点でロマンがありますし、のび太を親だと思って懐くピー助が可愛すぎ。
途中でのび太が風邪をひいて熱を出してしまい、3日間もピー助に会えないシーンがあるのですが、ピー助はのび太を恋しがってご飯を食べないのです…。
のび太もピー助もどちらも可哀想で泣けます。

第21位・ドラえもん のび太と夢幻三剣士

第21位・ドラえもん のび太と夢幻三剣士

1994年3月に公開された、ドラえもんの映画第15作目にあたる作品です。

自分が英雄になった夢を見て気分を良くしたのび太は、ドラえもんが出してくれたひみつ道具『気ままに夢見る機』に夢中になる。

そんなある日、謎の男に『夢幻三剣士』という夢を見ることを薦められ、早速試みるのび太。
夢幻三剣士の世界の中では、『ユメミル国』が妖霊大帝・オドロームによって侵略されていた。
のび太はユメミル国を救うため、「白銀の剣士」を目指して旅をする。

この映画はこれまでのように”夢かと思ったら現実だった”、ではなくて、完全に夢の中の話という点で異色の作品となっています。

夢の中で好きな話を見られたら面白いですよね~。しかも大冒険で自分が最強の剣士になれるなんてしかし夢から覚めるといつも通り…。!のび太が道具に夢中になるのも頷けます。

トリホーの顔は怖いし、作中で(夢の中で)のび太は砂になって消える(=死亡する)し、この作品も結構なトラウマを植え付けた罪深い映画です(笑)。

ドラえもん映画人気ランキングTOP20-11!

第20位・ドラえもん のび太の宝島

第20位・ドラえもん のび太の宝島

2018年3月に公開された、映画ドラえもんシリーズの第38作品目です。

「宝島を発見する」とジャイアンたちに宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具『宝探し地図』を使って、宝島を探すことに。

その地図が指し示した場所は、太平洋上に突然現れた新しい島だった。
のび太たちは船に乗って島を目指そうとするが、海賊たちに襲われ、しずかちゃんが海賊船にさらわれてしまう。

海賊に逃げられた後、のび太たちは少年フロックとオウム型ロボットのクイズに出会う。

フロックは海賊船から逃げ出したメカニックで、宝島の重要な秘密を知っていた!

ドキドキワクワク感が物凄くアピールされているし、何と言っても主題歌が評価の半分(それ以上?(笑))を担っているのではないでしょうか。
ドラえもん色を全面に出しまくった(タイトルがまんま”ドラえもん”ですし)歌詞で、『ここにおいでよ 一緒に冒険しよう』『何者でもなくても世界を救おう』というところで「星野源はドラえもんが好きなんだなー!」とニヤニヤしちゃいます。

キャラクターのデザインが何となく旧作のドラえもんに似ているところや、ミニドラが出てくるところもファンの心をくすぐりますよね。

本編はとにかく大冒険を詰め込み詰め込み詰め込みました!という感じでひみつ道具もたくさん出てきますし、単純にエンターテインメントとして楽しめる作品です。

第19位・ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

第19位・ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

2004年3月に公開された、映画ドラえもんシリーズの25作品目となる映画。

ある日、のび太は川でおぼれていた子犬を助け、ドラえもんの道具「壁かけ犬小屋」の中でこっそりと飼いはじめる。
「イチ」と名付けた仔犬とのび太との間にはたちまち友情が生まれていた。

しかし沢山の野良犬・野良猫が集まってしまい、ママに気付かれずに育てるのも限界が訪れ、のび太は3億年前の世界にイチたちを連れていき犬と猫だけの国をつくる。

その国のリーダーになるため、イチに『進化退化光線銃』を使い人間並みの知能を持たせたのび太は、一緒に遊んだけん玉を残し、「明日必ず来るよ」と言い残して現代へと戻ったのだが…。

この作品は、いわゆる旧ドラえもんの声優陣最後の映画作品となっています。原案はコミックス22巻に収録の作品「のら犬『イチ』の国」。

旧声優陣の最後の作品という事情を抜きにしても、めちゃめちゃ感動するし、様々な伏線が「あー!そうだったのかー!」と回収されるところはスッキリ&感動。

歌姫猫・シャーミーちゃんにぞっこんになってしまうドラえもんが可愛すぎ。めちゃくちゃ体張ってるし貢ぎまくってます(笑)。
クライマックスで暴走気味のトラックのハンドルを急に任され、「うっそぉ~!?」というしずかちゃんもかわいい。

時の方舟に乗り込む時に使った謎の乗り物が『宇宙小戦争』に登場するロコロコの姿だったのも、旧作ファンには嬉しい驚きですね。

最後にしずかちゃんが言った「わたしたちが今度はパパやママ、おじいちゃんおばあちゃんになっていくのよね」という言葉にしみじみと感動。

第18位・ドラえもん ブリキの迷宮<ラビリンス>

第18位・ドラえもん ブリキの迷宮<ラビリンス>

1993年3月に公開された、映画シリーズの第14作目となる作品。

のび太の家に届いていた謎のトランクバッグを開けてみると、不思議な門が飛び出した。
どこでもドアのような不思議な門をくぐると、なんとスキーと海水浴がいっぺんに楽しめる素敵な場所『ブリキンホテル』に到着。

しかしドラえもんがブリキの兵隊に捕まり連れ去られてしまった。
さらに、ホテルの地下には恐ろしい大迷宮の入り口があることが発覚。

のび太たちはドラえもんを救い出すことが出来るのか…!?

『ブリキの』というタイトルですが、敵キャラはおもちゃではなくロボット科学者です。

何もかもがブリキのおもちゃで出来た不思議な島『ブリキン島』は、実はチャモチャ星人の巨大な宇宙船!

全てロボットに頼る生活をしていたせいで自力で歩くことも出来なくなってしまった少年・サピオの登場は、「人類も果てにはこうなってしまう運命なのか…」と結構ショッキングでしたね。

ドラえもんが何度も何度も電撃で攻撃されて壊れてしまうという、ドラえもんファンにはツラいシーンも…。ちょっとおかしくなったレベルではなく、マジ壊れです。

最後の敵の壊れ方は「えぇー!?何それ!?」という感じでしたが、まぁ良いか(笑)

第17位・ドラえもん のび太と雲の王国

第17位・ドラえもん のび太と雲の王国

1992年3月に公開された、映画ドラえもんシリーズの第13作目にあたる作品。

学校で雲についての勉強をしていたのび太は、「天国はどの辺にある?」というとんちんかんな質問をしてみんなにバカにされてしまった。

ムキになったのび太は「天国があるって証明してみせる!」と宣言し天上人についての文献を調べるが、ドラえもんに「あり得ない」と科学的に断言されてしまいショックを受ける。

ドラえもんが出してくれたひみつ道具「雲かためガス」を使って雲の王国を造り楽しく遊ぶのび太たちだったが、いつのまにかふしぎな世界に迷いこんでしまった。

そこは、地上よりはるかに発達した文明を持つ天上人が暮らす『天上世界』だった!

『雲の上に乗ってみたいなぁ』…子供の頃に誰しもが思い描いた空想の世界を、ドラえもんが作ってくれました!

しかも地上からは普通の雲にしか見えない設定にするもんだから、「もしかしたらあれが雲の王国かも…」なんて空想する子供たちをますます増やすことになりましたね(笑)

単なるメルヘンな世界かとおもいきや、その裏で地球の深刻な環境破壊についての警告も織り交ぜており、小さな子供に「森を大事にしないといけない」という基本概念を植え付けるのにもってこいの映画。

天上人の国から逃げ出す途中で雷に打たれてしまったドラえもんが完全にアッパラパーになってしまうのですが、「あっぷくぷー」とか「ケロケロパ!ケロケロピ!」とか「ドーーーグ?」とか意味不明な言葉を発しまくる姿がめちゃくちゃ面白いです。

第16位・ドラえもん のび太の大魔境

第16位・ドラえもん のび太の大魔境

1982年に公開された、映画ドラえもんの第3弾となる作品。

まだ見ぬ秘境の地を求め、大冒険に出発したドラえもんたち。
道具が少ない中で数々の危機をくぐり抜け、辿り着いたのは進化した犬の国・バウワンコ王国。そしてのび太が拾った犬・ペコはその国の王子『クンタック』だった。

しかし、バウワンコ王国はダブランダー大臣に支配され、外界への侵略が始まろうとしていた…。

これだけ初期の作品なのに色あせないどころか何度見ても感動できるところは、名作と呼ぶにふさわしいと思います。見たことない方にはぜひ見てもらいたい!

汚い野良犬だと思われたペコが実は高度な知能を持ったバウワンコ王国の王子で、そのペコの導きでドラえもんたち5人は冒険の旅に出ることになるのですが…。

珍しくジャイアンのわがままで冒険が始まり、ジャイアンのせいでピンチに陥るパターン。

ですが、ペコが一人で敵に立ち向かおうとしている時、『やっぱりジャイアンは男気があって素敵だな~』と思うシーンがあるんですよね。
そしてそのシーンで流れる主題歌で涙腺崩壊です。

特に好きなのは「だって僕の勇気なんか 全部出してもこれだけなんだ」という歌詞。

自分が勇気を振り絞ってもまだこれだけしかないから、君の勇気も足して欲しいんだ…という、”みんなで力を合わせること”をのび太目線で歌ってる感じが大好きです。

第15位・ドラえもん のび太の魔界大冒険

第15位・ドラえもん のび太の魔界大冒険

1984年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第5作品目。

夢の中で魔法を使って活躍したのび太は、目覚めた後も『魔法が使えたらなぁ…』と空想する。

どうしても魔法の世界に行ってみたいのび太は、ドラえもんに頼んで「もしもボックス」を使い、科学ではなく魔法が発達した架空の世界を作り出した。
しかし、ここでののび太も魔法が全くダメな落ちこぼれ少年。
物体浮遊術はおろか、ほうきに乗るような簡単な魔法も使えないのだった。

架空の世界、『魔界』を舞台にしたこの作品。

もしもボックスで作り出した空想の世界だから、ピンチになっても元の世界に戻れば何事もなかったかのように普通の生活になるのですが、「じゃあ、あっちの世界にいた美夜子さんたちはどうなるの?」という素朴な疑問が。そのままの世界が存在するということを知ったのび太は、自分たちだけめでたしめでたしという訳にはいかない!と、再び戻る訳です。

この作品の好きな所は、美夜子さんが強いところ。
猫の姿になる呪いをかけられながらも、地球を救うために魔王を倒そうと立ち上がる素敵な女性です。

方角が分からなくなる森とか、人魚の歌に誘われて食べられてしまう川とか、ちょいちょい恐ろしい設定が入ってくるのも映画ならでは。

メデューサが追いかけてきてのび太たちを石にしてしまうシーンもトラウマ級の怖さ(笑)。

第14位・ドラえもん のび太の海底鬼岩城

第14位・ドラえもん のび太の海底鬼岩城

1983年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第4作目となる作品。

夏休み、のび太たちはキャンプの行き先を海にするか山にするかで議論していた。
結局「海に行きながら山に登ろう」というドラえもんの突拍子もない提案で、海底キャンプに出かけることになる。

ドラえもんのひみつ道具を使って海の底でキャンプをしていた一行は、そこで海中の国『ムー連邦』の住人である海底人のエルたちに出会った。

ドラえもんたちは、古代に滅亡した海底国家アトランティスに残された『自動報復装置ポセイドン』が活動を再開したことを知る。

ポセイドンによって鬼角弾が発射されれば、地球全体が滅亡するかもしれない。ドラえもんたちは鬼角弾の発射を阻止するため、アトランティスのあるバミューダ海域へ向かう。

海の底で山登りをしよう!というところから海底探検に出かけたドラえもんたち。

魔の三角地帯とよばれるバミューダトライアングルとか、ムー大陸とか、アトランティスとか、オカルト要素が詰め込まれてあり、子供の冒険心をこれでもか!とくすぐってきます。

海の底で死にかけるジャイアンとスネ夫とかめちゃくちゃ怖かった~。どれくらい我慢できるかな?と息を止めて見ていた記憶があります(笑)。

『海底人』という人間とは別の文明も出てきて、のび太たちと友情を深めるところもお決まりですが物語の重要なポイントですね。

ラスト、バギーちゃんが泣かせにきます。ただの機械じゃなかった!機械でも人を大事に思う気持ちがあるんだ!と思って子供ながらに号泣した思い出。

きっと今見ても泣く自信あります。

第13位・のび太とアニマル惑星

第13位・のび太とアニマル惑星

1990年3月に公開されたドラえもん映画シリーズ第11作。

ある夜、ピンク色のもやを見つけたのび太。その中には、人間と同じように立って暮らす動物たちがいた。

動物が平和に暮らす「アニマル惑星」。昔は月に住んでいた動物たちであったが、悪魔ニムゲに迫害され、現在はこの星に住んでいるというのだ。

しかし、この星にもニムゲによる危機が迫っていた。ドラえもんたちはアニマル惑星を救うことができるのか!

ドラえもん長編映画の中でも「名作」の1つといっていい作品ではないでしょうか。

環境問題をテーマにした映画で、子供はもちろんのこと、大人も真剣に見てしまうほど考えさせられる作品です。

言葉を話す動物が登場したり、ドラえもんの道具ではない方法で別世界にいく展開など、とにかくワクワクがとまらないのですが、後半は私たち人間の在り方について深く考えずにはいられません。

子供にも大人にも大きな発見がある物語ではないでしょうか。

第12位・ドラえもん のび太のパラレル西遊記

第12位・ドラえもん のび太のパラレル西遊記

1988年3月に公開された、ドラえもんの映画シリーズ第9作目。
藤子先生の体調不良により、この作品だけ唯一原作漫画がありません。

本物の孫悟空に会いたいのび太は、タイムマシンで1300年前の唐の時代の中国へ。
そこで出会った孫悟空らしき人物は、なんとのび太にそっくりだった!
のび太はみんなに自慢するが誰も信じてくれず、今度はみんなを連れて唐の時代へ。
だが孫悟空は現れず、のび太はごまかすためにドラえもんに頼んでひみつ道具の『ヒーローマシン』で孫悟空に変身する。

その時、開きっぱなしにしていたヒーローマシンの中から妖怪たちが現実世界へと出てきてしまい、歴史が妖怪たちの世界へと変えられてしまった!

ドラえもんたちは、妖怪退治の為に再び唐の時代へ向かうのだった…。

数あるドラえもん映画の中でも”トラウマ映画”の呼び声が高い、のび太のパラレル西遊記。
原作漫画が存在しないのに、この作品はかなりクオリティが高いです。もちろん藤子先生がご存命ですので、アイデアなどは出したのでしょうが…。

主題歌もこれまでのしっとり路線ではなく、ちょっとロックっぽい曲調でどことなく中国っぽくて、聴くだけでワクワクします。

妖怪たちが現実の世界に現れてしまった後の、現実世界で『何となく感じる異様さ』が怖い!ちょいちょい『何か変だな』という違和感の後の先生の豹変、ママの階段の上り方、トカゲのスープ…怖すぎて子供泣いちゃいますよね(笑)。

最後はただの”めでたしめでたし”ではなく、両親を失った少年を思うと心が痛む部分も…。

「他の3人の危険が危ない!」の名言はこちらで聞けます。

第11位・おばあちゃんの思い出

第11位・おばあちゃんの思い出

「おばあちゃんの思い出」は、2000年3月に公開された映画「ドラえもん のび太の太陽王伝説」と同時上映された短編作品です。

のび太がタイムマシンにのって、今は亡きおばあちゃんに会いに行く感動のストーリー。
ある日のび太は、幼稚園のころに亡くなったおばあちゃんの写真を見つける。優しかったおばあちゃんを思い出し、一目会いたくなって思わずタイムマシンに乗り込んだのび太。
果たして、のび太はおばあちゃんに会うことができるのか・・・。

ドラえもんの映像作品はどれも感動させられるものばかりですが、本作品も涙なしには見られないストーリーです。

のび太目線でみても、おばあちゃん目線でみても深く考えさせられる作品で、おばあちゃんののび太に対する想いや1つ1つの言葉が本当に心に響きます。(泣)

自分自身のおばあちゃんや家族、大切な人へ感謝の気持ちを伝えたい。そんな気持ちにさせてくれる作品です。

26分という短編映画なので、まだ観たことがないという方はぜひチェックしてみてください!

ドラえもん映画人気ランキングTOP10-1!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

テコンダー朴のキャラクター人気ランキング20選【2024最新版】

格闘漫画の体裁を取った一種のギャグ漫画的な作品で人気の「テコンダー朴」。今回はそんなテコンダー朴のキャラクタ…

maru.wanwan / 105 view

プリキュアの歴代キャラ強さランキング50選!シリーズ最強とは【2024最新版】

人気のアニメシリーズである「プリキュア」には多くのキャラクターが登場しますが、キャラの強さも注目されています…

maru.wanwan / 317 view

ローゼンメイデンのキャラ強さランキング!最強のドールとは【2024最新版】

「アンティークドールの戦い」をコンセプトにした人気アニメの「ローゼンメイデン」には多くのキャラクターが登場し…

maru.wanwan / 158 view

鬼滅の刃の嫌い&好きなキャラランキング36選!好感度を紹介【2024最新版】

吾峠呼世晴さんのコミックである「鬼滅の刃」には様々なキャラクターが登場します。この記事では、「鬼滅の刃」の登…

kent.n / 84 view

幽遊白書の名言&名シーン30選!ランキングで紹介【2024最新版】

「幽遊白書」は週刊少年ジャンプに連載されていた人気漫画ですが、さまざまな名言が話題になりました。そこで今回は…

maru.wanwan / 491 view

ドラえもんの登場キャラクター人気ランキングTOP30【2024最新版】

みんな大好きドラえもん!今回はそんなドラえもんに登場する多くのキャラクターの中から、人気ランキングを作成して…

ririto / 161 view

るろうに剣心の最強キャラ・強さランキングTOP40【2024最新版】

人気アニメ・るろうに剣心の作品の登場人物キャラクターを、強さの最強順にランキング形式にしてまとめてみました。…

ririto / 183 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

VTuberの人気ランキングTOP150・2024最新版【バーチャルユーチューバー】

VTuber(バーチャルユーチューバー)とは実際には存在しておらず、いわゆる中の人が存在しているYouTub…

kii428 / 579 view

セサミストリートのキャラクター一覧22選!人気ランキング【2024最新版】

『セサミストリート』は、アメリカの非営利団体・セサミワークショップが制作する子ども向けテレビ教育番組で、世界…

maru.wanwan / 146 view

ダイの大冒険のキャラクター人気ランキング35選【2024最新版】

スクウェア・エニックスの人気RPG『ドラゴンクエストシリーズ』の世界観・設定を元にした漫画作品である「ダイの…

maru.wanwan / 131 view

少年サンデー連載作品の歴代人気おすすめランキング32選【2024最新版】

名探偵コナンなどのヒット作品を世に生み出し、多くの人たちを魅了し続ける漫画雑誌がご存知「少年サンデー」です。…

もどる / 161 view

ウマ娘の最強キャラ・強さランキング69選!短距離・マイル・中距離・長距離・ダートの部…

「ウマ娘 プリティーダービー」に登場するキャラクターの強さランキング69選を<短距離TOP7・マイルTOP1…

maru.wanwan / 93 view

LINEスタンプのキャラクター人気ランキング100選【2024最新版】

今や電話やメールに変わるコミュニケーションツールとして大多数の人が利用しているLINEですが、人気のLINE…

maru.wanwan / 211 view

トリコの人気キャラ強さランキング71選!最強の登場人物とは【2024最新版】

グルメをテーマにしたバトル漫画の「トリコ」は、数多くのキャラが登場することでも知られています。そこで今回は、…

maru.wanwan / 133 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング