8位:新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫) 文庫 – 2009/7/15

1,012円

「コインロッカー・ベイビーズ」は実際にあった事件をもとに書かれた小説で、コインロッカーで生まれたキクとハシという二人の物語です。母親を探し東京に出たハシを追い同じく東京へ出たキクは「ダチュラ」というもので世界を破壊することを目論むようになります。リアルな描写、直視するのが辛くなるシーンもありますがそれだけ心に響く作品としてあなたの心を揺さぶります。
とことん暗く悲しいストーリー。
ただ絶望ではなくどこかに光が見える。
村上氏は天才なのだろう。こういう小説を書く人って、どんな頭の構造をしているのか、興味がある。

7位:オーディション (幻冬舎文庫) 文庫 – 1997/12/1

545円

「オーディション」は村上龍さんのサイコホラー作品として代表的な作品です。42歳の青山という男性が再婚相手を探すためのオーディションを行うことから物語は始まります。4000人もの応募者の中で青山の目にとまったのは24歳の山崎麻美という女性。不思議な魅力を持つ山崎に惹かれていく青山でしたが、彼女が青山に求めたのは完璧の愛でした。この作品は1999年に映画化されていますが上映中に途中退席者やショックで倒れた人が続出したことで話題になりました。
 最後まで飽きずに一気に読める。
 そして単純にいってほんとにこわい。どきどきしながら読めるし、
ぜったいなんかある、っていう期待を裏切らない最後の臨場感もよかった。
ほんとうに近くで起こってもおかしくない話だからリアルで恐いんだと思う。

6位:新 13歳のハローワーク ハードカバー – 2010/3/25

2,860円

刺激的な作品が多い村上龍さんですが「新 13歳のハローワーク」は子どもに向けた職業案内本です。もちろん普段の村上龍さんの刺激的な描写はこの本では登場しません。世の中にある職業を紹介し、その職業を目指すためにしなければならないことを教えてくれる素敵な作品になっています。将来を見据える年を迎えるお子さんにぜひ読んで欲しい1冊です。
中学にもなると職業体験があったり、将来の事を考える授業があったりするので、宿題が出た時は使ってよく読んでたみたいです。世の中にどんな仕事があるかなんて説明も難しいので、購入して良かったです
ちなみに、こちらの商品去年の子供の誕生日プレゼントに買いました。意外と喜んで見てました。

村上龍作品の人気おすすめランキングTOP5~1

5位:イン ザ・ミソスープ (幻冬舎文庫) 文庫 – 1998/8/1

586円

「イン ザ・ミソスープ」は歌舞伎町の風俗ガイドであるケンジが得体の知れない外国人のフランクをアテンドするうちに連続札事件に巻き込まれていく内容のサイコサスペンスストーリーです。タイトルである「味噌汁」は現代の日本社会と日本人を象徴するもの、そしてフランクは―。考えさせられる内容ですがセックスと暴力の描写が濃いので注意して読んでください。
悲しいとも爽快とも言える、なんとも奇妙な気分になる一冊でした。
主人公のケンジが、アメリカ人客フランクの世界にみるみる引きづり込まれていく様子がよく描かれています。
読んでいながら次の展開が気になって、はらはらどきどき、次は一体どうなっちゃうのーっ???と引き込まれました。
気持ち良いほど残酷な本を読みたい方にお勧めです。是非お試しを。

4位:希望の国のエクソダス (文春文庫) 文庫 – 2002/5/10

792円

中学生の大規模な不登校が発生し、約80万人の中学生が日本を捨ててネットビジネスに手を出すという内容の作品で、もと中学生だった彼らはやがてエクソダス(脱出)を試みるようになります。中学生の反乱を通し、現代の日本に警鐘を鳴らす作品となっています。現代の日本における絶望だけではなく、希望も描いた名作です。
この小説の魅力を自分なりに一言で言うならば『救い』だった。金融や経済に全く興味のなかった私が何故この物語に引き込まれたのか、自分でもよくわからない。当時の私は私自身に絶望していて『希望』というものを持っていなかった。かといってこの本を読んで『希望』をもらうことができたという意味でもない。
混沌とした時代、空っぽ以前のごにゃごにゃとした糸が渦巻いたような頭の中で村上龍先生の紡ぎ出す文章はまるでブロックのように見えた。とても巨大に構築された言葉の壁。文学とはなんなのか自分にはよくわからないが、このような作品なのだろうと思い、村上龍先生の文章に憧れ、尊敬した。
巨大なブロックは私を安心させ、魅了した。何回この本を読み返したかわからない。生きるための知恵を必死に見つけようとした。当時の私にはそれが必要な行為だった。それは巷に溢れるビジネスの実用書とか、幸せになるための言葉みたいなものではなく、とてもわかりにくいもので、自分から働きかけなければきっかけを見つけることすら困難な知恵だった。
だが、この本を何回も読み返すうちに自分の中の混沌としたものを自分も理路整然と組み立てることができるようになった気がした。それが作者の意図したこととは思わない。この小説は似非の涙を流す作り物など描かれてはいない。感情を揺さぶろうとかそういうくだらない作者のエゴもない。それなのに圧倒され、惹きつけられた。
私と同じ感想を持つ必要などない。これは言葉の芸術作品だと思う。
作者に会うことなど決してないと思うからこそ言いたい。素晴らしい作品を読ませていただきました。本当にありがとうございます。

3位:半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2007/8/1

796円

「半島を出よ」は上下巻で1000ページを超える超大作近未来型小説です。経済的にどん底にある日本を北朝鮮が占領しようとする物語で、反乱軍によって手も出せずに吸収を占領されてしまった中、日本を救うべく対抗勢力が立ち上がります。ありえそうな未来を描いた作品となっており現代の日本の問題にも肉薄した物語として読んで欲しい1冊です。
この本の何がすごいって、病的なまでに書き込まれたディテール、そしてそれが醸し出すリアリティが凄い。
わたしなんて読了後、見たこともない平壌に郷愁すら感じ、自分が日本人の市民なのか北朝鮮の工作員なのか
分からなくなってしまったくらいだ。

読み終えて感じるのは、日本っていうのは快適でありながら、どこか不確かで、生命力が乏しく、現実離れした国だと言うこと。
そしてそれは多分、堂々と軍隊を持つこともできないという国家としての不確かさと通底しているのだと思う。

2位:五分後の世界 (幻冬舎文庫) 文庫 – 1997/4/1

586円

「五分後の世界」は村上龍さんの作品の中でも高い人気を誇るパラレルワールド小説です。タイトルの「五分後の世界」とは第二次世界大戦で敗戦を回避し、徹底的に抗戦を続ける日本のことで、現代と「ありえたかもしれない未来」の対比を浮き彫りにしていきます。降伏した日本が進んだ現代に関して自分なりの考えを持つことのできる1冊です。
本書の著者である村上龍は、あとがきで「今までのすべての作品の中で、最高のものになったと思っている」と述べている。作家を含めた(主観的ではあるが)一流と言われる芸術家たちは、自らの作品を簡単に「最高」と呼ぶだろうか。それほど完成された作品が、この小説である。

隅から隅まで調べつくしていくのは、村上龍のスタイルの1つとも言える。様々な作品において、大量の資料を読み込んだり、インタビューをしたり、調査したりしている。

そして、「半島を出よ」における北朝鮮の軍隊のように完璧な「アンダーグラウンド」。こういった動きは読んでて面白いし、眼に浮かんでくる。

とにかく、こんな面白い小説はないと思いました。

1位:新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫) ペーパーバック – 2009/4/15

550円

村上龍さんの作品を初めて読むというのであればやはり「限りなく透明に近いブルー」から読み始めるのがおすすめです。24歳で第72回芥川龍之介賞を受賞した、まさに衝撃のデビュー作。米軍横田基地に隣接する福生で生活する若者たちがセックスとドラッグに溺れていく様子をどこか淡々と描いた内容で、生々しい作品になっています。この生々しい描写がエンターテイメントというだけにとどまらず、強いメッセージを私たちに投げかけるのです。
作品全体が光やにおい、湿度、音で満たされている。
それを表現するための多様な比喩が無尽蔵に湧いて出て、読み手の脳裏に絡みつく。
主人公は何が起きても当事者とは思えない視座で成り行きを観察するだけで、
セックス、ドラッグ、暴力なども光や音と同列の現象として扱う。すべてがフラットで映像的な世界。

そんな主人公の観察が延々と繰り返された末、彼はあるものの色の中に凡庸な意味を見出す。
彼は全てにフラットで、透明な観察者であろうとしたが、ついには限界がきて、自身に意味を付与してしまったのだ。
人は完全に透明ではいられない、少なからず「前に進む」ためには。

まとめ

今回は村上龍さんの作品の人気おすすめランキングをご紹介しました。小説でもエッセイでも刺激的かつ考えさせられる内容を発信し続ける村上龍さんはアジテーターと呼べるかもしれません。興味を惹かれた方はランキングを参考に気になる作品を手に取り、深く意味を考えてみると世の中に対して新しい目を向けることができるかもしれません。

関連するキーワード

関連するまとめ

TOEIC参考書/問題集のおすすめランキング35選【レベル別・2020最新版】

国際化が進み、英語が重要視されていくに伴って、企業などでもTOEICを受けさせるところが増えてきています。こ…

もどる / 258 view

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【2020最新版…

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 1398 view

女性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

流行を取り入れたファッションを目指す方の教科書やライフスタイルのヒント、あるいは娯楽として幅広い年代の方が楽…

もどる / 295 view

恋愛小説おすすめランキングBEST80【2020最新版】

おすすめの恋愛小説80作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する恋愛小説はどれも名作・…

三島マコト / 1831 view

貴志祐介のおすすめ作品ランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

貴志祐介さんはホラーやミステリーなどのジャンルを多く執筆している小説家です。今回は貴志祐介さんの作品の人気お…

もどる / 325 view

エッセイの人気おすすめランキング30選と口コミ&選び方【2020最新版】

エッセイは書き手の生き方などを深く知ることができるもので、読者に新たな発見や生き方のヒントなどを与えてくれる…

もどる / 237 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 176 view

漢検問題集のおすすめ人気ランキング20選と口コミ&選び方【級別・2020最新版】

学生から社会人まで多くの方から人気を集めている資格試験に漢字能力検定があります。今回は漢検問題集の人気おすす…

もどる / 341 view

ボカロ小説の人気おすすめランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

ボーカロイドが好きな方やボーカロイドの楽曲で好きなものがある、という方におすすめなのがボカロ小説です。今回は…

もどる / 687 view

初心者向けの小説おすすめランキング50選!ジャンル別で紹介【2020最新版】

通勤や通学、休憩時間や就寝前に読書を始めたい「読書初心者」におすすめのジャンル別小説ランキング。6つのジャン…

samax82 / 885 view

歴史小説のおすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの歴史小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する歴史小説はどれも名作・…

三島マコト / 1745 view

泣ける!感動する小説おすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめの泣ける&感動する小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する感動する小…

三島マコト / 5771 view

コミュニケーション本のおすすめランキング30選と口コミ&選び方【2020最新版】

仕事や恋愛、友人関係など人との付き合いを円滑にする上で欠かせないスキルがコミュニケーションスキルです。今回は…

もどる / 512 view

三島由紀夫の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2020最…

作家・三島由紀夫という名前を知っていて気にはなっていても、機会がなくて彼の書籍・小説を読んだことがない、とい…

もどる / 213 view

太宰治の作品おすすめランキング20選!人気の小説と口コミ【2020最新版】

昭和初期の文豪の一人として高い人気と知名度を誇る太宰治。今回はそんな太宰治の作品の人気おすすめランキングと選…

もどる / 338 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

漫画雑誌の人気おすすめランキング30選!女性・男性別【2020最新版】

一定周期で発売されている漫画雑誌。週刊や月刊にかかわらず、誰しも一度は購入して読んだことがあるのではないでし…

もどる / 1062 view

Excel学習本のおすすめ人気ランキング30選と口コミ&選び方【レベル別・2020最…

パソコンの基本スキルとして挙げられることの多いExcelですが、使いこなすのは中々難しいものです。今回はEx…

もどる / 211 view

コミュニケーション本のおすすめランキング30選と口コミ&選び方【2020最新版】

仕事や恋愛、友人関係など人との付き合いを円滑にする上で欠かせないスキルがコミュニケーションスキルです。今回は…

もどる / 512 view

樋口一葉の作品おすすめランキング20選と口コミ!人気の小説まとめ【2020最新版】

樋口一葉はお札の肖像に採用されたことで、日本に知らない人はいないというほど、飛躍的に知名度を上げた小説家。今…

もどる / 153 view

名作!小説おすすめランキングBEST100【2020最新版】

世界には「名作」と呼ばれ、多くの人々に愛される小説が数多くあります。今回はおすすめの名作小説100作品をラン…

三島マコト / 2669 view

平野啓一郎の作品おすすめ20選!人気の小説ランキングと口コミ&選び方【2020最新版…

23歳で芥川賞を受賞し、「マチネの終わりに」が映画化されることが話題になった作家の平野啓一郎さん。現在大注目…

もどる / 225 view

三島由紀夫の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2020最…

作家・三島由紀夫という名前を知っていて気にはなっていても、機会がなくて彼の書籍・小説を読んだことがない、とい…

もどる / 213 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2020最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 159 view

貴志祐介のおすすめ作品ランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

貴志祐介さんはホラーやミステリーなどのジャンルを多く執筆している小説家です。今回は貴志祐介さんの作品の人気お…

もどる / 325 view

夏目漱石の作品おすすめ20選!人気小説ランキングと口コミ【2020最新版】

お札の肖像として採用され、学校教科書にも登場する文豪・夏目漱石。多くの名作を残し、いまも尚多くの人たちに愛さ…

もどる / 401 view

男性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【最新版】

世の女性たちを癒す男性アイドル・俳優の写真集はやはりとても人気があります。ここでは男性アイドルの写真集の人気…

kii428 / 774 view

歴代ベストセラー本の人気ランキングおすすめ100選【2020最新版】

数多くの人に愛され、長く支持を得ている本、それがベストセラーです。今回は歴代のベストセラーの中から今読んで欲…

もどる / 1916 view

テニス本のおすすめ人気ランキングTOP20と口コミ【2020最新版】

これからテニスを始めようと思っている方でルールや基本を学びたい方には本がおすすめです。そこで今回は初心者向け…

maru.wanwan / 625 view

中学生向け本のおすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2020最新版】

語彙も増え、理解の幅が広がっている中学生時代は、小学生のころよりもぐっと読める本の範囲が広がります。今回は中…

もどる / 2532 view

ペン字練習帳のおすすめ人気ランキング15選と口コミ&選び方【2020最新版】

ス冠婚葬祭など重要な場面では字を書く機会があります。そんな時もっと綺麗に書けたらと思うことってありますよね。…

もどる / 845 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング