スポンサードリンク
16位:オランダ代表

16位:オランダ代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数:10回(初出場は1934)
最高成績:準優勝(1974, 1978, 2010)
UEFA欧州選手権出場回数:8回
最高成績:優勝(1988)

オレンジ軍団と呼ばれるオレンジ一色のサッカー オランダ代表チーム。サッカーの強豪国が競うUEFA欧州選手権では1988年に優勝しており、FIFAワールドカップでは2014年3位、2011年準優勝と素晴らしい成績を軒しています。残念なのはFIFAランキングで1位になったことのある8チームの内、ワールドカップで優勝経験がないのはベルギーとオランダ代表の二国のみということです。しかしサッカー強豪国であるオランダ代表の復活が望まれています。

14位:デンマーク代表

14位:デンマーク代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1986)
最高成績:ベスト8 (1998)
UEFA欧州選手権出場回数:7回
最高成績:優勝 (1992)

デンマークの最強時代はワールドカップに初出場を果たした1986年で、この年代は攻撃重視のスタイルでダイナミックなプレーがコンセプトにあったことから「ディニッシュ・ダイナマイト」という愛称を持ち、ワールドカップでは強豪西ドイツとウルグアイを破り世界を驚かせました。その後低迷期を迎えるも、98年ワールドカップではラウドルップ兄弟とシュマイケルの活躍でベスト8を記録しています。近年ではエリクセンがチームを引っ張り、2018年ワールドカップではベスト16で敗退しますが、若手が常に育つ強豪国です。

13位:スイス代表

13位:スイス代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:11回(初出場は1934)
最高成績:ベスト8(1934、1938、1954)
UEFA欧州選手権出場回数:4回
最高成績:ベスト16(2016)

ヨーロッパの強豪国の一つとされているスイス。そのスイスの特徴であるサイド攻撃の起点になっているジャカはチームの中心的存在であり、長短自在のパスでスイスの攻撃を操っています。高さを活かした鉄壁の守備はイタリアのカテナチオと比較されるほどで、ワールドカップでもコンスタントにグループ突破を成し遂げています。特徴としてはアルバニア系や旧ユーゴスラビア系などの選手が多く、また隣国ドイツ・イタリアでプレーする選手が非常に多いことが挙げられます。

12位:コロンビア代表

12位:コロンビア代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:6回(初出場は1962)
最高成績:ベスト8(2014)
コパ・アメリカ出場回数:17回
最高成績:優勝(2001)

コロンビア代表は1990年、バルデラマ、イギータというスター選手を軸に、1990年ワールドカップイタリア大会で初めて予選を突破し、決勝トーナメントへ進出、その後ハメス・ロドリゲスやファルカオという攻撃力抜群の選手が登場し、2014年ワールドカップブラジル大会ではベスト8に進出、翌2018年ロシア大会ではベスト16で敗れるものの、その存在感は存分にみせつけた大会でした。

11位:ポルトガル代表

11位:ポルトガル代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:6回(初出場は1966)
最高成績:3位(1966)
UEFA欧州選手権出場回数:7回
最高成績:優勝(2016)

ポルトガル代表の最強時代は1980年代の終わりから1990年代にかけての、フィーゴ、ルイ・コスタ、ソウザ、フェルナンド・コウトらを擁した時代で、ポルトガルでは黄金世代と呼ばれていました。そして中盤での頻繁なポジションチェンジとパスサッカーを主体とするアコーデォオン・システムを採用しましたが、決定力のあるフォワードがいなかったことから結果を残すことができませんでした。その後世代交代に成功し、クリスチャーノ・ロナウド、リカルド、デコといった新たなスターが誕生し、ワールドカップでは常に優勝候補の一角にあげられています。

10位:クロアチア代表

10位:クロアチア代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1998)
最高成績:準優勝(2018)
UEFA欧州選手権出場回数:5回
最高成績:ベスト8(1996, 2008)

もともとクロアチア代表はユーゴスラビア代表に属していましたが、1990年のワールドカップ直後にクロアチア代表として編成されました。そして1998年のワールドカップフランス大会では予想を覆す大活躍で3位に入り、その後世代交代により低迷期を迎えますが、日韓大会を境にモドリッチ、マンジュキッチ、ラキティッチ、ダ・シルバなど次世代のスター選手が育ち、2018年ワールドカップロシア大会では決勝でフランスに敗れはしたものの、モドリッチを中心に見事な準優勝を果たしました。

9位:ウルグアイ代表

9位:ウルグアイ代表

FIFA最高ランキング:2位
ワールドカップ出場回数:12回(初出場は1930)
最高成績:優勝 (1930, 1950)
コパ・アメリカ出場回数:39回
最高成績:優勝15回 (1916, 1917, 1920, 1923, 1924, 1926, 1935, 1942, 1956, 1959, 1967, 1983, 1987, 1995, 2011)

20世紀前半において世界屈指の強豪国として君臨し、1924年、1928年のオリンピックで連覇を果たし、ワールドカップでは1930年に憲法発布100周年を記念し開催された地元での第1回大会、1950年のブラジル大会で優勝、コパ・アメリカでは最多となる15回の優勝を誇るまさに最強国です。1995年のコパアメリカを最後に国際タイトルからしばらく遠ざかっていましたが、近年はカバーニやスアレスといった爆発的な攻撃力を持つスター選手が育ち、2010年ワールドカップではベスト4、2018年ワールドカップではベスト8と古豪復活を予感させています。

8位:イングランド代表

8位:イングランド代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:14回(初出場は1950)
最高成績:優勝 (1966)
UEFA欧州選手権出場回数:9回
最高成績:3位 (1968)

イングランドの特徴はサイドからの攻撃が主体で、デイビッド・ベッカムが主力として活躍していた最強時代には、ベッカムの正確なクロスからの攻撃がイングランドの攻撃スタイルでした。唯一ワールドカップで優勝したのが1966年で、その後の成績は1990年のメキシコ大会と2018年のロシア大会のベスト4が最高です。近年ではエースのハリー・ケインが成長を見せ、今後の活躍に期待がかかっています。

7位:アルゼンチン代表

7位:アルゼンチン代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数:16回(初出場は1930)
最高成績:優勝(1978, 1986)
コパ・アメリカ出場回数:38回
最高成績:優勝14回(1921, 1925, 1927, 1929, 1937, 1941, 1945, 1946, 1947, 1955, 1957, 1959, 1991, 1993)

アルゼンチンはワールドカップで2度の優勝経験を持つ強豪国の一つで、コパアメリカではウルグアイに次ぐ14回の優勝を誇っています。アルゼンチンの最強時代はマラドーナが在籍した1980年代で、その象徴でもあったのが1986年のワールドカップメキシコ大会でした。「伝説の5人抜き」「神の手」もこの大会で、まさにマラドーナのためワールドカップだった呼ばれています。その後も後継者としてメッシが登場し、アルゼンチンの最強時代は続いています。

6位:スペイン代表

6位:スペイン代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数:14回
最高成績:優勝1回(2010)
UEFA欧州選手権出場回数:9回
最高成績:優勝3回(1964,2008,2012)

無敵艦隊スペイン代表は、ワールドカップ優勝経験があり、UEFA欧州選手権ではドイツとともに最多タイの3回の優勝を誇るサッカー強豪国です。昔からワールドカップでは常に優勝候補に数えられていましたが、なかなか結果を残すことが出来ずに「永遠の優勝候補」と揶揄される時代もありましたが、2000年代に入るとポゼッションサッカーが浸透し、イニエスタ、トーレス、シャビ、ビジャ、ラモス、ラウル、ピケ、ブスケツ、イスコといった豊富なタレントが続々と誕生し、2010年には念願のワールドカップ初優勝を飾り、まさにスペイン歴代最強の時代に突入しました。

5位:ベルギー代表

5位:ベルギー代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数 12回
最高成績:3位(2018ロシア大会)
UEFA欧州選手権出場回数 4回
最高成績:準優勝(1980)

主力選手にアザール(チェルシー)、ルカク(マンチェスターU)、デブライネ(マンチェスターC)、フェライニ(山東魯能)という多くのタレントを揃える通称赤い悪魔。ロシアワールドカップでは惜しくも準決勝でフランスに敗れ、それでも3位決定戦でイングランドを2-0で破り3位に輝きます。

4位:イタリア代表

4位:イタリア代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数:18回(初出場は1934)
最高成績:優勝4回(1934、1938、1982、2006)
UEFA欧州選手権:出場回数7回
最高成績:優勝(1968)

イタリア代表はカテナチオと呼ばれる鉄壁の守備からカウンターを得意とする欧州でも指折りの強豪国で、特に1990年代にはバレージを中心とする守備陣に、スキラッチやロベルトバッジョというスター選手が活躍し、イタリア最強時代とされました。しかしその後は世界のサッカーがポゼッションサッカーに変貌するのにともない、カテナチオの存在意義が問われはじめ、イタリアは変貌の時期を迎えています。

3位:フランス代表

3位:フランス代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数:14回(初出場は1930)
最高成績:優勝2回(1998, 2018)
UEFA欧州選手権出場回数:9回
最高成績:優勝2回(1984、2000)

フランス代表はほぼ自前国の監督を起用する点が特徴で、近年ではフランス代表のミッドフィルダーとして活躍したディディ・デシャンが指揮を執り、2018年ワールドカップロシア大会で優勝に導いています。2000年にジダンを中心にワールドカップ初優勝を果たし、その後は精細を欠きましたが、エムバペというスターが誕生し、再び最強時代を迎えようとしています。

2位:ドイツ代表

2位:ドイツ代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数:19回(初出場は1934)
最高成績:優勝4回(1954、1974、1990、2014)
UEFA欧州選手権出場回数:12回
最高成績:優勝3回(1972、1980、1996)

ドイツ代表はこれまでワールドカップ優勝4回、相州選手権優勝3回を誇る強豪国です。ドイツ代表で活躍した選手には皇帝と呼ばれたベッケンバウアーをはじめ、マテウス、クローゼ、カーン、シュナイダーなど数多く存在し、現役選手でもノイヤー、ポドルスキ、シュヴァイシュタイガーなど豊富なタレントを揃えています。ゲルマン魂を武器に頂点を目指すドイツは強豪国の一つといえます。

1位:ブラジル代表

1位:ブラジル代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数:21回
最高成績:優勝5回(1958、1962,1970,1994,2002)
サッカー南米選手権出場回数:32回
最高成績:優勝8回(1919, 1922, 1949, 1989, 1997, 1999, 2004, 2007)

ブラジル代表はこれまで多くのスター選手を擁してワールドカップ最多5回の優勝を誇る歴代最強国です。ペレ、ジーコ、ロナウド、ロナウジーニョなど記憶に残る選手は数多く存在します。現在ではネイマール、コウチーニョ、ロビーニョ、ルイス・ファビアーノといった選手もしっかりと育っているブラジルはまさに歴代最強国といえます。

まとめ

サッカー歴代最強国ランキングTOP100を紹介しました。これまであまり耳にしたことがないような国もあるかと思いますが、それぞれ試行錯誤を繰り返し、最強チームを作ろうと懸命になっています。そんな中でもペレやジーコ。ロナウジーニョ、ロナウドなどスター選手を輩出してきたブラジルは歴代最強の国と呼ぶに値する国といえます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

男子アイスホッケー選手のイケメン人気ランキングTOP20【歴代・2022最新版】

どのような素顔をしているのか気になるアイスホッケー選手ですが、ヘルメットをとるとイケメン選手が多いことで大き…

maru.wanwan / 530 view

【メンズ】スポーツ選手の髪型おしゃれランキングTOP40【2022最新版】

女性に人気の男性芸能人といえばジャニーズやイケメン俳優たちですが、スポーツ選手たちも多くの女性に注目されてい…

kent.n / 801 view

スポーツ選手&アスリートかわいいランキング58選!日本・海外別【2022最新版】

最近はスポーツ選手やアスリートでかわいい人が増えましたね。スポーツ選手であることを知らなかったら、モデルや芸…

risa / 2400 view

歴代テコンドー選手の有名人気ランキング20選・男子女子別【2022最新版】

競技人口は7,000万人といわれる韓国で生まれたスポーツ、格闘技のテコンドーですが、日本人のテコンドー選手を…

maru.wanwan / 488 view

男子バドミントン選手イケメンランキングTOP32【歴代・2022最新版】

スポーツで汗を流す男性は、女性から見るとイケメンに見えるものですよね。男子バドミントンの選手たちも、多くの女…

kent.n / 872 view

体操選手の世界ランキング32選~男子/女子別【2022最新版】

日本の体操選手といえば内村航平、白井健三、村上茉愛が有名ですが、世界の体操選手にはどのような選手がいるのか気…

maru.wanwan / 685 view

歴代ボクシング選手の最強人気ランキング50選~外国人・日本人別TOP25【2022最…

これまで数々の個性的な選手が誕生し、様々な世界戦が繰り広げられてきたボクシング界。今回は歴代最強のボクシング…

maru.wanwan / 6318 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

オリンピック日本人メダリスト・歴代最強ランキング100選【2022最新版】

筋書きのないドラマが展開される4年に1度のオリンピックですが、これまで数多くの日本人メダリスト(金メダル・銀…

maru.wanwan / 369 view

野球の強さ国別ランキングTOP30~世界で最強の国とは【2022最新版】

日本では多くのファンを集める野球ですが、オリンピックやWBCなど国際大会でも野球にも注目が集まっています。今…

maru.wanwan / 2339 view

歴代のK-1選手40選!最強人気ランキング【2022最新版】

世界的に最も知名度が高いキックボクシングとして有名なK-1。国内外の歴代選手たちの中で、いったい誰が最強なの…

kent.n / 3839 view

【かわいい】女子野球選手人気ランキングTOP24【歴代・2022最新版】

野球と言えば男子プロ野球がメジャーですが、女子プロ野球も決して見逃せません!特に、女子プロ野球選手にはかわい…

kent.n / 1768 view

歴代男子ゴルフ選手イケメンランキングTOP22【2022最新版】

イケメンが多い男子ゴルフ選手は、ナイスショットの隙間に見せる輝かしい笑顔も魅力ですよね!ここでは、全世界の男…

kent.n / 1177 view

女子アイスホッケー選手の人気かわいいランキングTOP20【歴代・2022最新版】

アイスホッケーは日本ではそれほど認知されていない競技スポーツですが、実は女子選手の中にはアイドル級のかわいい…

maru.wanwan / 555 view

有名アーチェリー選手の歴代人気ランキング22選・男性女性別【2022最新版】

アーチェリーとは、弓で矢を射、標的を狙う射撃競技です。今回はオリンピックの正式種目ともなっている有名なアーチ…

maru.wanwan / 435 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング