スポンサードリンク

三大小中学生向け少女漫画雑誌として多くの女の子たちに愛されている雑誌がご存知集英社の「りぼん」です。以前は対象年齢が小学生から高校生と広めでしたが、現在は小学生から中学生の女の子を対象としており、内容も恋や友情などの日常生活が多い傾向にあります。1960年は「魔法使いサリー」や「ひみつのアッコちゃん」といったファンタジーテイストな作品が多く、アニメ化作品も多く輩出しています。中でも国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」なども生み出しました。

1位:ちゃお 2019年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/2

620円

出版社:小学館
刊行頻度:月刊(毎月3日)
刊行期間:1977年
定価:500円代

「なかよし」「りぼん」と並ぶ三大少女漫画雑誌のひとつでもっとも後発ながらも高い人気を維持し続けているのが小学館の発行している「ちゃお」です。歴史の中では対象年齢の拡大を狙っていた時代もありましたが現在は小学生中学年前後の女子児童をターゲットとしています。他の競合誌と比較すると挑戦的な内容の作品を輩出しているのが特徴で、テレビアニメ化されている作品も多く存在しています。また、アニメの漫画化のような先行掲載タイアップが多いのも「ちゃお」の特徴と言えるでしょう。

男性向け漫画雑誌人気おすすめランキングTOP15~11

15位:ガンダムエース 2019年12月号 No.208 雑誌 – 2019/10/26

780円

出版社: KADOKAWA
刊行頻度:月刊(毎月26日)
刊行期間:2001年
定価:700円~

「ガンダムエース」は2001年に創刊された比較的新しい漫画雑誌です。その名の通りガンダムシリーズの専門誌となっており、世代を問わず多くのガンダムファンから愛されています。創刊当初は季刊で月刊誌となったのは2003年から。ガンダムシリーズのゲーム作品のコミカライズやガンダムネタのギャグ漫画、小説作品など幅広いラインナップが魅力の雑誌で新たなガンダムファンを取り込むことに成功しています。

14位:アフタヌーン 2019年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/10/25

700円

出版社:講談社
刊行頻度:月刊(毎月25日)
刊行期間:1986年
定価:-

「アフタヌーン」は講談社が1986年に創刊した月刊漫画雑誌です。兄弟誌である「モーニング」の二軍的な存在としてのスタートで漫画家の育成にも力を入れている雑誌です。創刊からしばらくは看板作家である藤島康介さん以外がほぼ無名の作家であったため、質より量という路線でしばらく維持した後、2003年からは豪華な付録を付けるといった試みも行い、積極的に新しい道を模索し続けています。

13位:週刊少年チャンピオン2019年51号 [雑誌] Kindle版

310円

出版社:秋田書店
刊行頻度:週刊(毎週木曜日)
刊行期間:1969年
定価:270円

「週刊少年チャンピオン」は秋田書店が1969年に創刊した少年向け漫画雑誌です。少年向けの週刊漫画雑誌は他にも多数ありますがその中でも「週刊少年チャンピオン」は自由な作風の漫画が多く、アクが強い傾向があります。新人作家のための増刊号が発行されていない分、読み切りや短期集中連載の枠を毎週確保しており、それらの作品が好評の場合は毎号の連載が決定するというのも「週刊少年チャンピオン」の特徴です。

12位:別冊少年マガジン 2019年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/9

640円

出版社:講談社
刊行頻度:月刊(毎月9日)
刊行期間:2009年
定価:540円

「別冊少年マガジン」は「いちばん新しい冒険の書!!」というキャッチコピーのもと、ファンタジー作品を軸に掲載する少年漫画として2009年に創刊された少年から青年向けの漫画雑誌です。「週刊少年マガジン」ではできないことをやるというコンセプトを掲げており、新しい表現を積極的に発信する場として挑戦的な内容も掲載することもあり、これが功を奏して「進撃の巨人」をはじめとするヒット作を生み出しています。

11位:ヤングマガジン 2019年51号 [2019年11月18日発売] [雑誌] Kindle版

400円

出版社:講談社
刊行頻度:週刊(毎週月曜日)
刊行期間:1980年
定価:324円

「週刊ヤングマガジン」は講談社発行の青年向け漫画雑誌です。創刊は1980年で、当初は月2回刊でしたが1989年から週刊化され、以降そのスタイルを維持しています。同社他誌作家や他社デビュー作家も積極的に起用しているのが特徴のほか、性描写や裏社会を描いた作品が多いのも「週刊ヤングマガジン」の特徴になっています。

男性向け漫画雑誌人気おすすめランキングTOP10~6

10位:月刊少年マガジン 2019年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/6

580円

出版社:講談社
刊行頻度:月刊(毎月6日)
刊行期間:1964年
定価:-

1964年に創刊された「別冊少年マガジン」は一時期「月間別冊少年マガジン」に名を変え、休刊を経て1975年に現在の「月刊少年マガジン」として改称されました。長期連載作品を多く掲載している点や女性タレントのグラビアを掲載していないのが特徴で、少年漫画雑誌としては第3位グループの発行部数を誇っています。過去の連載作品では「ゲゲゲの鬼太郎」や「釣りキチ三平」といった人気作品を輩出しました。

9位:週刊モーニング 2019年 11/28 号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/14

400円

出版社:講談社
刊行頻度:週刊(毎週木曜日)
刊行期間:1982年
定価:370円

「週刊モーニング」は1982年に隔週誌「コミックモーニング」として創刊されました。週刊化されたのは1986年からで以降はずっと週刊ペースで発行されています。創刊時からちばてつやさんをはじめとするベテラン作家の作品を多く掲載し、大人漫画的な特徴を持つ雑誌として20代から40代までの幅広い読者を得ているほか、ドラマの原作となる作品も多く輩出しています。

8位:ビッグコミックスピリッツ 2019年 12/9 号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/25

400円

出版社:小学館
刊行頻度:週刊(毎週月曜日)
刊行期間:1980年
定価:-

「週刊ビッグコミックスピリッツ」は小学館が発行している成年向けの漫画雑誌です。創刊当初は月刊誌として発行され、その後は月2回刊を経て1986年からは週刊として毎週月曜日発行されています。「めぞん一刻」「美味しんぼ」などアニメ化されている作品も多く、さらに「東京ラブストーリー」や「あすなろ白書」などテレビドラマ化や実写映画化された作品が非常に多いのも「週刊ビッグコミックスピリッツ」の特徴です。

7位:コロコロコミック 2019年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/15

600円

出版社:小学館
刊行頻度:月刊(毎月15日)
刊行期間:1977年
定価:600円

現在大人の男性で小学生のころ愛読していた記憶がある方は多いのではないでしょうか。「コロコロコミック」は小学館が発行している小学生向けのコミック誌で、多くの小学生が通ってきた普遍的な人気を持つ雑誌のひとつです。「ドラえもん」などをはじめとした国民的人気漫画やゲームメーカーや玩具メーカーとタイアップした漫画を多く掲載しています。基本的に小学4年生から6年生の男児をターゲットとしており、下ネタを含んだギャグ漫画を掲載しているものの、ラブコメなどは掲載されておらず、これは「女の子に興味を持つようになったらコロコロ卒業時期」という理由があると言われています。

6位:ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2019年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/2

640円

出版社:集英社
刊行頻度:月刊(毎月4日)
刊行期間:2007年
定価:-

「ジャンプSQ.(ジャンプスクエア)」は2007年に創刊された青年向けの漫画雑誌です。読者ターゲットは少年から20代男性と比較的幅広く、「月刊少年ジャンプ」の後継誌として新創刊されました。少女漫画誌で活動してきた漫画家の起用やアニメ小説の漫画化作品、小説など様々なジャンルの作品を掲載しているのも大きな特徴。過去の掲載作品の中には「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」や「D.Gray-man」など映像化された漫画も多く存在しています。

男性向け漫画雑誌人気おすすめランキングTOP5~1

5位:まんがタイムきらら 2020年 01 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/12/9

380円

出版社:芳文社
刊行頻度:月刊(毎月9日)
刊行期間:2002年
定価:-

「まんがタイムきらら」は芳文社が発行している4コマ漫画専門雑誌です。ファミリー向けの4コマ漫画雑誌「まんがタイム」の読者平均年齢が毎年上がっていくことを受け、同人作家を起用して若い世代を獲得するために創刊された雑誌で、挑戦的なテーマではあったものの、10代から30代の読者を得ることに成功しました。創刊当初はファミリー向けの4コマ雑誌で活躍していた作家の作品も掲載されていましたが、起動にのった現在は生え抜きの作家を中心に掲載しています。

4位:ヤングジャンプ 2019年 11/28 号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/14

360円

出版社:集英社
刊行頻度:週刊(毎週木曜日)
刊行期間:1979年
定価:-

「ヤングジャンプ」は1979年に創刊された青年向けの漫画雑誌です。現在刊行中の週刊青年漫画誌としてはもっとも歴史のある漫画で、長い間多くの読者に愛されている雑誌です。紙面には漫画だけではなく、グラビアや袋とじなど青年誌ならではの内容のほか、ミュージシャンのインタビューなどもあり、盛りだくさんの内容が特徴となっています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

誉田哲也のおすすめ作品おすすめランキング20と口コミ&選び方【2022最新版】

「姫川玲子シリーズ」で有名な誉田哲也さん。多くの作品がメディア展開され、そのいずれもが高い人気を誇っています…

もどる / 123 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2022最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 257 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2022最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 196 view

司馬遼太郎の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2022最…

歴史小説を多く執筆し、歴史の読み解き方の提唱を同時に行ってくれる司馬遼太郎作品。ドラマ化も多くされているので…

もどる / 291 view

貴志祐介のおすすめ作品ランキング20選と口コミ&選び方【2022最新版】

貴志祐介さんはホラーやミステリーなどのジャンルを多く執筆している小説家です。今回は貴志祐介さんの作品の人気お…

もどる / 98 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 327 view

名作!小説おすすめランキングBEST100【2022最新版】

世界には「名作」と呼ばれ、多くの人々に愛される小説が数多くあります。今回はおすすめの名作小説100作品をラン…

三島マコト / 1026 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2022最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 176 view

星新一の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2022最新版】

ショートショートというジャンル世に広め、日本を代表するSF作家として高い人気を得ている星新一さん。今回は星新…

もどる / 391 view

名付け本の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2022最新版】

名前は親から子どもへの最初のプレゼントで、その子にとっては一生付き合っていくものになります。人によっては名付…

もどる / 327 view

初心者向けの小説おすすめランキング50選!ジャンル別で紹介【2022最新版】

通勤や通学、休憩時間や就寝前に読書を始めたい「読書初心者」におすすめのジャンル別小説ランキング。6つのジャン…

samax82 / 638 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2022最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 1597 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2022最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 191 view

名作!小説おすすめランキングBEST100【2022最新版】

世界には「名作」と呼ばれ、多くの人々に愛される小説が数多くあります。今回はおすすめの名作小説100作品をラン…

三島マコト / 1026 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング