スポンサードリンク
43位:モロッコ代表

43位:モロッコ代表

FIFA最高ランキング:10位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1970)
最高成績:ベスト16 (1986)
アフリカネイションズカップ出場回数:12回
最高成績:優勝 (1976)

モロッコ代表は2018年ロシアワールドカッで1998年アメリカ大会以来の本大会出場を決めていますが、その最も特徴的なのが鉄壁の守備にあります。センターバックにはユベントスに所属するベナティア、サイドバックにはレアルマドリードに所属するハミキが守備を統率しており、最強の守備を披露しています。

42位:ナイジェリア代表

42位:ナイジェリア代表

FIFA最高ランキング:5位
ワールドカップ出場回数:6回(初出場は1994)
最高成績:ベスト16(1994、1998、2014)
アフリカネイションズカップ出場回数:17回
最高成績:優勝(1980、1994、2013)

ナイジェリアは、1994年のアメリカ大会で初出場を果たして以来、ワールドカップには6回出場しているほか、アフリカネイションズカップでは優勝3回、1996年のアトランタオリンピックでは金メダルを獲得しているアフリカ屈指の強豪国のひとつです。また若手選手の宝庫としても知られ、アトランタオリンピックで金メダルを獲得したメンバーらを中心に多くの選手がヨーロッパでプレーしています。かつては元日本代表監督のフィリップ・トルシエも指揮を執ったこともあり、魅力溢れる国といえます。

41位:ギリシャ代表

41位:ギリシャ代表

FIFA最高ランキング:8位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1994)
最高成績:ベスト16(2014)
UEFA欧州選手権出場回数:3回
最高成績:優勝(2004)

ギリシャの特徴はチームスピリットの強さにあり、フィジカルを活かした気持ちのこもった強固な守備と、精度の高いカウンターにあります。守備に関しては強豪国に引けをとらない守備力を見せつけています。2014年ブラジルワールドカップではその固い守備でベスト16へ駒を進めています。

サッカー歴代最強国ランキングTOP40-21

40位:アイスランド代表

40位:アイスランド代表

FIFA最高ランキング:18位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2018)
最高成績:グループリーグ敗退
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト8(2016年)

アイスランドは、これまで国際大会では目立った成績を残せていなかったアイスランドですが、2018年ロシアワールドカップに念願の初出場を果たした今最も成長過程にある国で、まさに今現在が最強といえます。特徴は固い守備からのカウンター攻撃で、目だったスターは存在しないながらも組織としても規律を重んじている点が特徴です。

39位:オーストラリア代表

39位:オーストラリア代表

FIFA最高ランキング:14位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1974)
最高成績:ベスト16 (2006)
AFCアジアカップ出場回数:4回
最高成績:優勝(2015)

オーストラリア代表といえば、まず思い出すのがケーヒルです。長い間オーストラリア代表を支えるケーヒルは、オーストラリア代表のシンボル的存在であり、精神的支柱の役割もこなしています。オーストラリアはフィジカルを活かしたパワープレーからサイド攻撃をメインにするのが特徴で、日本も幾度となくそのパワープレーに屈してきました。ケーヒルがバリバリに動けていた2006年ワールドカップドイツ大会が最強とされています。

38位:トルコ代表

38位:トルコ代表

FIFA最高ランキング:5位
ワールドカップ出場回数:2回(初出場は1954)
最高成績:3位(2002)
UEFA欧州選手権出場回数:4回
最高成績:ベスト4(2008)

トルコは闘争心溢れるタフな戦いで2002年日韓ワールドカップ、UEFA EURO 2008で3位に大躍進し、当時はトルコ最強時代とされていました。近年は2010年南アフリカ、2014年ブラジル両ワールドカップ、UEFA EURO 2012の主要3大会出場を逃していますが、過去に2度代表チームを率いてトルコサッカーを知り尽くしている智将、ファティ・テリム監督が2013年に復帰してから再び上昇気流にのりかけましたが、再び低迷期に入っています。

37位:韓国

37位:韓国

FIFA最高ランキング:17位
ワールドカップ出場回数:10回(初出場は1954)
最高成績:4位 (2002)
AFCアジアカップ出場回数:14回
最高成績:優勝 (1956, 1960)

アジアの虎と呼ばれる韓国代表は、マンチェスターユナイテッドで活躍したパク・チソン、横浜マリノスにも在籍したユ・サンチョルを擁して2002年日韓ワールドカップでベスト4に輝いた時期が最強とされています。現在ではプレミアリーグのトッテナムで活躍するソン・フンミンを中心にアグレッシブなサッカーを展開しています。

36位:パラグアイ代表

36位:パラグアイ代表

FIFA最高ランキング:8位
ワールドカップ出場回数:8回(初出場は1930)
最高成績:ベスト8(2010)
コパ・アメリカ出場回数:33回
最高成績:優勝(1953、1979)

パラグアイは南米サッカーの古豪で、ワールドカップにも第1回大会から参加しています。1929年のコパ・アメリカに準優勝していたので、翌年の第1回ワールドカップでも優勝候補の1つに挙がっていました。「堅守速攻」のイメージが強く、過去の中心選手といえばゴールキーパーのチラベルトが有名です。ゴールキーパーでありながらFKやPKも蹴る変わり種でしたが、生まれながらのリーダーでカリスマ性は抜群でした。

35位:オーストリア代表

35位:オーストリア代表

FIFA最高ランキング:10位
ワールドカップ出場回数:7回(初出場は1934)
最高成績:3位(1954)
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:グループリーグ敗退(2008、2016)

オーストリアは1954年スイスワールドカップで3位入賞を果たして以降、世界レベルでは目立った成績を残せていません。そんなオーストリアの選手は、ドイツのブンデスリーガに所属している選手が軸になっており、強靭なフィジカルを誇ります。DFラインはしっかりオーガナイズされていて、スキがなく、個々の経験値も高く、1対1の強さも備えているだけに、そう簡単に崩れない守備が最大の武器です。

34位:北アイルランド代表

34位:北アイルランド代表

FIFA最高ランキング:20位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1958)
最高成績:ベスト8 (1958)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト16(2016)

北アイルランドはこれまで一度もユーロに代表チームを送り込んだことがありませんでしたが、歴代最多得点選手のデイヴィッド・ヒーリー、北アイルランドが生んだ名手のジョージ・ベストという選手を輩出しながらも、残念ながら主要国際大会出場はほぼありません。しかし、UEFA EURO 2016予選では、対戦相手に恵まれたこともありましたが、、6勝3分け1敗の勝点21でグループFを1位で突破、マイケル・オニール監督の下、戦う姿勢を前面に押し出したハイテンポなサッカーで、ついにユーロ初出場の切符を手にし、ベスト16という成績を収めています。

33位:ボスニアヘルツェゴビナ代表

33位:ボスニアヘルツェゴビナ代表

FIFA最高ランキング:13位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2014)
最高成績:グループリーグ敗退(2014)
UEFA欧州選手権出場回数:0回

ボスニア・ヘルツェゴビナは1992年にユーゴスラビアからの独立を宣言したが、1995年まで続いたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の影響により、旧ユーゴスラビア構成諸国家の中で、最も国際舞台への復帰が遅れた国です。フィジカル能力とテクニックを兼備したプレーヤーを揃え、運動量と献身性を最大の武器とし、最初から最後まで高いインテンシティーを保って勢いで押し切る戦い方が身上です。スタイル的にはダイレクト志向が強いものの、決してカウンター狙いの堅守速攻型ではなく、躊躇なく人数をかけて攻め切ろうとする積極的な姿勢が特徴です。

32位:スロバキア代表

32位:スロバキア代表

FIFA最高ランキング:14位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2010)
最高成績:ベスト16 (2010)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト16(2016)

チェコスロバキア代表から独立して以降、2010年ワールドカップ南アフリカ大会に出場し、ベスト16進出を果たしています。そして2016年欧州選手権ではベスト16進出と、強豪国の片鱗を見せています。チームの特徴は献身さにあり、カウンターが最大の特徴です。

31位:アイルランド代表

31位:アイルランド代表

FIFA最高ランキング:6位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1990)
最高成績:ベスト8 (1990)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト16 (2016)

アイルランドはとても小さな国にもかかわらず、多くの選手が海外クラブで腕を磨きながら強豪国へと成り上がった国で、1990年のワールドカップイタリア大会には初出場ながらベスト8、1994年アメリカ大会ではベスト16、2002日韓大会ではロビー・キーンの活躍もありベスト16という好成績を収めています。

30位:ベネズエラ代表

30位:ベネズエラ代表

FAFA最高ランキング:29位
ワールドカップ出場回数:0回
コパ・アメリカ出場回数:14回
最高成績:4位 (2011)

ベネズエラは南米サッカー連盟所属の10カ国で唯一、ワールドカップへの出場経験がない国です。またエクアドルと共にコパ・アメリカの優勝経験もなく、長らく南米最弱国のレッテルを貼られてきましたた、自国開催となったコパ・アメリカ2007を機に本格的な強化に乗り出し、2011年の同大会では過去最高の4位入賞を果たしました。そして最新のFIFAランキングは29位で、これは同国の過去最高ランクにあたります。日本代表とも親善試合を行っていますが、実力は拮抗しています。

29位:チュニジア代表

29位:チュニジア代表

FIFA最高ランキング:14位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1978)
最高成績:本大会出場
アフリカネーションズカップ出場回数:18回
最高成績:優勝(2004)

チュニジア代表は「カルタゴの鷹」という愛称をもちます。国内リーグも存在しますが、フランスのリーグアンやエジプトリーグやトルコリーグに参戦している選手も多く、比較的個人技に優れた選手が多いことでも知られています。2018年のロシアワールドカップでは本大会出場を決め、グループリーグ敗退という結果でしたが、パナマに2-1で勝利しており、これがワールドカップ40年ぶりの勝利でした。

28位:セルビア代表

28位:セルビア代表

FIFA最高ランキング:13位
ワールドカップ出場回数:2回(初出場は2010)
最高成績:グループリーグ敗退 (2010,2018)

セルビアは2006年にセルビアモンテネグロから独立して単独となり、2010年と2018年にワールドカップ本大会に出場、両大会ともグループリーグ敗退に終わっています。セルビア代表は「オルロビ(鷲の意)」の相性を持ち、各選手のタレントに合った非常に合理的でバランスのとれたシステムを採用している点が特徴です。

27位:ウクライナ代表

27位:ウクライナ代表

FIFA最高ランキング:11位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2006)
最高成績:ベスト8(2006)
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:本大会出場(2012、2016)

ウクライナは、これまでワールドカップには1度出場した経験があり、その大会でベスト8へ進出するという快挙を演じています。その原動力となったのがACミランやチェルシーで活躍したシェフチェンコでした。シェフチェンコは2006年のワールドカップヨーロッパ予選で6得点をあげ、ウクライナ史上初となる本大会出場へと導きました。

26位:ルーマニア代表

26位:ルーマニア代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:7回(初出場は1930)
最高成績:ベスト8(1994)
UEFA欧州選手権出場回数:3回
最高成績:ベスト8(2000)

ルーマニアの最強時代は1990年から1998年で、1990年のワールドカップイタリア大会ではベスト16、1994年のアメリカ大会ではベスト8、1998年のフランス大会ではベスト16といずれも好成績を残しています。中南米のチームに引けを取らないテクニックに優れた選手を多く輩出し、伝統的に堅い守りからのカウンター攻撃が持ち味で、ワールドカップや欧州選手権では度々大物食いを演じて存在感をアピールています。

25位:日本代表

25位:日本代表

FIFA最高ランキング:9位
ワールドカップ出場回数:6回(初出場は1998)
最高成績:ベスト16(2002, 2010, 2018)
AFCアジアカップ出場回数:9回
最高成績:優勝(1992, 2000, 2004, 2011)

日本代表はドーハの悲劇を経て1998年にワールドカップ本大会に初出場を果たしてから6大会連続出場を果たすアジア最強国です。三浦知良のセリエA移籍を機に、日本人選手の海外進出が増加し、今では日本代表の半数以上が海外組にまで変貌していることにともない、日本サッカーのレベルも確実に上昇しています。世代交代も順調に進み、現在では中島、南野、堂安といった若手が日本代表に名を連ね、テクニックを駆使して上位国を脅かしています。

24位:アメリカ代表

24位:アメリカ代表

FIFA最高ランキング:4位
ワールドカップ出場回数:10回(初出場は1930)
最高成績:3位(1930)
CONCACAFゴールドカップ出場回数:16回
最高成績:優勝(1991、2002、2005、2007、2013、2017)

アメリカ代表で有名な選手にあげられるのがランドン・ドノバンで2000年から2014年まで活躍し、157試合出場で57得点をあげています。2002年の日韓ワールドカップにおいてベスト8入りの原動力となりました。

23位:イラン代表

23位:イラン代表

FIFA最高ランキング:15位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1978)
最高成績:グループリーグ敗退(1978、1998、2006、2014、2018)
AFCアジアカップ出場回数:14回
最高成績:優勝(1968、1972、1976)

イランはAFCアジアカップで3度(1968年、1972年、1976年)、アジア大会で4度(1974年、1990年、1998年、2002年。2002年以降はU-23の大会)、西アジアサッカー選手権で4度の優勝歴を誇るアジアの強豪国です。イラン代表では代表通算149試合に出場し、109得点をたたき出したアリ・ダエイが存在していた1993年から2006年までが最強とされています。

22位:ペルー

22位:ペルー

FIFA最高ランキング:10位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1930)
最高成績:ベスト8 (1970, 1978)
コパ・アメリカ出場回数:28回
最高成績:優勝 (1939,1975)

ペルーは1982年のワールドカップスペイン大会以来、本大会から遠ざかっていましたが、ソラーノ、ピサーロ、バルガス、ファルファン、ゲレーロといった欧州で活躍する優れた選手が育ちはじめ、2018ロシア大会では9大会ぶりの本大会出場を決めました。ペルーは今まさに最強の時代に突入しようとしている国です。

21位:セネガル代表

21位:セネガル代表

FIFA最高ランキング:23位
ワールドカップ出場回数:2回(初出場は2002)
最高成績:ベスト8(2002)
アフリカネーションズカップ出場回数:11回
最高成績:準優勝(2002)

テランガのライオンたちという愛称を持つセネガルといえば、2002年のワールドカップ日韓大会の開幕戦で、前回大会王者のフランスを1-0で撃破して世界を驚かせたことで有名です。その後も機動的なサッカーを展開し、大会ベスト8という好成績を収めました。

サッカー歴代最強国ランキングTOP20-1

20位:ポーランド代表

20位:ポーランド代表

FIFA最高ランキング:5位
ワールドカップ出場回数:8回(初出場は1938)
最高成績:3位(1974、1982)
UEFA欧州選手権出場回数:3回
最高成績:ベスト8(2016年)

ポーランドはワールドカップ欧州予選得点王であるレバンドフスキを筆頭にブンデスリーガやプレミアリーグ、セリエAなど欧州トップリーグで活躍する選手を多く擁する、れっきとした強豪国です。2006 FIFAワールドカップ出場以降、2大会連続でワールドカップ出場を逃していましたがレバンドフスキ、ヤクブ・ブワシュチコフスキ、ウカシュ・ピシュチェクなど多くのタレントを輩出し、2018年ロシアワールドカップでもその存在感を見せつけました。今後の活躍が期待されている代表の一つとされています。

19位:ウェールズ代表

19位:ウェールズ代表

FIFA最高ランキング:8位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は1958)
最高成績:ベスト8
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト4 (2016)

ウェールズ代表は過去にワールドカップに出場したのは1度しかなく、しかもそれは1958年と15大会連続で予選敗退していることになります。しかし2016年のUEFA欧州選手権では見事にベスト4入りを果たしています。その中心にいるのがレアルマドリードで活躍するベイルです。そしてリヴァプールのジョー・アレン、アーセナルのアーロン・ジムニーという国際レベルの選手がチームを牽引しています。守備を固めながら圧倒的なスピードのドリブルと強烈なシュートを持つベイルへつなぐスタイルが特徴です。

18位:メキシコ代表

18位:メキシコ代表

FIFA最高ランキング:4位
ワールドカップ出場回数:16回(初出場は1930)
最高成績:ベスト8 (1970, 1986)
CONCACAFゴールドカップ出場回数:20回
最高成績:優勝 (1965, 1971, 1977, 1993, 1996, 1998, 2003, 2009, 2011,2015)

メキシコは北中米を代表する強豪国として知られ、1930年のFIFAワールドカップ第1回大会に参加して以来、これまでヨーロッパと南米以外の国では最多となる16回のワールドカップ出場を果たしています。ワールドカップでも1994年のアメリカ大会から2018年のロシア大会まで、連続で本大会出場を決め、さらに全ての大会で予選リーグを突破してベスト16入りを果たしています。この要因は、メキシコの特徴であるクラブチームのような完成度にあります。メキシコリーグにはメキシコ代表選手が数多く存在し、常に一緒にプレーしていることから連携に自信があるわけです。

17位:チリ代表

17位:チリ代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:9回(初出場は1930)
最高成績:3位(1962)
コパ・アメリカ出場回数:35回
最高成績:優勝 (2015,2016)

チリはFIFAランキングで3位にランクインした経験がある強豪国の一つで、1962年には地元開催のワールドカップで3位を経験したこともある古豪とされています。現在ではリーガエスパニョーラの強豪バルセロナに所属するミッドフィルダーのビダルを中心にしたチーム編成で、2018年ロシアワールドカップではベスト16に進出する強豪チームです。

16位:オランダ代表

16位:オランダ代表

FIFA最高ランキング:1位
ワールドカップ出場回数:10回(初出場は1934)
最高成績:準優勝(1974, 1978, 2010)
UEFA欧州選手権出場回数:8回
最高成績:優勝(1988)

オランダ代表は74,78年のワールドカップで2大会連続で準優勝、その反面予選落ちも経験しています。その特徴はクライフを中心とした全員攻撃のトータルフットボールで、攻撃的なサッカーを展開していたことから世界的に有名な選手も攻撃的な選手が多いことでも知られています。最強時代は1980年代後半で、当時はファンバステン、フリット、ライカールトの黄金トリオが輝きを放っていました。その後もベルカンプ、クライファート、ファンニステルロイ、ファンベルシー、ロッベンなど名だたる好選手の育成に成功している、ヨーロッパでは最強の攻撃力をほこります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

【かわいい】女子柔道選手人気ランキングTOP27【歴代・2022最新版】

迫力あるスポーツとして人気の柔道ですが、女子柔道選手たちのかわいい素顔などはあまりクローズアップされる機会は…

kent.n / 1751 view

【相撲】歴代の横綱の最強ランキングTOP30【2022最新版】

日馬富士の暴行事件を発端に、不祥事が連続して続いている現代の角界。しかし、本来の相撲は力士同士の試合が見どこ…

kent.n / 1007 view

かわいい!女子ソフトボール選手の歴代人気ランキングTOP18【2022最新版】

あまり日本では話題になる機会が少ない女子ソフトボールの世界。そこでは、多くのかわいい女子ソフトボール選手たち…

kent.n / 1563 view

【歴代】男子バレーボール選手イケメンランキングTOP38【2022最新版】

女子バレーボールよりも話題になりにくい男子バレーボール選手たちですが、歴代の選手たちはイケメンばかりなのです…

kent.n / 2809 view

フィギュアスケート・国の強さランキング20選~男子・女子別【2022最新版】

日本でいえば羽生結弦、宇野昌麿といった人気スター選手が活躍するフィギュアスケートですが、世界で見れば日本はど…

maru.wanwan / 249 view

【かわいい】体操女子の歴代人気ランキングTOP18【2022最新版】

体操の女子選手たちは、美しい演技はもちろん、かわいいルックスも注目されやすいですよね!ここでは、歴代体操女子…

kent.n / 3285 view

日本プロ野球の人気球団ランキング12選~セリーグ・パリーグ別【2022最新版】

日本プロ野球チームの中で、どの球団が最も人気があるのか気になったことはありませんか?今回は日本野球の人気球団…

maru.wanwan / 1297 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

男子スキージャンプ選手の歴代人気ランキング30選【2022最新版】

冬のオリンピックの注目競技である男子スキージャンプは、日本でも長野オリンピックでの日の丸飛行隊の活躍で話題に…

maru.wanwan / 177 view

【歴代】男子卓球選手イケメンランキングTOP36【2022最新版】

イケメンのスポーツ選手といえば、野球やサッカーなど、日本でもポピュラーなスポーツの選手たちに集中してしまいま…

kent.n / 988 view

体操選手の世界ランキング32選~男子/女子別【2022最新版】

日本の体操選手といえば内村航平、白井健三、村上茉愛が有名ですが、世界の体操選手にはどのような選手がいるのか気…

maru.wanwan / 679 view

テニス国別の強さランキングTOP10~最強の国と選手を公開【2022最新版】

日本にもブームが到来しつつあるテニスですが、どの国がテニスの強い国なのか気になったことはありませんか?そこで…

maru.wanwan / 1234 view

女子フィギュアスケート歴代人気ランキングTOP28【2022最新版】

男性と女性両方から支持されており、冬季オリンピックシーズンではない期間も話題の上がることも多い女子フィギュア…

kent.n / 1021 view

スポーツ選手の年収ランキング2022最新版【日本人/世界別】

子供から大人まで、幅広い世代に夢を与え続けるスポーツ選手。今回は、現在判明しているるスポーツ選手の推定年収・…

kent.n / 4937 view

海外サッカーのクラブ人気ランキング30選!最強チームとは【2022最新版】

今回はサッカーの海外クラブ・チームの人気ランキングTOP30を紹介します。海外のプロサッカーリーグにはプレミ…

maru.wanwan / 2283 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング