6位:オレクサンドル・ウシク

The Cat (猫)

The Cat (猫)

階級 クルーザー級
身長 190cm
リーチ 198cm
国籍 ウクライナ
誕生日 1987年1月17日
戦績 16試合 16勝(16KO)無敗

ロンドンオリンピックヘビー級金メダル
WBOインターコンチネンタルクルーザー級暫定王座
WBOインターコンチネンタルクルーザー級王座
WBO世界クルーザー級王座(防衛6)
WBC世界クルーザー級王座(防衛2)
WBA世界クルーザー級スーパー王座(防衛1)
IBF世界クルーザー級王座(防衛1)
リングマガジン世界クルーザー級王座
WBC世界クルーザー級ダイヤモンド王座

オレクサンドル・ウシクは現世界クルーザー級統一王者で、ロンドンオリンピックヘビー級金メダリストです。オレクサンドル・ウシクの特徴は、クルーザー級ではとても珍しいスピードを駆使するタイプで、更に手数が非常に多いことでも知られています。フットワークも非常に素晴らしく、上下に打ち分けるのが上手いボクサーです。

5位:シュガー・レイ・ロビンソン

オールタイム・パウンド・フォー・パウンド

オールタイム・パウンド・フォー・パウンド

階級 ミドル級
身長 180cm
リーチ 184cm
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1921年5月3日
戦績 200試合 175勝(109KO)19敗 6引き分け

NYSAC(ニューヨーク州アスレチックコミッション認定)世界ウェルター級王座
ペンシルバニア州認定世界ウェルター級王座
第42代NBA(WBA前身)世界ウェルター級王者
第40代NBA(WBA前身世界ミドル級王者
第42代NBA(WBA前身)世界ミドル級王者
第44代NBA(WBA前身)世界ミドル級王者
第46代NBA(WBA前身)世界ミドル級王者
第48代NBA(WBA前身)世界ミドル級王者

シュガー・レイ・ロビンソンは、元世界ミドル級および世界ウェルター級チャンピオンです。多くの評論家やファンが、全階級を通じて史上最高のボクサーと認める「オールタイム・パウンド・フォー・パウンド」です。リズミカルなフットワークやジャブ、左フックのダブル・トリプルコンビネーションなどを当然のように駆使した技術的先進性や、モハメド・アリやシュガー・レイ・レナードの先駆けともいえる華やかなボクシングスタイルとスター性、そして同時代を生きた強豪とことごとくグローブを交え、そのほとんどを打ち破り、歴史に残る数々の名勝負、芸術的ノックアウトシーンを実現した圧倒的実力のいずれをとっても史上屈指の万能な存在であり、前述のアリやレナードをはじめ、後世の名選手達に多大な影響を与えたボクサーです。ミドル級において成し遂げた同一階級での世界王座5度獲得は、階級や統括団体が増加した21世紀のボクシング界においても並ぶ者がない大記録となっています。

4位:サウル・アルバレス

Canelo(カネロ)

Canelo(カネロ)

階級 ミドル級
身長 175cm
リーチ 180cm
国籍 メキシコ
誕生日 1990年7月18日
戦績 55試合 52勝(35KO)1敗 2分

ハリスコ州ウェルター級王座(防衛1=返上)
WBAフェデセントロウェルター級王座(防衛2=返上)
NABF北米ウェルター級王座(防衛5=返上)
WBOラテンアメリカウェルター級王座(防衛0=返上)
WBC世界ウェルター級ユース王座(防衛1=返上)
WBC世界スーパーウェルター級シルバー王座(防衛2=返上)
WBC世界スーパーウェルター級王座(防衛6)
WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座(防衛0)
リングマガジン世界スーパーウェルター級王座
WBC世界ミドル級王座(防衛1=返上)
リングマガジン世界ミドル級王座
WBO世界スーパーウェルター級王座(防衛0=返上)
WBA世界ミドル級スーパー王座(防衛1)
WBC世界ミドル級王座(防衛1)
IBF世界ミドル級王座(防衛0)
IBO世界ミドル級王座(防衛0)

サウル・アルバレスは世界3階級制覇王者で、スピードとコンビネーションブローが素晴らしいボクサーです。ボディーやフック、アッパーなど多彩な攻めで相手を翻弄します。特にボディーブローの旨さは素晴らしく、アメリカでも絶大な人気を得ています。

3位:マニー・パッキャオ

The Destroyer(破壊者)

The Destroyer(破壊者)

階級 ライトフライ級 - スーパーウェルター級
身長 168cm
リーチ 170cm
国籍 フィリピン
誕生日 1978年12月17日
戦績 70試合 61勝(39KO)7敗 2引き分け

WBC世界フライ級王座(防衛1=剥奪)
IBF世界スーパーバンタム級王座(防衛4=返上)
WBC世界スーパーフェザー級王座(防衛0=返上)
WBC世界ライト級王座(防衛0=返上)
WBO世界ウェルター級王座(防衛3、スーパー王座認定)
WBC世界ウェルター級ダイヤモンド王座
WBC世界スーパーウェルター級王座(防衛0=返上)
WBO世界ウェルター級王座(防衛1)
WBO世界ウェルター級王座(防衛0)
WBA世界ウェルター級王座(防衛0)

パッキャオはフィリピンの英雄として将来の大統領候補とされており、史上2人目の6階級制覇王者として世界最高のボクサーと評価されています。サウスポースタイルからの闘争心を剥き出しにしたファイトスタイルを持ち、強豪選手を相手に一歩も引かず、アグレッシブに攻撃することで知られています。また、世界タイトルの獲得と防衛よりも、階級にこだわらず強いボクサーとの対戦を優先するキャリアを選択したのも、他のボクサーではあり得ない選択とされています。

2位:テレンス・クロフォード

Hunter(狙撃手)

Hunter(狙撃手)

階級 ウェルター級
身長 173cm
リーチ 185cm
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1987年9月28日
戦績 35試合 35勝(26KO)無敗

NABO北米ライト級王座
WBO世界ライト級王座(防衛2=返上)
WBO世界スーパーライト級王座(防衛6=返上)
WBC世界スーパーライト級王座(防衛3=返上)
WBA世界スーパーライト級王座(防衛0=スーパー王座に認定)
WBA世界スーパーライト級スーパー王座(防衛0=返上)
IBF世界スーパーライト級王座(防衛0=返上)
WBO世界ウェルター級王座(防衛1)
リングマガジン世界ライト級王座
リングマガジン世界スーパーライト級王座

テレンス・クロフォードは、2017年8月19日には元世界2階級制覇王者のバーナード・ホプキンス以来となる主要4団体の統一を果たし、スーパーライト級初の主要4団体統一王者であり、2005年7月16日にホプキンスを破ったジャーメイン・テイラー以来となる12年ぶり史上3人目の主要4団体統一王者です。現在はウェルター級に転向しましたが、当時スーパーライト級で4団体(WBA,WBC,WBO,IBF)すべての団体でのチャンピオンになったと言うのは完璧なボクサーの証です。

1位:フロイド・メイウェザー・ジュニア

TBE(The Best Ever)

TBE(The Best Ever)

階級 スーパーフェザー級 - スーパーウェルター級
身長 173cm
リーチ 183cm
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1977年2月24日
戦績 50戦 50勝(27KO)無敗

1996年アトランタオリンピックフェザー級銅メダル
WBC世界スーパーフェザー級王座(防衛8=返上)
WBC世界ライト級王座(防衛3=返上、名誉王座に認定)
WBC世界スーパーライト級王座(防衛0=返上)
IBF世界ウェルター級王座(防衛0=返上)
WBC世界ウェルター級王座(防衛1=返上、名誉王座に認定)
WBC世界スーパーウェルター級王座(防衛0=返上、名誉王座に認定)
WBC世界ウェルター級王座(防衛5=名誉王座に認定)
WBC世界スーパーウェルター級王座(防衛1=名誉王座に認定)
WBA世界ウェルター級スーパー王座(防衛3=返上)
WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座(防衛1=返上)
WBO世界ウェルター級王座(防衛0=剥奪)
WBC世界スーパーウェルター級ダイヤモンド王座
IBO世界ウェルター級王座
IBA世界ウェルター級王座
リングマガジン世界ウェルター級王座
リングマガジン世界スーパーウェルター級王座

圧倒的なスピードと超人的な反応速度を武器に、卓越したディフェンステクニックで相手を翻弄し、絶妙のタイミングでカウンターを打ち込むのを得意とします。プロでの戦績は50戦50勝無敗で、史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成したなど、パウンド・フォー・パウンド最強のボクサーとして評価されている、史上最強のボクサーです。

歴代最強のボクシング選手ランキングTOP25-11(日本人編)

25位:鬼塚勝也

スパンキーK

スパンキーK

階級 スーパーフライ級
身長 173cm
誕生日 1970年3月12日
戦績 25戦 24勝(17KO)1敗

1986年度インターハイフライ級優勝(アマチュア)
1989年度全日本スーパーフライ級新人王
第13代日本スーパーフライ級王座
第5代WBA世界スーパーフライ級王座

鬼塚勝也は鋼鉄の精神力と鋭いワンツーパンチがなによりの武器の最強ボクサーです。また、シューズやトランクス、ガウン、セコンド着などは全て本人がデザインするなど当時としては大変斬新なボクサーとしても有名でした。

24位:井岡一翔

超攻撃型ボクサー

超攻撃型ボクサー

階級 スーパーフライ級
身長 165.6cm
リーチ 168cm
誕生日 1989年3月24日
スタイル オーソドックス
戦績 25戦 23勝(13KO)2敗

第33代日本ライトフライ級王座(防衛0=返上)
WBC世界ミニマム級王座(防衛3=返上)
WBA世界ミニマム級王座(防衛0=返上)
WBA世界ライトフライ級王座(防衛3=返上)
WBA世界フライ級王座(防衛5=返上)
WBC世界スーパーフライ級シルバー王座

左ジャブ、駆け引き、冷静さ、コンビネーションなどいずれについても世界クラスのテクニックを持つ穴のないボクサーです。距離感と打ち終わりのポジショニングなどのディフェンス面において優れており、切れのある左ジャブからの多彩なコンビネーションパターンを持ち、鍛えられた下半身から振り子のようにパンチを得意とする超攻撃型ボクサーです。

23位:西岡利晃

スピードキング

スピードキング

階級 スーパーバンタム級
身長 168.5cm
リーチ 174.5cm
誕生日 1976年7月25日
スタイル 左ボクサーファイター
戦績 47戦 39勝(24KO)5敗 3分

1995年西日本ジュニアフェザー級新人王[45]
第58代日本バンタム級王座(防衛2=返上)
WBC世界スーパーバンタム級王座(防衛7=名誉王座認定)

サウスポーのボクサーファイターで、愛称は「スピードキング」です。得意の左ストレートをはじめとする左の強打は一撃で相手を沈めてしまう程の強打であり、その威力から「モンスターレフト」との異名をも持ちます。西岡の打撃の大半はこの正確な左ストレートによるものですが、左右のボディショットもかなりの割合を占め、ゴンサレス、バンゴヤン、ムンロー、ムニョスと対戦した4試合ではジャブを除く打撃の46.9%をボディに当てていました。

22位:内藤大助

リアルはじめの一歩

リアルはじめの一歩

階級 フライ級
身長 163㎝
リーチ 175㎝
誕生日 1974年8月30日
スタイル 右変則ファイター
戦績 42戦 36勝(23KO)3敗 3分

東日本フライ級新人王
全日本フライ級新人王
日本フライ級王座(防衛4=返上)
OPBF東洋太平洋フライ級王座(防衛1=返上、日本・東洋の現役2冠を達成)
WBC世界フライ級王座(防衛5=陥落)

元いじめられっ子がボクシングを始め、全日本新人王を経て日本王者になるという経歴が、森川ジョージ作の漫画『はじめの一歩』の主人公・幕之内一歩の設定と共通していることに由来する「リアルはじめの一歩という異名を持ちます。リーチは172cmで、フライ級では長い部類に入り、同級屈指のハードパンチャーとして知られ、生涯KO率は7割近くに達しています。

21位:亀田興毅

浪速乃闘拳

浪速乃闘拳

階級 スーパーフライ級
身長 165.9cm
リーチ 169cm
誕生日 1986年11月17日
戦績 35戦33勝(18KO)2敗

第33代OPBF東洋太平洋フライ級王座(防衛0=返上)
WBA世界ライトフライ級王座(防衛1=返上)
第4代WBAインターコンチネンタルフライ級王座(防衛0)
WBC世界フライ級王座(防衛0)
WBA世界バンタム級王座(防衛8=返上)

亀田興毅はWBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級、WBA世界バンタム級の3階級を日本人で初めて制覇したボクサーです。亀田三兄弟として話題になった長男で、ビッグマウスがしばしばマスコミや国民から批判を受けたこともありましたが、実力は確かなものを持ったボクサーでした。

20位:高山勝成

ライトニングキッド

ライトニングキッド

階級 ミニマム級
身長 158.5cm[1]
リーチ 158cm[1]
誕生日 1983年5月12日
スタイル 右ボクサーファイター
戦績 40試合 31勝(12KO)8敗 無効試合1

高山勝成は、日本人として初めて主要四団体(WBA・WBC・IBF・WBO)で世界戴冠を果たしたボクサーです。高山のボクシングスタイルは右ボクサーファイターで、相手のスタイルや戦っている際の相手の動きをよく観察して、距離を取るか積極的に攻めていくかを決めています。集中力と頭のキレ、相当な場数と練習を行ってきた高山にしかできない術です。

19位:薬師寺保栄

薬ちゃん

薬ちゃん

階級 バンタム級
身長 173cm
誕生日 1968年7月22日
戦績 28試合 24勝(16KO)3敗 1分

日本バンタム級王座(防衛1=返上)
WBC世界バンタム級王座(防衛4)

派手な入場シーンなど、個性的なキャラクターが売り物ながら、ボクシングスタイルは、長身を生かしたストレート系のパンチを主武器とする玄人好みの正統派のボクサータイプです。イメージとは裏腹に、コツコツと自分のスタイルを確立して世界王者に上りつめた苦労人ボクサーです。

18位:辰吉丈一郎

浪速のジョー

浪速のジョー

階級 バンタム級
身長 164cm
リーチ 178cm
誕生日 1970年5月15日
スタイル 右ボクサーファイター
戦績 28試合 20勝(14KO)7敗 1分

全日本社会人選手権バンタム級優勝(アマチュア)
日本バンタム級王座(防衛0=返上)
WBC世界バンタム級王座(1期目は防衛0=陥落、2期目は防衛2=陥落)
WBC世界バンタム級暫定王座(防衛0=陥落)

辰吉丈一郎は全日本社会人選手権優勝など18勝(18KO・RSC)1敗のアマチュア戦績を引っさげてプロデビューを果たします。そしてWBC世界バンタム級王者、グレグ・リチャードソンを下して初の世界チャンピオンに輝きます。デビューから8戦目での世界タイトル獲得は当時の日本最速記録でした。左手のガードを下げ、相手を挑発するスタイルが人気で、薬師寺保栄とのWBCバンタム級統一王座決定戦は後世に語り継がれる伝説の試合となりました。

17位:井岡弘樹

エディ・タウンゼントの最後の愛弟子

エディ・タウンゼントの最後の愛弟子

階級 ミニマム級
ライトフライ級
身長 172cm
リーチ 174cm
誕生日 1969年1月8日
スタイル 右ボクサー
戦績 42試合 33勝(17KO)8敗 1分

第2代日本ミニマム級王座(防衛0=返上)
WBC世界ミニマム級王座(防衛2)
WBA世界ライトフライ級王座(防衛2)

井岡弘樹は赤井英和に憧れ、中学2年で現グリーンツダジムへ入門し、当初から将来の世界王者として期待され、海老原博幸や藤猛や柴田国明ら多くの世界王者を輩出した名伯楽エディ・タウンゼントの指導を受けることになります。恵まれた体格を生かしたアウトボクシング、軽量級らしい伸びのある左ジャブ・右ストレートを武器に国内最年少の18歳9ヶ月10日でWBC世界ミニマム級王座を獲得しています。また、1991年12月にはWBA世界ライトフライ級王座も獲得しファイティング原田・柴田国明に続き史上3人目となる世界王座2階級制覇を達成した最強ボクサーです。

16位:大橋秀行

150年に1人の天才

150年に1人の天才

階級 ミニマム級
誕生日 1965年3月8日
スタイル 右ボクサーパンチャー
戦績 24試合 19勝(12KO)5敗

1981年度インターハイモスキート級優勝
第12代日本ライトフライ級王座
第14代日本ライトフライ級王座
第4代WBA世界ミニマム級王座
第4代WBC世界ミニマム級王座

大橋秀行はインターハイで優勝するなどアマチュア45戦42勝3敗27KOという素晴らしい成績で、150年にひとりの天才と呼ばれました。プロに転向して1990年に韓国の崔漸煥を9回KOで破りWBCミニマム級王座を獲得します。カウンターとボディを狙うスタイルの右ボククサーパンチャー型で活躍しました。

15位:渡嘉敷勝男

ヤンバルクイナ

ヤンバルクイナ

階級 ジュニアフライ級
身長 157cm
誕生日 1960年7月27日
スタイル 右ボクサーファイター
戦績 25試合 19勝(19KO)4敗 2分

WBA世界ライトフライ級王座

渡嘉敷勝男は、78年12月にプロデビューを果たし、79年度の全日本ライト・フライ級新人王を獲得して注目を集め、81年12月に韓国の金煥珍を15回判定で下してWBA世界ライトフライ級王座に輝きます。旺盛なスタミナと闘志を前面に出した右の好戦的なボクサーファイター型として5度の防衛に成功します。

14位:輪島功一

炎の男

炎の男

階級 スーパーウェルター級
身長 169.5cm
リーチ 168cm
誕生日 1943年4月21日
戦績 38試合 31勝(25KO)6敗 1分

WBA世界スーパーウェルター級王座

輪島功一は25歳でプロデビュー、全日本ウェルター級新人王を獲得し、デビューから15か月後に日本スーパーウェルター級王座をつかみます。そしてイタリアのカルメロ・ボッシを破り28歳で世界スーパー・ウェルター級タイトルを手にします。カエル飛び戦法でも有名な左右フックに強打を秘めた右の変則ファイター型です。

13位:木村翔

庶民派ボクサー

庶民派ボクサー

階級 フライ級
身長 165.0cm
リーチ 169.0cm
誕生日 1988年11月24日
スタイル 右ボクサーファイター

WBOアジア太平洋フライ級王座(防衛0=返上)
WBO世界フライ級王座(防衛2=陥落)
OPBF東洋太平洋シルバー・フライ級王座(防衛0)

木村翔は、家賃5万円のアパートに住んでいたことから自称「庶民派ボクサー」と語り、プロデビュー戦もKO負けという異色のボクサーです。デビュー戦KO負けから世界チャンピオンをつかむ例は珍しく、折れない精神が持ち味です。相手の懐に飛び込んで接近戦を得意とする右ボクサーファイターです。

12位:拳四朗

関連するキーワード

関連するまとめ

【相撲】歴代の横綱の最強ランキングTOP30【2021最新版】

日馬富士の暴行事件を発端に、不祥事が連続して続いている現代の角界。しかし、本来の相撲は力士同士の試合が見どこ…

kent.n / 110 view

歴代トライアスロン男子のイケメン人気ランキングTOP20【2021最新版】

オリンピックで人気の競技の中に、鉄人レースであるトライアスロンがあります。そしてトライアスロン選手にはイケメ…

maru.wanwan / 79 view

海外サッカーのクラブ人気ランキング30選!最強チームとは【2021最新版】

今回はサッカーの海外クラブ・チームの人気ランキングTOP30を紹介します。海外のプロサッカーリーグにはプレミ…

maru.wanwan / 565 view

競艇男子/ボートレーサーのイケメン人気ランキングTOP22【歴代・2021最新版】

競艇男子ボートレーサーは、イケメンが多いことでも知られています。そこで今回は歴代の人気イケメンボートレーサー…

maru.wanwan / 442 view

サッカー選手の衝撃タトゥー50選~日本編TOP20、海外編TOP30【2021最新版…

日本ではタトゥーについては厳しい目が向けられる傾向にありますが、海外では文化の違いなどもあり、ほぼ当たり前の…

maru.wanwan / 661 view

女子テニス選手の歴代最強ランキングTOP20【2021最新】

大坂なおみ選手の活躍で、女子テニスの注目度が徐々に高まっていますね!そこで今回は、全世界の歴代女子テニス選手…

kent.n / 185 view

嫌いなスポーツ選手ランキングTOP20【2021最新版】

多くの人々に親しまれやすいはスポーツ選手ですが、中には嫌われてしまったという選手もいらっしゃるようです。今回…

chokokuru / 880 view

高校野球・甲子園の出場校ランキング歴代TOP51【最新版】

今回は高校野球・甲子園の出場校の歴代出場回数をランキング形式で紹介していきたいと思います。春の選抜、夏の選手…

maru.wanwan / 130 view

歴代のK-1選手40選!最強人気ランキング【2021最新版】

世界的に最も知名度が高いキックボクシングとして有名なK-1。国内外の歴代選手たちの中で、いったい誰が最強なの…

kent.n / 972 view

有名アーチェリー選手の歴代人気ランキング20選・男性女性別【2021最新版】

アーチェリーとは、弓で矢を射、標的を狙う射撃競技です。今回はオリンピックの正式種目ともなっている有名なアーチ…

maru.wanwan / 108 view

女子テニス選手のかわいい&美女ランキング20選【歴代・2021最新版】

大阪ナオミ選手の活躍と共に、テニスが一大ブームとなっていますね。白熱した試合展開が非常に面白いです。それより…

マギー / 94 view

サッカー選手のイケメン歴代45選!海外・日本別のランキング【2021最新版】

国際試合があると、日本でもお祭り騒ぎが起きるほどのサッカー人気が高まっています。そこで今回は、サッカー選手の…

マギー / 137 view

サッカー選手のかわいい嫁45選!日本・海外別のランキング【2021最新版】

サッカー選手のお嫁さんって誰を見てもかわいいですが、それもそのはず。タレントや女優といった芸能人と結婚してい…

マギー / 254 view

F1レーサー歴代イケメンランキングTOP18【2021最新版】

日本ではあまり話題に上がる機会は多くないF1レーサーたちですが、世界的に活躍するF1レーサーたちは、揃ってイ…

kent.n / 527 view

歴代の男子ラグビー選手・イケメン人気ランキングTOP20【2021最新版】

今回は歴代イケメン男子ラグビー選手の人気ランキングTOP20を紹介します。ラグビーワールドカップやオリンピッ…

maru.wanwan / 93 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

海外で活躍する日本人サッカー選手30選~歴代ランキングを紹介【2021最新版】

今回は海外で活躍する日本人サッカー選手歴代ランキングTOP30を紹介します。日本がワールドカップに初出場を果…

maru.wanwan / 74 view

【歴代】男子卓球選手イケメンランキングTOP17【2021最新版】

イケメンのスポーツ選手といえば、野球やサッカーなど、日本でもポピュラーなスポーツの選手たちに集中してしまいま…

kent.n / 177 view

プロ野球選手の私服ファッション40選~ダサい編TOP5・おしゃれ編TOP20【202…

かつてのプロ野球選手の私服は、Jリーグの選手とは違い、ダサいと有名でしたが、現在では若いイケメン選手が中心に…

maru.wanwan / 811 view

モンゴル出身の相撲力士の歴代最強ランキングTOP20【2021最新版】

相撲の最強国といえば、モンゴルですよね。モンゴル出身の力士はとても多く、強い力士が多いです。ここでは、歴代の…

kii428 / 36 view

F1レーサー歴代イケメンランキングTOP18【2021最新版】

日本ではあまり話題に上がる機会は多くないF1レーサーたちですが、世界的に活躍するF1レーサーたちは、揃ってイ…

kent.n / 527 view

日本サッカーJ1リーグの人気チームランキングTOP18【2021最新版】

今回は観客動員数などを基に人気のあるJ1チームをランキング形式でまとめてみました。1993年に開幕したサッカ…

maru.wanwan / 384 view

【相撲】歴代の横綱の最強ランキングTOP30【2021最新版】

日馬富士の暴行事件を発端に、不祥事が連続して続いている現代の角界。しかし、本来の相撲は力士同士の試合が見どこ…

kent.n / 110 view

歴代人気ジョッキー/騎手の強さランキング37選・世界と日本別【2021最新版】

馬に跨り、馬上から馬を操縦することでレースを優位に運び、優勝を目指す競馬の騎手は、世界中に多く存在しています…

maru.wanwan / 89 view

日本プロ野球の助っ人外国人~歴代最強ランキングTOP30【2021最新版】

今回はプロ野球、歴代最強の助っ人外国人ランキングTOP30を紹介します。毎年盛り上がりを見せるプロ野球ですが…

maru.wanwan / 597 view

女子スピードスケート選手の人気かわいいランキングTOP20【歴代・2021最新版】

冬季オリンピックで大会ごとに注目を集める女子スピードスケートですが、スピードだけではなく、そのルックスにも注…

maru.wanwan / 214 view

野球選手のスキャンダル20選~衝撃順にランキング【2021最新版】

プロ野球選手と言えば、憧れの存在であると同時に私生活にも注目が集まってしまいますね。そのため野球選手のスキャ…

chokokuru / 1251 view

相撲力士の歴代最強ランキングTOP30!人気のイケメンも【2021最新決定版】

日本を代表する国技の相撲ですが、歴代にいた力士の中で最強だったのは誰なのか気になりますよね。ここでは、独自の…

kii428 / 164 view

卓球・国の強さランキング30選~男子女子別TOP15【2021最新版】

オリンピックが日本でも徐々に盛り上がりを見せる中、卓球にも大きな注目が集まっています。そこで今回は日本の卓球…

maru.wanwan / 85 view

歴代トライアスロン男子のイケメン人気ランキングTOP20【2021最新版】

オリンピックで人気の競技の中に、鉄人レースであるトライアスロンがあります。そしてトライアスロン選手にはイケメ…

maru.wanwan / 79 view

テニス国別の強さランキングTOP10~最強の国と選手を公開【2021最新版】

日本にもブームが到来しつつあるテニスですが、どの国がテニスの強い国なのか気になったことはありませんか?そこで…

maru.wanwan / 280 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング