続いて第16位にランクインしたバッドエンドアニメは、『くまみこ』です。

どう見てもほのぼのタッチの日常系アニメにしか見えませんが、このアニメがバッドエンドと言われる理由は、それまでの作風から急にシリアス展開にシフトチェンジしてしまったところ。

主人公はなぜか幻聴のようなものが聞こえてしまい、都会が怖くなり、引きこもりのようになってエンド。

この引きこもりまでのストーリーが唐突すぎてがっかりした方も多かったのでは?

第15位・コープスパーティー

強烈なグロアニメ

強烈なグロアニメ

監督:岩永彰
原作:祁答院慎(チームグリグリ「コープスパーティーブラッドカバー」)
企画:志倉千代丸、松本浩、納谷光枝、太布尚弘、平松巨規
プロデューサー:野村泰彦、田中信作、納谷僚介、金庭こず恵、正岡篤
脚本:佐藤勝一
キャラクターデザイン:田中誠輝
アニメーション制作:アスリード
製作:MAGES.

ホラーアドベンチャーゲームが原作となっているこのアニメ。

様々なバージョンで制作されており、様々な結末がありますが、OVA版でのラストは完全にバッドエンドですね。

というか作品全体を通してグロ表現が半端ないので、ラストがバッドエンドだろうがハッピーエンドだろうが、グロ耐性があまりない方はもうどうでもよくなること間違いなし。

第14位・ベルサイユのばら

不朽の名作

不朽の名作

原作:池田理代子
総監督:長浜忠夫(第1話 - 第13話)、出崎統(第19話 - 第40話)
脚本:篠崎好、山田正弘、杉江慧子
キャラクターデザイン:荒木伸吾、姫野美智
音楽:馬飼野康二
アニメーション制作:東京ムービー新社
放送局:日本テレビ系列
放送期間:1979年10月10日 - 1980年9月3日
話数:全40話+総集編1話

1770年春。オーストリア帝国・ハプスブルグ家の皇女マリー・アントワネットは14歳でフランスのブルボン家に嫁いできた。
王太子妃を護衛する近衛士官オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェは由緒ある将軍家の末娘でありながら、後継ぎとして剣も学問も修め、軍人として育てられた男装の麗人だった。
異国の宮廷で孤独を深めるアントワネットはパリ・オペラ座の仮面舞踏会でスウェーデンの貴公子フェルゼン伯爵と知り合い、アントワネットだけでなくオスカルも恋に落ちる。3人は共に18歳。運命の出会いの夜だった。

続いて第14位にランクインしたバッドエンドアニメは、不朽の名作『ベルサイユのばら』です。

お耽美なイメージが先行している故か、バッドエンドだったなんて意外ですよね!

ですが、史実を元にした漫画ですので、最終的にはフランス革命により主要人物が次々と命を落としてしまいます…。

オスカル、アンドレ、マリーアントワネット、フェルゼン、全て死亡というかなりのバッドエンドでございました。

第13位・フランダースの犬

ネロが可哀想すぎ…

ネロが可哀想すぎ…

原作:ウィーダ(マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー)
監督:黒田昌郎
シリーズ構成:六鹿英雄、松木功、中西隆三
キャラクターデザイン:森康二
音楽:渡辺岳夫
アニメーション制作:ズイヨー映像、日本アニメーション
放送局:フジテレビ系列
放送期間:1975年1月5日 - 同年12月28日
話数:全52話

ある村にネロという心の優しい少年がいた。彼は両親を幼くして亡くし、祖父と二人暮らしで、ガールフレンドのアロアとは大の仲良しだった。ある日のこと、ネロは乱暴な飼い主に休ませずこき使われている老犬のパトラッシュと出会った。弱った彼を助けたネロはパトラッシュを飼うことにした。

第13位にランクインしたのは、悲しい結末の世界名作劇場といったらこれ!な、『フランダースの犬』です。

フランダースというのは地名で、犬はパトラッシュですよね。
でも主人公はネロなんですよね。(まぁどうでもいいことなんですが…)

そんなネロの最期は、皆さんご存じの通り、放火犯の濡れ衣を着せられて村を追い出され、大聖堂のルーベンスの絵を一目見てから救われたように息を引き取る…というなんとも悲しい物語。

何も悪いことをしていないネロが死んでしまうという点で、完全にバッドエンドですね。

第12位・火垂るの墓

節子の笑顔が悲しい…

節子の笑顔が悲しい…

監督:高畑勲
脚本:高畑勲
原作:野坂昭如
製作:原徹
音楽:間宮芳生
制作会社:スタジオジブリ
製作会社:新潮社
配給:東宝
公開日:1988年4月16日
上映時間:88分

『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説で、野坂自身の戦争体験を題材とした作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。

続いて第12位にランクインしたバッドエンドアニメは、『火垂るの墓』です。
日本人なら誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。

この映画はバッドエンドというか、そもそも兄妹はすでに死亡しているところから始まるので厳密には違うかもしれませんね。

激しい戦争のさなか、幼い妹と兄だけで必死に生きようとし、そしてそれが叶わなかった…そんな悲劇が実際にあったであろうことは想像に難くありません。
単なる「バッドエンド」で片付けてはいけない気がします。

第11位・Rewrite

第1期は全滅エンド

第1期は全滅エンド

原作:Key/ビジュアルアーツ
監督:天衝
シリーズ構成:天衝
脚本:あおしまたかし、髙橋龍也、伊神貴世
キャラクターデザイン:野中正幸
音楽:折戸伸治、井内舞子、細井聡司、水月陵、麻枝准
アニメーション制作:エイトビット
製作:アニプレックス、ビジュアルアーツ、KADOKAWA アスキー・メディアワークス、MBS、TOKYO MX、BS11、ムービック、ブシロード、ローソン、エイトビット
放送局:TOKYO MX、MBS、BS11ほか
放送期間:1stシーズン2016年7月 - 9月、2ndシーズン2017年1月 - 3月
話数:全24話

文明と自然の調和を図る都市・風祭。この街にある風祭学院高校に主人公・天王寺瑚太朗は通っている。秋の収穫祭が近づくにつれ、瑚太朗の周囲では非日常的な出来事が頻発するようになる。残り少ない学園生活に対し焦りを感じていた瑚太朗は、自分を変えようと動き始める。

続いて第11位にランクインしたバッドエンドアニメは、『Rewrite(リライト)』です。

アニメは第1期、第2期がありますが、第1期のラストがどうしようもなくバッドエンドでした。
結局は人類が滅亡してしまうのですが、第2期の予告と共に「次はうまくやる!」ときたもんだから思わずポカーンとしてしまった方も多かったのでは?

第10位・宇宙の騎士テッカマンブレード

主人公まさかの置き去り

主人公まさかの置き去り

原作:タツノコプロ企画室(原案)
監督:ねぎしひろし
シリーズ構成:関島眞頼、あかほりさとる
脚本:岸間信明、川崎ヒロユキほか
キャラクターデザイン:TOlllO、佐野浩敏
メカニックデザイン:佐山善則、中原れい
アニメーション制作:タツノコプロ
製作:テレビ東京、創通エージェンシー、タツノコプロ
放送局:テレビ東京系
放送期間:1992年2月18日 - 1993年2月2日
話数:49話

連合地球暦192年、謎の宇宙生命体「ラダム」が突如として地球に来襲。

人類の宇宙進出の夢を懸けて作られた軌道エレベータ基地・オービタルリングを瞬く間に占拠し、地球侵略を開始した。地球製兵器では傷つけることすらできない強靭無比のラダム獣と、ラダム獣を遥かに凌ぐ戦闘力を持つ、謎の仮面の「超人」…。唯一対抗し得る兵器であるオービタルリングのレーザー砲を奪われ、全ての宇宙船が破壊されてしまった人類にはそれらに対抗する術がなく、その侵攻をただ黙って耐える事しかなかった…。

第10位にランクインしたバッドエンドアニメは、『宇宙の騎士テッカマンブレード』です。

ついにリープ航法装置を手に入れ、第2の地球となる星を探しに向かおうとした矢先、ランボス率いるワルダスターの大軍団が襲い掛かります。

テッカマンブレードは仲間の宇宙船が無事にリープ航法に成功したことを見届けると、一人で敵に突っ込んでいく…

こんな風に唐突に終わります。
視聴者置いてけぼりのでした。

第9位・魔法戦争

タイトルもビジュアルも良いと思ったのに…

タイトルもビジュアルも良いと思ったのに…

原作:スズキヒサシ
監督:佐藤雄三
シリーズ構成:ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン:江畑諒真
音楽:甲田雅人
アニメーション制作:マッドハウス
製作:すばる魔法学院、TBS
放送期間:2014年1月 - 3月
話数:全12話

七瀬武は、過去にとある事故を起こしてしまったが、それ以外はクラスでも生真面目な生徒と見られている普通の高校生で、幼馴染の五十島くるみとはくるみの諸事情により偽の恋人関係を築いていた。だが、ある日武は部活の練習前に倒れている相羽六を発見する。そのあと六を保健室に連れていった武は六の勘違いにより六の魔法を受け魔法使いになってしまう。そこから武自身と周りの人間の運命は大きく変化していく。

第9位にランクインしたバッドエンドアニメは、『魔法戦争』です。

タイトルもキービジュアルもなかなかなので、ちょっと期待して見ていたはいいが、最終回でジャーマンスープレックスをかまされたくらいの衝撃があったアニメですね。

魔法戦争というタイトル通り、魔法を使って戦っていたはずが…
なぜか主人公が過去に飛ばされ、不敵な笑みを浮かべる宿敵の弟がいて、フフフ…からの、終了!
バッドエンドというか、投げっぱなしエンドですね。
「3か月返せ」と言われている意味が分かるってなもんです。

第8位・ぼくらの

原作と異なるラスト

原作と異なるラスト

原作:鬼頭莫宏
監督:森田宏幸
キャラクターデザイン:小西賢一
メカニカルバイザー:鈴木勤
音楽:野見祐二
アニメーション制作:GONZO
製作:イズミプロジェクト
放送期間:2007年4月 - 9月
話数:全24話

夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリ と名乗る謎の男に出会う。
子供達は「自分の作ったゲームをしないか」とココペリに誘われる。
ゲームの内容は、「子供達が無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。
その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現する。ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。

第8位にランクインしたバッドエンドアニメは、『ぼくらの』です。

アニメ版『ぼくらの』のラストは、ジアースの最後の操縦者となったウシロが、死んでいった仲間達の戦闘を思い浮かべながら30時間もの間戦い、そしてついに勝利。
戦闘後にウシロはジアースを解体して、ゲームの連鎖を食い止めます。
そして唯一生き残ったカナがゲームの経緯を伝え、生きて戦っていく…という結末。

子どもたちが全員亡くなる(カナ以外)という点でバッドエンドと言えるでしょう。

第7位・合身戦隊メカンダーロボ

原作:和光プロ企画室
監督:新田義方
シリーズ構成:本田毅、陶山智、海堂清彦
キャラクターデザイン:岡迫亘弘
メカニックデザイン:メカマン(大河原邦男)
音楽:渡辺宙明
アニメーション制作:和光プロダクション
製作:東京12チャンネル、和光プロダクション
放送局:東京12チャンネル
放送期間:1977年3月3日 - 12月29日
話数:全35話(総集編 6話を含む)

ガニメデ星の支配者 ヘドロン皇帝の指揮する「コンギスター軍団」は地球に侵攻、95%を占領。地球の主要エネルギー源である原子力を封じるために、原子炉を破壊する「オメガミサイル」を装備した監視ミサイル衛星を衛星軌道上に配置した。コンギスター軍団の占領から唯一逃れた日本で、敷島博士は地球を取り戻すために、空母「キング・ダイヤモンド」と戦闘ロボット「メカンダーロボ」を建造し、コンギスター軍団に立ち向かう。

続いて第7位にランクインしたバッドエンドアニメは、『合身戦隊メカンダーロボ』です。

ロボアニメなのにバッドエンドとはこれいかに!?という感じですが、そもそものバッドエンドはスポンサー企業が倒産してしまった点ではないでしょうか…。
それ故、途中に怒涛の総集編5週連続があり、最終回もほぼ総集編という事態になってしまったのです。

最終回は敵の大ボス『へドロン皇帝』が支配していたガニメデ星の自然浄化作用で消滅という訳の分からなさ、さらに故郷であるガニメデ星に帰還したジミーに待ち受けていた「すでにガニメデ星人は全滅していた」事実。その後ジミーは誰にも別れを告げずに去っていく…

まさにバッドエンドです!!

第6位・宇宙戦士バルディオス

打ち切りエンドでした…

打ち切りエンドでした…

原作:酒井あきよし、葦プロダクション
監督:広川和之
キャラクターデザイン:上條修
メカニックデザイン:佐藤元、亀垣一
音楽:羽田健太郎
製作:第一放映、葦プロダクション(現:プロダクションリード)、国際映画社
放送局:東京12チャンネル(現:テレビ東京)
放送期間:1980年6月30日 - 1981年1月25日
話数:全31話

放射能汚染により、絶滅の危機に瀕したS-1星。
レーガン博士は惑星の汚染を消し去る計画を提唱するが、軍部を牛耳るガットラーは、居住可能な惑星を侵略し移民してしまおうとクーデターを起こす。ガットラーは皇帝を暗殺し権力を掌握、次にレーガン博士を襲う。レーガンの息子であるマリンは、皇帝殺しの濡れ衣を着せらながらも、亜空間戦闘機パルサバーンでガットラーに戦いを挑むが、船団のワープに巻き込まれ、西暦2100年の地球へと飛ばされてしまう。

続いて第6位にランクインしたバッドエンドアニメは、『宇宙戦士バルディオス』です。

こちらは完全なる打ち切りによるバッドエンド。
実質上の最終回となった第31話が、「破滅への序曲(前編)」というサブタイトルな点でもうすでにオカシイ。

最終話の内容はというと、人工太陽のせいで極地の氷が解けて地球上に大津波が押し寄せて人類滅亡エンド。
救いようのないバッドエンドですね。

関連するまとめ

ディズニーアニメ映画のおすすめランキングTOP40【2021最新版】

子供から大人まで、みんなが楽しめるディズニーアニメ。これまでに数十作品ものアニメ映画を作ってきたディズニー(…

ririto / 94 view

海外で人気の日本アニメランキングTOP60【2021最新版】

今や日本のアニメはワールドワイド!海外でも様々なアニメが人気となっています。そこで今回は、海外で人気の高いア…

ririto / 4980 view

SunSet Swishの人気曲ランキング34選&アルバム4選【Swish! ・動画…

現役サラリーマンバンドとして活躍しているロックバンドSunset Swish(サンセットスウィッシュ)。現在…

rogi / 45 view

京アニの人気作品おすすめランキング50選【2021最新版】

日本のアニメ制作会社である京都アニメーション(京アニ)は多くの名作アニメを生み出してきました。今回は京アニの…

maru.wanwan / 137 view

ガンダムアニメのおすすめ人気ランキングTOP30【2021最新版】

ガンダムのアニメは初代、ファーストと呼ばれる『機動戦士ガンダム』から『鉄血のオルフェンズ』まで、実に30作品…

ririto / 236 view

ロボットアニメのおすすめランキングTOP45!面白い作品を厳選紹介【2021最新版】

ロボットアニメというと、あなたは何を思い浮かべますか?今回はおすすめしたいロボットアニメをランキング形式にし…

ririto / 273 view

鈴木このみの人気曲ランキング25選&アルバム5選【2021最新版】

アニソン業界を代表するアニソンシンガーの鈴木このみ。愛称このみん。2011年、第5回全日本アニソングランプリ…

rogi / 77 view

エヴァンゲリオン登場キャラかわいい女性ランキング11選【2021最新版】

1990年代に社会現象を巻き起こした大人気シリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』。そんなエヴァンゲリオンといえば…

maru.wanwan / 64 view

もののけ姫のキャラクター人気ランキングTOP14【2021最新版】

スタジオジブリ映画作品の中でも特に知られる「もののけ姫」は、人間の行ってきた自然破壊による、森の住人や動物た…

maru.wanwan / 444 view

ピクサー映画の人気ランキングTOP22と口コミ【2021最新版】

ピクサーの映画は本家ディスニーともまたちょっと違った面白さがあって、ファンも多いですよね。そこで今回は199…

ririto / 104 view

キスシーンのあるアニメおすすめ人気ランキングTOP25【2021最新版】

アニメの中には時にお似合いカップルなるものが多数登場しますね。そんな様々なカップルがキスシーンを披露してくれ…

ririto / 565 view

ドラゴンボールのキャラクター強さランキング最新55選~戦闘力最強【2021年版】

今回は、ドラゴンボールで戦闘力の高いキャラクター・登場人物を強さ順にしてランキング形式にしてまとめてみました…

ririto / 1618 view

Kalafina人気曲ランキングTOP40【動画付・ファンが選んだ名曲集】【2021…

3人組アニソンボーカルユニットである「Kalafina(カラフィナ)」。2019年に解散し現在は3人ともそれ…

石もち / 102 view

キングダムのかわいい女性キャラランキング15選【2021最新版】

3000万部以上の発行部数を誇る、中国の春秋戦国時代を描い人気作品『キングダム』。登場するかわいい女性キャラ…

maru.wanwan / 122 view

声優の好感度ランキング36選!好き18人・嫌い18人【2021最新版】

自分の好きなアニメに出ている声優さんは必然的に好感度があがりますよね。それとは反対に、好感度が低い、嫌いだと…

ririto / 1488 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ラブライブサンシャイン「Aqours」声優の顔かわいいランキング9選!現在の情報も公…

ラブライブ!サンシャイン!!では『Aqours(アクア)』というグループ名で声優さんたちが活動されていました…

ririto / 335 view

ツンデレアニメの人気ランキングTOP30【2021最新版】

ツンデレという言葉が定着してもう何年も経ちますね。今回は、ツンデレキャラがいる人気のアニメを全部で30作品の…

ririto / 1674 view

歴代アニメキャラ人気ランキング100選~男性女性別【2021最新版】

歴代のアニメキャラで人気が高いのはどんなキャラがいるのか注目されています。今回は男性キャラTOP50、女性キ…

ririto / 5477 view

スラムダンク名言ランキングTOP33!登場キャラクターの格言【2021最新版】

未だに強い人気を誇る漫画・スラムダンク。その人気の理由の一つに、作中で登場する『名言』とも呼べるセリフの数々…

ririto / 931 view

京アニの人気作品おすすめランキング50選【2021最新版】

日本のアニメ制作会社である京都アニメーション(京アニ)は多くの名作アニメを生み出してきました。今回は京アニの…

maru.wanwan / 137 view

Amazonプライムビデオのアニメおすすめランキング30選【2021最新版】

Amazonプライムビデオとは、月額使用料(または年間使用料)を支払うだけで膨大な量の映像作品を楽しめるコン…

ririto / 2033 view

Huluのアニメおすすめランキング90選!6ジャンル別のTOP15【2021最新版】

Hulu(フールー)は、月額利用料933円(税抜き)でたくさんのアニメが見られるコンテンツです。今回はHul…

ririto / 510 view

戦争アニメのおすすめランキングTOP40【人気2021最新版】

アニメの世界でも、人同士・国同士・星同士の戦争を題材にしたアニメがこれまでもたくさん放送されてきましたねで今…

ririto / 198 view

異世界ファンタジーアニメおすすめランキングTOP45【2021最新版】

毎年毎シーズン数多くのアニメが新しく生まれていますが、その中でも最もアニメらしいジャンルと言ったら『異世界フ…

ririto / 992 view

チェンソーマンのキャラクター強さランキング25選【2021最新版】

悪魔を狩るデビルハンターたちの壮絶な戦いを描いたホラーアクション作品の「チェンソーマン」では、様々な個性あふ…

maru.wanwan / 241 view

約束のネバーランドのキャラ強さランキング25選【2021最新版】

『約束のネバーランド』は、孤児院で育てられた子ども達が過酷な運命に抗っていく物語で、鬼vs子ども、命をかけた…

maru.wanwan / 324 view

I”s(アイズ)のキャラ人気ランキング16選・女性男性別【2021最新版】

「I”s(アイズ)」は『週刊少年ジャンプ』誌上において1997年19号から2000年24号まで連載された人気…

maru.wanwan / 138 view

伏線がすごいアニメおすすめランキング人気TOP15【2021最新版】

アニメの中には、物語の中に様々な伏線を散りばめ、それをどんどん回収していくような内容のものもたくさんあります…

ririto / 2201 view

呪術廻戦の嫌いなキャラクターランキング10選【2021最新版】

『週刊少年ジャンプ』2018年14号から連載されている漫画作品の「呪術廻戦」には呪術師・呪詛師・呪霊など様々…

maru.wanwan / 691 view

チェンソーマンのキャラクター人気ランキング100選【2021最新版】

今回は週刊少年ジャンプに連載の漫画「チェンソーマン」の人気キャラクターランキング100選を紹介します。基本的…

maru.wanwan / 262 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング