スポンサードリンク
プロフィール

プロフィール

2011/03/02生 牡 鹿毛
父 : スクリーンヒーロー 
母 : メジロフランシス (父 : *カーネギー) 
系統 : ロベルト系
生産者 : 戸川牧場(日高) 
馬主 : 吉田和美 
所属 : 堀宣行(美浦) , 他
通算成績 : 18戦 11勝 G1 : 3+3勝 重賞 : 4+3勝

獲得賞金	5億3624万6000円

獲得賞金 5億3624万6000円

2013年に中央競馬でデビュー。主な勝ち鞍は安田記念、マイルチャンピオンシップ、香港マイル(2015年)、チャンピオンズマイル、天皇賞・秋、香港カップ(2016年)。

デビューから2年間は重賞を勝利することはできませんでしたが、2014年に堀宣行厩舎へ転厩以降は出走した全レースで連対を果たし、2015年は初戦の1000万下条件戦から安田記念、マイルチャンピオンシップ、香港マイルとマイルGI3戦を含む6連勝を果たして同年度のJRA賞年度代表馬、最優秀短距離馬に選出されました。

競争馬の歴代最強ランキングTOP10-1

10位:ブエナビスタ

プロフィール

プロフィール

2006/03/14生 牝 黒鹿毛
父 : スペシャルウィーク 
母 : ビワハイジ (父 : Caerleon) 
系統 : サンデーサイレンス系
生産者 : ノーザンファーム(早来) 
馬主 : (有)サンデーレーシング 
所属 : 松田博資(栗東)
通算成績 : 23戦 9勝  G1 : 6勝 重賞 : 8勝

獲得賞金	14億7886万9700円

獲得賞金 14億7886万9700円

主な勝ち鞍は、2008年の阪神ジュベナイルフィリーズ、2009年の桜花賞、優駿牝馬、2010年のヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)、2011年のジャパンカップで、総獲得賞金は14億7886万9700円に達し、日本調教馬として歴代5位、牝馬としては歴代2位となっています。

また、全獲得賞金を米ドルに換算した場合17,018,548米ドルとなり、それまで1位だったテイエムオペラオーを上回り、2013年にオルフェーヴルに上回られるまで、世界賞金記録を保有していました。草野仁が一口馬主として出資していたことでも知られています。

9位:オルフェーヴル

プロフィール

プロフィール

2008/05/14生 牡 栗毛
父 : ステイゴールド 
母 : オリエンタルアート (父 : メジロマックイーン) 
系統 : サンデーサイレンス系
生産者 : 社台コーポレーション白老ファーム(白老) 
馬主 : (有)サンデーレーシング 
所属 : 池江泰寿(栗東)
通算成績 : 21戦 12勝  G1 : 6勝 重賞 : 9+2勝

獲得賞金	13億4408万4000円

獲得賞金 13億4408万4000円

2010年に中央競馬(JRA)でデビュー。主な勝ち鞍は皐月賞、東京優駿、菊花賞(2011年)、宝塚記念(2012年)、有馬記念(2011年、2013年)。2011年に史上7頭目となる牡馬クラシック三冠を制し、同年のJRA賞年度代表馬、JRA賞最優秀3歳牡馬に選出されました。

2012年・2013年にはフランスの凱旋門賞に出走し、敗れはしたものの2年連続で2着と好走、それぞれの年にJRA賞最優秀4歳以上牡馬に選出され、現役引退後は種牡馬となり、2014年6月に日本馬として初めて「ロンジンワールドベストレースホース」を受賞し、2015年9月14日、31頭目のJRA顕彰馬に選定されています。

8位:ゴールドシップ

プロフィール

プロフィール

2009/03/06生 牡 芦毛
父 : ステイゴールド 
母 : ポイントフラッグ (父 : メジロマックイーン) 
系統 : サンデーサイレンス系
生産者 : 出口牧場(日高) 
馬主 : 小林英一 
所属 : 須貝尚介(栗東)
通算成績 : 28戦 13勝  G1 : 6勝 重賞 : 11勝

獲得賞金	13億9776万7000円

獲得賞金 13億9776万7000円

2011年に中央競馬(JRA)の函館競馬場でデビュー。主な勝ち鞍は皐月賞、菊花賞、有馬記念(2012年)、宝塚記念(2013年・2014年)、天皇賞(春)(2015年)。

自身の血統に「黄金配合」と呼ばれた父・ステイゴールド、母の父・メジロマックイーンを持つ競走馬として、2015年に6歳で現役を退くまで長きに渡って活躍しました。2019年現在、芦毛馬の中央競馬GI最多勝利数、最多獲得賞金額の記録を保持しています。

7位:アーモンドアイ

プロフィール

プロフィール

2015/03/10生 牝 鹿毛
父 : ロードカナロア 
母 : フサイチパンドラ (父 : *サンデーサイレンス) 
系統 : ミスタープロスペクター系
生産者 : ノーザンファーム(安平) 
馬主 : (有)シルクレーシング 
所属 : 国枝栄(美浦)
通算成績 : 13戦 9勝  G1 : 6+1勝 重賞 : 7+1勝

獲得賞金	14億663万3900円

獲得賞金 14億663万3900円

主な勝ち鞍は2018年の桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ、2019年のドバイターフ、天皇賞(秋)、2020年のヴィクトリアマイルで、2018年の年度代表馬、史上5頭目の牝馬三冠馬です。

馬名の由来は「美人とされる顔の目の形」とされています。

6位:ウオッカ

プロフィール

プロフィール

2004/04/04生 牝 鹿毛 2019/04/01没
父 : タニノギムレット 
母 : タニノシスター (父 : *ルション) 
系統 : ロベルト系
生産者 : カントリー牧場(静内) 
馬主 : 谷水雄三 
所属 : 角居勝彦(栗東)
通算成績 : 26戦 10勝 G1 : 7勝 重賞 : 8勝

獲得賞金 13億3356万5800円

獲得賞金 13億3356万5800円

牝馬として64年ぶりに東京優駿(日本ダービー)に勝利するなどGI通算7勝を挙げ、マスコミやファンから「史上最強牝馬」と呼ばれました。

同世代のダイワスカーレットとは激しい争いを何度も繰り広げ、ともに牝馬ながらG1級の牡馬と互角以上に渡り合い、2008年・2009年のJRA賞年度代表馬で、2011年選考の顕彰馬になっています。

5位:ジェンティルドンナ

プロフィール

プロフィール

2009/02/20生 牝 鹿毛
父 : ディープインパクト 
母 : *ドナブリーニ (父 : Bertolini) 
系統 : サンデーサイレンス系
生産者 : ノーザンファーム(安平) 
馬主 : (有)サンデーレーシング 
所属 : 石坂正(栗東)
通算成績 : 19戦 10勝 G1 : 6+1勝 重賞 : 8+1勝

獲得賞金 13億2621万円

獲得賞金 13億2621万円

主な勝ち鞍は2012年の桜花賞、優駿牝馬(オークス)、秋華賞(2012年)、ジャパンカップ(2012年・2013年)、ドバイシーマクラシック(2014年)、有馬記念(2014年)。

史上4頭目の牝馬三冠馬で、ジャパンカップにおいては3歳馬・牝馬三冠馬としての優勝、連覇は本馬が史上初です。

4位:シンボリルドルフ

プロフィール

プロフィール

1981/03/13生 牡 鹿毛 2011/10/04没
父 : *パーソロン 
母 : スイートルナ (父 : スピードシンボリ) 
系統 : トウルビヨン系
生産者 : シンボリ牧場(門別) 
馬主 : シンボリ牧場 
所属 : 野平祐二(美浦)
通算成績 : 16戦 13勝 G1 : 7勝 重賞 : 10勝

獲得賞金	6億8482万4200円

獲得賞金 6億8482万4200円

日本競馬史上4頭目の中央競馬クラシック三冠馬であり、その他のGI競走を含めると史上初の七冠馬でもあります。1984年度優駿賞年度代表馬および最優秀4歳牡馬、1985年度同年度代表馬および最優秀5歳以上牡馬で、1987年、顕彰馬に選出されました。

3位:ディープインパクト

プロフィール

プロフィール

2002/03/25生 牡 鹿毛 2019/07/30没
父 : *サンデーサイレンス 
母 : *ウインドインハーヘア (父 : Alzao) 
系統 : サンデーサイレンス系
生産者 : ノーザンファーム(早来) 
馬主 : 金子真人ホールディングス(株) 
所属 : 池江泰郎(栗東)
通算成績 : 14戦 12勝 G1 : 7勝 重賞 : 10勝

獲得賞金	14億5455万1000円

獲得賞金 14億5455万1000円

2005年に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠を達成、2006年には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となり、種牡馬としては2012年から2019年の日本のリーディングサイアーです。

このほか2005年にJRA賞年度代表馬・最優秀3歳牡馬、2006年に年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬を受賞し、 2008年には顕彰馬に選出されました。

2位:キタサンブラック

プロフィール

プロフィール

2012/03/10生 牡 鹿毛
父 : ブラックタイド 
母 : シュガーハート (父 : サクラバクシンオー) 
系統 : サンデーサイレンス系
生産者 : ヤナガワ牧場(日高) 
馬主 : (有)大野商事 
所属 : 清水久詞(栗東)
通算成績 : 20戦 12勝 G1 : 7勝 重賞 : 10勝

獲得賞金18億7684万3000円

獲得賞金18億7684万3000円

2016年・2017年のJRA賞年度代表馬・JRA賞最優秀4歳以上牡馬。主な勝ち鞍は菊花賞(2015年)、天皇賞(春)(2016年・2017年)、ジャパンカップ(2016年)、大阪杯(2017年)、天皇賞(秋)(2017年)、有馬記念(2017年)で、獲得賞金18億7684万3000円はJRA歴代1位を誇ります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

男子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP26【2022最新版】

女性を中心に人気の男子フィギュアスケート選手たち。これまで多くの選手たちが活躍してきましたね。そこで今回は、…

kent.n / 1002 view

競馬のG1レースの賞金・格付けランキングTOP26【2022最新版】

競馬のレースで最も格付けの高いG1レースですが、実はレースによって賞金額には差があります。そこで今回は、G1…

maru.wanwan / 581 view

卓球・国の強さランキング30選~男子女子別TOP15【2022最新版】

オリンピックが日本でも徐々に盛り上がりを見せる中、卓球にも大きな注目が集まっています。そこで今回は日本の卓球…

maru.wanwan / 600 view

女子スピードスケート選手の人気かわいいランキングTOP20【歴代・2022最新版】

冬季オリンピックで大会ごとに注目を集める女子スピードスケートですが、スピードだけではなく、そのルックスにも注…

maru.wanwan / 975 view

男子重量挙げ選手の歴代強さランキング20選!日本人・世界別【2022最新版】

重量挙げは、いかに重いバーベルを頭上まで挙げるかを競う競技で、ウエイトリフティングという呼び名でも親しまれて…

maru.wanwan / 408 view

【かわいい】女子レスリング選手人気ランキングTOP19【歴代・2022最新版】

最近はパワハラ騒動で女子レスリングの世界の雲行きが一気に悪くなってしまいました。しかし、元々は、迫力のある試…

kent.n / 1511 view

東京オリンピック2020の種目一覧&人気ランキングTOP33【2022最新版】

2020年夏に開催予定も新型コロナの影響で2021年開催になった東京オリンピック(東京五輪)。今回は東京オリ…

maru.wanwan / 313 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

かわいい女子プロレスラー人気ランキングTOP30【2022最新版】

プロレスラーと聞くと、熱い男たちの戦いのリングを想像する人も多いが、女性プロレスターはかわいいルックスの人も…

kent.n / 9977 view

アジアのサッカー・国の強さランキングTOP20~最強の国とは【2022最新版】

FIFAワールドカップと同じく、4年に1度開催されるアジアの王者を決めるAFCアジアカップ。現在のアジアで最…

maru.wanwan / 871 view

【歴代】男子バレーボール選手イケメンランキングTOP38【2022最新版】

女子バレーボールよりも話題になりにくい男子バレーボール選手たちですが、歴代の選手たちはイケメンばかりなのです…

kent.n / 2123 view

野球の強さ国別ランキングTOP30~世界で最強の国とは【2022最新版】

日本では多くのファンを集める野球ですが、オリンピックやWBCなど国際大会でも野球にも注目が集まっています。今…

maru.wanwan / 2559 view

男子ハンドボール選手の歴代イケメン人気ランキングTOP20【2022最新版】

今回は男子ハンドボール選手の歴代イケメン人気ランキングTOP20を紹介します。ハンドボールは、全身のバネを使…

maru.wanwan / 1146 view

【かわいい】女子柔道選手人気ランキングTOP27【歴代・2022最新版】

迫力あるスポーツとして人気の柔道ですが、女子柔道選手たちのかわいい素顔などはあまりクローズアップされる機会は…

kent.n / 2185 view

歴代の女子ラグビー選手・かわいい人気ランキングTOP20【2022最新版】

今回は歴代のかわいい女子ラグビー選手の人気ランキングTOP20を紹介します。ラグビーは今や男子だけのスポーツ…

maru.wanwan / 2039 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング