スポンサードリンク
第45位:ソニン

第45位:ソニン

本名:成膳任(ソン・ソニム)

生年月日:1983年3月10日

出身:日本高知県(国籍は韓国)

デビューからしばらくは歌手として活動していたが、2003年より女優としても活動するようになってからは女優業をメインとして、舞台を中心に活動する。
神戸朝鮮初中級学校を卒業後、神戸朝鮮高級学校に進学。芸能活動に伴い東京都立新宿山吹高等学校に編入。
2000年1月頃、後藤真希の実弟であるユウキ・ケンと共にEE JUMP(イー・イー・ジャンプ)を結成。CDデビューに向けて、和田薫のラジオ番組やフジテレビの『笑う犬の冒険』オープニングの大喜利にダンスパフォーマーとしてのレギュラー出演をこなす。

第44位:大鶴義丹(おおつるぎたん)

第44位:大鶴義丹(おおつるぎたん)

生年月日:1968年4月24日

出身:日本東京都

身長:180cm

俳優、小説家、映画監督、女優のマルシアの元夫。
父は劇作家であり、芥川賞作家の唐十郎で母は在日朝鮮人俳優の草分け的存在である舞台女優李麗仙。
高校時代より、NHKのテレビドラマなどに出演していたが、大学在学時代に映画『首都高速トライアル』により本格デビュー。その後、テレビドラマと舞台を中心に俳優活動を続ける。
大学在籍中の1990年に『スプラッシュ』で第14回すばる文学賞を受賞して、小説家デビュー。

第43位:張本勲(はりもといさお)

第43位:張本勲(はりもといさお)

本名:張勲(チャン・フン)

生年月日:1940年6月19日

国籍:韓国

出身:日本広島県

元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家、日本プロ野球名球会会員。在日韓国人2世。
日本プロ野球史上唯一の3000安打達成者。またNPB唯一の500本塁打300盗塁達成者。さらに史上最多の16度のシーズン打率3割、史上最長の9年連続打率3割の記録保持者。
1939年、母親は身重のまま、3人の子を連れて当時日本領だった朝鮮から海を越えて内地に渡り、広島で勲を生んだ。
所属球団は東映フライヤーズ・日拓フライヤーズ・日本ハム→巨人→ロッテ・オリオンズ。

第42位:安蘭けい(あらんけい)

第42位:安蘭けい(あらんけい)

本名:安田瞳子

生年月日:1970年10月9日

身長:167cm

出身:日本滋賀県

元宝塚歌劇団星組トップスター。
祖父が韓国出身の在日韓国人3世。
1991年、第77期生として宝塚歌劇団に入団。月組『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。同期生には春野寿美礼、朝海ひかる、花總まり、成瀬こうきなど。2000年、星組に組替え。
2009年4月26日、『My Dear New Orleans〜愛する我が街〜/ア ビヤント』の東京公演千秋楽を最後に退団。

第41位:金子賢(かねこけん)

第41位:金子賢(かねこけん)

本名:金賢(キム・ヒョン)

生年月日:1976年10月19日

出身;日本東京都

身長:183cm

俳優、タレント、元総合格闘家。
1996年、北野武監督の映画『キッズ・リターン』で主役デビュー。
2004年、「ようやく全身全霊をかけて打ち込める物が見つかった」と総合格闘家に転向。
2007年2月、「格闘技挑戦は2年間限定」という所属事務所との約束もあり、俳優業を再開した。
ブログにアップした航空券に韓国名の本名が載っていたことから彼が在日であることが発覚、パチンコ店を経営している父が朝鮮系ではないかと言われている。

在日韓国・朝鮮人の芸能人ランキング第40位〜第31位

第40位:藤本美貴(ふじもとみき)

第40位:藤本美貴(ふじもとみき)

戸籍名:庄司美貴(旧姓:藤本)

生年月日:1985年2月26日

モーニング娘。の元メンバー(6期)・4代目サブリーダー・5代目リーダーおよびドリームモーニング娘。のメンバーで、愛称は「ミキティ」。
父親がなくなった際に北海道のお悔やみ欄に載った名前が「尹金易勇」であり、「尹」という苗字は朝鮮系に見られる苗字であること、また過去に藤本美貴本人がバラエティ番組でDNA鑑定を行った際「日本人にほぼ見られない漢民族や朝鮮系に多いタイプ」という結果が出たことなどから在日であるとされる。

第39位:MIYAVI

第39位:MIYAVI

本名:石原貴雅(いしはら たかまさ)

生年月日:1981年9月14日

出身:日本大阪府

ロックミュージシャン(ギタリスト)。
1981年、大阪府大阪市で韓国籍から帰化した父と日本人の母の両親のもとに生まれる、在日韓国人2世。
活動の場は日本国内だけでなく世界に渡り、北米、南米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど約30か国300公演以上のライブを行い、6度のワールドツアーを成功させている。
激しくパーカッシヴなタッチのプレイスタイルを持ち味とし、ピックを使わないスラップ奏法で演奏している。このスタイルはベースのスラップ奏法や三味線に影響を受けている。

第38位:伊藤由奈(いとうゆな)

第38位:伊藤由奈(いとうゆな)

別名:伊東クリスティーン

生年月日:1983年9月20日

出身:アメリカロサンゼルス生まれ、ハワイ育ち

日本人の父と、韓国系アメリカ人の母の間に生まれた、日系アメリカ人および韓国系アメリカ人である。(国籍はアメリカ)
ハワイで中学生の頃からデモテープを作ったりオーディションに参加したりしていた。
2004年、オーディションにより映画『NANA』の芹澤レイラ役に起用され来日。その後日本に移住している。(2016年からロサンゼルス在住)
2005年、REIRA starring YUNA ITO名義でシングル「ENDLESS STORY」でデビュー。

第37位:森本稀哲(もりもとひちょり)

第37位:森本稀哲(もりもとひちょり)

生年月日:1981年1月31日

出身:日本東京都

身長:185cm

元プロ野球選手、野球解説者。
在日韓国人と韓国人の両親を持つと言われるが、初等教育は韓国学校に通っていたこと、そして本人が「在日としての民族意識は強かった」と述べている以外は分かっていない。
プロ入り後の2007年11月に日本へ帰化している。
小学生の時、汎発性円形脱毛症にかかった。これは髪の毛などの体毛全てが、突然、抜け落ちて生えなくなってしまう病気で、現在はほぼ克服している。
所属球団は日ハム→横浜DeNA→西武。

第36位:木下優樹菜(きのしたゆきな)

第36位:木下優樹菜(きのしたゆきな)

別名義:藤本優樹菜(本名)

生年月日:1987年12月4日

出身:日本東京都

タレントでファッションモデル、夫はFUJIWARAの藤本敏史。
デビュー前、安室奈美恵に憧れてアクターズオーディションや、13歳時の2001年に行われたモーニング娘。第5期オーディション『モーニング娘。LOVEオーディション21』で最終選考の9人に残るも落選した。
2006年に渋谷でスカウトされ、現在の芸能事務所に所属し、翌2007年、三愛水着イメージガールに抜擢。
在日韓国人3世とされ、デビュー前に雑誌に載った時は名前が「朴優樹菜」だった。

第35位:桧山進次郎(ひやましんじろう)

第35位:桧山進次郎(ひやましんじろう)

韓国名:黄進煥(ファン・ジナン)

生年月日:1969年7月1日

身長:177cm

元プロ野球選手、元在日韓国人3世(帰化済み)。
1995年から2005年頃までレギュラー、2006年からは主に代打で活躍した。打席に立つたびにスタンドから盛大な声援を受けるほどの人気選手で、代打に定着してからは、メディアやファンから(八木裕に次ぐ)「代打の神様」と呼ばれることが多かった。
通算代打起用回数・代打安打数・代打打点数すべて歴代2位記録。
2013年の現役引退を機に、「ベースボール&スポーツコメンテーター」という肩書でホリプロとマネジメント契約を締結。

第34位:崔洋一(さいよういち)

第34位:崔洋一(さいよういち)

本名:崔洋一(チェ・ヤンイル)

生年月日:1949年7月6日

出生地:日本長野県

映画監督、脚本家、俳優。
父は水原市出身の在日朝鮮人1世で、勉学のため10代で来日。
東京で熊本県出身の日本人の母と結婚したが、日本共産党系の朝鮮人労働組合の運動にのめり込みしばしば逮捕され、釈放後移り住んだ長野県佐久市で洋一が生まれた。
1981年(昭和56年)、テレビ映画『プロハンター』(主演草刈正雄、藤竜也)で監督デビュー。

第33位:つかこうへい

第33位:つかこうへい

本名:金 峰雄(キム・ボンウン)

生年月日:1948年4月24日

没年月日:2010年7月10日(62歳)

出生地:日本福岡県

劇作家、演出家、小説家。
在日韓国人二世であり、芸名を全部平仮名にした理由については、新聞のインタビューや光文社刊の『娘に語る祖国』の中で、「日本語がわからない母にもわかるように」「漫画家ちばてつやさんのファンで、自分も全部平仮名にした」と答えている。
2010年1月に自ら肺ガンに罹患していることを公表。その後は千葉県鴨川市の入院先で抗がん剤治療などを続けてきたが、7月10日午前10時55分家族に看取られながら息を引き取った。

第32位:力道山(りきどうざん)

第32位:力道山(りきどうざん)

旧名・出生名:金 信洛(キム・シルラク)

生年月日:1924年11月14日

没年月日:1963年12月15日(39歳)

大相撲の力士出身のプロレスラー。
日本統治時代の朝鮮・咸鏡南道洪原郡新豊里(現在の北朝鮮統治範囲)で朝鮮人の両親のもとに生まれた。
1963年12月8日午後10時30分に、遊興中の赤坂のナイトクラブ「ニューラテンクォーター」で、暴力団住吉一家傘下の大日本興業構成員であった村田勝志と、足を踏んだ踏まない、で口論になり、馬乗りになって殴打したところ、村田に下から登山ナイフで腹部を刺された。

第31位:クリスタル・ケイ(Crystal Kay)

第31位:クリスタル・ケイ(Crystal Kay)

本名:Crystal Kay Williams

生年月日:1986年2月26日

出身:日本神奈川県

外国人の両親を持つ女性シンガー。父親(幼少時に離婚)はアフリカ系アメリカ人のベーシスト、母親は在日朝鮮人3世のシンガーでグレートプロダクション(所属事務所)の社長をつとめるshunkay(シュンケイ。旧芸名:シンシア)。
1999年、13歳の時に「Eternal Memories」(作曲・編曲:菅野よう子)でシングルデビュー。
小学校より横須賀のアメリカンスクールに通っていたため英語が堪能であるが、アメリカ合衆国には住んだことがない。

在日韓国・朝鮮人の芸能人ランキング第30位〜第21位

第30位:秋山成勲(あきやまよしひろ)

第30位:秋山成勲(あきやまよしひろ)

旧名:秋 成勲(チュ・ソンフン)

生年月日:1975年7月29日

出身:日本大阪府

在日韓国人四世として生まれ、後に帰化し日本国籍を取得はしたが、後年本人が「柔道のために日本国籍を取ったが私は永遠に韓国人」と語っている。
男性総合格闘家で妻はモデルのSHIHO、娘は子役タレントのサラン。
エーチームグループ所属。HERO'S 2006ライトヘビー級世界王者。
2004年7月からフリーのプロ格闘家として活動。
プロ格闘家への転身の前後から、同時並行して芸能活動を開始。

第29位:井原剛志(いはらつよし)

第29位:井原剛志(いはらつよし)

旧名:尹惟久(ユン・ユグ)

生年月日:1963年11月6日

出身:日本福岡県

元々は教師を目指していたが「(公立)小中高の学校教師は日本国籍をもつ者のみがなれる」という国籍条項があると知り、断念。
1983年、舞台『真夜中のパーティ』で俳優デビュー。
1984年、『コータローまかりとおる!』で映画初出演を果たす。
1990年、相築あきこと結婚(2000年に離婚)。
2001年、一般女性と再婚。同年にテレビ朝日『徹子の部屋』に出演した際、帰化した在日韓国人三世だと公表した。

第28位:長州力(ちょうしゅうりき)

第28位:長州力(ちょうしゅうりき)

旧名:郭 光雄(かく こうゆう、クァク・クァンウン)

本名:吉田 光雄(よしだ みつお)

生年月日:1951年12月3日

在日韓国人2世として生まれ、2016年に日本へ帰化したプロレスラー。
父親は1939年に韓国の忠清北道から来日し、廃品回収業を営んでいた。
デビューは1974年8月8日、日大講堂でのエル・グレコ戦。サソリ固めで勝利を飾る。
デビュー時のリングネームは日本名・吉田 光雄であったが、後に故郷山口の旧名である長州と力道山から長州力と改名。
この新リングネームは当初ファンによる公募で決定する予定だったが、めぼしい候補がなかったためアントニオ猪木が命名した。

第27位:重光武雄(しげみつたけお)

第27位:重光武雄(しげみつたけお)

本名:辛 格浩(シン・キョクホ)

生年月日:1922年10月4日

日本統治時代の朝鮮慶尚南道蔚山郡(現・蔚山広域市)出身の在日韓国人一世。
ロッテグループ会長、日本プロ野球のチーム千葉ロッテマリーンズと大韓民国プロ野球のチームロッテ・ジャイアンツのオーナーを務める。
1942年 、関釜連絡船に乗って日本本土へ転居。
1948年 、6月株式会社ロッテ設立、代表取締役社長に就任。

第26位:レッド吉田(レッドよしだ)

第26位:レッド吉田(レッドよしだ)

本名:吉田 永憲(よしだ ながのり)

生年月日:1965年10月30日

出身:日本京都府

お笑いコンビ・TIMのツッコミ担当のお笑い芸人。
1994年に帰化したとされる。(官報に生年月日が一致した韓国名:鄭永憲の記載あり)
大学卒業後は一時サラリーマンとして働いていたが、役者を志して1990年に上京。
最初に住んだアパートで隣の部屋の住人だった松本政彦(のちのゴルゴ松本)と出会う。
1994年に松本とコンビ「TIM」を結成。
「レッド吉田」という芸名は、吉田本人が極度の赤面症であることに由来する。

第25位:水原希子(みずはらきこ)

第25位:水原希子(みずはらきこ)

本名:オードリー・希子・ダニエル(Audrie Kiko Daniel)

生年月日:1990年10月15日

出生地:アメリカ合衆国テキサス州、兵庫県育ち

アメリカ人の父と日本生まれの韓国人の母を持つファッションモデル、女優。
2003年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディションに応募し、他5名と共に「ミスセブンティーン2003」に選ばれ、3年間専属モデルとして活動した。
2009年、映画『ノルウェイの森』(2010年公開)の主人公の恋人役に抜擢され、女優デビューした。
NHK大河ドラマ『八重の桜』(2013年)でテレビドラマに初出演。

第24位:錦野旦(にしきのあきら)

第24位:錦野旦(にしきのあきら)

出生地:金 明植

生年月日:1948年12月14日

出身:日本大分県

1961年、家族と共に韓国籍から日本に帰化した歌手、タレント。
アイドル歌手として1970年代初めから半ばにかけ、その精悍な風貌と抜群の歌唱力を武器に10代から30代の女性に人気を博す。
アイドルとして人気絶頂にあった1972年、自身が帰化した韓国系日本人であることを週刊誌で公表している。
1970年5月1日に芸名「にしきのあきら」としてCBSソニーより浜口の作詞・作曲による「もう恋なのか」で、男性アイドル歌手としてデビュー。

第23位:南果歩(みなみかほ)

第23位:南果歩(みなみかほ)

生年月日:1964年1月20日

出身:日本兵庫県

短大在学中の1984年に映画『伽倻子のために』のヒロイン役オーディションに応募、2000人の中から選ばれ、主役で芸能界デビューした女優。夫は俳優の渡辺謙。
2007年1月11日放送のNHK総合のトーク番組『スタジオパークからこんにちは』内で母親が韓国人であることを告白した。
2012年12月24日放送のNHK総合のドキュメンタリー番組『ファミリーヒストリー』では一族が取り上げられた。
母方の祖父は韓国慶尚北道出身で両班の家系、さらにさかのぼると唐の役人であったと称している。
2015年11月より出身地である兵庫県尼崎市の「尼崎市PR大使」を務める。

第22位:新井貴浩(あらいたかひろ)

第22位:新井貴浩(あらいたかひろ)

旧名:朴貴浩(パク・クィホ)

生年月日:1977年1月30日

日本のプロ野球選手、在日韓国人であったが、日本に帰化している。
中日ドラゴンズ、阪神タイガース所属の新井良太は実弟。
所属球団は広島→阪神→広島。
温厚で優しい性格であり、大学の1年先輩である高橋尚成は、大学時代の新井を「打てないし、守れないが、足はそこそこ速く、素直で先輩の受けはとても良かった」と話している。
左足を高く上げる打撃フォームが特徴。

第21位:安田成美(やすだなるみ)

第21位:安田成美(やすだなるみ)

生年月日:1966年11月28日

出身:日本東京都

身長:168cm

日本の女優、夫はとんねるずの木梨憲武。
官報に同一の生年月日が記載されており、おそらく韓国名は鄭成美(チョン・ソルミ)、帰化したとみられる。
中学在学中にスカウトされ、1981年に花王ビオレのCMでデビュー。翌年にドラマ『ホーム・スイート・ホーム』でドラマ初出演。
1983年、『風の谷のナウシカ』のアニメ映画化にあたって募集されたイメージガールのオーディションで約7500人の中からグランプリを獲得。
1984年、同映画のイメージソングに採用されたシングル曲「風の谷のナウシカ」(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣)で歌手デビュー。

在日韓国・朝鮮人の芸能人ランキング第20位〜第11位

第20位:井川遥(いがわはるか)

第20位:井川遥(いがわはるか)

生年月日:1976年6月29日

出身:日本東京都

1999年、『東洋紡水着サマーキャンペーンガール』として本格的に芸能界デビュー。翌年には 『アサヒビールイメージガール』に選出され、グラビアアイドルとして雑誌などにも多く登場するようになり、飯島直子に始まった、いわゆる「癒し系アイドル」ブームの後継者としても人気を得た。
その後は雑誌モデルのほか女優として多くのテレビドラマ、映画、舞台などに出演している。
2010年頃から主婦向け雑誌「VERY」(光文社)で毎月カバーキャラクターを務めている。
官報に生年月日が一致した記録があり、読者モデル時代は韓国名である趙秀恵(チョ・スヘ)で活動していたとみられる。

出典:http://fmg.jp

第19位:金本知憲(かねもとともあき)

第19位:金本知憲(かねもとともあき)

韓国名:金知憲(キム・ジホン)

生年月日:1968年4月3日

出身:日本広島県

元プロ野球選手、野球解説者・評論家。
2016年シーズンより阪神タイガース監督(第33代)、愛称は「アニキ」、「鉄人」。
金本は両親が韓国人である韓国系日本人3世であり、2001年の結婚と同時に帰化している。
連続イニング・連続試合フルイニング出場数の世界記録保持者。また連続無併殺打の日本記録も保持している。
所属球団は広島→阪神。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

オルチャン日本人ランキングTOP20 【インスタで人気】【2022最新版】

韓流ブームから人気に火がついた、韓国風美少女・美男子「オルチャン」文化ですが、韓国では2003年ごろ、日本で…

タカアキ / 734 view

中国の男性イケメンTOP25!人気俳優・アイドル・歌手など【2022最新版】

中国は今まで最も長い歴史を持つ国といわれています。中国本土、香港、台湾、台北など、とても広い国でもあります。…

kii428 / 2293 view

【韓国】K-POP男性アイドルのブサイクランキング25選【2022最新版】

日本の女性からも熱烈な支持を集めているK-POPの男性アイドルたち。しかし、同じアジア人でありながら、日本人…

kent.n / 2725 view

梨泰院クラスのキャスト人気ランキング39選!俳優・女優が豪華【2022最新版】

壮大な復讐劇で話題の韓国ドラマ「梨泰院クラス」は、内容もさることながら、出演する俳優・女優の豪華さが話題にも…

maru.wanwan / 1347 view

ZE:Aのメンバー人気順TOP9!名前とプロフィール付き【2022最新版】

最近は韓国にも男性アイドルグループが多く結成されていて大人気ですね。K-POPアイドルとして日本でも大人気で…

risa / 1266 view

Highlight(韓国)のメンバー人気順TOP5!名前とプロフィール付き【2022…

2009年に、オーディション番組からBEASTとしてデビューし、日本でも人気だったグループが、新たにスタート…

risa / 735 view

TWICEメンバー9人の人気順!国別の最新版・プロフィールや経歴も総まとめ【2022…

「TTポーズ」で世間を魅了した、韓国のアジア多国籍ガールズグループTWIC。今回はそんなTWICEのメンバー…

タカアキ / 1343 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

韓国の人気歌手33選!男性・女性別にランキング形式で紹介【2022最新版】

韓国の人気歌手は沢山いらっしゃいます。多すぎてどなたを選べば良いか分からなくなる時もありますよね。でも、これ…

risa / 2044 view

miss Aメンバー人気順TOP3&解散・不仲説まとめ!名前やプロフィール付き【20…

miss A(ミスエイ)は韓国の人気アイドルグループで、知っている方も多いかもしれません。ここでは、miss…

risa / 799 view

韓国映画おすすめ人気ランキングTOP160【興行収入順】【2022最新版】

韓国といえば韓流ドラマやKPOPが主流のように見えますが、実は韓国映画も見逃せない作品ばかりなんです!今回は…

タカアキ / 939 view

韓国ドラマ!恋愛・ラブコメ人気ランキングTOP43【2022最新版】

韓流ドラマの醍醐味と言えば、恋愛・ラブコメですよね。今回は韓流ドラマのラブストーリーランキングTOP43を紹…

タカアキ / 676 view

Ladies’ Code現在のメンバー人気順&リセの事故まとめ!名前とプロフィール付…

Ladies’ Code(レディースコード)は元々5人グループでしたが、最終的には3人体制での活動となりまし…

risa / 383 view

PRISTINのメンバー人気順TOP10!名前とプロフィール付き【2022最新版】

2019年に惜しまれつつも解散した10人組グループPRISTIN (プリスティン)。韓国のガールズグループの…

risa / 888 view

MAMAMOOメンバーの人気順TOP4!名前とプロフィール付き【2022最新版】

MAMAMOO(ママムー)は、韓国の人気女性アーティストグループです。赤ん坊がささやくような原始的な歌が大変…

risa / 336 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング