スポンサードリンク
72位:イラク代表

72位:イラク代表

FIFA最高ランキング:39位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は1986)
最高成績:本大会出場
AFCアジアカップ出場回数:9回
最高成績:優勝(2007)

イラク代表は国内が危機的な状況の中、AFCユース選手権2000で19歳以下の代表が優勝を飾り、この世代の選手たちが中心となり、2004年の中国アジアカップでベスト8、アテネ五輪で4位、2006年のアジア大会で準優勝と立て続けに国際大会で好成績を上げた最強世代と呼ばれました。

71位:パナマ代表

71位:パナマ代表

FIFA最高ランキング:29位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2018)
最高成績:グループリーグ敗退
CONCACAFゴールドカップ出場回数:8回
最高成績:準優勝(2005, 2013)

パナマ代表は2000年代に入って急成長を遂げている国の一つで、2005、2013のCONCACAFゴールドカップで準優勝、2018年ロシアワールドカップに初出場しています。

70位:南アフリカ代表

70位:南アフリカ代表

FIFA最高ランキング:16位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1998)
最高成績:グループステージ敗退(1998、2002、2010)
アフリカネーションズカップ出場回数:8回
最高成績:優勝(1996)

南アフリカは1996年のアフリカネイションズカップで優勝し、さらに1998年ワールドカップに初出場するなどアフリカを代表するナショナルチームとして成長を遂げました。2002年日韓大会にも出場し、2010年に開催国と出場してからは低迷が続いています。

69位:エルサルバドル代表

69位:エルサルバドル代表

FIFA最高ランキング:49位
ワールドカップ出場回数:2回(初出場は1970)
最高成績:グループリーグ敗退(1970、1982)
CONCACAFゴールドカップ出場回数:8回
最高成績:ベスト8(2002, 2003, 2011, 2013)

北中米カリブ海地区予選でホンジュラスを破り1970年メキシコ大会にワールドカップ初出場を果たしました。1982年スペイン大会では3大会ぶり2度目の出場を果たし、1次リーグ初戦のハンガリー戦では1-10の大敗を喫して1試合最多失点(10点)を記録しました。残り2試合では守備を建て直しベルギー戦を0-1、アルゼンチン戦を0-2と3失点で切り抜けましたが、0勝3敗1得点13失点のグループ最下位となり1次リーグ敗退に終わり、その後は北中米カリブ海地区予選での敗退が続き低迷しています。

68位:サウジアラビア代表

68位:サウジアラビア代表

FIFA最高ランキング:21位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1994)
最高成績:ベスト16 (1994)
AFCアジアカップ出場回: 10回
最高成績:優勝 (1984, 1988, 1996)

サウジアラビアの世代別代表では、1989年のFIFA U-16世界選手権で優勝を果たしており、若手に期待がかかっています。これは男子サッカーではアジア唯一のFIFA主催の世界大会における優勝とされており、このメンバーが中心となり、1994年のワールドカップ出場に導き、事実上最強世代とされています。

67位:ギニア代表

67位:ギニア代表

FIFA最高ランキング:22位
ワールドカップ出場回数:0回
アフリカネイションズカップ出場回数:8回
最高成績:準優勝 (1976)

ギニア代表はワールドカップ本大会に出場したことはなく、初出場が期待された2002年大会は、ギニア政府が成績不振を理由にFGFを解散させたとして、FIFAの制裁でアフリカ地区最終予選の出場権を剥奪(3試合終えていた)、1年間の国際試合出場停止となる事件がありました。しかし1976年のアフリカネイションズカップで準優勝になった経験があり、実力はある国といえます。

66位:アラブ首長国連邦代表

66位:アラブ首長国連邦代表

FIFA最高ランキング:42位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は1990)
最高成績:グループリーグ敗退
AFCアジアカップ出場回数:10回
最高成績:準優勝(1996)

現在のアラブ首長国連邦代表は、司令塔のオマル・アブドゥッラフマーン、快速FWのアメード・カリル、抜群のシュートセンスを誇るアリー・マブフートによる強力なトライアングルを形成した強力な布陣が特徴です。

65位:コートジボワール代表

65位:コートジボワール代表

FIFA最高ランキング:12位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は2006)
最高成績:グループリーグ敗退 (2006, 2010,2014)
アフリカネイションズカップ出場回数:22回
最高成績:優勝 (1992,2015)

コートジボワールはワールドカップ本大会に3度出場した経験を持ち、アフリカネイションズカップは2度優勝という実力を持つ国です。旧宗主国でもあるフランスなどヨーロッパのリーグで活躍する選手も多く、主な代表選手としてディディエ・ドログバ、コロ・トゥーレ、ヤヤ・トゥーレ(トゥーレ・ヤヤ)兄弟らがいます。

64位:スロベニア代表

64位:スロベニア代表

FIFA最高ランキング:15位
ワールドカップ出場回数:2回(初出場は2002)
最高成績:グループリーグ敗退(2002、2010)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:グループリーグ敗退(2000)

1991年にユーゴスラビアからスロベニアが独立し、サッカースロベニア代表が誕生しました。現在の主力としては、ゴールキーパーのオブラクが有名で、アトレティコ・マドリードで活躍しています。

63位:マリ代表

63位:マリ代表

FIFA最高ランキング:23位
ワールドカップ出場回数:0回
アフリカネイションズカップ出場回数:11回
最高成績:準優勝 (1972)

マリは、ワールドカップ出場は無いものの、アフリカネイションズカップには11度出場、1972年には準優勝を果たしています。サリフ・ケイタはフランスなどヨーロッパで成功を収めた英雄とされています。また、1999年のワールドユースでは3位になり、2004年のアテネオリンピックにも出場していて、若手の育成には定評があります。

62位:アルバニア代表

62位:アルバニア代表

FIFA最高ランキング:22位
ワールドカップ出場回数:0回
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:グループリーグ敗退(2016)

UEFA欧州選手権では2016年大会で予選のグループⅠを2位で終え、初の本大会出場を決めると、グループステージではルーマニア戦で初得点、1-0で初勝利をあげています。2016年欧州選手権の選出のうち半数は旧ユーゴスラビアのコソボ出身者とコソボからスイス島の西欧への難民や移民、また二世で占められています。

61位:ボリビア代表

61位:ボリビア代表

FIFA最高ランキング:18位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1930)
最高成績:本大会出場(1930、1950、1994)
コパ・アメリカ出場回数:23回
最高成績:優勝(1963)

ワールドカップは、1994年のアメリカ大会の出場を最後に、ここ6大会連続で予選敗退となっています。ロシアワールドカップの南米予選は10カ国中9位で、“南米勢最弱国”の一つとされていますが、コパ・アメリカでは1963年大会で優勝した経験を持ちます。

サッカー歴代最強国ランキングTOP60-41

60位:フィンランド代表

60位:フィンランド代表

FIFA最高ランキング:33位
ワールドカップ出場無
UEFA欧州選手権出場無

フィンランドは1911年にスウェーデンと対戦したのが、サッカーフィンランド代表の初の国際試合とされています。FIFAワールドカップ(1930年第1回開催)、UEFA EURO(欧州選手権・1960年第1回開催)の出場は果たしていません。UEFA欧州選手権2008予選の最終戦は勝てば突破が確定していましたが、アウェイでポルトガルと0-0で引き分け、本大会出場はなりませんでした。2018年大会予選の終了時点でワールドカップ地区予選で通算32勝を記録していますが、これは本大会出場を経験していない欧州のチームでは最多となっています。

59位:ホンジュラス代表

59位:ホンジュラス代表

FIFA最高ランキング:20位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1982)
最高成績:グループリーグ敗退 (1982, 2010, 2014)
CONCACAFゴールドカップ出場回数:15回
最高成績:優勝 (1981)

ホンジュラスはオーソドックスな4-4-2のシステムを採用し、ボールを奪えばとにかく強靭なフィジカルを持つ2トップへボールを集めるという縦への速いダイレクトな攻撃を志向し、2010年、2014年と2大会連続でワールドカップ出場を決めています。

58位:エクアドル

58位:エクアドル

FIFA最高ランキング:10位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は2002)
最高成績:ベスト16(2006)
コパ・アメリカ出場回数:23回
最高成績:4位(1959、1993)

エクアドルの特徴は堅実な守備と、両サイドアタッカーの突破力を最大限に生かしたカウンターにあります。ワールドカップ本大会には2002年の日韓大会に初出場を果たし、2006年ドイツ大会ではブラジルやアルゼンチンなど強豪ひしめく中で南米予選を勝ち抜き本大会ではベスト16入りを決めています。

57位:エジプト代表

57位:エジプト代表

FIFA最高ランキング:9位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1934)
最高成績:グループリーグ敗退 (1934, 1990, 2018)
アフリカネイションズカップ出場回数:23回
最高成績:優勝 (1957, 1959, 1986, 1998, 2006, 2008, 2010)

エジプトは、1934年のイタリアワールドカップにアフリカ勢として初めてワールドカップに出場しました。その後にワールドカップ出場はありませんが、1990年のFIFAワールドカップに56年ぶりに出場しました。なお、アフリカネイションズカップでは最多の優勝7回の実績を残す強豪です。代表最多出場記録と最多得点記録を持つホサーム・ハサンはエジプトを代表するサッカー選手として知られ、いずれの記録も世界屈指の記録を残しています。現在はリヴァプールで活躍するモハメド・サラーがエースとしてチームを牽引しています。

56位:ジャマイカ代表

56位:ジャマイカ代表

FIFA最高ランキング:27位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は1998)
最高成績:グループリーグ敗退 (1998)
CONCACAFゴールドカップ出場回数:9回
最高成績:準優勝(2015)

ジャマイカは1998年のワールドカップフランス大会に1度出場経験があるアフリカのチームで、身体能力が凄まじく、調子に乗せると手がつけられない国とされています。国際経験はそれほどありませんが、過去にはプレミアリーグのレスターに所属したモーガンなど優れた選手も存在しました。

55位:カタール代表

55位:カタール代表

FIFA最高ランキング:51位
ワールドカップ出場回数:0回
AFCアジアカップ出場回数:10回
最高成績:優勝(2019)

カタールはこれまで1度もワールドカップ出場経験がありませんが、2019年のアジアカップでは決勝で日本を破り初優勝を遂げた今アジアで最も勢いのある国です。快進撃の要因として挙げられるのが、国家支援のスポーツ育成機関「アスパイア・アカデミー」の存在で、スペイン人を筆頭に世界各国から優秀な指導者を招いています。

54位:モンテネグロ代表

54位:モンテネグロ代表

FIFA最高ランキング:16位:
ワールドカップ出場回数:0回
UEFA欧州選手権出場回数:0回

モンテネグロの特徴は、勝負強いところにあります。球際や1対1の強さには定評があり、さらに柔軟にサッカースタイルを変えられる流動性があります。ワールドカップ出場経験はありませんが、選手はアトレティコ・マドリードに所属するサヴィッチ、モナコに所属するヨヴェティッチなど、有名海外クラブに所属する選手も存在しています。

53位:カメルーン代表

53位:カメルーン代表

FIFA最高ランキング:11位
ワールドカップ出場回数:7回(初出場は1982)
最高成績:ベスト8 (1990)
アフリカネイションズカップ出場回数:18回
最高成績:優勝 (5回)

カメルーンは、2000年のシドニーオリンピックでは金メダルを獲得するなど、アフリカを代表する強豪国のひとつとされています。オリンピックや世代別の代表では好成績を収めることが多く、ヨーロッパにも多くの優秀な選手を輩出しています。また、エトーやエムボマという人気スター選手も輩出しています。

52位:ブルガリア代表

52位:ブルガリア代表

FIFA最高ランキング:8位
ワールドカップ出場回数:7回(初出場は1962)
最高成績:4位(1994)
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:本大会出場(1996、2004)

ブルガリア代表の最強時代は1994年とされています。この時代、ブルガリアには絶対的エースのストイチコフが君臨し、1994年のワールドカップアメリカ大会ではアルゼンチンとドイツを破り、4位に輝いています。

51位:ハンガリー代表

51位:ハンガリー代表

FIFA最高ランキング:18位
ワールドカップ出場回数:9回(初出場は1934)
最高成績:準優勝(1938、1954)
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:3位(1964)

ハンガリー代表は1950年代前半に4年間無敗の記録を作り、ヨーロッパ最強という意味もこめて「マジック・マジャール」と呼ばれていました。しかし1956年のハンガリー動乱により国内リーグは中止されたことをきっかけに主力選手が一気に国外流出し、マジック・マジャールは崩壊を迎え、その後は低迷期を続けています。

50位:ノルウェー代表

50位:ノルウェー代表

FIFA最高ランキング:2位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は1938)
最高成績:ベスト16(1998フランスW杯)
UEFA欧州選手権出場回数:1回
最高成績:グループリーグ敗退

ノルウェーの特徴は大柄で強靭なフィジカルを活かしたパワープレーにあります。そのため、親善試合などを含めて、長身の肉体派選手を苦手としているブラジルとは比較的相性がよく、1997年には4-2で勝利しています。ワールドカップでは1998年のフランス大会に出場し、ベスト16へ進出したのを最後に低迷が続いています。

49位:コスタリカ代表

49位:コスタリカ代表

FIFA最高ランキング:13位
ワールドカップ出場回数:5回(初出場は1990)
最高成績:ベスト8(2014)
CONCACAFゴールドカップ出場回数:10回
最高成績:2位(2002)

コスタリカは2000年代に入って最も成長を遂げた国ともいえます。2002年の日韓ワールドカップ大会から5大会中4大会に本戦出場を果たしています。さらに2014年のブラジル大会ではベスト8に進出、その原動力となっているのがゴールキーパーのナバスです。

48位:ガーナ代表

48位:ガーナ代表

FIFA最高ランキング:14位
ワールドカップ出場回数:3回(初出場は2006)
最高成績:ベスト8(2010)
アフリカネイションズカップ出場回数:21回
最高成績:優勝(1963, 1965, 1978, 1982)

ガーナ代表の愛称はブラック・スターズで、オリンピック・マルセイユなどで活躍しアフリカ年間最優秀選手に2度選ばれたアベディ・ペレ、ドイツ・ブンデスリーガで2度にわたって得点王に輝いたアンソニー・イエボア、バイエルン・ミュンヘンで長年に渡り活躍したサミュエル・オセイ・クフォーなど世界的な選手を輩出し、アフリカネイションズカップでは4度の優勝を誇るアフリカを代表する強豪国ですが、FIFAワールドカップは、2006年ドイツ大会が初出場でした。翌2010年大会ではベスト8に入りますが、2014年大会ではベスト16、2018年大会は予選敗退しています。

47位:チェコ代表

47位:チェコ代表

FIFA最高ランキング:2位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は2006)
最高成績:グループリーグ敗退
UEFA欧州選手権出場回数:4回
最高成績:準優勝

チェコは2006年に唯一ワールドカップに出場していますが、実はそれより以前に最強時代を迎えています。それが2003年でした。ワールドカップにこそ縁がありませんでしたが、当時はチェコのカリスマ的存在であったネドヴェドがいました。ユベントスを優勝へ導いた活躍が認められ、バロンドールにも輝き、EIRO2004ではチェコをベスト4へと導きました。

46位:コンゴ共和国

46位:コンゴ共和国

FIFA最高ランキング:28位
ワールドカップ出場回数:1回(初出場は1974)
最高成績:グループリーグ敗退
アフリカネイションズカップ
最高成績:優勝 (1968, 1974)
アフリカネイションズチャンピオンシップ出場回数:4回
最高成績:優勝 (2009, 2016)

コンゴ共和国は、近年力をつけつつある国で、主力選手には、ガラタサライに所属するジャバニ・ノンダ、バーミンガムのバゴマ、ウエストハムのイルンガといった有望な選手が存在します。今後はチーム力を上げていくことが出来ればアフリカ最強も夢ではありません。

45位:ロシア代表

45位:ロシア代表

FIFA最高ランキング:3位
ワールドカップ出場回数:11回(初出場は1994)
最高成績:4位(1966)
UEFA欧州選手権出場回数:3回
最高成績:ベスト4(2008)

ロシア代表の特徴は大きな身体でフィジカルを活かした守備からのカウンターが特徴で、とても戦術に忠実で規律を重んじています。そして2018年の開催国であるワールドカップではベスト8に進出しています。

44位:スコットランド代表

44位:スコットランド代表

FIFA最高ランキング:13位
ワールドカップ出場回数:8回(初出場は1954)
最高成績:本大会出場
UEFA欧州選手権出場回数:2回
最高成績:ベスト8 (1992)

はじめて本大会に出場した1954年大会は、2試合でオーストリアとウルグアイにいずれも敗れて敗退しました。3度目の出場となった1974年大会で、第一戦のザイール戦でワールドカップ初勝利を挙げると、続くブラジル戦とユーゴスラビア戦でも両方とも引分で1勝2分としますが、得失点差で1届かず敗退しました。そこからブラジル、ドイツ、イタリア、アルゼンチン以外で唯一1990年大会まで連続出場を果たしたのはスコットランドだけで、当時は強豪国とされていました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

海外で活躍する日本人サッカー選手30選~歴代ランキングを紹介【2022最新版】

今回は海外で活躍する日本人サッカー選手歴代ランキングTOP30を紹介します。日本がワールドカップに初出場を果…

maru.wanwan / 249 view

歴代男子ゴルフ選手イケメンランキングTOP22【2022最新版】

イケメンが多い男子ゴルフ選手は、ナイスショットの隙間に見せる輝かしい笑顔も魅力ですよね!ここでは、全世界の男…

kent.n / 214 view

男子スピードスケート選手のイケメン人気ランキングTOP21【歴代・2022最新版】

冬季オリンピックの花形競技ともいえる男子スピードスケート。これまで様々なイケメン選手が数々のドラマを生んでき…

maru.wanwan / 39 view

メジャーリーグ(MLB)の人気チーム/球団ランキング30選~アリーグ・ナリーグ別【2…

メジャーリーグ(MLB)はアメリカンリーグとナショナルリーグに15チームずつ所属し、全30チームによって優勝…

maru.wanwan / 806 view

【歴代】男子卓球選手イケメンランキングTOP36【2022最新版】

イケメンのスポーツ選手といえば、野球やサッカーなど、日本でもポピュラーなスポーツの選手たちに集中してしまいま…

kent.n / 108 view

完全試合の達成者ランキング39選!日本・メジャー別【2022最新版】

野球において、1試合で1人のランナーも出さず、打者27人を完璧におさえた試合を完全試合と呼びます。投手にとっ…

maru.wanwan / 130 view

男子スキージャンプ選手の歴代人気ランキング30選【2022最新版】

冬のオリンピックの注目競技である男子スキージャンプは、日本でも長野オリンピックでの日の丸飛行隊の活躍で話題に…

maru.wanwan / 34 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

有名な女性スケートボーダー人気ランキング40選・日本人と世界別【2022最新版】

2020年東京オリンピックで、注目を集める女子スケートボードですが、最も有名で人気のあるスケートボーダーは誰…

maru.wanwan / 115 view

バスケットボール・国の強さランキング30選~男子女子別TOP15【2022最新版】

今回は、バスケットボール国別強さランキングを男女別に紹介します。バスケットボールといえばアメリカのNBA、W…

maru.wanwan / 135 view

有名な男性スケートボーダー人気ランキング60選・日本人と世界別【2022最新版】

若者の間で密かに人気を博してきたスケートボードですが、2020東京オリンピックで新種目として採用されて以来、…

maru.wanwan / 350 view

男子テニス選手のイケメンランキング20選【歴代・2022最新版】

テニスが一大ブームとなっており、白熱した試合展開が非常に面白いですね。それよりも、プレーしている選手達がイケ…

マギー / 104 view

日本のスポーツ人気ランキング30種類~観戦や趣味におすすめ【2022最新版】

今回は日本人の人気スポーツランキングTOP30種類を紹介します。世界には球技のような団体スポーツや、陸上や水…

maru.wanwan / 367 view

アジアのサッカー・国の強さランキングTOP20~最強の国とは【2022最新版】

FIFAワールドカップと同じく、4年に1度開催されるアジアの王者を決めるAFCアジアカップ。現在のアジアで最…

maru.wanwan / 123 view

ジャンボ軍団の歴代メンバー28選・女性男性別!人気ランキング【2022最新版】

「ジャンボ尾崎」の愛称で有名な尾崎将司を団長としたゴルファー集団のジャンボ軍団。今回はそんなジャンボ軍団の歴…

maru.wanwan / 151 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング