スポンサードリンク
西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船にさらわれてしまい……。
第20位・ボルト

第20位・ボルト

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第20位は、2008年11月アメリカ公開の映画『ボルト』です。日本では2009年8月に公開されています。

ピクサーがディズニーの完全子会社となってからは初めての作品で、3D上映の出来る映画館では立体的に見ることが出来たんだそう。

主人公はタレント犬のボルト。動物を主役にしたアニメはストーリーも面白いし、何より可愛らしくて癒されますね。

アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに運ばれる途中、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる。しかしテレビショーの中で発揮する、数々のスーパーパワーを自分のものだと信じて疑わないボルトは……。
第19位・白雪姫

第19位・白雪姫

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第19位は、ディズニーが1937年(!)に制作した、世界初の長編アニメーション映画『白雪姫』です。

グリム童話の『白雪姫』を原作にし、「ザ・ディズニー!」と言ったような素敵なミュージカルアニメに仕上がっています。

白雪姫の美しさ、小人たちの愛らしさ、女王の恐ろしさ…余すところなく堪能して欲しい珠玉の作品。

むかしある城に白雪姫という美しい王女が住んでいた。白雪姫の継母である女王は大変恐ろしい魔女で、白雪姫を下働きのように扱っていた。

ある日、女王がいつものように魔法の鏡に『一番美しいのは誰?』と聞くと、魔法の鏡は『世界で一番美しいのは白雪姫』と答えてしまう。怒り心頭の女王は、手下の狩人に白雪姫を殺し彼女の心臓を持ち帰るよう命令する。哀れに思った狩人は彼女を逃し、代わりに豚の心臓を持ち帰って女王を欺く。一方の白雪姫は、森で迷った末に動物達に導かれて七人の小人の住む家にたどり着き、家事全般を引き受けることを条件に匿ってもらい、小人たちと共に楽しい一夜を過ごす。
第18位・カーズ

第18位・カーズ

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第18位は、2006年6月に公開されたピクサー制作の『カーズ』です。(日本での公開は2006年7月)

この作品中では車が擬人化されており、車しか出てきません。
人間が一切出てこない作品もなかなか珍しいですよね。

レースに生きるだけだったマックイーンが、田舎町の住民たちとの交流を深めることでだんだん思いやりを持っていく様子など、子供と一緒に見るには教訓めいていて良いかもしれないです。

レーシング・スポーツの最高峰、ピストン・カップに出場する若きレーサー、ライトニング・マックィーン。ルーキーながら、その天才的素質によって、彼は既に多くのファンを獲得していた。狙うはピストン・カップ史上初となる新人チャンピオン。しかし、決勝レースが開催されるカリフォルニアに向かう途中、思わぬトラブルに巻き込まれ、ルート66沿いにある”地図から消えた古い町、ラジエーター・スプリングス”に迷い込んでしまう。早くレース場に到着しなければならないマックィーンだが、自らが滅茶苦茶にした道路の補修工事を命ぜられ、しばらくその町に留まることになってしまうのだった。
第17位・ベイマックス

第17位・ベイマックス

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第17位は、2014年11月にアメリカで公開された(日本では1か月後の2014年12月公開)、『ベイマックス』です。

日本でのポスタービジュアルや『ベイマックス』というタイトルから、ちょっとほのぼの系の癒され映画かと勘違いしていましたが、実はアメコミ原作のヒーロー物だったんですよね!

突然スーパーヒーロー的な展開になって度肝を抜かれた記憶があります(笑)。

それでもベイマックスの可愛さは癒しそのもの。
笑って泣けて爽快感もあり、小さい子供から大人までみんなが楽しめる作品だと思います。

未来の都市サンフランソウキョウに住む14歳の少年・ヒロ・ハマダは天才的な科学の才能を持つが、夢もなく飛び級で高校を卒業したことで目標を見失い、その才能を非合法のロボット・ファイトのために利用するという自堕落な生活を送っていた。そんな弟を見かねた兄のタダシは、彼を自身の所属する工科大学へ連れていく。タダシの友人である「科学オタク」たちの手がけた数々の発明品や、兄の開発した白くて風船の様な見た目のケアロボット「ベイマックス」を目にして刺激を受けたヒロは、尊敬するロバート・キャラハン教授と出会ったことで科学の夢を追究したいと飛び級入学を決意する。
第16位・ファインディングニモ

第16位・ファインディングニモ

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第16位は、2003年5月公開(日本では2003年12月公開)の映画『ファインディング・ニモ』です。

ディズニーとピクサーの共同製作による作品で、フル3DCGで描かれています。第76回アカデミー賞では長編アニメ賞を受賞するなど、話題になったアニメですね。

カクレクマノミの親子のマーリンとニモ、ナンヨウハギのドリー、ウミガメのクラッシュなどなど、魅力的なキャラクターが本当にたくさん!
捕まってしまったニモが無事に海に帰れるのか、ドキドキでとても楽しいストーリーです。

オーストラリア、グレート・バリアリーフ。イソギンチャクの新居に住むマーリンと妻のコーラルは、やがて孵化する400個の卵を守りながら幸福に浸っていた。しかし突然、凶暴なバラクーダが彼らに襲いかかり、マーリンとたったひとつの卵だけが残された。マーリンは生き残った子供に“ニモ”と名づけ「お前だけは何があっても守り抜く」と誓う。ニモが6歳になった初登校の日。同級生に度胸があることを証明するために、さんご礁の外に錨を下ろしたボートに触ってみようと、父の静止を振り切って泳いでいく。得意気なニモだったが、現れたダイバーにさらわれてしまうのだった。
第15位・モアナと伝説の海

第15位・モアナと伝説の海

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第15位は、2016年11月にアメリカで公開された映画『モアナと伝説の海』です。(日本での公開は2017年3月)

この作品の見どころは何と言ってもCGで描かれる素晴らしい自然でしょう。透明感あふれる海の様子などは、目を見張るものがあります。

ストーリーは分かりやすく、ディズニーらしい映画と言えると思います。

豊かな自然に恵まれた南の楽園、モトゥヌイ。タラおばあちゃんが子供たちにある伝説を語り聞かせていた。「命の女神テ・フィティの<心>には、命を創り出す偉大な力が宿っていた。その<心>を半神半人のマウイが盗んだとき、暗黒の闇が生まれた。だが、闇がすべてを覆いつくす前にサンゴ礁を超えて旅する者がテ・フィティの<心>を返し、私らを救ってくれる」と―。
第14位・インクレディブルファミリー

第14位・インクレディブルファミリー

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第14位は、2018年6月に公開された映画(日本での公開は2018年8月)、『インクレディブルファミリー』です。

2004年に公開された映画『Mr.インクレディブル』の完全なる続編で、超能力を持ったパー一家のドタバタ騒動とヒーローとしての活躍が描かれています。

それぞれ個性の強い能力を持ったパー一家ですが、前作でまだ生まれたばかりの赤ちゃんだったジャックジャックが実は最強の能力の持ち主だったというところは”お約束”という感じでしょうか。

ちなみに『インクレディブル』とは、『信じられない、素晴らしい』、という意味だそうです。

妻のヘレンや娘のヴァイオレットら家族と、ごく普通の生活を送っていたMr.インクレディブルことボブ。だが、あることをきっかけに、ボブと同じ驚異的なパワーを持つヘレンが正義のヒロイン、イラスティガールとして再び活躍するようになる。そこでボブは、彼女に代わって家事や生まれて間もない息子ジャック・ジャックの世話をする。
第13位・リトル・マーメイド

第13位・リトル・マーメイド

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第13位は、、1989年11月にアメリカで公開された『リトル・マーメイド』です。日本での公開は、2年後の1991年7月でした。

誰もが知っているアンデルセンの童話『人魚姫』を原作にして、ディズニーらしいエッセンスをくわえた名作。

原作の方では人魚姫は泡になってしまうという悲恋でしたが、ディズニー版ではハッピーエンドになっていて、素敵なラブストーリーとして作られています。

アカデミー歌曲賞を受賞した『アンダー・ザ・シー』など、名曲も多数!

平和な海の王国の人魚姫アリエルは、お年頃で好奇心いっぱい! 鯛のフランダーやカニのセバスチャンら、愉快な海の仲間たちと暮らし、海の上の世界に憧れていました。ある嵐の夜、彼女は人間の王子エリックと出会い、恋に落ちます。その想いをかなえようとアリエルは、人間になれる魔法と引き替えに、美しい声を海の魔女アースラに奪われてしまいます。魔法の期限は3日間。はたしてアリエルは、王子と結ばれることが出来るのでしょうか?
第12位・リメンバー・ミー

第12位・リメンバー・ミー

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第12位は、ピクサー・アニメーションスタジオ制作、2017年11月公開の映画『リメンバー・ミー』です。日本では2018年3月に公開されました。

キャッチコピーの『それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。』を聞くだけでも感動しそうな雰囲気がプンプンしていますが(笑)、見終わった後に家族の温かさを思い出したり、家族を大事にしよう…と改めて思う人が続出するほど。

それに加えて、主題歌の『リメンバー・ミー』が本当に素晴らしい。
心が温まる素敵な映画です。

過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。元の世界に戻れずに困っていると、ヘクターという謎めいたガイコツが現れ……。
第11位・シュガー・ラッシュ

第11位・シュガー・ラッシュ

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第11位は、2012年11月に公開された映画『シュガー・ラッシュ』です。日本での公開は2013年3月。

舞台はゲーム機の中で、ゲームの登場キャラクターたちは営業が終わった後は自由に行き来している――この発想には驚かされました。

ゲームのキャラの彼らも意志を持っていて、悪役だって本当は優しい性格かもしれない…普段何気なくやってるゲームの世界をちょっと覗き見したような、そんなワクワクを感じさせてくれる映画です。

アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況にうんざりしていた彼は、自分のゲームの世界を抜け出してお菓子だらけの世界でレースが繰り広げられるゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ。そこで彼は、仲間外れにされてレースに出ることを禁止されている少女ヴァネロペと出会う。お互いに孤独を抱えていた彼らは意気投合し、友情を深めていくように。だが、違うゲームのキャラクター同士が遭遇することはゲーム世界のおきてに背く行為であり……。
第10位・ズートピア

第10位・ズートピア

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第10位は、2016年3月にアメリカで公開され、日本では2016年4月に公開された映画『ズートピア』です。

人間はおらず、動物たちが人間のように暮らしている世界”ズートピア”で、ウサギ初の警察官となったジュディを主人公にしたストーリー。

持ち前の正義感や責任感で警察官として頑張っているジュディ、ずるがしこいキツネのニック、ドーナツ大好きなチーター、ものすごーーーく動作が遅いナマケモノなどなど、登場キャラクターのすべてが個性にあふれていて見ていて飽きません。

もちろんストーリー展開も面白く、ドキドキハラハラ、最後はハッピーエンドの王道です。

ハイテクな文明を誇るズートピアには、さまざまな動物が共存している。そんな平和な楽園で、ウサギの新米警官ジュディは夢を信じる一方、キツネの詐欺師ニックは夢を忘れてしまっていた。そんな彼らが、共にズートピアに隠された事件を追うことになり……。
第9位・トイストーリー

第9位・トイストーリー

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第9位は、1995年11月にアメリカで公開され、日本では1996年3月に公開された映画『トイストーリー』です。

人気シリーズの第1作目ですね。
この作品ではバズとウッディが対立しているのがポイント。

最新のおもちゃであるバズを他のおもちゃ達が羨望の眼差しで見ているところも面白いです。

誤解されて孤立するウッディや、自分がただのおもちゃだと知って落ち込むバズなど切なくなるシーンもたくさんですが、笑って泣ける素晴らしい作品だと思います。

。カウボーイ人形のウッディは少年アンディの1番のお気に入りで、仲間のおもちゃたちのリーダー的存在でもあった。ところがある日、最新式のおもちゃ「バズ・ライトイヤー」が誕生日プレゼントとしてアンディのもとにやってきて、ウッディはお気に入りの座を奪われてしまい……。
第8位・アラジン

第8位・アラジン

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第8位は、1992年11月公開の映画『アラジン』です。(日本での公開は1993年8月)

『千夜一夜物語』の中の『アラジンと魔法のランプ』を原作とした作品で、貧乏な青年が王女様と出会い恋をするというラブストーリー的な要素も盛り込まれています。

この作品の魅力といったらとにかくランプの魔人・ジーニーが最高!
日本語吹き替えだと山寺宏一さんの芸達者ぶりが堪能できますので、是非吹き替えバージョンで見ることをおすすめします。

砂漠に囲まれた神秘と魅惑の都アグラバー。人々でごった返す市場の中で、貧しいけれど清い心を持った若者アラジンと、自由に憧れて王宮を抜け出してきた王女ジャスミンが出会い、恋に落ちます。王国の乗っ取りをたくらむ右大臣ジャファーは、どんな願いもかなうという魔法のランプを手に入れるため、清い心の持ち主しか入れない“魔法の洞窟”へとアラジンをそそのかし向かわせます。しかし、ジャファーの悪だくみは失敗し、アラジンは3つの願いをかなえてくれるランプの魔人ジーニーの主人となります。
第7位・塔の上のラプンツェル

第7位・塔の上のラプンツェル

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第7位は、2010年11月に公開された映画『塔の上のラプンツェル』です。(日本での公開は2011年3月)

グリム童話の「ラプンツェル」を原作にした映画ですが、原作と違うのはラプンツェルがお転婆なお姫様だったというところでしょうか。

ずっと塔の上で暮らしていて世間知らずなはずなのにフライパンで頭部を殴打するという恐ろしい所業をやってのけるのはどういうことなのかとツッコみたくなりますが(笑)、可愛くて素直で明るくて、ラプンツェルは女の子の憧れる要素たっぷり。特に女性におすすめしたいディズニー映画です。

ある王国の森の奥深くにそびえる高い塔に、ラプンツェルという少女が暮らしていた。ラプンツェルは18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていた。それでも彼女は、自分の誕生日の夜に遠くの空に現れる無数の灯りを不思議に思い、外の世界への憧れを強くしていった。18歳の誕生日を翌日に控えたラプンツェルは思い切って「今年こそあの灯りを見に行きたい」とゴーテルに伝えるが、例の如くに「外は危ないから」と説き伏せられてしまう。
第6位・ファインディング・ドリー

第6位・ファインディング・ドリー

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第6位は、『ファインディングニモ』の続編である『ファインディング・ドリー』です。公開は2016年6月、日本では1か月後の2016年7月に公開されています。

今回のストーリーは、ドリーの両親について。
忘れっぽいドリーが、かすかに覚えていた小さい頃の記憶を頼りに両親を探しに行くという内容です。

前作よりもギャグ的な面白さが増している感じで、ドリーたちが輸送トラックから逃げ出すシーンは演出の良さもあって爆笑してしまいました。

そして何より小さいドリーが可愛すぎでキュンキュンします。

カクレクマノミのニモの大親友であるナンヨウハギのドリーは、すぐに何でも忘れてしまう。ある日、子供のころの思い出がよみがえり、一念発起して家族を捜す旅に出ることを決意する。おっちょこちょいなドリーを心配したニモは、父親マーリンを説得してドリーの旅に同行する。
第5位・ライオンキング

第5位・ライオンキング

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第5位は、1994年6月に公開された映画『ライオン・キング』です。(日本での公開は1994年7月)

”ディズニー・ルネサンス”と呼ばれる1989年から1999年までの時期に作られた成功作のうちの1本で、『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー3』に次いでアニメ映画史上3番目の興行収入記録を持っています
日本では劇団四季のミュージカルでもおなじみですね。

ストーリーは言わずもがなですが、サークル・オブ・ライフは本当に名曲!壮大なサバンナの情景が浮かび、心が洗われるような感覚になります。

動物たちの王国、プライド・ランド。その王として尊敬を集めるライオンのムファサは、息子であるシンバに、自然界を支配するバランス、サークル・オブ・ライフ (the Circle of Life, 生命の環) について、また王としての心構えについて教える。しかし、やんちゃ盛りの子供であるシンバは幼馴染のナラと遊んでばかり。そんな中、シンバが王になる事を望まないムファサの弟スカーは手下のハイエナ達を連れて、ムファサ親子を亡き者にしようと画策する。そしてムファサを崖から突き落として殺害し、シンバにその罪を擦り付けたため、シンバは王国から追放されてしまった。
第4位・アナと雪の女王

第4位・アナと雪の女王

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第4位は、日本で空前のブームを巻き起こした『アナと雪の女王』です。アメリカでの公開は2013年11月、日本での公開は2014年3月でした。

アンデルセンの童話『雪の女王』からインスピレーションを得て作られた作品で、家族(姉妹)の絆、恐れと愛をテーマにしているとのこと。

この作品がヒットした要因はやはり主題歌の力ですよね。日本語版での松たか子さんの歌唱も最高でした!
あとは神田沙也加さんの可愛らしい声も、オラフのとぼけたキャラクターも、スヴェンとクリストフのコンビも(もちろんハンスも)、全てにおいて作品を素晴らしいものにしていると思います。

2019年11月には続編となる『アナと雪の女王2』が公開されこちらも大ヒット作品となりました。

触れたものを凍らせる秘密の力を持ったエルサは、その力で妹アナを傷つけてしまうことを恐れ、城の部屋に閉じこもって暮らしてきた。やがて成長したエルサは女王の座に就くこととなり、戴冠式のためにひさびさに人々の前に姿を現すが、ふとしたきっかけで力が暴走。王国を真冬の世界に変えてしまう。耐えきらず逃げ出したエルサは雪山の奥で自らの力を存分に解放し、ありのままの自分でいられることに生きる喜びを見出す。一方、アナは姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、夏にあこがれる雪だるまのオラフとともに、雪山の奥へと旅に出る。
第3位・モンスターズ・インク

第3位・モンスターズ・インク

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第3位は、2001年に公開されたピクサー制作の映画『モンスターズ・インク』です。(日本での公開は2002年3月)

人間の子供を怖がらせ、その悲鳴をエネルギーとしているというモンスターの世界。

『怖がらせ屋』の最強コンビ、マイクとサリーが人間の子供・ブーを元の世界に戻そうと奮闘する話なのですが、そこにはあっと驚くような黒幕の姿が!

ストーリーのドキドキハラハラさは秀逸。

仕事上のパートナーで大親友のマイク・ワゾウスキとのコンビは完璧。一目見ただけでビビってしまう恐ろしいルックスと、日々の厳しい訓練の成果である脅かしテクニックで、次々とエネルギー・ボンベを子供の悲鳴で満タンにしていく。だが、実はモンスターの方こそ、子供たちを心底怖がっていた。彼らは人間の子供は有毒だと信じており、例え靴下一枚であってもモンスター・シティに持ち込むことは禁止されているくらいなのだ。
第2位・美女と野獣

第2位・美女と野獣

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第2位にランクインしたのは、1991年に公開された『美女と野獣』です。(日本での公開は1992年9月)

フランスの民話を元にしたストーリーで、ディズニー・ルネサンス期の作品の一つ。
アニメ作品で史上初、アカデミー賞作品賞にノミネートされたというところからもこの作品の素晴らしさが分かると思います。

恐ろしい野獣が美しいベルと心を通わせ、徐々に打ち解けあう様子なんて見ていてニマニマしてしまいますよね!

ハッピーエンドで涙を流せる映画も早々無いのではないでしょうか。

2人が踊るシーンはアニメーション映画史上に残る名シーンだと思います。

魔法によって、世にも恐ろしい姿に変えられてしまった野獣。魔法のバラが散る前に誰かを心から愛し、そして心から愛されなければ、彼は永遠に元の美しい姿に戻ることができなくなる。心を閉ざし、絶望の日々を送る野獣だったが、彼の前に美しく可憐な娘ベルが現れた時、運命は大きく動き始める。果して、愛の奇跡は起こるのだろうか・・・?
第1位・トイストーリー3

第1位・トイストーリー3

ディズニーアニメ映画のおすすめランキング第1位に輝いたのは、ピクサーの最高傑作の呼び声も高い『トイストーリー』シリーズ3作目、『トイストーリー3』です。
アメリカでは2010年6月に、日本では翌月の7月に公開されています。

今回は、おもちゃの持ち主が成長してしまったら…というところに焦点を当てたストーリー。

たとえ屋根裏部屋に入れられても、元の持ち主の所にいるのが良いのか、それとも新しい持ち主にもらわれるのが良いのか…

自分の昔のおもちゃを思い出してちょっと切なくなったりもしますね。

個人的にケンとバービーのカップルがとても好きです。

ちなみに最新作で完結編となる『トイストーリー4』は2019年に公開が予定されています。
とても楽しみですね!

スポンサードリンク

関連するまとめ

ナルトのイケメン男性キャラランキング31選【2021最新版】

岸本斉史による忍者バトルアクション漫画作品で、1999年から2014年まで週刊少年ジャンプで連載された「NA…

maru.wanwan / 241 view

【最新】男性声優の人気ランキングTOP34【若手もベテランも】【2021年版】

昨今テレビで特集されることも増えた声優。声や演技力はもちろん、最近ではルックスや人柄も人気の理由の一つとなり…

埒子 / 540 view

弱虫ペダルの人気キャラ強さランキング27選!最強の登場人物を公開【2021最新版】

「弱虫ペダル」は、自転車競技(主にロードレース)を題材にした本格的なスポーツ漫画で、これまで数多くのロードレ…

maru.wanwan / 352 view

ピンク色キャラクターの人気ランキングTOP45【2021最新版】

今回はピンク色キャラクターの人気ランキングTOP45を紹介します。世界には様々なキャラクターが展開しています…

maru.wanwan / 303 view

週刊少年マガジン歴代連載作品の人気おすすめランキング32選【2021最新版】

漫画大国日本の週刊漫画雑誌の中で、「週刊少年ジャンプ」についで人気なのがご存知「週刊少年マガジン」です。今回…

もどる / 360 view

ベルセルクの人気キャラ強さランキング30選【2021最新版】

主人公ガッツの復讐と愛憎の逃避行を描いたダーク・ファンタジー「ベルセルク」は、数々の強力なキャラクターが登場…

maru.wanwan / 636 view

ポケモンのキャラ人気ランキング100選~かわいい50&強さ50【2021最新版】

ポケモンことポケットモンスターは、世界中で愛されるゲーム・アニメの一つとなりました。今回は膨大な量のポケモン…

ririto / 941 view

主人公最強アニメおすすめランキングTOP51【2021最新版】

主人公というものはアニメの世界では強いことが大前提というものはありますが、その中でも”最強”と呼ばれる主人公…

ririto / 600 view

消えた/引退した漫画家20選!衝撃の現在ランキング【2021最新版】

日本にはおよそ6000人の漫画家が存在すると言われており、ヒット作は出したけれどもいつの間にか消えた漫画家、…

maru.wanwan / 1315 view

人気声優の年収!推定収入ランキングTOP25【2021最新版】

近年は声優業界のアイドル化が進み、歌って踊れるイケメンや美人が勢ぞろいの声優たち。以前から「声優は給料が安い…

kent.n / 3397 view

アニメ映画の興行収入ランキングTOP100・日本編

毎年毎年、世界中で名作が公開されているアニメ映画。そんな名作アニメ映画たちの、日本での歴代興行収入を調べてラ…

ririto / 179 view

美味しんぼのクズなキャラ30選!不人気ランキング【2021最新版】

ロングヒットを続けるグルメ漫画「美味しんぼ」ですが、人気の裏には実はクズキャラクターの存在があると言われてい…

maru.wanwan / 520 view

七つの大罪の人気キャラクター強さランキングTOP30【2021最新版】

鈴木央さん原作の漫画、「七つの大罪」。バトル漫画でもあるので、やはり気になるのがどのキャラクターが強いのかと…

ririto / 858 view

キングダムのイケメン男性キャラランキング22選【2021最新版】

中国の春秋戦国時代を舞台に、武将たちが熱き戦いを繰り広げる歴史バトル漫画『キングダム』。武将たちが多く登場す…

maru.wanwan / 332 view

イナズマイレブンのキャラクター人気ランキングTOP40【2021最新版】

『イナズマイレブン』は、育成サッカーRPGゲームとして人気を集め、その後も漫画やテレビアニメが展開され、多く…

maru.wanwan / 125 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

キスシーンのあるアニメおすすめ人気ランキングTOP25【2021最新版】

アニメの中には時にお似合いカップルなるものが多数登場しますね。そんな様々なカップルがキスシーンを披露してくれ…

ririto / 510 view

【最強】ジャンプ歴代キャラクターの強さランキングTOP50【2021最新版】

多くの人の心を高める熱いバトルを繰り広げる作品が多い週刊少年ジャンプに欠かせない存在が強いキャラクターです。…

もどる / 1986 view

黒執事のキャラクター人気ランキング30選【2021最新版】

今回は、『黒執事』の人気キャラクターランキング30選を紹介します。『黒執事』は、枢やなの漫画作品『黒執事』を…

maru.wanwan / 336 view

鬼滅の刃の名言&名シーン75選!ランキングで紹介【2021最新版】

週刊少年ジャンプに連載されていた漫画「鬼滅の刃」は大ヒットを記録していますが、作中には数々の名言や名シーンも…

maru.wanwan / 425 view

ドラゴン桜の名言ランキングTOP25!人気の格言を紹介【2021最新版】

2003年にモーニングで連載は始まった「ドラゴン桜」ですが、受験テクニックや勉強法などが受験業界で大きな話題…

maru.wanwan / 793 view

コードギアスのギアス関係キャラ強さランキング18選【2021最新版】

テレビアニメ『コードギアス』シリーズでは数多くのギアス能力者が登場しており、人気を博してきました。今回は、コ…

maru.wanwan / 229 view

SunSet Swishの人気曲ランキング34選&アルバム4選【Swish! ・動画…

現役サラリーマンバンドとして活躍しているロックバンドSunset Swish(サンセットスウィッシュ)。現在…

rogi / 79 view

消えた/引退した漫画家20選!衝撃の現在ランキング【2021最新版】

日本にはおよそ6000人の漫画家が存在すると言われており、ヒット作は出したけれどもいつの間にか消えた漫画家、…

maru.wanwan / 1315 view

エヴァンゲリオン使徒の強さランキング18選!最強の登場キャラとは【2021最新版】

新世紀エヴァンゲリオンに登場する使徒とは、人類と敵対する存在として描かれ、使徒はこれまで全部で18体登場して…

maru.wanwan / 422 view

魔法少女まどか☆マギカのキャラ人気ランキング20選【2021最新版】

『魔法少女まどか☆マギカ』は中学生・鹿目まどかを中心に描いている人気アニメですが、魅力的なキャラクターも多く…

maru.wanwan / 87 view

名探偵コナンの映画人気ランキングと評価まとめ【23作品】

2019年『紺青の拳(フィスト)』の大ヒットも記憶に新しい名探偵コナンの映画作品を、人気順にランキング形式で…

ririto / 209 view

ナルト強さランキング最新TOP100~最強キャラを公開【2021年版】

大人気の漫画『NARUTO -ナルト-』の登場人物・キャラクターの最新の強さランキングTOP100をまとめま…

ririto / 1393 view

声優の不人気ランキングワースト25【2021最新版】

昨今の人気が高い声優業界、アイドルのような人気を誇る声優さんがいる一方で、あまり人気のない、不人気な声優さん…

ririto / 729 view

赤いキャラ50選!赤色キャラクター人気ランキング【2021最新版】

アニメやマンガなど、メディアでは様々なキャラクターが活躍していますが、みなさんは赤いキャラクターといえば、ど…

maru.wanwan / 729 view

イケメンボイス声優36選!女性男性別ランキング【動画付き・2021最新版】

とても多くの声優さんたちが活躍していますが、中でも“イケメンボイス”と呼ばれる声優さんの人気が高いような気が…

ririto / 165 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング