スポンサードリンク
53位:カメルーン代表

53位:カメルーン代表

FIFA最高ランキング:11位
ワールドカップ出場回数:7回(初出場は1982)
最高成績:ベスト8 (1990)
アフリカネイションズカップ出場回数:18回
最高成績:優勝 (5回)

カメルーンは、2000年のシドニーオリンピックでは金メダルを獲得するなど、アフリカを代表する強豪国のひとつとされています。オリンピックや世代別の代表では好成績を収めることが多く、ヨーロッパにも多くの優秀な選手を輩出しています。また、エトーやエムボマという人気スター選手も輩出しています。

52位:ブルガリア代表

52位:ブルガリア代表

FIFA最高ランキング:8位
ワールドカップ出場回数:7回(初出場は1962)
最高成績:4位(1994)
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:本大会出場(1996、2004)

ブルガリア代表の最強時代は1994年とされています。この時代、ブルガリアには絶対的エースのストイチコフが君臨し、1994年のワールドカップアメリカ大会ではアルゼンチンとドイツを破り、4位に輝いています。

51位:ハンガリー代表

51位:ハンガリー代表

FIFA最高ランキング:18位
ワールドカップ出場回数:9回(初出場は1934)
最高成績:準優勝(1938、1954)
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:3位(1964)

ハンガリー代表は1950年代前半に4年間無敗の記録を作り、ヨーロッパ最強という意味もこめて「マジック・マジャール」と呼ばれていました。しかし1956年のハンガリー動乱により国内リーグは中止されたことをきっかけに主力選手が一気に国外流出し、マジック・マジャールは崩壊を迎え、その後は低迷期を続けています。

50位:ノルウェー代表

50位:ノルウェー代表

FIFA最高ランキング:2位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1938)
最高成績:ベスト16(1998フランスW杯)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:グループリーグ敗退

ノルウェーの特徴は大柄で強靭なフィジカルを活かしたパワープレーにあります。そのため、親善試合などを含めて、長身の肉体派選手を苦手としているブラジルとは比較的相性がよく、1997年には4-2で勝利しています。ワールドカップでは1998年のフランス大会に出場し、ベスト16へ進出したのを最後に低迷が続いています。

49位:コスタリカ代表

49位:コスタリカ代表

FIFA最高ランキング:13位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1990)
最高成績:ベスト8(2014)
CONCACAFゴールドカップ出場回数:10回
最高成績:2位(2002)

コスタリカは2000年代に入って最も成長を遂げた国ともいえます。2002年の日韓ワールドカップ大会から5大会中4大会に本戦出場を果たしています。さらに2014年のブラジル大会ではベスト8に進出、その原動力となっているのがゴールキーパーのナバスです。

48位:ガーナ代表

48位:ガーナ代表

FIFA最高ランキング:14位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は2006)
最高成績:ベスト8(2010)
アフリカネイションズカップ出場回数:21回
最高成績:優勝(1963, 1965, 1978, 1982)

ガーナ代表の愛称はブラック・スターズで、オリンピック・マルセイユなどで活躍しアフリカ年間最優秀選手に2度選ばれたアベディ・ペレ、ドイツ・ブンデスリーガで2度にわたって得点王に輝いたアンソニー・イエボア、バイエルン・ミュンヘンで長年に渡り活躍したサミュエル・オセイ・クフォーなど世界的な選手を輩出し、アフリカネイションズカップでは4度の優勝を誇るアフリカを代表する強豪国ですが、FIFAワールドカップは、2006年ドイツ大会が初出場でした。翌2010年大会ではベスト8に入りますが、2014年大会ではベスト16、2018年大会は予選敗退しています。

47位:チェコ代表

47位:チェコ代表

FIFA最高ランキング:2位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2006)
最高成績:グループリーグ敗退
UEFA欧州選手権出場回数:4回
最高成績:準優勝

チェコは2006年に唯一ワールドカップに出場していますが、実はそれより以前に最強時代を迎えています。それが2003年でした。ワールドカップにこそ縁がありませんでしたが、当時はチェコのカリスマ的存在であったネドヴェドがいました。ユベントスを優勝へ導いた活躍が認められ、バロンドールにも輝き、EIRO2004ではチェコをベスト4へと導きました。

46位:コンゴ共和国

46位:コンゴ共和国

FIFA最高ランキング:28位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は1974)
最高成績:グループリーグ敗退
アフリカネイションズカップ
最高成績:優勝 (1968, 1974)
アフリカネイションズチャンピオンシップ出場回数:4回
最高成績:優勝 (2009, 2016)

コンゴ共和国は、近年力をつけつつある国で、主力選手には、ガラタサライに所属するジャバニ・ノンダ、バーミンガムのバゴマ、ウエストハムのイルンガといった有望な選手が存在します。今後はチーム力を上げていくことが出来ればアフリカ最強も夢ではありません。

45位:ロシア代表

45位:ロシア代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:11回(初出場は1994)
最高成績:4位(1966)
UEFA欧州選手権出場回数:3回
最高成績:ベスト4(2008)

ロシア代表の特徴は大きな身体でフィジカルを活かした守備からのカウンターが特徴で、とても戦術に忠実で規律を重んじています。そして2018年の開催国であるワールドカップではベスト8に進出しています。

44位:スコットランド代表

44位:スコットランド代表

FIFA最高ランキング:13位
ワールドカップ出場回数:8回(初出場は1954)
最高成績:本大会出場
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:ベスト8 (1992)

はじめて本大会に出場した1954年大会は、2試合でオーストリアとウルグアイにいずれも敗れて敗退しました。3度目の出場となった1974年大会で、第一戦のザイール戦でワールドカップ初勝利を挙げると、続くブラジル戦とユーゴスラビア戦でも両方とも引分で1勝2分としますが、得失点差で1届かず敗退しました。そこからブラジル、ドイツ、イタリア、アルゼンチン以外で唯一1990年大会まで連続出場を果たしたのはスコットランドだけで、当時は強豪国とされていました。

43位:モロッコ代表

43位:モロッコ代表

FIFA最高ランキング:10位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1970)
最高成績:ベスト16 (1986)
アフリカネイションズカップ出場回数:12回
最高成績:優勝 (1976)

モロッコ代表は2018年ロシアワールドカッで1998年アメリカ大会以来の本大会出場を決めていますが、その最も特徴的なのが鉄壁の守備にあります。センターバックにはユベントスに所属するベナティア、サイドバックにはレアルマドリードに所属するハミキが守備を統率しており、最強の守備を披露しています。

42位:ナイジェリア代表

42位:ナイジェリア代表

FIFA最高ランキング:5位
ワールドカップ出場回数:6回(初出場は1994)
最高成績:ベスト16(1994、1998、2014)
アフリカネイションズカップ出場回数:17回
最高成績:優勝(1980、1994、2013)

ナイジェリアは、1994年のアメリカ大会で初出場を果たして以来、ワールドカップには6回出場しているほか、アフリカネイションズカップでは優勝3回、1996年のアトランタオリンピックでは金メダルを獲得しているアフリカ屈指の強豪国のひとつです。また若手選手の宝庫としても知られ、アトランタオリンピックで金メダルを獲得したメンバーらを中心に多くの選手がヨーロッパでプレーしています。かつては元日本代表監督のフィリップ・トルシエも指揮を執ったこともあり、魅力溢れる国といえます。

41位:ギリシャ代表

41位:ギリシャ代表

FIFA最高ランキング:8位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1994)
最高成績:ベスト16(2014)
UEFA欧州選手権出場回数:3回
最高成績:優勝(2004)

ギリシャの特徴はチームスピリットの強さにあり、フィジカルを活かした気持ちのこもった強固な守備と、精度の高いカウンターにあります。守備に関しては強豪国に引けをとらない守備力を見せつけています。2014年ブラジルワールドカップではその固い守備でベスト16へ駒を進めています。

サッカー歴代最強国ランキングTOP40-21

40位:アイスランド代表

40位:アイスランド代表

FIFA最高ランキング:18位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2018)
最高成績:グループリーグ敗退
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト8(2016年)

アイスランドは、これまで国際大会では目立った成績を残せていなかったアイスランドですが、2018年ロシアワールドカップに念願の初出場を果たした今最も成長過程にある国で、まさに今現在が最強といえます。特徴は固い守備からのカウンター攻撃で、目だったスターは存在しないながらも組織としても規律を重んじている点が特徴です。

39位:オーストラリア代表

39位:オーストラリア代表

FIFA最高ランキング:14位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1974)
最高成績:ベスト16 (2006)
AFCアジアカップ出場回数:4回
最高成績:優勝(2015)

オーストラリア代表といえば、まず思い出すのがケーヒルです。長い間オーストラリア代表を支えるケーヒルは、オーストラリア代表のシンボル的存在であり、精神的支柱の役割もこなしています。オーストラリアはフィジカルを活かしたパワープレーからサイド攻撃をメインにするのが特徴で、日本も幾度となくそのパワープレーに屈してきました。ケーヒルがバリバリに動けていた2006年ワールドカップドイツ大会が最強とされています。

38位:トルコ代表

38位:トルコ代表

FIFA最高ランキング:5位
ワールドカップ出場回数:2回(初出場は1954)
最高成績:3位(2002)
UEFA欧州選手権出場回数:4回
最高成績:ベスト4(2008)

トルコは闘争心溢れるタフな戦いで2002年日韓ワールドカップ、UEFA EURO 2008で3位に大躍進し、当時はトルコ最強時代とされていました。近年は2010年南アフリカ、2014年ブラジル両ワールドカップ、UEFA EURO 2012の主要3大会出場を逃していますが、過去に2度代表チームを率いてトルコサッカーを知り尽くしている智将、ファティ・テリム監督が2013年に復帰してから再び上昇気流にのりかけましたが、再び低迷期に入っています。

37位:韓国

37位:韓国

FIFA最高ランキング:17位
ワールドカップ出場回数:10回(初出場は1954)
最高成績:4位 (2002)
AFCアジアカップ出場回数:14回
最高成績:優勝 (1956, 1960)

アジアの虎と呼ばれる韓国代表は、マンチェスターユナイテッドで活躍したパク・チソン、横浜マリノスにも在籍したユ・サンチョルを擁して2002年日韓ワールドカップでベスト4に輝いた時期が最強とされています。現在ではプレミアリーグのトッテナムで活躍するソン・フンミンを中心にアグレッシブなサッカーを展開しています。

36位:パラグアイ代表

36位:パラグアイ代表

FIFA最高ランキング:8位
ワールドカップ出場回数:8回(初出場は1930)
最高成績:ベスト8(2010)
コパ・アメリカ出場回数:33回
最高成績:優勝(1953、1979)

パラグアイは南米サッカーの古豪で、ワールドカップにも第1回大会から参加しています。1929年のコパ・アメリカに準優勝していたので、翌年の第1回ワールドカップでも優勝候補の1つに挙がっていました。「堅守速攻」のイメージが強く、過去の中心選手といえばゴールキーパーのチラベルトが有名です。ゴールキーパーでありながらFKやPKも蹴る変わり種でしたが、生まれながらのリーダーでカリスマ性は抜群でした。

35位:オーストリア代表

35位:オーストリア代表

FIFA最高ランキング:10位
ワールドカップ出場回数:7回(初出場は1934)
最高成績:3位(1954)
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:グループリーグ敗退(2008、2016)

オーストリアは1954年スイスワールドカップで3位入賞を果たして以降、世界レベルでは目立った成績を残せていません。そんなオーストリアの選手は、ドイツのブンデスリーガに所属している選手が軸になっており、強靭なフィジカルを誇ります。DFラインはしっかりオーガナイズされていて、スキがなく、個々の経験値も高く、1対1の強さも備えているだけに、そう簡単に崩れない守備が最大の武器です。

34位:北アイルランド代表

34位:北アイルランド代表

FIFA最高ランキング:20位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1958)
最高成績:ベスト8 (1958)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト16(2016)

北アイルランドはこれまで一度もユーロに代表チームを送り込んだことがありませんでしたが、歴代最多得点選手のデイヴィッド・ヒーリー、北アイルランドが生んだ名手のジョージ・ベストという選手を輩出しながらも、残念ながら主要国際大会出場はほぼありません。しかし、UEFA EURO 2016予選では、対戦相手に恵まれたこともありましたが、、6勝3分け1敗の勝点21でグループFを1位で突破、マイケル・オニール監督の下、戦う姿勢を前面に押し出したハイテンポなサッカーで、ついにユーロ初出場の切符を手にし、ベスト16という成績を収めています。

33位:ボスニアヘルツェゴビナ代表

33位:ボスニアヘルツェゴビナ代表

FIFA最高ランキング:13位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2014)
最高成績:グループリーグ敗退(2014)
UEFA欧州選手権出場回数:0回

ボスニア・ヘルツェゴビナは1992年にユーゴスラビアからの独立を宣言したが、1995年まで続いたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の影響により、旧ユーゴスラビア構成諸国家の中で、最も国際舞台への復帰が遅れた国です。フィジカル能力とテクニックを兼備したプレーヤーを揃え、運動量と献身性を最大の武器とし、最初から最後まで高いインテンシティーを保って勢いで押し切る戦い方が身上です。スタイル的にはダイレクト志向が強いものの、決してカウンター狙いの堅守速攻型ではなく、躊躇なく人数をかけて攻め切ろうとする積極的な姿勢が特徴です。

32位:スロバキア代表

32位:スロバキア代表

FIFA最高ランキング:14位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2010)
最高成績:ベスト16 (2010)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト16(2016)

チェコスロバキア代表から独立して以降、2010年ワールドカップ南アフリカ大会に出場し、ベスト16進出を果たしています。そして2016年欧州選手権ではベスト16進出と、強豪国の片鱗を見せています。チームの特徴は献身さにあり、カウンターが最大の特徴です。

31位:アイルランド代表

31位:アイルランド代表

FIFA最高ランキング:6位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1990)
最高成績:ベスト8 (1990)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:ベスト16 (2016)

アイルランドはとても小さな国にもかかわらず、多くの選手が海外クラブで腕を磨きながら強豪国へと成り上がった国で、1990年のワールドカップイタリア大会には初出場ながらベスト8、1994年アメリカ大会ではベスト16、2002日韓大会ではロビー・キーンの活躍もありベスト16という好成績を収めています。

30位:ベネズエラ代表

30位:ベネズエラ代表

FAFA最高ランキング:29位
ワールドカップ出場回数:0回
コパ・アメリカ出場回数:14回
最高成績:4位 (2011)

ベネズエラは南米サッカー連盟所属の10カ国で唯一、ワールドカップへの出場経験がない国です。またエクアドルと共にコパ・アメリカの優勝経験もなく、長らく南米最弱国のレッテルを貼られてきましたた、自国開催となったコパ・アメリカ2007を機に本格的な強化に乗り出し、2011年の同大会では過去最高の4位入賞を果たしました。そして最新のFIFAランキングは29位で、これは同国の過去最高ランクにあたります。日本代表とも親善試合を行っていますが、実力は拮抗しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

PL学園高校出身のプロ野球選手70選!歴代人気ランキング【2024最新版】

かつてその圧倒的な強さで甲子園を賑わせ、「プロ野球選手育成機関」と呼ばれたPL学園。今回はそんなPL学園出身…

maru.wanwan / 353 view

【かわいい】女子レスリング選手人気ランキングTOP19【歴代・2024最新版】

最近はパワハラ騒動で女子レスリングの世界の雲行きが一気に悪くなってしまいました。しかし、元々は、迫力のある試…

kent.n / 4788 view

海外サッカーのクラブ人気ランキング30選!最強チームとは【2024最新版】

今回はサッカーの海外クラブ・チームの人気ランキングTOP30を紹介します。海外のプロサッカーリーグにはプレミ…

maru.wanwan / 1244 view

サッカー日本代表・歴代メンバー活躍ランキングTOP30【2024最新版】

2018年ワールドカップが開催され、日本でもサッカーの注目度が増していますね!今回は、日本代表の歴代サッカー…

kent.n / 1831 view

女子スピードスケート選手の人気かわいいランキングTOP20【歴代・2024最新版】

冬季オリンピックで大会ごとに注目を集める女子スピードスケートですが、スピードだけではなく、そのルックスにも注…

maru.wanwan / 1605 view

女子モーグル選手の歴代人気ランキング20選【2024最新版】

スキー競技のフリースタイルのひとつであるモーグルは、高いターン技術・エアー演技・ハイスピードの3要素で審査す…

maru.wanwan / 583 view

箱根駅伝の歴代出場校・強さランキングTOP40【2024最新版】

お正月の風物詩として日本人の間でも定着している箱根駅伝ですが、歴代出場校の中でもどの大学が最も強いのか気にな…

maru.wanwan / 732 view

スポンサードリンク

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

Breaking Down歴代出演者の強さランキング86選【2024最新版】

様々なバックボーンをもった格闘家が集まり「1分1ラウンド」で決める総合格闘技イベントのBreaking Do…

maru.wanwan / 4855 view

PL学園高校出身のプロ野球選手70選!歴代人気ランキング【2024最新版】

かつてその圧倒的な強さで甲子園を賑わせ、「プロ野球選手育成機関」と呼ばれたPL学園。今回はそんなPL学園出身…

maru.wanwan / 353 view

男子ハンドボール選手の歴代イケメン人気ランキングTOP20【2024最新版】

今回は男子ハンドボール選手の歴代イケメン人気ランキングTOP20を紹介します。ハンドボールは、全身のバネを使…

maru.wanwan / 1534 view

日本でモテるスポーツ30選・趣味にも最適~男性女性別ランキング【2024最新版】

これから何かスポーツをやってみようかと考えている方の中で、どうせやるなら異性からモテるスポーツをやりたいと思…

maru.wanwan / 1699 view

サッカー選手の歴代人気ランキング100選~世界TOP70・日本TOP30【2024最…

今回はサッカー選手歴代人気ランキングを世界編TOP70、日本編TOP30として紹介します。世界でもトップクラ…

maru.wanwan / 5804 view

歴代の甲子園/高校野球スター選手60選!人気ランキング【2024最新版】

高校野球の聖地と呼ばれる甲子園では、これまで多くのスター選手が登場し、人気を博してきました。そこで今回は、歴…

maru.wanwan / 3927 view

モンゴル出身の相撲力士の歴代最強ランキングTOP20【2024最新版】

相撲の最強国といえば、モンゴルですよね。モンゴル出身の力士はとても多く、強い力士が多いです。ここでは、歴代の…

kii428 / 385 view

スポンサードリンク

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング