スポンサードリンク
42位:デーブ・キングマン 442本塁打

42位:デーブ・キングマン 442本塁打

生年月日: 1948年12月21日
出生地: アメリカ合衆国 オレゴン州 ペンドルトン

ホームラン王2度のパワーヒッターであるデーブ・キングマンは、三振かホームランかの典型的な打者で通算打率は.236。リーグ最多三振にも3度なっていますが、通算本塁打は442本塁打を記録しています。

40位:ジェフ・バグウェル 449本塁打

40位:ジェフ・バグウェル 449本塁打

生年月日: 1968年5月27日
出生地: アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ボストン

2001年に史上初の6年連続30本塁打&100打点&100得点&100四球を記録したアストロズの看板選手です。また、日本では野茂選手の天敵と言われ、ガニマタ打法は他に類を見ないスラッガーです。

40位:ウラジミール・ゲレーロ 449本塁打

40位:ウラジミール・ゲレーロ 449本塁打

生年月日: 1975年2月9日
出生地: ドミニカ共和国 ニサオ

現役時代は主にモントリオール・エクスポズ、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムで活躍して、2004年にはアメリカンリーグのMVPに輝きました。2018年、ドミニカ共和国出身の野手として史上初めて、アメリカ野球殿堂入りを果たし、怪物と呼ばれました。

39位:カール・ヤストレムスキー 452本塁打

39位:カール・ヤストレムスキー 452本塁打

生年月日: 1939年8月22日
出生地: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 サウサンプトン

23年間の現役時代すべてをボストン・レッドソックスに所属。1967年に三冠王を達成。それ以来2012年にミゲル・カブレラが三冠王を獲得するまで45年間三冠王は現れず「最後の三冠王」と呼ばれていました。

37位:アダム・ダン  462本塁打

37位:アダム・ダン  462本塁打

生年月日: 1979年11月9日
出生地: アメリカ合衆国 テキサス州 ヒューストン

史上50人目となる通算400本塁打を達成した一方、歴代3位となる2379三振を記録しています。長打力が高く、2004年から2008年まで5年連続で40本塁打を放ち、2006年・2008年を除く3年間は、40本塁打・100得点・100打点・100四球という成績を残しています。

37位:ホセ・カンセコ 462本塁打

37位:ホセ・カンセコ 462本塁打

生年月日: 1964年7月2日
出生地: キューバ ハバナ

メジャー通算462本塁打。1988年に二冠王とMVPに輝くなど1980年代中頃から1990年代後半にかけて活躍、メジャー史上初のシーズン40本塁打40盗塁を達成したスーパープレイヤーです。

36位:デーブ・ウィンフィールド  465本塁打

36位:デーブ・ウィンフィールド  465本塁打

生年月日: 1951年10月3日
出生地: アメリカ合衆国 ミネソタ州 セント・ポール

殿堂入りの5ツール・プレーヤーであるデーブ・ウィンフィールドは、MLBだけでなく、4つのプロリーグからドラフト指名されたスーパーアスリートとしても知られています。

35位:チッパー・ジョーンズ  468本塁打

35位:チッパー・ジョーンズ  468本塁打

生年月日: 1972年4月24日
出生地: アメリカ合衆国 フロリダ州 デランド

プロ生活のすべてをブレーブスで過ごし、「チームの顔」と称されたフランチャイズ・プレイヤーであり、1995年から2005年までのブレーブスの黄金時代を支えた「史上最高の両打ち打者」です。

34位:カルロス・デルガド 473本塁打

34位:カルロス・デルガド 473本塁打

生年月日: 1972年6月25日
出生地: プエルトリコ アグアディヤ

通算成績は打率2割8分、473本塁打、1512打点、。10年連続で30本塁打以上を記録するなど、メジャー屈指の長打力を持つと共に、広角に打ち分ける能力も兼ね備えていました。

32位:ウィリー・スタージェル 475本塁打

32位:ウィリー・スタージェル 475本塁打

生年月日: 1940年3月6日
出生地: アメリカ合衆国 オクラホマ州 アールズボロ

1971年シーズンは48本塁打を放って初の本塁打王になると、同年はチームがワールドシリーズに出場して、ワールドチャンピオンに輝きます。1973年は44本塁打を打ち、二度目の本塁打王に輝き、同年ドジャー・スタジアムにて現在も唯一とされるドジャー・スタジアムでの場外ホームランを放ったスラッガーです。

32位:スタン・ミュージアル 475本塁打

32位:スタン・ミュージアル 475本塁打

生年月日: 1920年11月21日
出身地:ペンシルベニア州ワシントン郡

現役生活の全てをセントルイス・カージナルスで送り、人格者として知られたスタン・ミュージアルは、通算3630安打は2019年時点で歴代4位、二塁打が非常に多く、1942年から戦争を挟んで1958年まで実に16シーズン連続で30本以上の二塁打を記録しました。

31位:エイドリアン・ベルトレ 477本塁打

31位:エイドリアン・ベルトレ 477本塁打

生年月日: 1979年4月7日
出生地: ドミニカ共和国 サント・ドミンゴ

ドミニカ共和国人選手では史上2番目に安打が多く、2017年にドミニカ共和国出身の選手としては初の通算3000本安打を達成した名スラッガーです。

30位:ミゲル・カブレラ 487本塁打

30位:ミゲル・カブレラ 487本塁打

生年月日: 1983年4月18日
出生地: ベネズエラ マラカイ

MLBにおける最高の打者の1人で、MLB45年ぶり且つ現役選手唯一の打撃三冠王達成者で、ベネズエラ出身MLB選手最多通算安打記録保持者です。インサイドの球を引っ張って、アウトサイドの球を流してホームランにできる卓越したバットコントロールとパワーを有しています。シーズン打率3割以上を11回、30本塁打以上を10回、100打点以上を12回記録しています。

28位:フレッド・マグリフ  493本塁打

28位:フレッド・マグリフ  493本塁打

生年月日: 1963年10月31日
出生地: アメリカ合衆国 フロリダ州 タンパ

移籍1年目の1998年は19本塁打でしたが、翌1999年には5年ぶりに30本塁打の大台を上回りました。2000年6月2日に通算400本塁打を達成し、2日後の6月4日に通算2000本安打を達成、2001年7月27日にトレードでシカゴ・カブスへ移籍し、2003年はロサンゼルス・ドジャースへ移籍。2004年は再び古巣タンパベイ・デビルレイズでプレイしたが、7月に解雇され、500本塁打目前の493本塁打に留まりました。

28位:ルー・ゲーリッグ  493本塁打

28位:ルー・ゲーリッグ  493本塁打

生年月日: 1903年6月19日
出生地: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク ヨークビル

1920年代から1930年代にかけてニューヨーク・ヤンキースで活躍したメジャーリーガーで、三冠王をはじめ、打撃タイトルを多数獲得し、史上最高の一塁手と称されました。

27位:エディ・マーレー 504本塁打

27位:エディ・マーレー 504本塁打

生年月日: 1956年2月24日
出生地: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス

史上3人目となる3000本安打・500本塁打を達成し、史上最高のスイッチヒッターとの呼び声も高い名スラッガーです。

26位:ゲイリー・シェフィールド 509本塁打

26位:ゲイリー・シェフィールド 509本塁打

生年月日: 1968年11月18日
出生地: アメリカ合衆国 フロリダ州 タンパ

バットの先端が下を向くほど大きくヒッチするフォームを特徴とし、バットスピードの速さはバリー・ボンズに次ぐと言われ、そのリストの強さを生かし、変化球にとても強いスラッガーでした。

25位:メル・オットー 511本塁打

25位:メル・オットー 511本塁打

生年月日: 1909年3月2日
出生地: アメリカ合衆国 ルイジアナ州 グレットナ

17歳でニューヨークジャイアンツでメジャーデビューし、6度の本塁打王になるなど通算511本塁打を放ったスラッガーです。また名門ジャイアンツ一筋22年、一本足打法で左打者のホームランバッターである事、通算試合数や安打数など含めて多くの点で日本の王貞治と類似を指摘されています。

23位:エディ・マシューズ  512本塁打

23位:エディ・マシューズ  512本塁打

生年月日: 1931年10月13日
出生地: アメリカ合衆国 テキサス州 テクサーカナ

屈指の強打者であり、通算512本塁打は後にマイク・シュミットに破られるまで三塁手としての最多記録保持者でした。ハンク・アーロンと共にブレーブスの主砲として活躍した。マシューズとアーロンがブレーブスで共にプレーした13年、二人が放った本塁打は合計863本に上りました・

23位:アーニ・バンクス 512本塁打

23位:アーニ・バンクス 512本塁打

生年月日: 1931年1月31日
出生地: アメリカ合衆国 テキサス州 ダラス

1977年にアメリカ野球殿堂入りした名プレイヤーです。Mr. Cub (ミスター・カブ)といわれ、カブスの看板プレーヤーとして絶大な人気を誇りました。バンクスがつけていた背番号「14」は、シカゴ・カブスの永久欠番となっています。

20位:フランク・トーマス 521本塁打

20位:フランク・トーマス 521本塁打

生年月日: 1968年5月27日
出生地: アメリカ合衆国 ジョージア州 コロンバス

通算成績は、メジャー19年間で2322試合出場、8199打数2468安打、521本塁打、1704打点、打率.301。MVP2回(1993年,’94年)、最高出塁率4回(’91〜92年,’94年,’97年)、シルバー・スラッガー賞4回(’91年,’93〜94年,2000年)、オールスター出場5回(1993〜97年)、2014年米国野球殿堂入りを果たしています。

20位:テッド・ウィリアムズ  521本塁打

20位:テッド・ウィリアムズ  521本塁打

生年月日: 1918年8月30日
出生地: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンディエゴ

MLB史上最高の左翼手とも称され、ロジャース・ホーンスビーと並び、メジャーリーグベースボールで三冠王を2度獲得したスーパースターです。通算出塁率.482はメジャー歴代1位で、1941年に打率.406を記録、現時点でMLB最後の規定4割打者として知られています。

20位:ウィリー・マッコビー 521本塁打

20位:ウィリー・マッコビー 521本塁打

生年月日: 1938年1月10日
出生地: アメリカ合衆国 アラバマ州 モビール

ウィリー・マッコビーは、ジャッキー・ロビンソンが切り拓いた「黒人メジャーリーガー」の第二世代に当たる大打者でした。通算521本塁打のジャイアンツのレジェンドとして今もなお語り継がれています。

19位:ジミー・フォックス 534本塁打

19位:ジミー・フォックス 534本塁打

生年月日: 1907年10月22日
出生地: アメリカ合衆国 メリーランド州 サッドラーズビル

ベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグと並ぶ1930年代の強打者で、MLB史上最強の右打者の一人。1951年にアメリカ野球殿堂入りを果たした伝説のプレイヤーです。

18位:ミッキー・マントル 536本塁打

18位:ミッキー・マントル 536本塁打

生年月日: 1931年10月20日
出生地: アメリカ合衆国 オクラホマ州 スパビナウ

1950年代から1960年代にかけてニューヨーク・ヤンキース の主砲として活躍し、スイッチヒッターとしては史上最多の通算536本塁打を記録した名プレイヤーです。

17位:デービッド・オルティス 541本塁打

17位:デービッド・オルティス 541本塁打

生年月日: 1975年11月18日
出生地: ドミニカ共和国 サント・ドミンゴ

愛称は、ビッグ・パピ、クッキーモンスターで、爆発的なパワーを生かし、アッパースイングで低目のボールをすくい上げるローボールヒッターです。同僚のマニー・ラミレスと共に驚異的なコンビとして活躍、基本的には引っ張って強い打球を放つことが多いが、流し打ってグリーンモンスターに当て二塁打を稼ぐ技術を持ちます。

16位:マイク・シュミット 548本塁打

16位:マイク・シュミット 548本塁打

生年月日: 1949年9月27日
出生地: アメリカ合衆国 オハイオ州 デイトン

キャリアの全てをフィラデルフィア・フィリーズで過ごしたフランチャイズ・プレイヤーです。通算548本塁打は三塁手として歴代最多。またナ・リーグ最多の本塁打王8回、エディ・マシューズに並びナ・リーグ歴代最長タイとなる9年連続30本塁打といった記録も残しています。守備も堅実でゴールドグラブ賞を10回受賞。史上最高の三塁手とも称されています。

15位:マニー・ラミレス  555本塁打

15位:マニー・ラミレス  555本塁打

生年月日: 1972年5月30日
出生地: ドミニカ共和国 サント・ドミンゴ

MLB歴代ドミニカ共和国出身選手として2番目に多い打点を記録している名プレイヤーで、MLB選手としては決して大柄ではないものの、広角に打球をスタンドに放り込む長打力を持ちます。

14位:レジー・ジャクソン 563本塁打

14位:レジー・ジャクソン 563本塁打

生年月日: 1946年5月18日
出生地: アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 アビントン

豪快な性格と歯に衣着せぬ物言いから、常に周囲との問題を引き起こした。アスレチックス時代にはオーナーのフィンリー、ヤンキース時代は当時の主将サーマン・マンソンとグラウンド内外で対立したり、当時の監督ビリー・マーティン、オーナーのジョージ・スタインブレナーとの関係は度々メディアに取り上げられました。

13位:ラファエル・パルメイロ 	 569本塁打

13位:ラファエル・パルメイロ  569本塁打

生年月日: 1964年9月24日
出生地: キューバ ハバナ

MLB史上4人目の「通算3000安打&500本塁打」を記録した選手で、息子のパトリックも2008年のMLBドラフト22巡目でピッツバーグ・パイレーツから指名され、プロ入りしたプロ野球選手です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

かわいい陸上女子選手の歴代人気ランキングTOP20【2022最新版】

世界大会やオリンピックなどで注目される女子陸上選手ですが、最近では実力はもとより、そのルックスについてもイン…

maru.wanwan / 2345 view

サッカー選手の歴代人気ランキング100選~世界TOP70・日本TOP30【2022最…

今回はサッカー選手歴代人気ランキングを世界編TOP70、日本編TOP30として紹介します。世界でもトップクラ…

maru.wanwan / 13199 view

歴代の女子ラグビー選手・かわいい人気ランキングTOP20【2022最新版】

今回は歴代のかわいい女子ラグビー選手の人気ランキングTOP20を紹介します。ラグビーは今や男子だけのスポーツ…

maru.wanwan / 810 view

男子アイスホッケー選手のイケメン人気ランキングTOP20【歴代・2022最新版】

どのような素顔をしているのか気になるアイスホッケー選手ですが、ヘルメットをとるとイケメン選手が多いことで大き…

maru.wanwan / 442 view

野球選手のスキャンダル20選~衝撃順にランキング【2022最新版】

プロ野球選手と言えば、憧れの存在であると同時に私生活にも注目が集まってしまいますね。そのため野球選手のスキャ…

chokokuru / 2706 view

テニス選手のラケット破壊10選~衝撃順にランキング【動画付き・2022最新版】

テニスの試合を見ていて、イライラが募り、ついラケットを叩き壊してしまうような衝撃的なシーンを目にすることがあ…

maru.wanwan / 279 view

歴代の空手女子選手・人気かわいいランキングTOP20【2022最新版】

今回は歴代のかわいい女子空手選手の人気ランキングTOP20を紹介します。1人で行うかっこいい型と、2人で戦う…

maru.wanwan / 1477 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

女子モーグル選手の歴代人気ランキング20選【2022最新版】

スキー競技のフリースタイルのひとつであるモーグルは、高いターン技術・エアー演技・ハイスピードの3要素で審査す…

maru.wanwan / 202 view

女子ボクシング選手の歴代強さランキング30選!日本人・世界別【2022最新版】

2001年には世界女子ボクシング選手権大会が開催され、2012年ロンドンオリンピック以降の採用も確定した女子…

maru.wanwan / 523 view

男子スピードスケート選手のイケメン人気ランキングTOP21【歴代・2022最新版】

冬季オリンピックの花形競技ともいえる男子スピードスケート。これまで様々なイケメン選手が数々のドラマを生んでき…

maru.wanwan / 149 view

バスケットボール男子歴代イケメン人気ランキングTOP20【2022最新版】

バスケットボール界は、ワールドカップ出場権獲得やBリーグの開幕により近年イケメンのバスケットボール選手に注目…

maru.wanwan / 1606 view

歴代の女子スポーツクライミング選手20選・人気ランキング【2022最新版】

垂直にそり立つ壁をカラフルなホールドを使って道具を持たずに自身の体一つで登る「スポーツクライミング」は202…

maru.wanwan / 324 view

野球選手のスキャンダル20選~衝撃順にランキング【2022最新版】

プロ野球選手と言えば、憧れの存在であると同時に私生活にも注目が集まってしまいますね。そのため野球選手のスキャ…

chokokuru / 2706 view

プロ野球選手の私服ファッション40選~ダサい編TOP5・おしゃれ編TOP20【202…

かつてのプロ野球選手の私服は、Jリーグの選手とは違い、ダサいと有名でしたが、現在では若いイケメン選手が中心に…

maru.wanwan / 2274 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング