スポンサードリンク
第17位・水平線上の陰謀<ストラテジー>

第17位・水平線上の陰謀<ストラテジー>

映画名探偵コナン人気ランキング、続いてのランクインは『水平線上の陰謀<ストラテジー>』です。
こちらは2005年公開なので、第9作品目にあたりますね。

今回の舞台は豪華客船。他に逃げ場がないという設定が容易なので、海関係は映画でよく出てきますね。

この作品で一番の見どころは、いつもはヘッポコおっちゃんの毛利小五郎が『名探偵 小五郎』になっているところ。

しかも真犯人が奥さんに似ていたから、『犯人じゃないといいと思って証拠を集めてたら逆になってしまった』というところもグッときます!

小五郎が真面目なトーンで話すと、子供にはない深い説得力がありますよね…。

15年前、北大西洋の海上で貨物船・第一八代丸が氷山に激突して沈没する事故が発生。沖田船長と三等航海士の2人が死亡した。そして半月前、八代造船の船舶設計士・八代英人が車を運転中に心臓発作を起こし、車ごと崖下に転落して死亡した。時を越えた2つの事件は、豪華客船の乗員乗客すべてを巻き込む巨大な陰謀の序章だった。

この作品の評価

初めてこの映画を見たときとても清々しいいい気持ちで映画館を出ました。

コナン映画は登場人物が希薄で顔すら覚えていないのだけど、この映画はゲストキャラの豊かなキャラ性、関係性含めて非常に素晴らしかったです。
怪盗キッドが新一に変身して出演する映画。空手の強い人も出てきてなんだかかっこいい作品。時間のトリックは雑なように感じたが、登場人物の豪華さと演出の豪快さで見応えがあった。
第16位・紺青の拳(フィスト)

第16位・紺青の拳(フィスト)

2019年4月12日公開の名探偵コナンシリーズ23作目。平成最後の名探偵コナンの劇場版作品で、興行収入は93.7億円を記録しました。

シンガポールを舞台としたスケールの大きい作品で、ゲストキャラを含めた登場人物の関係性なども、かなり見ごたえがあります。

また怪盗キッドとコナンの二人で推理をするシーンも面白いポイント。アクションシーンを高く評価する声も多数みられました。

19世紀末、シンガポール近海に海賊船と一緒に沈んだとされるブルーサファイア“紺青の拳”。その宝石をある富豪が回収しようとしている中、マリーナベイ・サンズで殺人事件が発生し、現場で怪盗キッドによる血塗られた予告状が見つかる。江戸川コナンは、キッドの策略によって、シンガポールへ行かざるを得ない状況に追い込まれてしまう。

この作品の評価

コナンシリーズは毎回教育的な教訓が含まれていますが、今回は特にそれが強かったように感じます。
「人はどうして人を殺すの?」のという問いに対し「相手を思いやる気持ちが足らないから」と核心を突く説明をし、毎回ギャグで終わるエンドクレジットの後の小話も大変教訓的なコナンの一言で締めくくられています。
 ただ、他の方が言うように話の進め方が多少強引であるかのように感じますが、そもそもこれは娯楽であるということを忘れなければそれほど気になるものではないように感じました。
面白い映画でした。
普段ほとんどおトボケキャラの毛利探偵がかっこいいところを見せてくれました。本編の終盤、少年探偵団の”気持ち”を無にしないために、蘭さんがとった行動は、危険でありながらも、少年探偵団が見ていたら、どんなに胸打たれたかと思います。「人を思いやる」ということを少し思い返した一本でした。
欲を言うなら…、次回作こそはもっと”名探偵の推理”が見たいです。
第15位・漆黒の追跡者<チェイサー>

第15位・漆黒の追跡者<チェイサー>

続いてランキング第15位にランクインしたのは、『漆黒の追跡者<チェイサー>』です。
2009年に公開された、名探偵コナンの映画シリーズ第13作品目になります。

漆黒の、というタイトルが示す通り、コナンの最大の敵『黒の組織』が物語に絡んできます。

その為、普段コナンを見たことが無い人にはちょっとストーリーを追うのが大変かな、という気もしますね。

東京・神奈川・静岡・長野という、県をまたいでの連続殺人事件ということでいつも以上に捜査陣が豪華。

映画版コナンでは恒例となった芸能人のゲスト声優枠、今回は歌手のDAIGOさん。いかんせんあのしゃべり方なので、緊迫感が…。

東京・神奈川・静岡・長野で計6人が殺害される事件が起こった。どの現場にもアルファベットが刻まれた麻雀牌が残されていたことから、同一犯もしくは同一 組織による広域連続殺人事件と認定される。警視庁で各県警の刑事を集めて合同捜査会議が開かれ、特別顧問として小五郎も参加する事になった。事件は麻雀牌 の意味、6人目の犠牲者が残した言葉「七夕…きょう…」の意味、被害者の共通点、被害者から1つずつ所持品を持ち去った理由と多くの謎を残していた。

この作品の評価

これまでのシリーズ中最もスリリングな展開だった。まさにジェットコースターサスペンスという感じで飽きることなく2時間があっという間だった。
今回は県をまたいで起こる謎の連続殺人事件を追う警察組織が主に描かれ、さらに「天国へのカウントダウン」以来の黒ずくめの組織を絡ませた、超危険な脚本に終始ハラハラした。

その分今回はコメディ要素や恋愛要素は少ないが、逆に潔く切り離して良かったと思う。
スペシャル感が半端ない
警察が大集合で、
それぞれにそれなりのキャラ付や展開があって面白い
しかも、そいつらの誰が黒の組織なのかという点でも非常にサスペンス性が高い。

謎や謎解きがシンプルなのが残念でしたが、それを差し引いても
先に述べたサスペンスとスペシャル感があって非常に楽しめます

出典:Yahoo!映画

第14位・天空の難破船<ロストシップ>

第14位・天空の難破船<ロストシップ>

続いてランキングの第14位となったのは、『天空の難破船<ロストシップ>』。2010年公開、映画名探偵コナンの第14作品目となっています。

殺人バクテリアという恐ろしい兵器がでテロを起こされたんじゃたまったもんじゃない、ということで人々が恐怖に慄くパニック映画的要素も入っております。

天空=空、ということで、空を飛ぶでおなじみの(?)怪盗キッドももちろん登場。

しかも結構コナンとの絡みが多くメインで活躍してくれるので、キッドが好きな方にはぜひおすすめ。

アクションシーンも『飛行船の中』という縛りがあるので、ドキドキハラハラ楽しめますよ!

世界中を股に掛けて宝石を狙う怪盗キッドのところに、彼との対決に執念を燃やす大富豪・鈴木次郎吉からの挑戦状が舞い込む。世界最大の飛行船ベルツリー号の宝石“天空の貴婦人”を盗んでみろという次郎吉の申し出を知らされ、コナンや蘭、小五郎も駆けつけるが……。

出典:あにこれ

この作品の評価

凄く面白かったです!
謎解きよりアクションがメインな今作品、怪盗キッドと事件が同時に起こりとても楽しめました!
謎解きを期待して行かれる方には少し物足りないと思いますが、楽しめると思います。
見所は、やはりアクションですね◎
スピード感あったし、地元(ほんとに自分の住んでる市)が
道路標識とかで出てきたりして、奈良も行ったばっかりだったし楽しめました♪
ストーリーも良かったと思うけど・・・

確かにキッドの性格は変わっていた様な気もするし、コナンと息が合い過ぎやろ!とか、ツッコミたくなったケド。
蘭とのやりとりもどうかな~と思ったケド。

さすが、劇場向きなシーンがあるな~、映画は!
と思うシーンもあったし観てよかったです。

出典:映画.com

第13位・銀翼の奇術師<マジシャン>

第13位・銀翼の奇術師<マジシャン>

名探偵コナン映画人気ランキング、第13位にランクインしたのは『銀翼の奇術師<マジシャン>』です。
2004年に公開された、第8作目の作品。

先ほど紹介した『天空の難破船』にも出ていた怪盗キッド、ここでも登場しています。しかもこの時はまだコナンは怪盗キッドが自分にそっくりだということを知りません。
この辺のやりとりが、映画を見ている側には面白いんですよね。

飛行機の機長・副機長ともに操縦不能に陥った中、コナンとキッドが協力して飛行機を墜落させないために頑張る…そんなアクションシーンも手に汗握る展開となっています。

推理やミステリーといったいつものコナンより、映画ならではのアクションが見どころ!

舞台女優の樹里のところへ怪盗キッドから彼女の所有するスター・サファイア「運命の宝石」を奪うという犯行予告状が届く。毛利探偵事務所にその解読の依頼があり、キッドの犯行を予感した小五郎はコナンらと樹里の公演の行われる汐留に新設された劇場「宇宙」に出かける。

出典:Yahoo!映画

この映画の評価

怪盗キッドとの対決を描いてますが、
実は飛行機パニック映画としてかなり激アツな映画です。

ミステリーはあっという間に解決するし、キッドとの対決パートも、早々と終わっちゃいます。

この映画の大部分は、飛行機パニックに終始してます。でも、そこが手に汗握るんです。そこの脚本、演出、リアルさ、最高です。そしてこのアイデアを映画化できるのって、コナンシリーズぐらいしかない。飛行機という舞台が活きてます!
この作品から監督が交代。
この作品は、過去7作品までと比べると、やはりややテンポの悪さを感じるし、トリックも少ない感じがする。
しかし、アクションシーンに関しては過去最高のクオリティでは無いだろうか。
コナンVSキッドの空中戦は鳥肌モンだった。
更に、様々なキャラの個性も細かく生かしており、原作へのリスペクトを感じられる。
推理、トリック重視の人にはあまりオススメしないが、アクションシーン目当てで観る人には十分楽しめるだろう。
第12位・探偵たちの鎮魂歌<レクイエム>

第12位・探偵たちの鎮魂歌<レクイエム>

続いて第12位にランクインしたのは、『探偵たちの鎮魂歌<レクイエム>』です。
映画化10周年記念作品で、2006年に公開されました。

10周年記念だからか、これまでの登場人物が「これでもか!」と登場してきます。オールスター揃い踏みといった様相。

事件内容や、遊園地から外に出たら爆発してしまう縛りなど、ハラハラ要素もてんこ盛りです。

横浜に新しく出来た『ミラクルランド』が舞台となっていますが、実際の横浜の街並みなども登場するのでその辺も楽しめるポイントかと。

ある人物から調査依頼を受けた小五郎は、コナン・蘭・少年探偵団とともに、横浜に新しくできたテーマパーク「ミラクルランド」を訪れた。その敷地内にある「レッドキャッスルホテル」に着いた一行は、高田と名乗る依頼人の秘書からスイートルームに案内され、ミラクルランドの腕時計型フリーパスIDを配られる。全員がそれを腕に装着し、コナンは大喜びの少年探偵団や蘭たちとミラクルランドに向かおうとするが、高田に部屋に残るように言われる。
部屋にはコナンと小五郎だけが残った。高田がリモコンを操作すると、顔を隠した依頼人がモニターに映し出された。依頼人はコナンと小五郎に「私が出すヒントを元に、今から12時間以内にある事件を解決してもらいたい。もしできなかったら、全員のフリーパスIDを爆破する。」と迫る。

出典:Wikipedia

この作品の評価

本作は記念すべき劇場版名探偵コナン第10作目。制限時間以内に事件を解決しないと自分だけでなく大切な人も一緒に殺されてしまうという、ちょっぴりベタなシナリオではあるけれどそこから深く掘り下げた探偵の姿には素晴らしい潔さがありました。多くの名探偵コナン作品ではラブコメやアクション、推理が作品の三本柱となっています。あまり深く描かれない事が多い犯人の動機や憎しみが、本作では強くストーリーに組み込まれていたところは、物語に深みを与えており良かったと思います

出典:Yahoo!映画

蘭や仲間たちを人質に取られたコナンたちが、タイムリミット12時間の極限推理ゲームに挑みます。
服部平次や怪盗キッドなど、記念作に相応しくオールスター・キャストが集結しています。
毛利小五郎がいつも以上に必死に事件解決に奔走する姿が強烈にカッコいい!
謎の依頼人から示されるヒントを元に、何の事件を解決しなければならないのか、という“事件”を探り出すところから出発するのが前代未聞でとても面白かったです

出典:映画.com

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

アニメキャラの最強ランキングTOP110!最も強いのは…【2022最新版】

たくさんのアニメにいる『作中最強』のアニメキャラ。それぞれに最強の能力を持っている彼らですがアニメキャラ最強…

ririto / 326 view

はじめの一歩の名言&名シーン32選!ランキングで紹介【2022最新版】

人並以上の努力を重ね、貧弱だった主人公がチャンピオンに上り詰めるまでを描いた「はじめの一歩」。そこに至るまで…

maru.wanwan / 58 view

人気声優の年収!推定収入ランキングTOP25【2022最新版】

近年は声優業界のアイドル化が進み、歌って踊れるイケメンや美人が勢ぞろいの声優たち。以前から「声優は給料が安い…

kent.n / 453 view

漫画家の年収ランキングTOP20!最新の収入を公開【2022最新版】

日本の人気漫画家の中には年収が凄い人もいると話題になっており、億以上の年収を稼ぐ漫画家も存在しています。今回…

maru.wanwan / 564 view

約束のネバーランドのキャラクター人気ランキングTOP60【2022最新版】

孤児院で暮らす子供たちの過酷な運命が描かれている「約束のネバーランド」の人気キャラクターランキングTOP60…

maru.wanwan / 25 view

ガンダムの歴代カップルお似合いランキング40選【2022最新版】

1979年の放送開始以来、多くのシリーズが登場して今でも根強い人気を誇るガンダム。そこには男女が惹かれ合う様…

maru.wanwan / 84 view

バッドエンドのアニメおすすめランキング人気TOP25【ネタバレ注意・2022最新版】

アニメの最後はハッピーエンド…なんていうのは昔からお決まりのパターンですが、そうではないパターンのアニメだっ…

ririto / 189 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

サッカー漫画の人気おすすめランキング45選と口コミ【2022最新版】

漫画のジャンルの中でも人気のあるスポーツ漫画ですが、サッカー漫画は経験者はもちろん、経験者ではない人にも大き…

maru.wanwan / 6 view

テコンダー朴のキャラクター人気ランキング20選【2022最新版】

格闘漫画の体裁を取った一種のギャグ漫画的な作品で人気の「テコンダー朴」。今回はそんなテコンダー朴のキャラクタ…

maru.wanwan / 29 view

主人公最強アニメおすすめランキングTOP51【2022最新版】

主人公というものはアニメの世界では強いことが大前提というものはありますが、その中でも”最強”と呼ばれる主人公…

ririto / 103 view

僕のヒーローアカデミアのキャラ人気ランキングTOP68【2022最新版】

堀越耕平による漫画作品『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』は、数多くのキャラクター達が登場することで人気を…

maru.wanwan / 99 view

セーラームーンのキャラ強さランキング35選!セーラー戦士・敵キャラ別【2022最新版…

セーラームーンは、「月の変わってお仕置きよ!」の決め台詞でお馴染みの人気作品です。作中には多くのキャラクター…

maru.wanwan / 91 view

EGOISTの人気曲ランキング32選&アルバム2選【2022最新版】

テレビアニメ「ギルティクラウン」から生まれた、ryo(supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアー…

rogi / 19 view

SPY×FAMILYのキャラクター強さランキング16選【2022最新版】

「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」とは、WEBコミック配信サイト「少年ジャンプ+」にて連載中の痛快…

maru.wanwan / 163 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング