スポンサードリンク

芥川龍之介作品の選び方のポイント2点

芥川龍之介作品の人気おすすめランキングをご紹介する前にまずは選び方のポイントを確認し、読みたい作品を的確に選ぶヒントにしましょう。

ポイント1.執筆時期で選ぶ

芥川龍之介作品は大きく分けると初期、中期、後期で雰囲気が大きく変化します。どの作品を読むか悩んでいる方はまずはそれぞれの特徴を確認して選ぶのが無難でしょう。以下にそれぞれの時期の特徴をまとめました。

・初期作品

・初期作品

芥川龍之介が作品を発表してすぐのころは説話文学を典拠とした作品が多く、人間の内面に潜むエゴのようなものを鋭く描いているのが特徴です。「羅生門」や「鼻」などが有名ですね。

また、キリシタンをモチーフにした作品も多く執筆しています。イエーツの「春の心臓」やアナトール・フランスの「バルタザアル」といった作品の翻訳をし、海外文学作品を日本国内へ普及させるのにも貢献しました。

・中期作品

・中期作品

短編作品の多い芥川龍之介ですが中期のころになると長編作品も執筆しています。「邪宗門」などが有名です。また、芸術至上主義的な表現も多く用いているのもこの頃の大きな特徴となっています。ちなみに芸術至上主義とは19世紀の初頭頃のフランス文学の標語で、真の芸術は道徳や実用性とは切り離されるものという考え方を言います。

・後期作品

・後期作品

後期あるいは晩期に差し掛かると芥川龍之介本人が自殺を考えるようになったということもあるのか、人生を見直すような作品、生と死を意識した作品が多く見られるようになります。芥川龍之介の作品で評価が高いのも主にこの頃の作品で、自伝的な作品も執筆されています。

また、初期や中期に比べると現代を描いた作品を展開しているのも後期作品の特徴です。この時期の代表作のひとつである「河童」は河童の世界を通して人間社会を批判する内容になり、作品を通して深い問題を投げかけています。また、彼の死に肉薄するような内容を読み取ることができるのも後期の特徴のひとつです。芥川龍之介という人物を深く掘り下げたいと考えているのであればこの時期の作品は避けて通ることができない重要な作品たちでしょう。

ポイント2.作品の長さで選ぶ

芥川龍之介というとなんとなく短編のイメージが強い作家ではあります。短い話が多いということは忙しい方でも読みやすく、次々読めるため手軽に読みたいという方には非常に適しています。また、学校の教科書に採用されている作品も多いので、学生時代に読んだことがある作品を改めて読んでみるというのもおすすめです。

芥川龍之介の作品には当然長編の小説もあります。ページ数の多いものでは336ページと読み応え抜群のものもあり、じっくりと読みたいという方でも満足ができるでしょう。ストーリーの厚みがあるので芥川龍之介の魅力をしっかりと感じたいという方にも適しています。しかし、作中の展開が目まぐるしいという特徴があるので慣れていない方だと途中で挫折してしまうことも考えられます。読み進める自信がない方は短編からスタートする方が良いかもしれません。

芥川龍之介作品の人気おすすめランキングTOP20~16

20位:神神の微笑

0円

「神々の微笑」は1922年に発表された小説です。いわゆる芥川龍之介の「切支丹物」のひとつで宣教師オルガンディーノが記紀神話の神から、外来から伝来した文化で独自の文化を作り上げる日本人の特性を学ぶ内容になっています。「日本人論」を説いた作品と言い換えることもできるでしょう。日本人が本来持っている神の姿、日本人の信仰の形を学ぶことのできる1冊です。
日本の生業をこれほど見事に語った短編は他にはない。
果たして今、直面する国難に日本は耐えうるのか。

19位:桃太郎

0円

「桃太郎」は1924年に発表された物語です。誰しもがしる昔話の桃太郎をパロディした話ですが、芥川龍之介版「桃太郎」は決して子ども向けに執筆された作品ではありません。日本神話の流れを汲みながら皮肉とユーモアを交えたストーリーで、桃太郎が「正義の人間」ではないというのが大きな特徴になっています。絶対的な悪ではない鬼、絶対的な正義ではない桃太郎。新しい「桃太郎」のストーリーを描ききると同時にいつだって「鬼」であるだけで退治されるものへの憐憫のようなものを感じます。
 芥川による桃太郎のパロディ版ですが、幾つかの読み方が出来るでしょう。一番分かり易いのは当時の世相を皮肉って居るという見方ですが、芥川がそんな単純な比喩をするでしょうか。南国風の「島」で暮らしている鬼達の生活ぶりが書かれて居ます。

鬼は熱帯的風景の中に琴を弾いたり踊りを踊ったり、古代の詩人の詩を歌ったり、頗る安穏に暮らしていた。そのまた鬼の妻や娘も機を織ったり、酒を醸したり、蘭の花束を拵えたり、我々人間の妻や娘と少しも変らずに暮らしていた、、、

 此の鬼達のメンタリティは何処かの國民に似て居ないでしょうか。「鬼」と「人間」を旗印ごと入れ替えてこの短編を読めば、芥川が何を言わんとしたかが見えて来る事でしょう。そして、「鬼の住む島国」の話は21年後に実話となってしまったのかもしれません。

18位:あばばばば

0円

「あばばばば」の初出は1923年。いわゆる「保吉もの」と呼ばれている作品群の中のひとつで、実生活に取材した私小説になっています。初出時には副題として「―保吉の手帳の一部―」という文がありましたが、初刊の「黄雀風」収録時に副題は外されています。ストーリーは「保吉」がいつもの煙草屋に煙草を買いに行った際に居る若い店番の女の仕草を通し、重ねた年月や所作の美しさについて思うという内容で、日常的でありながらもインパクトのある文章になっています。
芥川龍之介のウイットや、ユーモアセンス
溢れる作品です。

芥川作品に触れるなら、この作品から入ると
馴染みやすいと思います。

この当時に、このような現代感覚を持った
作家が居たことに新鮮な驚きを感じました。

あくまで主観ですのであしからず。

17位:魔術

440円

「魔術」は1920年に発表された人間のエゴイズムを描いた作品です。児童向け文学作品で、我欲を捨てることを条件に魔術を得ようとする主人公が結局最後の最後で欲を捨てきれず、現実へと引き戻される姿を描いています。どんでん返しの効果を生かした作品で、児童向け作品ではありますが、大人が読んでも色々と考えさせられる内容になっています。過去に読んだことがある方でも今改めて読むとまた違ったことが見えてくるのではないでしょうか。
このお話に覚えがあるのです。
簡潔で少しだけ恐ろしい描き方。
著者の魅力が少しも損なわれて
いないのは誰しもが欲という魔に
覚えがあるからだと思います。
霊格の素晴らしさに感謝しています。

16位:或阿呆の一生

446円

「或阿呆の一生」は1927年初出で芥川龍之介の死後に発表された作品です。1927年の芥川龍之介の自殺後に見つかった作品で、芥川龍之介が自分の人生を記したものだと言われています。この作品の中には「先輩」として谷崎潤一郎、「先生」として夏目漱石、「発狂した友人」として宇野浩二が登場するのも特徴です。芥川龍之介という人物を深く知りたいと考えている方であれば読むことで得るものも多い作品でしょう。
芥川は短い節で連作みたいにまとめている
これより前の作品では狂気を感じるものもあるけど
これは特に感じないです
いかにも芥川らしい、よくまとまった遺稿

日本でノーベル文学賞に値する作家は
芥川龍之介ただ一人
と思ってる私には納得の遺稿です

このシリーズ、とても面白いです。深く考えなくともサラッと読めるのが嬉しい。それでいて内容は盛りだくさん。街の定食屋のランチみたい。

芥川龍之介作品の人気おすすめランキングTOP15~11

15位:藪の中

440円

「藪の中」は1922年初出の短編作品です。複数の視点から同一のことを描く内的多元焦点化という手法が取られているのが大きな特徴になっています。殺人と強姦という事件を巡り、4人の目撃者と3人の登場人物が告白する内容にそれぞれ矛盾が生じ、錯綜していくという構造で、このことから証言の食い違いなどで真相が不明になることを「藪の中」というようになりました。
寝る前にさらっと読めるくらいの長さの短編小説です。
なんだかちょっと気分を変えてみたくてダウンロードしましたが、小説を読んだのはかなり久々でした。
芥川龍之介の作品を読むのも学生時代国語で出てきた『羅生門』以来。
そんな私でも、100年ほど前に書かれた小説で、しかも検非違使とか出てくる時代ものなのに、
意外とするする読めてしまったのは驚きでした。
登場人物の言うことが食い違う中物語は終わるのでモヤ―っとします。
彼らは自分にとって都合の悪いことは極力言いません。誰かが嘘をついているでしょう。
でもビデオカメラが現場に設置してあるわけではない。
何を「真実」と捉えるのかは、読者に任されています。

14位:トロッコ

0円

「トロッコ」は1922年初出の短編小説です。新仮名では「トロッコ」と表記されますが元々の表記としては「トロツコ」です。幼い少年が大人の世界を垣間見るという体験を記した内容で中学校の教科書にも採用されているため、読んだことがあるという方も多いのではないでしょうか。2009年にはこの作品をモチーフにした映画も公開され、芥川龍之介作品の中でも人気のある小説となっています。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するまとめ

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【2024最新版…

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 147 view

恋愛本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2024最新版】

恋愛には悩みは尽きないものですが、中々人に相談できないという場合もありますよね。そんなときに頼りになるのが恋…

もどる / 168 view

Excel学習本のおすすめ人気ランキング30選と口コミ&選び方【レベル別・2024最…

パソコンの基本スキルとして挙げられることの多いExcelですが、使いこなすのは中々難しいものです。今回はEx…

もどる / 125 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2024最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 250 view

官能小説のおすすめ人気ランキングTOP40と口コミ&選び方【2024最新版】

映像で見るのとは違い、文字で細かに描写されることでより官能的な雰囲気を楽しむことができる官能小説は大人だけが…

もどる / 788 view

小学生向け国語辞典のおすすめランキング18選と口コミ&選び方【2024最新版】

言葉を勉強するために役立つのが「国語辞典」です。今回は小学生向けの国語辞典のおすすめランキングを実際に使用し…

もどる / 114 view

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2024最新版】

ボーカロイドが好きな方やボーカロイドの楽曲で好きなものがある、という方におすすめなのがボカロ小説です。今回は…

もどる / 282 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

漢検問題集のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【級別・2024最新版】

学生から社会人まで多くの方から人気を集めている資格試験に漢字能力検定があります。今回は漢検問題集の人気おすす…

もどる / 156 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2024最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 168 view

芥川賞の歴代作家一覧!人気ランキングTOP50【2024最新版】

特に読書が趣味というわけではなくとも、ふとした瞬間に小説を読みたくなるときもありますよね。そこで今回は、芥川…

kent.n / 324 view

ホラー小説のおすすめランキングBEST70【2024最新版】

おすすめのホラー小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介するホラー小説はどれも名…

三島マコト / 250 view

Excel学習本のおすすめ人気ランキング30選と口コミ&選び方【レベル別・2024最…

パソコンの基本スキルとして挙げられることの多いExcelですが、使いこなすのは中々難しいものです。今回はEx…

もどる / 125 view

歴代ベストセラー本の人気ランキングおすすめ100選【2024最新版】

数多くの人に愛され、長く支持を得ている本、それがベストセラーです。今回は歴代のベストセラーの中から今読んで欲…

もどる / 499 view

高校生向け本のおすすめランキング32選と口コミ&選び方【2024最新版】

大人への過渡期とも言うべき高校生にはその時に読むことで意味のある本もたくさんあります。今回は高校生向けのおす…

もどる / 249 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング