22位:立教大学

出場27回 総合優勝0回

出場27回 総合優勝0回

創部 1920年
練習拠点 東京都豊島区

立教大学はこれまで箱根駅伝本選に27回の出場を誇る大学で、総合優勝の経験はありません。箱根駅伝が始まった1920年に創部、箱根駅伝本選には1934年の第15回大会から出場し、最高順位は1957年第33回大会で総合3位です。1968年の第44回大会を最後に出場が途絶えていますが、2024年の創立150周年に向けた記念事業として、2024年1月の東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝)本選出場を目指す「立教箱根駅伝2024」事業に取り組んでいます。

21位:拓殖大学

出場41回 総合優勝0回

出場41回 総合優勝0回

創部 1921年
練習拠点 東京都八王子市

拓殖大学は、1933年の第14回大会に初出場を果たすと、歴代17位の41回の本戦出場を果たしている名門大学です。しかしこれまで総合優勝の経験はなく、過去最高順位は2011年、第87回大会の7位となっています。ここ最近では第94回大会、95回大会と各一桁の順位を確保し、シード権を獲得するなど安定した成績を残しています。新たに山下拓郎氏が監督に就任し、初優勝を目標に掲げています。

箱根駅伝の歴代出場校 強さランキングTOP20-16

20位:国士舘大学

出場48回 総合優勝0回

出場48回 総合優勝0回

創部 1956年
練習拠点 東京都多摩市

国士舘大学は、創部の翌年である1957年の第33回大会に初出場を果たし、計48回の出場を誇る名門大学です。1992年の第68回大会を最後に36回の連続出場が途切れてしまい、その後も不安定な成績が続きました。そんな国士舘大学は、2017年の第93回大会に3年ぶりに出場を果たしますが最下位という屈辱を味わいました。シード権の獲得はもちろん、一桁順位を目標に掲げています。

19位:筑波大学

出場61回 総合優勝0回

出場61回 総合優勝0回

創部 1902年
練習拠点 茨城県つくば市

筑波大学はこれまで箱根駅伝本選に61回の出場を記録している名門校ですがが、総合優勝の経験は未だなく、悲願の優勝が待たれます。しかし、前身である東京高等師範学校がその前身で、箱根駅伝第1回大会の優勝校です。その後、東京師範学校は文理大、東京体専、東京教育大と変遷し、筑波大学として現在に至っています。ここまで長らく低迷が続いている筑波大学ですが、一桁入賞を目標に初優勝を目指しています。

18位:東京農業大学

出場69回 総合優勝0回

出場69回 総合優勝0回

創部 1919年
練習拠点 東京都世田谷区

東京農業大学はこれまで箱根駅伝本選に歴代7位の69回の出場を誇る大学ですが、第90回の箱根駅伝を最後に、それ以降、本選への出場はありません。第53回大会で総合2位に輝いたのが最高順位で、第49回大会から第57回大会まで毎年一桁の順位を記録し、無類の強さを発揮していました。

17位:法政大学

出場80回 総合優勝0回

出場80回 総合優勝0回

創部 1919年
練習拠点 東京都町田市

1921年の第2回大会から本選に出場し、これまで史上4校目の80回の出場記録を持つ伝統校です。しかしながら、総合優勝の経験はありません。また、過去10年間の成績を見ると、92回大会から96回大会まで5大会連続出場中で、93回大会は8位、94回、95回大会は6位を記録しており、ここ最近では活躍が目立ちます。あぶなげなくシード権を獲得しつつある強豪校です。

16位:東海大学

出場47回 総合優勝1回

出場47回 総合優勝1回

創部 1959年
練習拠点 神奈川県平塚市

東海大学はこれまで箱根駅伝本選に47回の出場で総合優勝1回を誇る強豪校です。近年青山学院大学に並んで実力をつけてきた大学として有名で、90回大会13位、91回大会6位、92回大会5位、93回大会では10位に順位を落としますが、94回大会で5位、95回大会で優勝と年を追うごとに成長してきた大学です。96回大会は連覇を逃して惜しくも2位に終わっていますが、97回大会では王座奪還なるか注目です。

箱根駅伝の歴代出場校 強さランキングTOP15-11

15位:亜細亜大学

出場33回 総合優勝1回

出場33回 総合優勝1回

創部 1958年
練習拠点 東京都西多摩郡

亜細亜大学はこれまで箱根駅伝本選に33回の出場で総合優勝1回を誇ります。しかし第86回大会を最後に予選会で好成績を残すことができず、本戦出場はかなっていません。平成18年の第82回大会の優勝は、駒澤大学の5連覇を阻んだ雑草魂として語り継がれています。

14位:専修大学

出場68回 総合優勝1回

出場68回 総合優勝1回

創部 1924年
練習拠点 神奈川県川崎市多摩区

箱根駅伝への復活を目指して、OBの長谷川淳監督が就任しました。長谷川監督は専大松戸高校から専修大学に進学、箱根駅伝には3度出場し、4年生のときは1区で区間4位と力走し、チームのシード権獲得(総合9位)に貢献しています。練習場所は多摩川の土手が中心です。世田谷区の大蔵にあるトラックや砧公園も定期的に利用しています。第90回大会以来の箱根駅伝出場に向け、結果にこだわる熱き挑戦を続けています。

13位:慶應義塾大学

出場30回 総合優勝1回

出場30回 総合優勝1回

創部 1917年
練習拠点 神奈川県横浜市港北区

これまで、出場30回、総合優勝1回を誇る慶應義塾大学は、総力戦で挑んでくる他大学と互角に戦って箱根駅伝本選への出場権を勝ち取るためには、選手や指導者の努力を縁の下で支える安定的な強化費の確保が不可欠ということで、慶應箱根駅伝プロジェクトでは、競走部のOB会である慶應陸上競技倶楽部が中心になって、2019年9月30日から2020年2月20日までの間、「慶應箱根駅伝ラッフル2019-2020」を行い、広く寄付を募集しています。

12位:神奈川大学

出場51回 総合優勝2回

出場51回 総合優勝2回

創部 1933年
練習拠点 神奈川県横浜市神奈川区
主なOB
近藤重勝/市川大輔/高嶋康司/中野幹生/下里和義/鈴木健吾
タスキの色 プラウドブルー

神奈川大学は1950年の第26回大会に初出場を果たすと計51回の出場を果たし、1997年の第73回大会で初優勝、翌年の1998年の第74回大会で2連覇を果たしています。その後は低迷が続き、2016年には9区でタイムオーバーにより10区繰り上げスタートという屈辱を味わいますが、2017年の第93回大会では5位へと躍進を遂げています。

11位:山梨学院大学

出場33回 総合優勝3回

出場33回 総合優勝3回

創部 1985年
練習拠点 山梨県甲府市
主なOB
ジョセフ・オツオリ/尾方剛/真也加ステファン/大崎悟史/中村祐二/メクボ・ジョブ・ボグス/井上大仁/絵ノック・オムワンパ
タスキの色 ブルシアンブルー

山梨学院大学は1987年の第63回大会に初出場を果たし、以来33回連続出場を誇る名門校です。出場6年目で悲願の初優勝を果たし、翌々年から2連覇、合計3度の優勝を誇ります。山梨学院大学の特徴は、アフリカ勢の留学生で、オツオリが在籍していたころには無敵の強さを誇っていました。

箱根駅伝の歴代出場校 強さランキングTOP10-6

10位:東洋大学

出場78回 総合優勝4回

出場78回 総合優勝4回

創部 1927年 
練習拠点 埼玉県川越市
主なOB
北島寿典/柏原竜二/設楽悠太/服部勇馬/服部弾馬
タスキの色 鉄紺


東洋大学はこれまで箱根駅伝本選に歴代5位の78回の出場を誇り、2連覇を含む優勝4回、2位5回、3位2回と常に優勝候補の一角に名を連ねる強豪校です。王座奪還まであと一歩のところにいるため、期待は高まる一方です。

戦国駅伝と称される昨今ですが、東洋大学は11年連続で3位以内を継続するという安定した強さを発揮しており、いつでも優勝を狙える位置につけています。まさに東洋大学の育成の素晴らしさを如実に表している結果といえます。

9位:大東文化大学

出場50回 総合優勝4回

出場50回 総合優勝4回

創部 1967年
練習拠点 埼玉県東松山市
主なOB
大久保初男/米重修一/実井謙二郎/清水康次/佐々木悟/市田孝/市田宏
タスキの色 ライトグリーン

1967年に創部した大東文化大学は、1968年の第44回大会で箱根駅伝本選に初出場を果たし、2011年の第87回大会で連続出場記録が途切れ、2013年に本選に復帰をはたしました。これまで2連覇を2回記録して計4回の総合優勝を誇る強豪校です。

過去に達しした2連覇は2回とも山上りの5区、山下りの6区で好タイムをたたき出していることから、山の大東と呼ばれました。しかし近年では5区、6区では苦戦を強いられており、さらに絶対的なエースも歴代存在していないため、チーム一丸で力を発揮するという特徴を持ちます。

8位:青山学院大学

出場25回 総合優勝5回

出場25回 総合優勝5回

創部 1918年
練習拠点 神奈川県相模原市
主なOB
神野大地/橋本崚/一式恭志/下田裕太/田村和希/森田歩希
タスキの色 フレッシュグリーン

近年最も勢いに乗っている大学である青山学院大学は、2015年に悲願の初優勝を果たすと、2016年、2017年、2018年と続けて優勝を飾り、絶対王者として君臨しています。

青山学院大学の強さの裏には、名将の原監督の存在が大きく関係しています。原監督が2004年に監督に就任して以降、青山学院大学は飛躍的に成長を遂げており、青山学院大学の総合優勝5回は全て原監督のもとで成し遂げられました。

7位:駒澤大学

出場54回 総合優勝6回

出場54回 総合優勝6回

創部 1964年
練習拠点 東京都世田谷区
主なOB
阿部文明/藤田敦史/大八木弘明/宇賀地強/村山謙太/中村匠吾
タスキの色 藤色

駒澤大学は1967年の第43回大会に箱根駅伝本選に初出場を果たし、現在まで54回の出場を誇る伝統校です。1990年代半ば過ぎまでの戦績は強豪校と呼べるものではありませんでしが、2000年の第76回大会の初優勝を皮切りに、箱根駅伝史上5校目となる4連覇を含む、これまで6回の総合優勝を果たしています。

駒澤大学を強豪校に育て上げた名称・大八木弘明監督のもと、いつしか常勝軍団として優勝候補に挙げられており、戦国駅伝の中の5強の一角を担う名門大学です。

6位:明治大学

関連するキーワード

関連するまとめ

男子テニス選手の身長ランキング~低い編TOP5・高い編TOP7【2020最新版】

全米・全豪・全仏・全英と世界4大大会と呼ばれるテニスのグランドスラムを見ていて、出場選手はそれぞれ様々な個性…

maru.wanwan / 965 view

女子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP25【2020最新版】

男性と女性両方から支持されており、冬季オリンピックシーズンではない期間も話題の上がることも多い女子フィギュア…

kent.n / 1844 view

【かわいい】女子卓球選手人気ランキングTOP25【2020最新版】

女子卓球選手の中には、アイドル級にかわいいと絶賛されている選手たちが大勢活躍中です!ここでは、そんなかわいい…

kent.n / 1472 view

【甲子園】高校野球の強さ都道府県別ランキングTOP47【最新版】

毎年春の選抜高校野球、夏の選手権大会と2度、甲子園で熱い戦いを繰り広げる高校野球ですが、いったい日本全国の4…

maru.wanwan / 2885 view

テニス選手のラケット破壊10選~衝撃順にランキング【動画付き・2020最新版】

テニスの試合を見ていて、イライラが募り、ついラケットを叩き壊してしまうような衝撃的なシーンを目にすることがあ…

maru.wanwan / 371 view

サッカー日本代表!歴代メンバー活躍ランキングTOP30【2020最新版】

2018年ワールドカップが開催され、日本でもサッカーの注目度が増していますね!今回は、日本代表の歴代サッカー…

kent.n / 1616 view

サッカー国の強さランキングTOP100~世界最強の代表チームとは【2020最新版】

世界にはどれだけの国の代表チームが存在し、どの国が歴代最強のサッカー国なのか気になったことはありませんか?そ…

maru.wanwan / 946 view

平昌オリンピックのメダル数!日本国内&国別獲得ランキングまとめ【決定版】

2018年2月、平昌オリンピックが開催され、日本でも大きな盛り上がりを見せましたね。合計13個もメダルを日本…

kent.n / 66 view

体操選手の世界ランキング30選~男子女子別TOP15【2020最新版】

日本の体操選手といえば内村航平、白井健三、村上茉愛が有名ですが、世界の体操選手にはどのような選手がいるのか気…

maru.wanwan / 412 view

バスケットボール・国の強さランキング30選~男子女子別TOP15【2020最新版】

今回は、バスケットボール国別強さランキングを男女別に紹介します。バスケットボールといえばアメリカのNBA、W…

maru.wanwan / 483 view

日本のスポーツ人気ランキング30種類~観戦や趣味におすすめ【2020最新版】

今回は日本人の人気スポーツランキングTOP30種類を紹介します。世界には球技のような団体スポーツや、陸上や水…

maru.wanwan / 3329 view

プロ野球選手の私服ファッション40選~ダサい編TOP5・おしゃれ編TOP20【202…

かつてのプロ野球選手の私服は、Jリーグの選手とは違い、ダサいと有名でしたが、現在では若いイケメン選手が中心に…

maru.wanwan / 3343 view

海外サッカーのクラブ人気ランキング30選!最強チームとは【2020最新版】

今回はサッカーの海外クラブ・チームの人気ランキングTOP30を紹介します。海外のプロサッカーリーグにはプレミ…

maru.wanwan / 3053 view

【歴代】男子バレーボール選手イケメンランキングTOP26【2020最新版】

女子バレーボールよりも話題になりにくい男子バレーボール選手たちですが、歴代の選手たちはイケメンばかりなのです…

kent.n / 2526 view

海外で活躍する日本人サッカー選手30選~歴代ランキングを紹介【2020最新版】

今回は海外で活躍する日本人サッカー選手歴代ランキングTOP30を紹介します。日本がワールドカップに初出場を果…

maru.wanwan / 58 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

【甲子園】高校野球の強さ都道府県別ランキングTOP47【最新版】

毎年春の選抜高校野球、夏の選手権大会と2度、甲子園で熱い戦いを繰り広げる高校野球ですが、いったい日本全国の4…

maru.wanwan / 2885 view

高校野球・甲子園の出場校ランキング歴代TOP51【最新版】

今回は高校野球・甲子園の出場校の歴代出場回数をランキング形式で紹介していきたいと思います。春の選抜、夏の選手…

maru.wanwan / 469 view

サッカー日本代表!歴代メンバー活躍ランキングTOP30【2020最新版】

2018年ワールドカップが開催され、日本でもサッカーの注目度が増していますね!今回は、日本代表の歴代サッカー…

kent.n / 1616 view

【歴代】男子バレーボール選手イケメンランキングTOP26【2020最新版】

女子バレーボールよりも話題になりにくい男子バレーボール選手たちですが、歴代の選手たちはイケメンばかりなのです…

kent.n / 2526 view

サッカー選手のイケメン歴代45選!海外・日本別のランキング【2020最新版】

国際試合があると、日本でもお祭り騒ぎが起きるほどのサッカー人気が高まっています。そこで今回は、サッカー選手の…

マギー / 707 view

歴代のK-1選手40選!最強人気ランキング【2020最新版】

世界的に最も知名度が高いキックボクシングとして有名なK-1。国内外の歴代選手たちの中で、いったい誰が最強なの…

kent.n / 4372 view

歴代の空手男子選手・イケメン人気ランキングTOP20【2020最新版】

オリンピックや全日本大会など、数々の戦いに注目が集まる空手ですが、そんな空手選手には多くのイケメン選手が存在…

maru.wanwan / 886 view

野球の強さ国別ランキングTOP30~世界で最強の国とは【2020最新版】

日本では多くのファンを集める野球ですが、オリンピックやWBCなど国際大会でも野球にも注目が集まっています。今…

maru.wanwan / 1967 view

【LS北見】カーリング女子かわいいメンバーTOP5【2020最新版】

ピョンチャンオリンピックで銅メダルを獲得し、一躍有名になったカーリング女子日本代表チームのLS北見。かわいら…

kii428 / 176 view

歴代の空手女子選手・人気かわいいランキングTOP20【2020最新版】

今回は歴代のかわいい女子空手選手の人気ランキングTOP20を紹介します。1人で行うかっこいい型と、2人で戦う…

maru.wanwan / 1947 view

サッカー選手のかわいい嫁45選!日本・海外別のランキング【2020最新版】

サッカー選手のお嫁さんって誰を見てもかわいいですが、それもそのはず。タレントや女優といった芸能人と結婚してい…

マギー / 989 view

女子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP25【2020最新版】

男性と女性両方から支持されており、冬季オリンピックシーズンではない期間も話題の上がることも多い女子フィギュア…

kent.n / 1844 view

かわいい!歴代女子ゴルフ人気ランキングTOP35【2020最新版】

女子ゴルフの世界ではかわいいプロゴルファーたちが大勢活躍してきたのですが、あまりよく知らないという人も多いで…

kent.n / 15742 view

【歴代】女子バドミントン選手かわいいランキングTOP18【2020最新版】

誰でも気軽に始められるスポーツでありながら、極めようと思えば徹底した技術が必要になるバドミントン。ここでは、…

kent.n / 3027 view

プロ野球ホームラン数ランキング100選~年間TOP50・歴代TOP50【2020最新…

プロ野球の花形ともいえるホームランですが、歴代のホームランバッターとして有名な選手が王貞治、バース、カブレラ…

maru.wanwan / 664 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング