スポンサードリンク
このレビューを読むなら、この本を読んでください、それは全く素晴らしかったです。 5つ星
この本は私が求めていた以上のものを私に与えてくれた。
会話下手な人がおちいりやすいパターン、改善ポイント

14位:琴の音 Kindle版

0円

「琴の音」は1893年12月に「文藝界」で初出された作品です。いわゆる「奇跡の期間」初期のころの作品で、盗賊に成り下がった少年が、真人間に更生するという内容になっています。そしてその更生の象徴として「琴の音」が印象的に描かれているのです。当時の世相を色濃く反映した内容なのも大きな特徴。貧困層の非行問題やその更生についてという内容でありながら幽玄な琴の音色が聞こえてくるような作品です。
これから事件が起こるかと、まだ先のある未完のものに思えるがこれでもよいと思う。幽玄な琴の音が聞こえてくるような最後の余韻がよい。

13位:暁月夜 Kindle版

0円

初出は1893年「都之花」。男嫌いの令嬢一重に恋をした森野敏という男が思い悩んだ挙句、学校を休学し、名を変えて庭男として令嬢の邸に住み込むようになります。そして一重と仲の良い次男の甚之助に恋文を託すものの、一重は封さえ切ることなく、東京を離れると言い出してしまうのです。一重の男嫌いの理由や敏に対して語る言葉の重みに胸が締め付けられる名作です。
If you have time on your hands and want some very amusing entertainment this is for you.
I give it five stars because it’s undoubtedly the best I’ve read in ages.
I read this book a few weeks ago and I had to jump on here and write a review for those looking to purchase now that it’s officually available.

12位:この子 Kindle版

0円

「この子」は1896年「日本乃家庭」にて初出された作品です。婦人雑誌に掲載されたということもあり、当時の文章読解力の低い女性でも分かりやすい文章で書かれていることが大きな特徴で、樋口一葉の作品としては唯一の言文一致の小説となっています。文学性はそれほどなく、生まれてきた子どもは可愛く、人生最大の師であるという内容の作品です。
This is the second book I have read in this series and it is a quick read like her first book.
The book is a fast-read, well-written, exciting, and offers a surprising ending that is clever and believable. What a wonderful story!!

11位:闇桜 Kindle版

0円

「闇桜」は1892年に「武蔵野」で初出された、樋口一葉の処女作です。幼馴染で兄と妹のように育った男女が、あることをきっかけに男女を意識するようになる淡い恋の物語になっています。淡く切なく悲劇的な初恋を美しい文章で描いた不朽の名作です。現代に生きる人間としては理解しがたい部分もあるかもしれませんが、恋の楽しいことばかりではないという部分を切り取った作品と考えると共感できるかもしれません。
樋口一葉の作品が好きなので外せません。時代背景を考えながら読むとより感慨深いです。

樋口一葉作品人気おすすめランキングTOP10~6

10位:うつせみ (青空文庫POD(シニア版)) (日本語) オンデマンド (ペーパーバック) – 2016/7/31

440円

「うつせみ」は1895年「読売新聞」初出の小説です。閑静な土地の空家に若い病人の雪子が引っ越してきたことから始まる物語で全体を通してどこかぼんやりとした内容になっているのが大きな特徴です。主人公の雪子が狂人であるため、周囲の人間の言葉の端から推測していく必要があるため、気軽に読める作品ではないかもしれません。読み手の想像力に頼る部分が大きく、酷評されることも多いものの、技巧的な作品が好みの方であれば楽しんで読める作品でしょう。
要するに題名のごとく魂の抜けてしまった女性を描写しているのだが、肝心のその原因となった事件を詳しく述べず読者の想像に任しているところが小説的といえる。技巧的な短編。

9位:うらむらさき Kindle版

0円

「うらむらさき(裏紫)」は1896年「新文壇」初出の未完の作品です。届いた手紙を姉からの相談事だと夫に嘘をつき、愛人のもとへと急ぐ主人公のお律が家を出たあとの心情を吐露する場面で未完になっています。樋口一葉作品としては初の女性の不倫を描いた作品で、タイトルは詞歌和歌集からとったものと言われています。倫理観に揺らぎながらも反社会的な自分としてアイデンティティを確立していく姿を描いた、ある種の問題作と言えるかもしれません。
I think that is really the point of this book and possible for anyone willing to look for that for themselves.
If you haven’t read this book and are at all interested I say take a chance on it!
I knew I should go to bed and I did but I laid there and said I have to finish that book that is how good this book is with every penny of what it cost... I knew nothing else about it and that served me well as I did not know there was a big surprise twist coming.

8位:ゆく雲 Kindle版

0円

「ゆく雲」は1895年「太陽」初出。継母に強くあたられ、心を閉ざしたお縫と、その心を開こうとする桂二の関係を描いた内容で、人の心が雲のようにゆらぐ様をタイトルで表しています。一時的な感情で盛り上がり、そして移りゆく心と環境という現代の恋愛にも当てはまる部分のある話です。一節では樋口一葉の身内、あるいは本人がモデルの作品ではないかとも言われています。
世間のしがらみも男女によって異なる。男のは結構大したことことでもないのに大層にいうものだ。この小説でも男の視点で描きながら実は女の立場の弱さを冷静にとらえている。鏡花のロマンチズムと正反対である。

7位:花ごもり Kindle版

0円

1894年「文藝界」にて初出されたのが「花ごもり」です。相思相愛の二人が制度に阻まれて犠牲を払い、離れていく様を描いた作品になっています。将来を約束した想い人を切り捨て、家のために縁談を進める男と、恋しい時には姿を絵に描いて慰めると身を引く女。切なく、辛く、美しい物語としておすすめの1冊です。
Can you tell, I absolutely loved it! Can’t wait to see what the author comes up with next!
First of all this is the best writer I have read in a very long time. Thoughts and events are communicated clearly and in each event the writer paints a clear picture in your head
I loved this book. Completely different than I expected, but in a refreshing way. I hate reading reviews that give everything away, so as a heads up, there are no spoilers here.

6位:わかれ道 Kindle版

0円

「わかれ道」は1896年「国民之友」にて発表された作品です。身寄りのない男と、その男を弟のように思う女を主人公に、この二人がタイトル通りわかれ道を辿る物語になっています。また、この作品は樋口一葉の岐路も含んでいると言われている作品で、樋口一葉を深く知る上では非常に重要な作品と言えます。二度と道が交わらない二人の「別れ」の決意が描かれた名作です。
「わかれ道」は1896年「国民之友」にて発表された作品です。身寄りのない男と、その男を弟のように思う女を主人公に、この二人がタイトル通りわかれ道を辿る物語になっています。また、この作品は樋口一葉の岐路も含んでいると言われている作品で、樋口一葉を深く知る上では非常に重要な作品と言えます。二度と道が交わらない二人の「別れ」の決意が描かれた名作です。

樋口一葉作品人気おすすめランキングTOP5~1

5位:軒もる月 Kindle版

0円

「軒もる月」は1895年「文藝界」で発表された作品です。作品の中の経過時間が非常に短いのが特徴で、職工の妻が夫の帰りを待つ数時間の間に、胸に秘めていた感情を吐露し、悩みと決別するというストーリー。女性の葛藤とどこか狂気を感じる内容で、女性だからこそ描ける女性像が描かれているように思います。樋口一葉がこれまで描いた男女間の物語とは一線を画している点も注目して欲しいポイントです。
何か冷え冷えとするような描写が印象的。それでいて生々しい感情が伝わってくる。やはり男性作家が描く女性像より迫真性がある。樋口一葉を読んだ後では例え泉鏡花ような作家のでも嘘っぽく色褪せてしまう。

4位:大つごもり

572円

「大つごもり」は1894年「文藝界」で発表された短編小説です。貧乏のもとに生まれた人たちが背負っていかなければならない人生を掘り下げた作品で、樋口一葉の実体験をもとにしていると言われています。タイトルである「大つごもり」は大晦日のことで、作品内ではその大晦日の小さな葛藤が描かれています。
美しい日本語。日本語らしさ、といったものが感じられるのが樋口一葉の小説だと思います。
日本語ってこんなに魅力的であったのか、と読み進めながら感動したりしてしまいました。
7篇の短編小説が収められていますが、何故か一葉の作品は大晦日を舞台にしたものが多く見受けられます。
大晦日の夜は普段にも増して静かで寒風が身に堪えます。
暖かく炬燵に漬かっている人もあれば、手に息を吐きかけて気を揉んでいる人もいます。
一葉の作品は常に後者に視点をあてたもので、江戸を残した明治の日本人を路地裏から見つめています。
雪融け水の滴のような言葉で語られた、市井の人たちの小さな葛藤がいつまでも心に残ります。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

江國香織の作品おすすめランキング60選<小説TOP40・エッセイTOP10・絵本TO…

『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を博した江國香織は、詩作のほか、海外の…

maru.wanwan / 181 view

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

ボーカロイドが好きな方やボーカロイドの楽曲で好きなものがある、という方におすすめなのがボカロ小説です。今回は…

もどる / 301 view

恋愛小説おすすめランキングBEST80【2024最新版】

おすすめの恋愛小説80作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する恋愛小説はどれも名作・…

三島マコト / 251 view

ちゃお歴代連載漫画の人気おすすめランキングTOP20【2024最新版】

小学館が発行している、人気月間少女漫画雑誌「ちゃお。」現在大人の女性となった方の中にも、青春時代に愛読してい…

もどる / 776 view

自己啓発本のおすすめランキングTOP50と選び方【2024最新版】

人生に対するアドバイスが欲しいとき、やる気の出し方を知りたい時に役立つのが自己啓発本です。書店に行くと数多く…

もどる / 192 view

テニス本のおすすめ人気ランキングTOP20と口コミ【2024最新版】

これからテニスを始めようと思っている方でルールや基本を学びたい方には本がおすすめです。そこで今回は初心者向け…

maru.wanwan / 232 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 96 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

漫画雑誌の人気おすすめランキング30選!女性・男性別【2024最新版】

一定周期で発売されている漫画雑誌。週刊や月刊にかかわらず、誰しも一度は購入して読んだことがあるのではないでし…

もどる / 275 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 96 view

ビジネス本のおすすめランキング47選~読むべき名著を紹介【2024最新版】

今回はビジネス本のおすすめ人気ランキングと選び方のポイントをご紹介したいと思います。本は情報がまとまっている…

もどる / 152 view

有名な出版社ランキングTOP100【2024最新版】

本にはビジネス書や小説、漫画、辞典、雑誌など様々なジャンルがありますが、それらを刊行する出版社で最も有名な出…

maru.wanwan / 2487 view

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

ボーカロイドが好きな方やボーカロイドの楽曲で好きなものがある、という方におすすめなのがボカロ小説です。今回は…

もどる / 301 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 111 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2024最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 95 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング