こういう類の本は「面白かった!」と言ってしまっていいのでしょうか? 内容が内容だけに ちょっと不謹慎な気もしますよね。
「広田弘毅」という名前は知っていましたが、氏がこんなに国を憂う清貧で清廉潔白な人だったことは今回初めて知りました。(もちろん城山三郎先生がお書きになっていることを100%信じればですが・・・。)
それに比べて吉田茂は!!!(怒)。彼は日本のチャーチルと言われた位だから質実剛健な大人物かと自分は思っていたんですが、本作品では実に自己中心的な軽薄短小な人物として描かれていることに少なからず驚きました。
優秀で人望もあるがゆえ、本人の希望とは関係なく、何度も政治の世界に引っ張り出されてしまう庶民出身の広田氏と、「俺、俺」で虎視眈々と時局を伺う自己中な名門出身の吉田茂。同時期に存在した、あまりにも対称的な二人。城山先生の作品的には、これが結果的に広田氏をより際立たせることになったのかもしれませんね・・・。
「例え自衛戦にせよ、戦争を正当化することはできない。自分には戦争を防止し得なかった責任がある。」と頑と譲らず何も語らず、淡々と自己の運命を「計らず」受け入れた広田弘毅氏。
最近キリスト教系の本を読んだこともあり、広田氏は実は皆の罪を背負って磔になったキリストの再来だったんじゃないか?とちらりと考えてしまった位でした。(笑)
誰の言葉か記述はありませんでしたが「善き戦争はなく、悪しき平和というものもない。」という一文が目から鱗で、非常に印象的でした。
どちらかと言うと自分は小説や映画には現実では起こり得ないようなことを求める超フィクション依存系ですので、(文字通り現実逃避野郎です…。)方向性が180度異なるこの種の作品は敬遠しがちなんですが、この本と出会えた事で、やはり雑読も大切だなぁ、としみじみ思った次第です。

32位:新装版 あ・うん (文春文庫) 文庫 – 2003/8/1 向田 邦子  (著)

508円

神社の鳥居に並んだ一対の狛犬、あ、うんの如く親密な男の友情と、親友の妻に対する密やかな私募を、太平洋戦争を控えた世相と共にあざやかに描いたのがこの「あ・うん」です。筆者の人間洞察力が光り、男同士の複雑な友情さえ非常に緻密に描かれているのが特徴です。
自分が小学生低学年のころで見たことのなドラマの脚本。昔のドラマってほんとに中身があってよかったのだなあと改めて痛感させられました。
今作られているドラマの軽佻浮薄さを感じます。あと、「一線」を決して踏み外さない、読者としてはそれがなんだかうれしいようなもどかしいような不思議な気持ちにしてくれます。だーっといくだけが恋愛じゃないんだな。

31位:ドグラ・マグラ (上) (角川文庫) 文庫 – 1976/10/1 夢野 久作  (著)

562円

日本一幻魔怪奇の本格探偵小説と謳われる、鬼才夢野久作氏による歴史的一大奇書がこの「ドグラ・マグラ」です。内容は複雑にして怪奇。到底一読でそのすべてを把握しきれるものではありません。この作品は便宜上探偵小説に区分こそされているものの画一的なカテゴリに収まりきるものではなく、広く解釈ができる点などを踏まえても非常に解説がしにくい作品です。
この小説では、その当時の状況では差別されるだろう精神障害者治療が、現在に通じるような状況で語られている。家族歴を調査することや開放治療をすることなど、この小説が書かれた時代に、どこからこのような現代的治療法を知り得たのか作者の経歴を見てもよくわからず、とても不思議だ。
一方では、人類が現れた遠い過去から話が始まり、日本のみならず中国の伝説も加わって、現在の事件を解決しようとする。そして読んでいる内にすべてが混沌として夢うつつの状態になる。夢中遊行に引きづり込まれそうになる
一冊に纏められた記録で事件は解決したように思うのだが、本当?読者による独自の解釈が必要かもしれない。

おすすめ文庫ランキングTOP30~21

30位:高熱隧道 (新潮文庫) 文庫 – 1975/7/29 吉村 昭  (著)

562円

昭和11年8月着工、昭和15年11月完工した黒部第三発電所。人間の侵入を拒み続けた過酷で険阻な峡谷の、岩盤最高温度165度という高熱地帯に隧道(トンネル)を掘鑿するのは非常に難儀なことでした。犠牲者の数は300余名。それでもトンネル貫通への情熱を捨てきれず、執念で掘り続ける男たちと異様な時空を綿密な調査で再現した、極限の人間の姿を知ることができる作品です。
プロジェクトXみたいなノリだが、熱いシーンは少なく、ただただ工員の苦労、犠牲、当日の技術での苦労等を書き綴っている。

エンジニアと現場にいる工員との葛藤、発破や落盤などで簡単に亡くなる工員など、少々重いが、読み応えがある。

人命の犠牲を前提とする工事など現代ではあり得ないが、生活の為、国や会社の為、様々な事情からトンネル掘りに挑む人々の心情や生き様など、大変面白く読め

29位:沈黙 (新潮文庫) 文庫 – 1981/10/19 遠藤 周作  (著)

594円

時代は島原の乱が鎮圧されて間もなく。当時の日本はキリシタン禁制の厳しい状況の中、潜入したポルトガル人の司祭ロドリゴは日本人信徒たちに執拗なまでに加えられる残忍で無慈悲な拷問と悲痛な殉教のうめき声に苦悩し、背教の淵に立たされます。神とは、背教とは、西洋と日本の思想的な断絶などを扱い、神の沈黙に切実な問いかけをなす長編の小説です。
遠藤周作の文章ってこんなに読み易くすっきりしていたんですね。
この問いは全編を通じて主人公より創造主たる神に投げ掛けられます。
様々な登場人物達の様々な信仰の形
その中で次の問いが浮かびました。
「如何にあなたは創造主と向き合うのか?」

28位:口語訳 遠野物語 (河出文庫) 文庫 – 2014/7/8 柳田 国男  (著), 佐藤 誠輔 (翻訳), 小田 富英

691円

日本の民俗学の先駆けとも言われる、岩手県の遠野地方に語り継がれる逸話や伝承を書き記した不朽の名作が「遠野物語」です。本来の遠野物語は簡潔な文語文で書かれていましたが、本書では分かりやすく味わい深い口語文に訳してあり、比較的読みやすい作品になっています。原典への橋渡し的な意味合いを大切にしているので大意を損なわずに記しているのでこの作品を読んでから遠野物語を読んでも面白いですよ。
原文で読んだことはあったが、この本をあらためて現代文で読むと、今まで気づかなかった部分もあり、とても興味深かった。注釈も丁寧で、読みやすかった。

27位:細雪(上) (新潮文庫) 文庫 – 1955/11/1 谷崎 潤一郎  (著)

594円

1936年秋から1941年春までの大阪の旧家を舞台に4姉妹の日常生活、悲喜交々を綴った非常に有名な名作です。阪神間モダニズム時代の生活文化を忠実に描いており、第二次正解対戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包しているのも大きな特徴になっています。何度も映像化されており、読んだことはなくても映画やドラマで内容を知っているという人も多いかもしれません。
当時の日本での人々の生活・考え方をうかがい知りながら、
上流階級の華やかな家族の物語に引き込まれていきました。
全体を通して存在する落ち着いた雰囲気、それでも夢中になる物語の展開。そのバランスの絶妙さに日本文学の美しさを感じました。
定期的に「もう1度読みたい!」と思い出す作品です。

26位:砂の女 (新潮文庫) 文庫 – 2003/3 安部 公房  (著)

562円

「砂の女」は砂丘へ昆虫採集に出かけた男が砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められ、あらゆる方法で脱出を試みるという内容の作品です。世界20カ国以上で翻訳紹介された名作になっています。ドキュメンタルな手法を用い、サスペンス感の強い展開の中で人間の極限の姿を追求した内容は恐怖を抱くようなリアリティを持っています。
長く休みが取れたときは、必ず読み返したくなる1冊。
話を思い返すだけで、自分が砂に巻き込まれたような感に囚われて息苦しくなる。
20代、初めてこの作品を読んでから、読ませる作家は、文章だけで人の想像力をこんなに掻き立ててくれるものだのだと知りました。
抜け出したくて抜け出したくてたまらなかった穴から空を見上げる。そして次第に憎悪と執着が生まれ、穴のことだけを考え始める。
もう故人となってしまった著者ですが、その逸脱した鬼才さは、100年後でもすたれていないでしょう。

25位:新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫) 文庫 – 1989/6/19 宮沢 賢治  (著)

464円

宮沢賢治氏の亡き後に未定稿という形で遺されていた永遠の未完成である表題作を含めた童話13編戯曲1編です。「よだかの星」「オツベルと象」「セロ弾きのゴーシュ」といったイーハトーブの絢爛で切ない世界を堪能できる作品たちに加え「北守将軍と三人兄弟の医者」や「饑餓陣営」「ビジテリアン大祭」などを加えた14編を収録し、宮沢賢治氏の世界観を存分に堪能できる作品集になっています。
読み直すたびに、発見があります。
今回は子供の課題図書だったので改めて購入。子供自身も、一回目に読んで再読して気づくことがたくさんあった様子。
宗教的な背景があるとか、実際にあった大きな客船の沈没事故を扱っているとか、あまりバックグラウンドをわからないような小さな子供の時に読んで
綺麗な物語だなと感動し、歴史や宗教など学んでから大人になってまた読んでも、その美しさに感動できます。

24位:告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1) 文庫 – 2010/4/8 湊 かなえ  (著)

669円

デビュー作にして週刊文春ミステリーベスト10の1位を受賞したベストセラーの文庫化です。映画化もされているので内容を知っている人も多いのではないでしょうか。ミステリーでありながらも冒頭で自分の子どもが殺されたこと、犯人はこの中に居るという告白を記し、犯人を秘さない斬新な手法で読者に強く訴えかける内容になっています。
  読む人の多くを不快にさせるであろう傑作。それは本作で描かれている醜い人物の誰かの心性に恐らくあなたが似ているからだ。少なくとも私は数人の登場人物の心性に共感してしまい、それがいかに醜く場合によって人を傷付けるものであるかを赤裸々に突き付けられて気分が悪くなった。もちろん登場人物の誰にも共感出来ず、何だコレ、人間の醜さをことさらあげつらってるだけではないかと思う人もいるだろう。それでも、本作の登場人物達が決して特異な心性を持った異常な人達ではなく、どこにでもいる普通の人達である事はわかると思う。そういう普遍的な人間の醜さを一切の容赦なく描き切った本作の文学性の高さを私は評価したい。
 作者のデビュー作だが、いきなりこんなバケモノを世に出してしまうと、これを超える作品が書けるのか心配になるくらいだ。デビュー作が生涯の最高傑作とならないよう頑張って欲しいものだ。

23位:海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) 文庫 – 2014/7/15 百田 尚樹  (著)

810円

1945年8月15日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がります。彼の名前は国岡鐡造。出勤簿も定年もない、異端の石油会社の店主である彼は一代で築いた会社資産のほとんどを失い、借金を背負いながらも店員の誰ひとりの首も切らずに再起を図ります。本屋大賞を受賞し、あらゆるビジネスマンが熟読した、経済歴史小説というジャンルを超越した名作です。
巷では、作家が右翼とか言われているようで、一橋大学の学園祭での講演会は実行委員の皆さんがノイローゼになるくらいに平和活動をしている学生や教職員やその協力者の皆さんに徹底して脅されて直前中止に追い込まれましたが、そのようなくだらない評価に惑わされず、右翼も保守も左翼もリベラルも、みんなに読んでもらいたい本です。
これぞ、日本人!という誇りを遺伝子レベルから思い起こしてもらえると思います。

22位:ノルウェイの森 上 (講談社文庫) ペーパーバック – 2004/9/15 村上 春樹  (著)

605円

現代の小説家の中で圧倒的な人気と知名度を持つ村上春樹氏による5作目の長編小説がこの「ノルウェイの森」です。2010年に映画化もされており、2009年の時点では後部数1000万部を突破、中国でも100万部以上出版された人気作品です。上品な語りと美しい文章に引き込まれる作品です。
私は”そこそこ熱心な”村上春樹のファンです。
風の歌を聴けから騎士団長迄の短編長編恐らく全て読破していますし、彼の翻訳作品も大体は読んでいます。
そんな中でもこのノルウェイの森は突出していると感じます。
言葉にはうまくできないけれど、私は暇を見つけては無意識に本棚から本書を引っ張り出してあてもなくページを開き夢中で読んでいることが多々あります。それは著者である村上春樹が、又はワタナベ君がフィッツジェラルドのグレードギャッツビーを繰り返し愛読するのと非常に似ていると思う。無論フィッツジェラルドもカポーティもカーヴァーもオブライエンも彼が訳した著名な作家の本は大体読んだがそのいずれに於いても私にとってノルウェイの森を越える作品はありません。

21位:下町ロケット (小学館文庫) 文庫 – 2013/12/21 池井戸 潤  (著)

778円

直木賞を受賞しドラマ化もされた感動のエンターテインメント長編小説がこの「下町ロケット」です。研究者の夢をあきらめ家業の町工場を継いだ主人公の葛藤や挑戦を通し、読む人のなかに働くことの意義を問いかける内容になっています。男たちの矜持が激突し、心揺さぶられる作品です。
こんなに読むのに夢中になった本は、いつぶりだろう。

今の日本には、
こうやって技を磨いて夢を実現していくという、
ストーリーが必要だ。

前を向いて努力していく人が報われるためには、
お金の誘惑や、つまらないこだわりを
断ち切れた人からのサポートが必要だ。

手の届かないところに対して文句を言うのではなく、
手の届きそうな範囲でまず自分から頑張っていこうと思わせてくれる。
若い人にこそオススメしたい。

おすすめ文庫ランキングTOP20~11

20位:半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2007/8/1 村上 龍  (著)

782円

2005年に刊行された長編小説の文庫版です。綿密な取材と参考資料を使用して書かれた作品で、第59回毎日出版文化賞および第58回野間文芸賞を受賞しています。2011年春に9人の武装コマンドが開幕ゲーム中の福岡ドームを占拠、2時間後約500名の特殊部隊が来襲し市中心部を占拠するという内容で、国際的孤立を深める日本に起こった奇跡を巡る作品になっています。
この本の何がすごいって、病的なまでに書き込まれたディテール、そしてそれが醸し出すリアリティが凄い。
わたしなんて読了後、見たこともない平壌に郷愁すら感じ、自分が日本人の市民なのか北朝鮮の工作員なのか
分からなくなってしまったくらいだ。

読み終えて感じるのは、日本っていうのは快適でありながら、どこか不確かで、生命力が乏しく、現実離れした国だと言うこと。
そしてそれは多分、堂々と軍隊を持つこともできないという国家としての不確かさと通底しているのだと思う。

19位:白夜行 (集英社文庫) 文庫 – 2002/5/25 東野 圭吾  (著)

1,080円

19年前の大阪質屋殺し。迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩む人生を叙事詩的スケールで描いた長編ミステリーの傑作と名高い作品です。息が詰まるような精微な構成が物語の中に読者を引き込むような錯覚をもたらし、長い作品ながらも中だるみが全くないのも魅力の1つです。
850ページに及ぶ長編小説であるが、寝食を忘れて作品の世界にのめりこんでいくこと間違いなし。なぜなら、誰が亮司の父を殺したのか、そしてなぜ殺したのか、亮司と雪穂の周りに生じる数々の不可解な事件と2人がどう結びついているのか、そして物語の終着点がどこなのか、など多くの謎が頭から離れなくなるからだ。アウトローに見える亮司と、一見すると華々しい成功を遂げたかのように見える雪穂の19年間にわたる生き様を、心理描写を用いずに描く東野圭吾の筆力は脱帽である。文句なしにお勧めできる。ドラマは小説を読んでからのほうが良い。

18位:海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 文庫 – 2005/3/1 村上 春樹  (著)

767円

「海辺のカフカ」はフランツ・カフカの思想的影響のもと、ギリシア悲劇と日本の古典文学をベースに書かれた長編小説です。村上春樹氏の作品は20代後半から30代前半の主人公が多い中、この作品は15歳の少年が主人公になっており、彼の心の成長を感じられる作品になっています。
周りが何を喋っているのか解らない。人違いされているような感覚。外国語の中に取り残されたような。何も酷い目に遭っていないのに、平凡で幸せなある日、突然、日本中から「酷い目に遭ったねえ」と同情されるような。貴方が知っているという「私」の姿を知らずに生きてきた私が、急にそれを大量に突き付けられても困惑するばかり。一体、人は、そんなに互いに意識し合った狭い世界に住まないといけないものだろうか?人それぞれ生きている、同じ街の中で。すれ違うこともあったかも知れない。けれど最終的には見知らぬ他人なのだ。
むしろ、当時「誰か」を人違いしてしまった人が、2018年の夏にその過ちを振り返るのには、良いトリガーとなる本かも知れないが、間違えられた「私」本人が読むのには適していないのかも知れない、そう思いながらも覚醒するために読んでいる。

17位:永遠の0 (講談社文庫) 文庫 – 2009/7/15 百田 尚樹  (著)

946円

放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの人気番組を手がけている百田尚樹氏の作家デビュー作がこの「永遠の0」です。執筆にあたって第二次世界大戦で出征した父親や親族の影響を多分に受けた内容で、終戦から60年目の夏に死んだ祖父の生涯を調べていた健太郎を通してある種の戦争の本質を探ることのできる名作になっています。
戦争は人の理性を狂わせるものだと書き留められているかのようです。
人は人と関わって支え合って生きてこそ人間らしいとは言われますが、そこで言う人間と、何かの組織や団体とは違うということだと思います。

一番印象深かったのは「阿修羅」の章の模擬空戦でした。
このような本を読んだ後で言うのは不謹慎かもしれませんが、戦闘機での戦いがとてもかっこよかったです。宮部飛曹長の腕と頭の良さ、優しさと潔さ、そして執念が凝縮されているような空戦でした。
戦後、生き残ってヤクザになった景浦にとって宮部の生存は、何かに対する一縷の望みだったのではないでしょうか。

また、太平洋戦争の幕開けとなる真珠湾攻撃、第二次世界大戦を学ぶきっかけにもなりました。
日本が犯した失敗、真珠湾攻撃に纏わることについてもう少し知りたいと思いました。

16位:旅のラゴス (新潮文庫) 文庫 – 1994/3/30 筒井 康隆  (著)

562円

人々が超能力を獲得しだした「この世界」でひたすら旅をする男、ラゴス。集団転移や壁抜けといった体験を繰り返し、2度も奴隷の身に落とされながらも人生をかけて旅をするラゴスの目的をめぐる、爽快な連作長編小説です。旅の途中で成長していく主人公を追随することで人生のなんたるかを考えさせられる作品になっています。
主人公が旅に出てそこで色々な人と出会い様々な経験をしていく物語です。その1つ1つに面白みやしんみりと来るところがあり良かった。後半のゼーラやドネルのような別れは別れを惜しむと同時に新たな道を進もうと応援してくれる感じで旅の最終に相応しいと思った。また主人公の残せるものはきちんと残していった点も良。次に向けて清々しい気持ちになりました。

本作の主題である旅について主人公は旅の目的はなんだっていいといい、旅する上でやりたいことがあり、それが終わればまたやりたいことをする。
自分の人生なんだからとかく考えず自由にやりたいことをやっていきたいなと思いました。

15位:蟹工船・党生活者 (新潮文庫) ペーパーバック – 1953/6/30 小林 多喜二  (著)

432円

プロレタリア文学の代表作と評され、国際的評価も高い、ご存知「蟹工船」です。特定の主人公を置かないという独特の世界観の中、劣悪な環境で酷使される労働者、その地獄絵図を強烈に訴えかけるある種の問題作です。事実、小林多喜二氏はこの作品で不敬罪の追起訴を受けており、作品の内外にかかわらず、人間の恐ろしさや世相の哀切を深くしることができます。
過酷な労働環境だけでなく、帝国主義国家の搾取、労働者の団結、国家、財閥、軍隊との関係、天皇制の問題等糾弾した、小林多喜二。
カニ漁について深く考えさせられた1冊です。当時の警察のあり方を知り、ショックは大きいです。正しいことを伝えただけなのに、警察署のまるでリンチ、に日本人の恐ろしさを感じてしまったのは私だけでしょうか…  多喜二の画像見ました。余りの残忍さに人間の恐ろしさを感じました。

14位:風の歌を聴け (講談社文庫) 文庫 – 2004/9/15 村上 春樹  (著)

486円

第22回群像新人文芸大賞受賞を受け、1979年5月発売の「群像」6月号に掲載された村上春樹氏の初の長編小説です。当時の村上春樹氏と同じ1978年に29歳になった「僕」が1970年8月8日から8月26日までの18日間の物語を記すという体を成した40の断章と虚構を含むあとがきからできた鼠三部作の1作目になります。村上春樹氏の作品を読むのであればまずはこの作品から触れるのがおすすめです。

関連するまとめ

青春小説おすすめランキング35選!恋愛・友情・スポーツ・家族【2020最新版】

毎日が楽しく眩しかった、胸がざわざわする青春時代へタイムスリップできるおすすめ小説ランキング!ジャンル別(恋…

samax82 / 184 view

江戸川乱歩の作品おすすめ30選!人気小説をランキングで紹介【2020最新版】

江戸川乱歩さんは日本の推理小説家で、多くの人たちに支持されている作家さんで、数々の名作を生みだしてきました。…

もどる / 26 view

恋愛小説おすすめランキングBEST80【2020最新版】

おすすめの恋愛小説80作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する恋愛小説はどれも名作・…

三島マコト / 156 view

漫画雑誌の人気おすすめランキング30選!女性・男性別【2020最新版】

一定周期で発売されている漫画雑誌。週刊や月刊にかかわらず、誰しも一度は購入して読んだことがあるのではないでし…

もどる / 78 view

ミステリー/推理小説おすすめランキングBEST70【2020最新版】

おすすめのミステリー/推理小説やサスペンス小説70作品をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹…

三島マコト / 156 view

平野啓一郎の作品おすすめ20選!人気の小説ランキングと口コミ&選び方【2020最新版…

23歳で芥川賞を受賞し、「マチネの終わりに」が映画化されることが話題になった作家の平野啓一郎さん。現在大注目…

もどる / 38 view

なかよし歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2020最新版】

三大小中学生向け少女漫画雑誌として60年以上も愛され続けているのが、講談社が発行している「なかよし」です。今…

もどる / 55 view

少女漫画ランキングおすすめTOP100!人気の名作を完全網羅【2020最新版】

この世界には数多くの少女漫画が存在しており、どれを読めばいいのか分からないこともありますよね。そこで今回は、…

risa / 88 view

ビジネス本のおすすめランキング47選~読むべき名著を紹介【2020最新版】

今回はビジネス本のおすすめ人気ランキングと選び方のポイントをご紹介したいと思います。本は情報がまとまっている…

もどる / 95 view

女性向けの本おすすめランキング36選~20代・30代・40代以上の年代別【2020最…

本を読もうと思っても、どれを選んだら良いのか分からないということは意外に多いものです。今回は女性向けの本に絞…

もどる / 795 view

りぼん歴代連載漫画の人気おすすめランキング30選【2020最新版】

集英社が発行している「りぼん」は1955年に創刊された、人気の少女漫画雑誌です。今回はそんな歴史あるりぼんの…

もどる / 45 view

男性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

男性のファッションの参考や趣味の情報など、流行を抑えた情報をしっかりと得るのには定期的に発行される雑誌ほど適…

もどる / 44 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2020最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 1086 view

経済小説の人気おすすめランキングTOP30と口コミ&選び方のポイント【2020最新版…

経済小説とは経済に関係するテーマを扱った小説のことを言います。基本的にはフィクションではありますが読者にとっ…

もどる / 88 view

筒井康隆の作品おすすめランキング20選と口コミ~人気の本を紹介【2020最新版】

日本三大SF作家と呼ばれ、様々なメディア展開もされている作家の筒井康隆さん。数多くの作品を世に出していますが…

もどる / 31 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

大学生向けの本おすすめ人気ランキング32選と口コミ&選び方【2020最新版】

これからの人生を決定せざるを得ない大学生の時期の読書は非常に重要な意味を持ちます。今回は大学生のうちに読んで…

もどる / 18 view

小学生向けの本のおすすめ人気ランキング36選と口コミ&選び方【2020最新版】

今回は小学生向けの本のおすすめランキングを口コミと共にご紹介し、小学生向けの本の選び方のポイントを解説してい…

もどる / 111 view

百田尚樹の作品おすすめランキング20選~人気の本や小説の口コミ&選び方【2020最新…

苦悩の中でも必死に生きる人間の姿を鮮やかに描く作家として人気の百田尚樹さんは現代の人気作家の一人です。今回は…

もどる / 18 view

司馬遼太郎の作品おすすめランキング30選と口コミ~人気の書籍・小説を紹介【2020最…

歴史小説を多く執筆し、歴史の読み解き方の提唱を同時に行ってくれる司馬遼太郎作品。ドラマ化も多くされているので…

もどる / 42 view

村上春樹の作品おすすめランキング50選【2020最新版】

世界中に翻訳をされている小説家の村上春樹さん。小説以外にも、エッセイや紀行文・ノンフィクションについても数多…

マギー / 16 view

人気の作家・小説家ランキングおすすめ70選【日本限定・2020最新版】

おすすめの人気作家・小説家の方々をランキング形式で小説好きがまとめてみました。ここで紹介する作家や小説家の方…

三島マコト / 1086 view

片付け本の人気おすすめランキング20選と口コミ&選び方【2020最新版】

片付けが苦手な方にとって、片付け本は自分では思いもしなかった片付け術を教えてくれる非常に頼もしい存在です。今…

もどる / 20 view

誉田哲也のおすすめ作品おすすめランキング20と口コミ&選び方【2020最新版】

「姫川玲子シリーズ」で有名な誉田哲也さん。多くの作品がメディア展開され、そのいずれもが高い人気を誇っています…

もどる / 49 view

東野圭吾の小説おすすめランキング30選~短編・長編別【2020最新版】

ミステリー小説に興味のない人でもその名前を知っているほど代表作が多く、知名度の高い作家さんが東野圭吾さんです…

もどる / 78 view

教養を身につける本おすすめ30選~読むべき人気書籍ランキングと口コミ【2020最新版…

教養を養うのに役立つのが書店に並んでいる多くの本です。今回は教養を身に付けるのに役立つ本のおすすめ人気ランキ…

もどる / 497 view

英和辞典おすすめランキング人気30選と口コミ&選び方【2020最新版】

英語に理解を深める上で欠かすことのできないアイテムが英和辞典です。今回は英和辞典のおすすめランキングと口コミ…

もどる / 9 view

男性アイドルの写真集人気ランキングTOP30【最新版】

世の女性たちを癒す男性アイドル・俳優の写真集はやはりとても人気があります。ここでは男性アイドルの写真集の人気…

kii428 / 203 view

コロコロコミック歴代連載漫画の人気おすすめランキング20選【2020最新版】

「月刊コロコロコミック」は1977年に創刊された小学生向けの漫画雑誌です。今回はコロコロコミックの歴代連載作…

もどる / 47 view

女性向け雑誌の人気ランキング40選!年代別TOP10【2020最新版】

流行を取り入れたファッションを目指す方の教科書やライフスタイルのヒント、あるいは娯楽として幅広い年代の方が楽…

もどる / 27 view

TOEIC参考書/問題集のおすすめランキング35選【レベル別・2020最新版】

国際化が進み、英語が重要視されていくに伴って、企業などでもTOEICを受けさせるところが増えてきています。こ…

もどる / 78 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング