スポンサードリンク
19位:長野県

19位:長野県

死者数 65人
10万人あたりの死者数 3.2人
事故発生件数 6,281人
負傷者数 7,559人
10万人あたりの負傷者数 368.9人

2019年の長野県内の交通事故状況は、発生件数6,281件(-970件)、死者数65人(-1人)、負傷者数7,559人(-1,259人)でした。特に自転車が絡んだ事故が深刻で、自転車に関する交通事故による死傷者は、16~19歳が225名と最多にのぼっています。

18位:熊本県

18位:熊本県

死者数 69人
10万人あたりの死者数 3.9人
事故発生件数 4,104件
負傷者数 5,092人
10万人あたりの負傷者数 291.3人

熊本県の2019年の交通事故死者数は69人で、全国では18番目に多い数字になっています。交通事故は減少傾向で推移していますが、高齢運転者が交通死亡事故に関係する割合が年々高くなってきており、高齢者の事故防止対策が喫緊の課題となっています。また、携帯電話使用中の交通事故は、2018までの5年間で1.7倍に増加しています。

17位:三重県

17位:三重県

死者数 75人
10万人あたりの死者数 4.2人
事故発生件数 3,647人
負傷者数 4,688人
10万人あたりの負傷者数 263.2人

2019年の三重県における交通事故志望者数は75人です。四輪乗車中の死者29人中、シートベルト非着用者は17人(構成率58.6%)で、シートベルトを着用していれば助かった死者は12人と推定されます。三重県はまだシートベルト着用の意識が他県に比べて薄いといえます。

16位:岡山県

16位:岡山県

死者数 75人
10万人あたりの死者数 4.0人
事故発生件数 4,690件
負傷者数 5,315人
10万人あたりの負傷者数 281.2人

岡山県の2019年の県内の交通事故死者数は、前年の68人より7人増加し75人にのぼっています。形態別では、道路横断中などの歩行者が26人(18年21人)、車両同士の事故による死者が25人(同21人)でいずれも増加、ガードレールに激突するといった自損事故の死者は18年から3人減の23人となっています。

15位:広島県

15位:広島県

死者数 75人
10万人あたりの死者数 2.7人
事故発生件数 6,257
負傷者数 7,643人
10万人あたりの負傷者数 272.6人

令和元年中の広島県内における交通事故死者数は75人で,統計が残る昭和23年以降最も少ない死者数となり,年間の交通事故死者数75人以下を目標とする「アンダー75作戦」を1年前倒しで達成しています。

14位:栃木県

14位:栃木県

死者数 82人
10万人あたりの死者数 4.2人
事故発生件数 4,553件
負傷者数 5,621人
10万人あたりの負傷者数 290.6人

2019年の栃木県における交通事故死者数は82人で、前年比-7人でした。人口10万人当たりの死者数は4.214で、全国平均(2.54人)を上回り、都道府県別では全国ワースト第5位でした。年齢層別の死者数は、65歳以上の高齢者が43人で、全体の約52.4%を占め、歩行者の死者21人中17人が高齢者でした。

13位:岐阜県

13位:岐阜県

死者数 84人
10万人あたりの死者数 4.2人
事故発生件数 4,097件
負傷者数 5,221人
10万人あたりの負傷者数 262.8人

2019年の岐阜県における死亡事故は81件84人発生し、前年より7人減少しています。全国での岐阜県の位置(ワースト順位)は、死者数13位、増減数24位、増減率24位となっています。また、人口10万人当たりの死者数は4.21人で、全国ワースト6位となっています。特徴としては高齢者の死者が6割強、高齢運転者の事故が4割強、歩行中・自転車乗用中の死者が約5割です。

12位:新潟県

12位:新潟県

死者数 93人
10万人あたりの死者数 4.2人
事故発生件数 3,484人
負傷者数 4,086人
10万人あたりの負傷者数 183.8人

新潟県警によると、2019年に県内で起きた交通事故の死者は前年より9人少ない93人で、2年ぶりに100人を下回りました。高齢者が運転する車による事故の死者が38人と全体の4割を占め、特に単独事故が前年の4倍に当たる23人に急増した。発生した事故件数は3484件、負傷者数は4086人で、いずれも14年連続で減少しています。

11位:福岡県

11位:福岡県

死者数 98人
10万人あたりの死者数 1.9人
事故発生件数 26,936人
負傷者数 35,077人
10万人あたりの負傷者数 687.2人

2019年の福岡県内で発生した交通事故による死者数は、昭和21年以降の統計で最少の98人となっています。このうち65歳以上の高齢者が55人と半数以上を占めており、自転車との接触事故による死者数が42人と最も多くなっているのが特徴です。歩行者の死者数は前年より34人減少の34人と大幅に減少しています。

都道府県別交通事故ランキングTOP10-1

10位:静岡県

10位:静岡県

死者数 101人
10万人あたりの死者数 2.8人
事故発生件数 25,102件
負傷者数 32,491人
10万人あたりの負傷者数 891.6人

静岡県の2019年の交通事故死者数は101人で全国ワースト10位となっています。死者数は前年から3人減少と、それほど変わっていませんが、事故発生件数は前年の28,402件からは大幅に減少しています。事故発生件数は減少しているものの、負傷者数はいまだに多く、人口10万人あたりの負傷者数は全国ワーストの891.6人になっています。

9位:茨城県

9位:茨城県

死者数 107人
10万人あたりの死者数 3.7人
事故発生件数 7,447件
負傷者数 9,372人
10万人あたりの負傷者数 327.7人

茨城県の2019年の交通事故死者数は、前年より15人少ない107人となっており、詳しい統計が残る1957年以降で最少となっています。茨城県内の死者数は都道府県別で埼玉県に次ぐワースト9位で、633人だった1971年のピーク時に比べ6分の1まで減少しています。死者数を事故形態では、車同士が出合い頭に衝突したのが21人で最も多く、次いで歩行者が道路を横断していはねられたのが20人になっています。

8位:埼玉県

8位:埼玉県

死者数 129人
10万人あたりの死者数 1.8人
事故発生件数 21,359人
負傷者数 25,704人
10万人あたりの負傷者数 349.7人

2019年に埼玉県内で起きた交通事故件数は21.359件で、死者数は全国で7番目に多い129人になっています。全国ワースト8位ですが、前年に比べて46人減少しており、全国で最も死者数が減少しています。死亡事故の状態は歩行者が43人と最も多く、年代は65歳以上の高齢者が63人と最も多くなっています。

7位:大阪府

7位:大阪府

死者数 130人
10万人あたりの死者数 1.5人
事故発生件数 30,914件
負傷者数 36,664人
10万人あたりの負傷者数 416.2人

大阪府の2019年の事故発生件数は30,914件で、死者数は前年よりも17人減少した130人になっています。大阪府の交通事故による死者のうち、歩行者が4割を占め、そのうち65歳以上の高齢者が約8割を占めています。関西地方では兵庫県に次いで危険とされています。

6位:神奈川県

6位:神奈川県

死者数 132人
人口10万人あたりの死者数 1.4人
事故発生件数 23,294件
負傷者数 27,392人
人口10万人あたりの負傷者数 297.8人

神奈川県の2019年における交通事故死者数は、前年より30人少ない132人で、統計が残る1948年以降で最少となっています。特徴として、バイク運転中の死亡者の死者が前年より3人増加して49人になっている点があげられます。さらに未成年者の単独事故による死者数が6人増えて11人、このうち9人がバイク事故によるものでした。

5位:東京都

5位:東京都

死者数 133人
人口10万人あたりの死者数 0.96人
事故発生件数 30,467件
負傷者数 34,777人
人口10万人あたりの死者数 249.8人

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

都道府県の魅力度ランキングTOP47~歴史・自然が人気【最新版】

日本の人気観光スポットといえば沖縄のキレイな海や、日本の歴史を感じることができる京都、グルメや自然が自慢の北…

maru.wanwan / 127 view

関西の住みたい街ランキングTOP30~兵庫・大阪・京都の人気の場所【2021最新版】

交通の便よく、緑豊かな魅力的な街は関東だけではなく、関西にもたくさんあります。また、関西には関西らしい特徴が…

maru.wanwan / 49 view

東京23区の住みたい区ランキング最新版を公開【2021版】

毎年1月から3月にかけて引っ越しシーズンを迎えますが、そんな引っ越しを考えている方の参考にされているのが住み…

maru.wanwan / 712 view

都道府県の学力ランキングTOP47!全国で頭の良い子供が多い場所とは【2021版】

都道府県を元にした様々なランキングがありますが、学力はいったいどこが一番優れているのか気になったことはありま…

maru.wanwan / 832 view

国内旅行でおすすめの都道府県ランキング47!主な観光スポットとイベントも紹介【202…

日本国内には北海道から沖縄まで、それぞれ代表的な観光スポットがあり、どこへ行っても見どころが満載です。今回は…

maru.wanwan / 39 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

アウトレットの人気おすすめランキング33選【2021最新版】

1980年代にアメリカで誕生した新しい流通業の形態で、主にいわゆるメーカー品や、高級ブランド品をリーズナブル…

maru.wanwan / 36 view

日本の心霊スポット怖いランキング102選【2021最新版】

日本には多くの心霊スポットが存在していますが、どの心霊スポットが怖いのか気になる人が多いようです。そこで今回…

maru.wanwan / 1073 view

自宅での過ごし方20選!コロナで外出自粛中のおすすめランキング【一人暮らし・家族・子…

新型コロナウイルスの影響で外出自粛に取り組んでいるものの、自宅待機中にどう過ごしていいか分からないとお悩みの…

kent.n / 19 view

住みたい都道府県ランキングTOP47~日本1番人気とは【2021最新版】

今回は住みたい都道府県ランキングを紹介していきます。今自分が住んでいる場所以外に、他に住んでみたい都道府県は…

maru.wanwan / 136 view

東京23区の平均年収・金持ちランキング最新版【2021最新版】

政治・経済などあらゆる分野で日本の中心都市とされる東京。そんな東京都にも様々な方が住んでおり、金持ちが多いこ…

maru.wanwan / 557 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング